スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓:4話感想

氷菓の感想です。

奉太郎の推理、そして疑問。

少しずつ紐解いてきた感じだけど、推理だけでは分からない感情の部分とは。

えるが泣いた理由、案外こういうものがどんな推理を並べたところでも真理となることは多いと思いますけど、直感型のえるがこう感じるわけですから、その信憑性はほぼ間違いないところだと思います。えるに至っては、考えるな、感じろをモットーにしてほしいところ(笑)

というわけで今回はえる邸での検討会。元々かなりの名家ということで住んでいる家には興味があったわけですが…、昔の大名の家みたいな農業を牛耳っているような広い屋敷でしたね(汗)いろいろとスケールのでかそうな雰囲気があるなあ。

仮説発表会に関してはとにかく説が悉く否定されていくという構図でしたね(汗)ただその中で必要な情報だけが上手く重なり合ってきて、仮設自体は持ってこなかった奉太郎がまとめをしてそれっぽい結論を出したと。なんていうか、他者に情報を任せてそれを元に自分で繋ぎあわせて結論を持ってくるというのはある意味省エネの一つの頂点だと思いますし、これが奉太郎なんだなーって実感しましたね。里志はデータベースは結論が出ないと発言していましたけど、だからこそめぼしいデータを集めてこなかった奉太郎が結論を導き出せたのかなと。データを持ってくるとどうしても自分のデータを主観的にして考えてしまうから、全てのデータを客観的に見れる方がいいからかなって思いました。何気に里志の発言は、結構的を射ているように思いますね。

で、奉太郎の推理に関してはみんなからの情報を利用しての推測。事件が6月なのに退学が10月。その間は何なのかということで挙がったのが文化祭。関谷純は英雄としてその先陣を切って文化祭の5日間実行をボイコット等をして教師に訴え結局勝ち、その代償として周りの生徒のほとぼりが冷めた文化祭終了後に退学させると。…昔では文化祭の意義が今以上にあったから退学も必ずしも無いとはいえないところだろうけど、まあ今でいうと完全に不当退学なんだろうけどね(汗)
ただ、これだけ見ると関谷はやることは果たした上での退学となるので、一応やりきったという充実感は持てると思うんですよ。だからこそ、えるの「泣いた」ということでその泣きが悲しみであるということであれば、もしかしたら不完全燃焼で本当に不当な処遇で志半ばで退学させられた可能性もあるんじゃないかっていうところですね。

今回は奉太郎の推理にみんな納得した形になりましたけど、まあ実際はそんなことではないんだろうなあ。まああくまで奉太郎の仮説を軸としていくだけだから確定事項として扱うわけではないんでしょうけど、もし関谷の要求が実現していなかったらそれこそ全く事情が変わってくるわけですから後にそれを元にして出来た文集が黒歴史と化してしまうことになりますからね(汗)
えるの感情を説明できるものは今のところありませんけど、えるの感性は信頼できるものだと思いますし、彼女もそういう面で発言していってもいいかもしれませんねー。推理的には邪道かもしれないけど、自分はそういうの好きだよ(笑)

今回は基本的に仮説の立て合いによる追求がメインでしたけど、ちょくちょく入る雑談や間に学生らしさを感じましたね。こういう会議がそのままずーっと長続きすることなんて普通はないですから、池を見たりえるがおにぎりを作ったりしたりしてと気分転換としての間の取り方が結構リアルだなって感じましたね。話がブツ切れるのでテンポの面では考えてたから進めてほしいって感じることもあったかもしれませんけど、こういう絶妙な緩さというのが氷菓の魅力として捉えていいのかなって思いました。では。
コメント

これは2クール?

感想お疲れ様です。アドバイスの通り「坂の上のアポロン」を友人に薦めました(感謝)。
今回は面白かったかと言えば微妙でした(汗)。
推理の結論としては、無難というか意外性が少なかったので、きっと新事実によって修正される気がします。管理人さんご指摘のように、涙の理由が悲しみならある程度悲劇的な真実が隠れていそうです。
ラブコメでもないし、ドラマティックでもない、やたら強烈な個性のキャラもいない、不思議な立ち位置の作品ですが、今期の中では数少ない視聴継続となってます。えるがめちゃカワイイので。

satoshiさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>アドバイスの通り「坂の上のアポロン」を友人に薦めました(感謝)。

OPEDも有名歌手ですし、絵柄的にもとっつきやすく、かつ内容も面白いですからね。ノイタミナらしいアニメですね。

>推理の結論としては、無難というか意外性が少なかったので、きっと新事実によって修正される気がします。

今回はあまりひねりを感じませんでしたね。予定調和的に解決した感じです。ここからどう事態が急変するのかが楽しみというところでしょうね。

>ラブコメでもないし、ドラマティックでもない、やたら強烈な個性のキャラもいない、不思議な立ち位置の作品ですが、今期の中では数少ない視聴継続となってます。えるがめちゃカワイイので。

