スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

這いよれ!ニャル子さん:12話感想&総括

這いよれ!ニャル子さんの感想です。

とりあえず突き抜けましたね。

酷いオチだったなー(真尋談)

うむ、まさか最後の敵の動機がエロゲとはねえ…(汗)ジョージさんはこれを見てどう思って演じたんだろう…(ぇー)

というわけで終わらない日曜日となって一人だけの世界にいた真尋が感じたことは、ニャル子たちのいるやかましい雰囲気が自分の日常なんだと失ってみて思えたということでしたね。当たり前というものになれてしまうとそれの大切さというものになかなか気づかないものなんですが、曲がりなりにもニャル子は真尋のことは愛しているわけですから、そのありがたさというものを理解することが出来たのは良かったのかな。

しかしシリアスな雰囲気だったけどやっぱりそうはいかないねー(笑)相変わらずパロ連続の台詞の数々、やっぱり最終回もニャル子はニャル子でした。ハーレムエンドみたいな終わり方もニャル子だからこそらしいなって終わり方で良かったと思いますよ。
まあとにかく、言いたいことは最後までニャル子さんらしかったということですよ(汗)うん、それ以外に感想が出てこないんだもん(笑)でも、それで十分伝わるでしょう。ノリに関しては最後まで貫き通したということですね。

というわけで、這いよれ!ニャル子さん、完結です。


<総評>

1話のインパクトはかなりのものがあり、また独特のOPも手伝って放送当初はかなりの人気を上げたアニメだったと思います。パロに対して全力投球で、自分が知っているものから知らないものまでと手当たり次第にネタを投下してくるある意味清々しい作品ではあったなと思いますね。

ただこういうパロと勢いの作品は後半必ずダレるというのがお決まりになっているようなこともあり、実際そういう意見も飛んでいました。そして、結局はこのアニメもその辺で落ち着いたように感じます。
こういう事態が起こる最大の要因としては、パロや勢いに頼った序盤だとキャラクター個人の印象がネタ的なものしかなくなるということで、終盤へと行くにつれてキャラクターの心情変化、成長が大事になってくる過程でどうしても弱くなってしまうということがあります。要は積み重ねが無いということですね。最終回の回想を見ていただければ分かりますけど、碌な思い出が無いし、だからこそこういう回想を最終回に積むというのはこのアニメの方向性的にはどう考えても合ってなかったと思います。
ニャル子も真尋が好きな気持ちはよく分かるけど、それも結局はギャグ的な立ち回りで進められていたので、やはりそこまで応援とかもないし(そもそも邪神だけどね(汗))、逆に真尋がニャル子を意識する過程も弱いと感じました。そういう関係の話で面白いなと感じたのは珠緒くらいかな。

もちろんそんな固いこと言わずリラックスして見ればいいじゃないという系統ではありますけど、ノリと勢いを最後まで持続させることのむずかしさを感じた次第ですね。特に序盤を勢いで乗り切るとだんだん慣れてくるというのは仕方がないことだけど、序盤勢い方はどうしても尻すぼみになってしまう…。特にその勢いだけが見物になってしまうとね。あとパロはその内容によって当たり外れも激しいですし。
ただ、シリアスをシリアスにできなかったそういうノリは自分は好きでした。敵もアホみたいなことを企む奴が多かったし、無駄に重くならなかった全体的なノリは好みでしたね。

自分もこういう系統は1クールに一つあってほしいと思えるようなアニメではあるんですが、やはりそのバランスの難しさは痛感しますね。終盤にニャル子さんの可愛さを真尋が自覚し始めたころから若干変わりはしましたけど、まあ遅いですから、中盤あたりでいっそのこと濃密な個人回をそれぞれ設けても良かったかもね。このアニメは勢い的に考えるとニャル子とクー子(途中からハス太)3人が一斉に絡んでいる時が最もネタとして仕込みやすかったということもあり、基本的に集団行動だったんですよね。だから周りを一切排除した回とかあったら個人としてしっかりキャラクターを見ることが出来るから面白いかなって思ったんですけどね。せっかく見た目とインパクトはいいものを持っているので。

