スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓:7話感想

氷菓の感想です。

兄弟、姉妹かあ。

物は貸さなくても、手は貸す。それが兄弟なのかな…。

自分は弟がいるんですけど、幼いころは特にそうだったような気がするなあ。弟よりもより多く、そしてより良いものが欲しいと思ったり、どうしても一番身近にいる比較対象だっただけに、張り合ったことは多かったように思います。でもそういうたわいのないことではくだらない喧嘩もするけど、本質的に助け合いがあるのが兄弟、姉妹なのかなって思いますね。自分自身の背伸びのためにどうしても敵対することもあるんですけど、基本的には嫌いにはならないし、ある意味不思議な関係であるなって感じますね。
今回も嘉代が梨絵の浴衣を着たく、そこから発生した不測の事態からの事件。自分の持っていないものというものは異常に憧れるものであり、ましてや姉が持っている物であればなおさら。その中には姉の性格を承知したうえでの行動も混じっており、姉妹であることのいいことと悪いことが同時に表れていた話だったのかなーって思いました。

えるは兄弟関係に憧れているみたいなんですけど、これも持っていないからこその憧れだと思います。もちろんずっと仲の良い兄弟姉妹もいるでしょうけど、おそらくふとしたこと等で一瞬でも兄弟姉妹なんていなかったらよかったのに!って思ったことは必ずあると思うんですよ。でもこれも兄弟姉妹なんです。魅力です。えるはかなり綺麗な兄弟関係を描いていますけど、そんな綺麗なものじゃなくても兄弟というのは全然悪くないと思っていますよ。年齢が上がるほど、そう思うようになりましたよ自分は(笑)

というわけで今回は首つりというホラー話から姉妹の話とかなりほっこりとさせてくれる話になったんですけど、そうであってもえるの存在感はすごかったね(笑)

間違いなく今回のえるは輝いていましたから(笑)

ホントに気になりだしたら後に引かないね(汗)今回は本当にキラキラしているシーンが多かったなあ。あといろいろなえるの髪型を見れたのも良かったです。やっぱりえるはこうやってウキウキしながら動き回っているのが一番絵になるなあ。さすがマスコットキャラやでえ(ぇー)

今回は温泉回ということでサービスシーンも多くなるのかなって思っていたんですけど、基本的には男湯しか映りませんでしたね(汗)しかも周りを利用して絶妙に隠してきているのには笑った(笑)…まあ女湯に関しては奉太郎と一緒に妄想で補完しましょうということでしたとさ(汗)
しかしこうやって妄想するあたり奉太郎にも人並みに性欲があるようで逆に安心しましたよ。性格的に妄想するのも無駄な思考を使うとか言ってやらなさそうなのに、こういう時はきっちり妄想してさらにのぼせてしまうなんてね(汗)ある意味奉太郎の人間的なところを見れたように思います。奉太郎よ、それでいいんだぞ!

最初の頃はあまり馬の骨が合わなかったんですけど、最近奉太郎は好印象になってきたんですよね。彼は無機質な性格かと思っていたら実はかなりいろいろと考えているしね。機械のようなやつじゃなくて、面倒なことをやらないというのも一つの人間的な選択でもあるし、見て行くごとに面白い主人公だなって思えてきます。1人称で進んでいく以上奉太郎の心情理解は必須だと思うんですけど、そういうものを出していないように見せかけて実際めちゃめちゃ分かりやすく描かれているというのが良いなって思いますし、ようやく自分もそうやって見れるようになってきたなって思っています(笑)

というわけで最近単発ものが増えてきましたけど、長編版はもうやらないのかな?そういえば「氷菓」というタイトル自体は一応解決しているからもう氷菓に対しての風呂敷はないのだろうか…。まあでも結構楽しめるようになってきたのでこのマッタリテンポを楽しみたいと思っています。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

長編版

次回からは単行本二冊目の『愚者のエンドロール』と言う『氷菓』とほぼ同じ厚さの単行本のネタの話になるようなので長編が期待出来ると思いますよ~。

この作品の場合…

感想お疲れ様です。この作品の場合、一応推理ものでありながら、事件?そのものがたいしたことないため、登場人物の性格や人間関係のほうにスポットライトがあたってしまう点が特徴でしょうか。数学教師が授業進度を間違えたわけとか、姉の浴衣を濡らしたからこっそり干したとか、45年前の真実とか、暴いても暴かなくても的なエピソードは、視聴者への刺激がどんどん激化している事件ものアニメの中でむしろ貴重かもとか思い始めました(笑)。
奉太郎というキャラは、リアルでいたらあまり相手にされない人物だと思うのです。積極的に関わりをもとうとしない人に手を差し伸べてくれる人は稀かなと。だとすると、えるや里志に愛情を持って?かまってもらえる奉太郎は、かなり幸せであり、楽していい目を見ているので、自分も管理人さん同様、当初奉太郎とはあまり馬が合いませんでした。ただ、感想で書かれているとおり、人間的なところが見えてきて自分も視聴継続できそうだと思っています。
今回は、やっぱりえるですね~。「温泉にいくぞ」「はい」ってあの従順さはなんなんでしょう。いっしょに出ましょうとか、ものすごく言われてみたい(汗)
今回の感想は突き詰めればこれだけです。やはり小悪魔ですか(笑)

きつねのるーとさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>次回からは単行本二冊目の『愚者のエンドロール』と言う『氷菓』とほぼ同じ厚さの単行本のネタの話になるようなので長編が期待出来ると思いますよ~。

おお、そうなんですね。わざわざ教えていただきありがとうございます。
…でも「氷菓」じゃなくなるんですね(汗)

satoshiさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>この作品の場合、一応推理ものでありながら、事件?そのものがたいしたことないため、登場人物の性格や人間関係のほうにスポットライトがあたってしまう点が特徴でしょうか

全体的にはそんな感じですね。ただ今回は結構事件の結果は気になりました(笑)常に両面で楽しませてくれるのが一番いいのかと思いますが、何に重点を置くのかというのは視聴者ごとの楽しみ方の違いになってくるかもしれませんね。そういう意味で、人を選ぶアニメではあると思います。

>積極的に関わりをもとうとしない人に手を差し伸べてくれる人は稀かなと。

そうですよね。見た目や表向きの性格だけでは奉太郎はものすごく関わりにくい人間なのに寄ってくる人がいる。里志の場合は奉太郎の深層を理解しているから接しているんですけど、えるはやはり奉太郎への興味が一番かなって思います。面倒臭がりやだけど自分が気になったことをどんどん解決してしまう。おそらくえるの中では「折木さんが一番気になります!」状態なのではないのかなと(笑)

>いっしょに出ましょうとか、ものすごく言われてみたい(汗)

これよかったですね(笑)こういう所は天使かもしれませんねえるは。さすがにここは無自覚だと思いますし(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

氷菓 第7話「正体見たり」 レビュー・感想

・・・私は、『きょうだい』が欲しかったんです。尊敬できる姉か、可愛い弟が。 善名姉妹に理想のきょうだい像を重ね合わせるえる。仲の良いこの姉妹に何が起こったのか、そして怪 ...

氷菓 第7話「正体見たり」

えるちゃんが温泉行きたいと言うから 古典部は温泉合宿へ~♪ 考えがそのまま顔に出てるというw 分かり易すぎるよ えるちゃん (´▽`*) 泊まるのは 改装中で空いていた摩耶花の親戚の旅館。 奉太郎は行き着くまでに バスに酔ってグタグタです... アグ?...

『氷菓』 第7話 観ました

今回、二十四節季は大暑を飛ばして立秋でした。いきなり夏休み期間中になったからある意味正しいのだと思うけれども時間が進むのは早いですね。 で、そんな夏休みに古典部の合宿をしようとえるちゃんの提案で摩耶花ちゃんが手配して山の温泉宿に行くことに。宿は、摩耶花...

氷菓 第7話 「正体見たり」

「いいですね~謎めいて♥   やっぱり合宿を開いて良かったです♪」 謎めく展開にとろとろなヘヴンえるが可愛い(*´д`*) ちゅーこって今回は合宿で温泉にやってきた古典部一同!男女問わず力の入った風呂シーンがw

「氷菓」第7話

古典部、温泉へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206040001/ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]角川書店 2012-06-29売り上げランキング : 65Amazonで詳しく...

氷菓   ~  第7話  正体見たり

氷菓  第1話 ~  第7話  正体見たり 省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前のクラブ「古典部」に入部することに。「古典部」で出会った好奇心旺盛なヒロイン、千反田...

氷菓 第7話 「正体見たり」 感想

今回もえるが可愛かったですね。 結構大胆なえる。 奉太郎とは付き合っているようにしか見えませんよ(笑) 温泉旅行。 摩耶花の親戚の姉妹、善名姉妹登場。 えると奉太郎は二人、温泉に入りに行く。 ...

氷菓 第7話「正体見たり」

氷菓の第7話を見ました 第7話 正体見たり 「昨日のテレビ見た?」 「何をだ?」 「決まってるじゃないか。“取材班は見た!浜名湖巨大うなぎハッシー驚愕の正体”だよ」 「あ、それ私も見た」 「見るわ...

【感想】氷菓 7話 何かの見間違いだろ

氷菓 7話「正体見たり」 の感想を 省エネ主義者は、今日もまた省エネ街道を逆行する 目を輝かせた無垢な瞳に、今日もまた勝てない 今日もしゅんしゅんと、謎解きをたしなむ

氷菓 第7話 「正体見たり」

 えるの描き方があざといというか……

氷菓 第7話 正体見たり

氷菓 第7話。 温泉宿での怪談話。 以下感想

氷菓 第七話「正体見たり」

氷菓 第七話「正体見たり」です。 アニメ版『氷菓』も、原作ですと『遠まわりする雛

氷菓 第7話「正体見たり」の感想

 なんというかもう奉太郎とえるたそは夫婦ですよね…入浴シーンもうちょっと頑張って欲しかった…えるたそだけじゃなくて摩耶花のも見たかった… 【簡単なあらすじ】  今回は古典部の面々は温泉旅行へと...

