スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルミーベイベー:13話感想&総括

キルミーベイベーの感想です。

気づけばもう最終回ですよ。

最終回にいい話が…。

いやーやっぱりね、やすなとしてはソーニャに殺し屋をやって欲しくなかった。自分はソーニャと仲良く学生生活をしたいだけなんだということですね。今まで基本的にソーニャの邪魔ばかりしてきたやすなですけど、その行動理念にはこのようなソーニャへの気持ちがあったということですね。
今までも何度かソーニャを止めてきていた部分もありましたし、やすなの想いがつまった時だったのかもしれません。彼女がまさか涙を流すとはね。基本ギャグだったのに結構ぐっとくるものがあったからなあ…。

ソーニャも職業上そこまで人と深く絡んだことはないだろうし、むしろそれが弱みになったりすると考えている場合もあるだろうからこうやって自分のために泣いてくれる人というのは初めてなんじゃないかな?特に多くは語らなかったけど、仕事を取り消したという行動が立派な返事になっていたと思います。

まあ最後はそんなしんみりエンドでしたけど普段は主にやすなの暴走だったと(笑)手錠ネタ面白かったなあ…、ソーニャもなんだかんだでおっちょこちょいな部分があるしね。手刀で切ろうとしたときにごっつんこしたときや片手づつ繋いだ時にぐるぐる回って追いかけまわしていたときとか特にね(笑)犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐるしているのを思い出したよ(笑)

あ、一個気になったのは、ヘリウムガスで声を変えてた時がありましたけど、あれってガチで吸ってやったのかなあ(笑)まあ逆に演技だったら声優スゲーなんですけどね。

そして没キャラの声はあまり変わったように感じないのは、やはり釘宮さんの声作りの凄さを表していたということなんでしょう(笑)

結構なメタネタだったりするよねこれ(汗)

てなわけでキルミーベイベーも最終回。いつものノリにちょっと最終回らしさがテイストされた回でした。とりあえず没キャラは出番があってよかったね!

というわけで、キルミーべイベー、完結です。

<総評>

事前期待もそんなになく、正直第1話を見た限りでは視聴断念も考えた作品でした。とにかく体感時間が長く感じたということが苦しい作品でした。序盤の時点ではとにかくやすなとエトセトラの2人の演技目当てで見ていたということだけだったかなと。
しかし視聴を続けていくごとにこの作品のキャラクター面での面白さがだんだんとクセになってきて、声優で楽しんでいたところからアニメとして楽しめるようにだんだんなっていきました。ネタとしては基本的にやすなのウザキャラが確立しており、ソーニャにちょっかいばかりかけて反撃されるというパターンばかりで、最初はそのワンパターン戦法に飽き飽きしていたこともあったんですけど、少しずつキャラクターが分かってくるとその行動理念からのこのギャグはアリだなと思うようになりましたね。途中途中に見られたやすなのソーニャに殺し屋の仕事から身を引いてほしいという気持ち、友達として普通に過ごしたいという彼女なりの愛情表現であり多少過激なものであってもすべて許容できるようなノリになっていたのではないかなと思いました。

このアニメは極端に登場キャラが少なく、ほとんどがやすなとソーニャで成り立っていると言ってもいいですけど、この2人の関係性から見るにこれだけのキャラ数で逆に良かったかなと思います。要はコントをやっている2人なので、そこで無理に風呂敷を広げるとネタがばらけてきますし、やすなの行動理念がソーニャに向いているだけだから他のクラスのキャラとの絡みは正直いらないですからね。アニメの面を引き出すなら、この関係性のみで十分だったなと。