そのキャラクターですが、自分はやっぱりニャル子が一番好きだったかな。上述の理由から真尋に惚れるニャル子というものにはあまり興味を惹かれなかったんですけど、彼女はとりあえず動き回って叫びまわっていたらそれでなんか面白かったです(笑)とにかく本能のまま行動するのが彼女の面白さであり、魅力だったと思いますよ。というか、ニャル子に限らず邪神のみなさんはそうやって本能をさらけ出した下心のかたまりみたいな集団だっただけに、基本的にはそのやりとりがこのアニメの肝でしたかね。クー子は終盤からニャル子に接近するために真尋を介するという間接という発想を覚えて真尋に近寄るようになってしまいましたし(汗)そうやってハーレム状態にするのはキャラ崩れしてないし面白いと思います。

音楽は…OPも言うほどハマらなかったかな。毎週欠かさず聞いてはいましたけど(笑)BGMは某Zアニメの曲のイントロっぽいやつが異様に覚えています(汗)いろいろとギリギリを走っていましたなあ。

「這いよれ!ニャル子さん」
八坂真尋:喜多村英梨
ニャル子:阿澄佳奈
クー子:松来未祐
ハス太:釘宮理恵
シャンタッ君:新井里美
八坂頼子:久川綾
ルーヒー・ジストーン:國府田マリ子
余市健彦:羽多野渉
暮井珠緒:大坪由佳
グタタン:三上枝織
ロイガー:中田譲治

OP「太陽曰く燃えよカオス」
ED「ずっと Be with you」


総合評価:C

うん、普通に面白かったです。でも、結局は普通を脱却できなかったかな。ノリを最後まで維持できてはいたと思いますが、そこについていけるかという面で、多少気持ちが離れちゃったところはあったかなあ…。この辺は視聴者の問題なんですけど、あくまで自分はこう思いました。少しワンパターンすぎたというのもあるのかな。

いやでも全然嫌いじゃないアニメですね。突き抜けたその気概、良かったと思います。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。阿澄さんはまさにハマり役だったように思いますけど、松来さんも貴重だったかも(笑)では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

這いよれ!ニャル子さん 第1話  ~ 第12話 夢見るままに待ちいたり

這いよれ!ニャル子さん 第1話 ~  第12話 夢見るままに待ちいたり 高校生、八坂真尋はある日、夜道で怪物に襲われるも突如現れた謎の少女に救われる。その少女は、自身がクトゥルー神話に登場するニャ...

這いよれ! ニャル子さん 第12話(最終回) 「夢見るままに待ちいたり」 感想

ラスボスの目的が酷すぎる(笑) そんなにエロゲーがしたいんかい! 目を覚ました真尋は違和感を覚えていた。 いつも騒がしすぎるくらいなニャル子たちの気配が全くしないのだ。 それどころか街に人の気...

12話(終)「夢見るままに待ちいたり」感想

フルフォースフォームの頭が割れて、ニャル子の顔が出るのが、おもしろかったです。

這いよれ!ニャル子さん 第12話 「夢見るままに待ちいたり」

 ロイガーが予想外に駄目な感じで面白かったです。

這いよれ!ニャル子さん 第12話「夢見るままに待ちいたり」(最終回)

這いよれ!ニャル子さん 9 (GA文庫)(2012/04/16)逢空 万太商品詳細を見る  音速丸+ドラキーみたいのがラスボスでしたか。ガチ怪獣さんで、石化攻撃をしかけたようです。ウルトラマン・ティガもネタに入って...

這いよれ!ニャル子さん 第12話(最終回)

「夢見るままに待ちいたり」 全てはエロゲーのために!