氷菓 第7話 感想「正体見たり」

氷菓ですが、折木奉太郎たちは温泉旅行に出かけます。浜名湖に巨大ウナギがいるという伝説もありますが、千反田えるは、とりあえず本当にいるのかどうかが気になります。 いろいろなことが気になる大天使チタンダエルは、温泉いきたいと顔に書いてあるので、怠惰な奉太郎...

氷菓 7話 「正体見たり」 感想

今回は珍しく真っ当な探偵物らしくて楽しかった。

『氷菓』#7「正体見たり」

「私も見たんです。首吊りの影を」 幽霊の正体見たり枯れ尾花。 おじの件が無事に解決したことに礼を言いつつ、皆で温泉に行こうと言い出したえる。 奉太郎は目を輝かしたえるを拒絶できず、 結局夏休みを利用して、古典部4人で温泉に出かけることに。

(アニメ感想) 氷菓 第7話 「正体見たり」

投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピ...

氷菓 第7話

「正体見たり」 折木さん!一緒に調べましょう!!

氷菓~7話感想~

「正体見たり」 古典部全員で温泉へ行くことになった。 叔父さんの一件のお礼でえるが提案したものだった。 摩耶花の親戚姉妹が出迎える。 (声はあいなまさんと小倉唯か。) 温泉へと向かう奉太郎とえる。 すると、先に里志が先に入っていた...

氷菓 第7話 「正体見たり」 感想

温泉回です。見えないから余計にドキドキすることも…あります。

氷菓 第7話 「正体見たり」 感想

幽霊の正体見たり枯れ尾花―

機動戦士ガンダムAGE 第34話 「宇宙海賊ビシディアン」

機動戦士ガンダムAGE 第5巻 豪華版 【初回限定生産】 [Blu-ray](2012/06/22)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る  サルガッソに入ったディーバに待ち受けていたものは 宇宙海賊でした。接触する前か...

氷菓 #7「正体見たり」

その幽霊の正体は。

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第07話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第07話 「正体見たり」 #kotenbu2012 #ep07 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ。 OP...

氷菓 #7

【正体見たり】 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 待ちに待った温泉回ですよ!ォィォィw 

氷菓 第七話『正体見たり』感想

「叔父の件では本当にありがとうございました折木さん」 「折角ですので、皆さんで温泉に行きましょう」 「行きましょう、温泉」 「そう・・・だな」 せっかくの夏休みをまったりと過ごそうと考えて...

「氷菓 」第7話【正体見たり】

私、温泉に入ります! 温泉旅行。摩耶花の親戚の姉妹、善名姉妹登場。えると奉太郎は二人、温泉に入りに行く。服を脱ぐ二人。湯に浸かる二人、浴衣姿の二人・・・。 脚本 芦田杉彦 絵コンテ・演出 内海...

氷菓 第7話「正体見たり」

氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]『枯れ尾花ばかりでもないかもな』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣

氷菓~#7「正体見たり」

 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 学校生活の中でおこる謎を次々と解決していく、第7話神山高校...

氷菓 第7話

 温泉回。エルちゃんの肌色は、まさかのお風呂の中からのデルタショット。オパーイとうなじのサービスショット。  あれ?マヤカの肌色は無いんですか?。マヤカのテコ入れ忘れてるでしょ。これじゃ京アニ謹製抱き枕の売れ行きに影響します。

間違いなくブチ切れる(ガンダムAGEとかアクエリオンEVOLとか)

【聖闘士星矢Ω 第10話】もう一人の黄金聖闘士&星矢復活の巻。しばらくは旅を続けると思っていたのですが、あっさり着いちゃいましたね、敵本拠地にw偽アテナさんをサクッと救い ...

氷菓 第7話「正体見たり」

そうだ 京都、行こう 温泉、行こう。 ・・・かくして温泉で湯あたりしてしまった奉太郎であったとさ(笑)。 今回は結末が改変されただけではなく善名姉妹の年齢も原作からそれぞれ2歳ずつ下げた設定になってました。原作通りの思春期初期の年代のままであればアニメの結?...

まとめtyaiました【氷菓:7話感想】

氷菓の感想です。兄弟、姉妹かあ。

アニメ「氷菓 -HYOUKA-」第7話 「正体見たり」感想

発言者:→宵里、→春女です。 原作未読。 「浜名湖といえばウナギのイメージだ……。浜名湖のハッシーも温泉に来るのかね」 「合宿というよりただの旅行」 「結構な山奥だなあ。あの山道は私も耐えられなさそうだ……。 奉太郎は帰りも酔って死にかけると思う。可哀そう…

氷菓 第7話 6/4 あらすじと感想 #hyouka #氷菓

 定番の幽霊話w。  えるちゃんから叔父さんの一件のお礼ということで、古典部全員で温泉旅行に出かけることになった。宿は、摩耶花ちゃんの親戚の民宿が手配できたらしい。  短いバス旅行だったわけ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。