えるはイイですねー。自分はこういう天真爛漫系なキャラクターは好きになる傾向があります(笑)その部分が大きいというのも京アニのキャラを描く力というのが大きいかと思いますけど、そこに内容を伴わせて良いアニメになることを期待しています。現時点ではえるの存在が際立っていると思うので(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

氷菓 4話「栄光ある古典部の昔日」

折木の見事な推理を聞いて悔しそうにする摩耶花が可愛い! まどろみの約束(2012/05/23)千反田える(佐藤聡美)、伊原摩耶花(茅野愛衣) 他商品詳細を見る

氷菓 第4話 「栄光ある古典部の昔日」

 古典部の2冊目の文集に書いてあった45年前関谷純に起ったことを 壁紙新聞等の資料から推測する古典部の部員達。福部里志や伊原摩耶花の 推測に学校史の出来事を合わせた折木奉太郎の出した推測は ...

氷菓 第4話 「栄光ある古典部の昔日」 感想

事実と真実、なのかな。

氷菓 第4話 「栄光ある古典部の昔日」

おむすびを作るエプロンポニテえる! 叔父の身に何が起こったのかを討論する会話中心の少し堅い回でもあったけど、相変らずえるの可愛さが大きなアクセントになっているアニメで画面を見てて退屈しないw

氷菓 第4話 栄光ある古典部の昔日

結局、奉太郎のもし何も分からなくとも、いずれえるの中でも時効になるという言葉に、摩耶花と里志にも頼む事に。 休みの日、奉太郎は里志と待ち合わせ、千反田家へ。 豪農とい ...

(アニメ感想) 氷菓 第4話 「栄光ある古典部の昔日」

投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピ...

氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」

えるの叔父さんの過去に何が?  里志や摩耶花にも事情を話して各自で調べ。  えるの千反田家に集まり 仮説の発表へ~。  召使が出てきそうなすごい家ですね( ̄▽ ̄)  えるは 叔父が文化祭荒らしと争っての退学と仮説。 でも 伝統的に露天は出来ない校...

氷菓 #4

【栄光ある古典部の昔日】 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 仮説を立てろ!みんなで推理! 

『氷菓』 第4話 観ました

今回は古典部の創世期の事情を主にえるちゃんの叔父、関谷氏との絡みで推測をするためにえるちゃんの家に集まったと言うお話でした。で、豪農と言われるえるちゃんのお家が初公開された訳ですが…豪農と言うだけあってお屋敷が広いですね。もうだった広いとしか…。 で、...

氷菓 第4話

 古典部メンバーのチタンダさんお家訪問。そういや、ハルヒの自宅とか描かれてなかったな。

氷菓   ~  第4話 栄光ある古典部の昔日

氷菓  第1話 ~  第4話 栄光ある古典部の昔日 省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前のクラブ「古典部」に入部することに。「古典部」で出会った好奇心旺盛なヒロイン...

【感想】氷菓 4話 ヒントは”氷菓”にある

氷菓 4話「栄光ある古典部の昔日」 の感想を 名家「千反田家」の巨大で豪華な邸宅に驚くことなく、仮説を交える 45年前という、資料もろくに残っていない歴史を想像する はたして”真実”とは何なのか? 『 氷菓 』の京アニ公式ホームページはここから

氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」

氷菓の第4話を見ました。 第4話 栄光ある古典部の昔日 氷菓創刊号が見つからなかったため、古典部の過去を探ることが古典部員の最優先事項となった中、えるは奉太郎達古典部員を自宅に誘い、検討会...

氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」の感想

えるたそのポニテ&エプロン姿がすごくいい…俺もえるたその手作りおにぎり食べたいです!! 【簡単なあらすじ】  えるは里志と摩耶花にも事情を打ち明け、4人で45年前のことを調べることになった。そし...

氷菓 第4話 「栄光ある古典部の昔日」 感想

奉太郎の憶測、正解ではあるけど、まだ足りない感じですね。 「カンヤ祭」=「関谷祭」っぽいですね。 奉太郎たちを自宅に誘うえる。 えるは奉太郎たちのために一生懸命に振舞う。 思わず彼女の部屋を見...