もちろん声優の面でも終始楽しませてもらい、やすな役の赤崎さんの演技はやすなの魅力をかなり引き出していたのではないかと思いましたね。声の使い分けみたいなのがとても上手くてよりやすなのコミカルさが出ていましたし、「くそう!くそう!」の言い方やそのバリエーションはもはや毎週楽しみにしていたものでした(笑)
そしてエトセトラボーイ&ガールのチョーさんと新井さんはいろんな場面やモブとして出てきていて、かなり無理のある役やらも全部人力でこなしていて改めてすごいなと。虫の飛ぶ音までやるかとか、あとチョーさんに子役をやらせたりとそのアンバランスさとかが妙にツボに入りましたね(笑)一番笑ったのは「魚肉ソーセージー」かな。とにかくこの2人はいろいろと無双状態で、そのやり方もアドリブだろうけど工夫されていたなって思いました。基本的に単調なこのアニメにおいて上手く変化をつけてきた影の功労者だと思います…いや、影ってほど存在感が薄かったわけでもなかったですけどね(汗)
ソーニャ役の田村さんのクールな声は正直に言うと最初の方は違和感があったんですけど、元々金髪ツインテという可愛らしい外見から殺し屋というイメージを連想させるためにはいい配役だったのかなって思います。所々に女の子らしい部分が出ていましたし、この声だからこそそういう部分が突出して印象深く残ると思いますしね。
あぎりさんのローテンポな声はある意味このアニメの体感速度の遅さに拍車をかけていた時もあったんですけど、彼女の謎忍術は見ていて面白かったなって思います。たまにギャグでたまにガチでやってのける様はまさにマギー司郎ですね(ぇー)
没キャラはキャラが足りない時の補充役みたいな感じでしたね。桃太郎回とかね(汗)ただこのアニメは数少ないキャラで回すことに意義があるアニメであったので、実際そんなに必要が無かったと思いました(笑)序盤のころは早く出てほしいなーって思っていたんですけど。

まあとにかく序盤は~みたいな言い方を多用しているのが分かるように、序盤と中盤と終盤でかなり作品の印象が違うアニメですね。慣れという部分はあるのかもしれませんけど、改めて1話を見直してもやっぱり面白くはなかったのでやっぱりネタの面白さに開きがあったかなと思っています。それが序盤だったというのがさらに悪印象を植え付けてしまったように思って、そういう面でも惜しいなと思う次第です。

音楽はOP、EDともに中毒性が高かったかな。EXPOさんの音楽は今後注目しようかなと思います。BGMは終わりに必ずかかる音楽がそこそこの哀愁を漂わせて好きでした。

「キルミーベイベー」
折部やすな:赤崎千夏
ソーニャ:田村睦心
呉織あぎり:高部あい
没キャラ:釘宮理恵
エトセトラボーイ:チョー
エトセトラガール:新井里美

OP「キルミーのベイベー!」
ED「ふたりのきもちのほんとのひみつ」


総合評価:C

序盤の評価は最悪で終盤の評価はかなり良い。本当に浮き沈みの激しいアニメでした(笑)まあ結果的には今期のホッとできる時間ということで楽しませてもらいました。結構ソーニャの攻撃は暴力的だったかもしれませんけど、頑丈やすなの安定感があったおかげでそこまで感じず、むしろやすなのウザさからして自業自得に感じる部分もあったので安心して見れましたね。とにかくやすなが見たくてという気持ちが一番強かったですね(笑)

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。赤崎さんは今後も聞けるといいなーって思います。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

序盤から中盤にかけてはなんでこんなにアマガミやアクエリオンやD×Dと時間の進みが違うんだ!
とでも言わんばかりに長く感じるアニメでしたねw

Aパートが終わっても「えっ!?まだ10数分しか経ってないのっ!?(;・∀・)」ってときが多かったですw
しかしそれでもキャラに愛着が湧いてきて、しかも話が面白くなってた後半では普通に毎週楽しみにしてる癒し枠だったと思います
最終回を迎えて寂しい気持ちになるとは思わなかったですね

まぁ面白さで言えば男子高校生の日常のほうが安定して序盤も終盤も面白かったですが・・・あっちは原作ストックを完全に使い果たして2期絶望なのが残念ですね

黒辻さんは俺の御主人様さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>キャラに愛着が湧いてきて、しかも話が面白くなってた後半では普通に毎週楽しみにしてる癒し枠だったと思います
最終回を迎えて寂しい気持ちになるとは思わなかったですね

本当にそうだったと思います(笑)見所が本当に少なく話も面白くなかったんですけど、だんだんとネタが面白くなってきて普通にのほほんと見れるアニメでしたね。こういう緩衝材みたいなアニメは1つは必要かなと(笑)

>まぁ面白さで言えば男子高校生の日常のほうが安定して序盤も終盤も面白かったですが・・・あっちは原作ストックを完全に使い果たして2期絶望なのが残念ですね

男性高校生の日常は2期を期待したいですけどやはり原作を利用してほしいのでそこは仕方ないですね。キルミーは2期あったら見ますけど、売り上げがふるってないようですからね…(汗)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キルミーベイベー 第13話「きるがみーしてべいべする」 感想

駄目だよ。殺し屋なんてやってちゃ駄目だよ 普段は軽く接していてもやすなのソーニャちゃんを思う気持ちは本物ですね。 例えぞんざいに扱われても痛めつけられても二人の関係はこれからも変わらない。

キルミーベイベー 13話

たった一度きりの、シリアスエピソード。

キルミーベイベー 第1話 ~  第13話 きるがみーしてべいべする

キルミーベイベー  第1話   ~ 第13話 きるがみーしてべいべする 最終回 原作は、芳文社「まんがタイムきららキャラット」にて好評連載中の人気コミック。 やすなとソーニャの二人を中心に、可愛ら...