這いよれ!ニャル子さん 第12話「夢見るままに待ちいたり」

ニャル子たちが家から居なくなった?  だけでなく、真尋さん世界にぼっちワールドでした (ノД`) グタタンは居るみたいです? 彼女の仕業みたいね。 最近は主人公が出ない最終回が流行なのかしら? (´▽`*) Aパートはニャル子さんは回想以外出番なしw

這いよれ! ニャル子さん 第12話[最終話]

這いよれ! ニャル子さん 第12話[最終話] 『夢見るままに待ちいたり』 ≪あらすじ≫ 朝起きたら、そこはニャル子たちはおろか、誰ひとりいない世界だった!? 真尋は街中を歩き回るが誰もおらず、電話も...

這いよれ!ニャル子さん 第12話・最終回 感想「夢見るままに待ちいたり」

這いよれ!ニャル子さんですが、ニャル子たちが消えて静かになると八坂真尋は逆に落ち着きません。消えたのはニャル子たちだけではありませんが、外に出ても誰一人いません。(以下に続きます)

濃すぎたサブキャラ描写(アクエリオンEVOLとかニャル子さんとか)

【聖闘士星矢Ω 第13話】風の塔での蝿座のシルバー聖闘士との対決と、エデンくんと栄斗くんの再登場の巻。風の塔ってことで風属性のユナさんの主役回…と思ったのですが、そうじゃ ...

這いよれ!ニャル子さん #12

【夢見るままに待ちいたり】 這いよれ! ニャル子さん 6 (初回生産限定) [Blu-ray]出演:阿澄佳奈エイベックス・エンタテインメント(2012-11-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る これが僕 ...

這いよれ! ニャル子さん 第12話『夢見るままに待ちいたり』感想

「アイツら昨夜から帰ってきてないのか?グタタンもいないし」 「まぁ、どっか出かけてるんだろグタタンを宇宙まで見送りに行ったとか」 「そうでなきゃ、いつもの悪ふざけだ。どうせ・・・」 前回、...

這いよれ!ニャル子さん 第12話 【夢見るままに待ちいたり】 感想 (最終回)

最終回なんて……認めない!(´;ω;`) トラバさん「(´・ω・`)じゃ、なんでタイトルに最終回ってつけたの?」 そして……だれもいなくなった。 女の子が一斉にいなくなると凄く寂しいものですね~ グタタンを宇...

這いよれ! ニャル子さん 第12話「夢見るままに待ちいたり」

前回から引き続きでのオリジナルエピソードでしたけど・・・やっぱりビミョーでしたね(苦笑)。パロネタをちりばめてカラッと斜め上に突き抜けたハイテンションな面白さが持ち味でしょうに、それをスポイルしては意味がありません。最後はメインキャラ総出で悪者退治とい...

這いよれ! ニャル子さん 第12話 夢見るままに待ちいたり

這いよれ! ニャル子さん 最終話。 ひとりきりの世界に閉じ込められた真尋は・・・。 以下感想

2012年02クール 新作アニメ 這いよれ!ニャル子さん 第12話 雑感

[這いよれ!ニャル子さん] ブログ村キーワード 這いよれ!ニャル子さん 第12話 「夢見るままに待ちいたり」 #nyaruko2012 #ep12 逢空万太氏のデビュー作で、第1回GA文庫大賞優秀賞を受賞した『夢...

這いよれ!ニャル子さん 第12話 6/26 あらすじと感想 #nyaruko

 総てはエロゲのために!、そして、八坂真尋の日常。  目覚めた真尋くんの周りには、ニャル子ちゃんも、クー子ちゃんも、ハス太くんもいない。最初のうちは、直に戻ってくると

◎這いよれ!ニャル子さん第12話「夢見るまま...

〓翌日→グタタンがいない。ハスタ、クーコ、ニャルコもいない。マヒ:あいつら、帰ってきてないのか?まあ、出かけてるんだろう。:今日は再放送ばっかりなのか?→外に出る;いつ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。