氷菓 第4話 「栄光ある古典部の昔日」

 データベースは結論を出せないんだ。

氷菓 第4話 栄光ある古典部の昔日

氷菓 第4話。 45年前の真相に古典部の面々が迫る。 以下感想

氷菓 第四話「栄光ある古典部の昔日」

氷菓 第四話「栄光ある古典部の昔日」です。 今日は、早めに仕事始めないといけない

『氷菓』#4「栄光ある古典部の昔日」

「45年前に、 古典部に起きた事件について考えたいと思います」 肝心の『氷菓』の創刊号は見つからず… 謎が解けなくてもいつか時効はいづれ訪れるとすげなく言う奉太郎の言葉を聞いて、 えるは里志と摩耶花にも事情を話し、協力を求めることに。

[アニメ]氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」

奉太郎が里志と摩耶花の二人をえるの悩みに加えた理由。それは奉太郎の優しさと信頼の証によるもので、自らの未熟さをフォローしてくれる存在としての期待。

氷菓 第4話 感想「栄光ある古典部の昔日」

氷菓ですが、折木奉太郎たちは千反田えるのオジである関谷純の秘密を探ろうとします。文集に書いてある片言隻語から、いろいろと推理しますが、英雄から伝説になった先輩が何をやらかしたかは分かりません。 えるは、文化祭にやって来た、いわゆる不良という方々を排除し...

アニメ感想 氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」

「だったら私はどうして泣いたのでしょうか・・・」

氷菓 4話 「栄光ある古典部の昔日」 感想

エプロン+ポニテ&うなじ、台所でおにぎりを作るというシチュエーションも相まって最高です。ジャスティスです。

氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」 レビュー・感想

45年前、関谷純の起こった出来事、4つの資料、それらを結ぶものは・・・?考えろ。えるの叔父・関谷純と氷菓の謎に(嫌々ながら)挑む折木奉太郎、果たして彼はその答を導き出せる ...

氷菓 第04話 「栄光ある古典部の昔日」

氷菓 第04話 「栄光ある古典部の昔日」 <あらすじ>  奉太郎たちを自宅に誘うえる。えるは奉太郎たちのために一生懸命に振舞う。 思わず彼女の部屋を見てしまった奉太郎、おお ...

氷菓 第4話 「栄光ある古典部の昔日」 感想

古典部に纏わる過去の謎を終え―

氷菓 第4話の感想

洗濯物よりしいたけを。 氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」の感想です。 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]新品価格¥5,341から(2012/5/16 20:40時点)

氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」

ED「まどろみの約束」『四十五年前、関谷純は・・・』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第04話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第04話 「栄誉ある古典部の昔日」 #kotenbu2012 #ep04 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽し...

氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」

なんか、可愛らしい若奥様、って感じでいいですね(笑)。ポニーテールもなかなかお似合いですし。 今回の部分は僅かな資料を元に侃々諤々して推理をめぐらす、というだけでしたので、アニメの映像にするのはとても難しかったと思います。それでもアバンでえるが奉太郎に?...

氷菓~#4「栄光ある古典部の昔日」

 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 高校でおこる事件?を解決していくミステリー、第4話場面1 ...

氷菓 第04話 感想

えるの叔父に何があったのかが明らかになります。でも本題の方は・・・・・ 感想は「追記の開閉」からどうぞ アニメ公式ホームページへ

氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」 感想

せつない

ディテールにこだわらない厚顔さ(氷菓とかテルマエ・ロマエとか)

【聖闘士星矢Ω 第7話】光牙vs蒼摩、ついでに激先生の思い出話の巻。光牙くんと蒼摩くんの試合に関しては、駆け引きも大番狂わせも目を引く展開もなかったので、ライバルキャラ同 ...

氷菓 第四話 栄光ある古典部の昔日 レビュー

千反田の伯父に何があったのか… その手掛かりであるバックナンバーは見つかったのに 肝心の創刊号が見つからなかった。えると一緒に帰りながら 里志や摩耶花にも協力してもらえればなあ…と奉太郎が言っても やっぱり千反田は他の人にこの事を口外するのはダメな模様。 ...

まとめtyaiました【氷菓:4話感想】

氷菓の感想です。奉太郎の推理、そして疑問。

氷菓 第四話『栄光ある古典部の昔日』感想

「創刊号がないと話しにならんぞ」 「そうですね」 前回、古典部文集『氷菓』のバックナンバーを発見した折木たちだったが、そのバックナンバーには肝心の45年前の創刊号が含まれておらず、えるの叔父...

氷菓 第4話 5/14 あらすじと感想 #hyouka #氷菓

 5W1Hの解法と残された疑問。  結局、文集第1号は発見されなかった。奉太郎くんと一緒に下校するえるちゃんは、話しているうちに、叔父さんの件が自分の中で時効になってしまう危険性に気付きます。...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。