キルミーベイベー 第12話 「ちょこがねむけてけがしっぷ」 感想

やっと殺し屋っぽい・・・って夢オチw またやすなか(^^;(ぉ) ―あらすじ― 同級生は殺し屋さん ごく普通の学校に通う殺し屋ソーニャ。 そんなソーニャに自らの危険をかえりみず、いつもまとわりつくおバカなやすな。 時々忍者のあぎりも登場して・・...

キルミーベイベー 第13話(最終話) 「きるがみーしてべいべする」 感想

ソーニャも大概いい人ですよねw そんなわけで破天荒アニメのキルミーベイベーも最終回です♪ ・・・・・・くぎゅ出るかね?(´・ω・`)(ぉ) ―あらすじ― 同級生は殺し屋さん ごく普通の学校に通...

キルミーベイベー 第13話 「きるがみーしてべいべする」

キルミーベイベー (3) 【Blu-ray】(2012/05/02)赤崎千夏、田村睦心 他商品詳細を見る ラストわさわさ!!

キルミーベイベー キルその13「きるがみーしてべいべする」(終)

ラストキル! 最後まで折部やすなはおバカだった。 ソーニャの手刀でも切れない頑丈な玩具の手錠で繋がれてしまうソーニャとやすな。 玩具の手錠、確か昔持ってたような気がす ...

キルミーベイベー 第13話(最終回)

「きるがみーして べいべする」 火を点けるから吹き消してね♪ このような誕生日のケーキヤだwww 明らかに吹き消さないとどうにかなっちゃうよね! これは吹いた、;'.・('ε`░) メインブログはこちらっすw

キルミーベイベー #13

【きるがみーしてべいべする】 キルミーベイベー (6) 【Blu-ray】出演:赤崎千夏ポニーキャニオン(2012-08-01)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る やっぱり2人はいつも一緒~♪ 

キルミーベイベー 第13話(最終回) 「きるがみーして べいべする」 感想

やすニャも見納め。 最終回らしいシリアスな展開もあり、面白かったです。 今回が一番面白かったかな。 もう少し見ていたかったですね。 ○がつ×にち。 きょうはあさおきてがっこうにいってソー...

キルミーベイベー #13 「きるがみーしてべいべする」

組み立ては慎重に…  どうも、管理人です。出かける前に記事を書こうと思ってたのですが、掃除とか諸々やってたら余裕で時間が足りなくなりました、はいw そんなわけで、ギリギリ進行(≒平常運転)でお送りしたいと思います。 やすな:「いらないなら誕生日く...

キルミーベイベー キルその13 「きるがみーして べいべする」

キルミーベイベー (2) 【Blu-ray】(2012/04/04)赤崎千夏、田村睦心 他商品詳細を見る  玩具の手錠を見つけて、ソーニャと遊ぶやすな。 やはり、ソーニャに手錠をかけられ、ピンチ。 いつも...

キルミーベイベー 第13話 「きるがみーしてべいべする」 感想

ずっとお友達―

キルミーベイベー ザ・ラストキル 「きるがみーしてべいべする」

nationwise@nationwise【100字で書くアニメ感想】キルミーベイベー第13話 やはりこの作品は、やすながソーニャに殺し屋稼業を辞めさせるというのが帰結点だったね。単にぼっちがイヤってだ ...

キルミーベイベー 第13話 「きるがみーして べいべする」

「キルミーベイベー」の第13話です。 刑事ドラマに影響を受けたやすな。おもちゃの手錠で遊んでいるとはずれなくなってしまいました。しかも、ソーニャと一緒にはずれなくなってしまって・・・。はずれな...

◎キルミーベイベーキルその13「きるがみー...

〓朝ヤスナ:警察だ逮捕する。 ソ:なんだ?:玩具の手錠を見つけたから遊びたくなって。:警察とか関わりたくないの?いいじゃんいいじゃん。 :わかった付き合ってやる。はい。...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。