スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂道のアポロン:12話感想&総括

坂道のアポロンの感想です。

それぞれが進んだ道。

再会してもやっぱりセッション!

これですよね。もう言葉とかいらないわけで、このセッションが2人を引き寄せたもので、まさに原点だったわけですから、1番の表現方法であったということです。8年後っていうのは驚いたけど、あって良かったと思いますね。時間が解決してくれることもあるわけで。

というわけで千太郎はいなくなってしまったけど無事卒業しそれぞれの道に進んだみんな。薫もまた回り道したけどりっちゃんとの関係に決着をつけ、自分の夢へと向かいました。最後の電車のシーン、何気に淳一たちと同じようなフラグなのかなーって思ったんですけど、そうではなかったですね(笑)でもその場にりっちゃんは来てくれたわけで、その結果に薫はホッとしたし、励みになったんじゃないかなって思います。

そして薫がなっていたのは医者ですかー。まだ研修生みたいですけど、これはエリートコースだなあ(笑)星児もアイドルになっていたりとみんな成功させているねえ。
そして何気に丸尾君が車掌になっていたのには笑った(笑)地味に彼も夢を叶えてるよねえ。卒業式には第二ボタンを要求されたりと地味に勝ち組だよな丸尾君。その子とその後どうなったのか気になりますね。

千太郎は離島で牧師見習いをしているみたいですね。中退扱いされてしまったようなんですけど、それでも千太郎は子どもが好きなんだなっていう気持ちがひしひしと伝わってくる結果ですよね。おそらく後悔は一切していないでしょうね。

それぞれがそれぞれのなりたいものになり、そして最後はセッションで締めくくる、とても気持ちの良い最終回でしたね。りっちゃん最後に来てくれましたけど、まさかショートとはなあ…こっちの方が自分は好きかも(笑)

というわけで、坂道のアポロン、完結です!


<総評>

このアニメの良かった点として1番なのは、やはりキャラクターの心情描写だったと思います。しかもそれを演出や表現でぼかすのではなく、キャラが心の中で反省とかをする関係で本人から語られるということもあり、非常に分かりやすいというものがあったと思います。演出等で考察するのもいいんですが、このアニメに関しては登場キャラクターの関係が複雑だったこともあり、あまりにぼかしすぎると逆にゴチャゴチャしそうだっただけに、それぞれの気持ちが明らかだったというのは短い尺を考えても良かったのかなって思いました。
また、そういうはっきりしている気持ちというのがまさにこれくらいの年齢の特徴だとも思ったので、そのような年相応の悩みみたいなものに苦しむ中で時には正解、時には失敗を選んだりと出来る範囲で頑張っているキャラクターたちに感情移入がしやすかったのかなって思いましたね。

そしてこのアニメの凄いところとしてジャズの演奏描写。まさにヌルヌル動いて圧倒させてくれる気合いの入り方に脱帽でした。このアニメの人間関係の中では上述通り成功と失敗を繰り返す形となっていたんですが、決まってジャズというのは成功へ向かうものとなっています。つまりそれぞれが自分を一番表現できる場であり、表現が不器用な薫たちにとっては最高の自己表現の場だったんですよね。そういう意味でもジャズセッションや披露の場での彼らの躍動感などはとても詳細に描かれており、だからこそ名場面として楽しめたんだなって思いました。

薫に関しては特に失敗を選んでは反省の繰り返しをしていたキャラでした。しかしその中で自分に出来ること、そして自分がしなければいけないことを自分から考え、そして実行することの大切さを理解していったのかなって思います。元々人付き合いが得意では無かったかと思いますが、その中で仲間を見つけ、好きな人を見つけ、そして本音を出すことが出来るまでに成長した姿は良かったなって思います。
千太郎は多少荒れてたけど根は優しいという典型的な存在。薫同様あまり人付き合いが上手ではないんだなということですが、彼も自分なりのやり方を見つけ、そしいてその象徴としてのドラム演奏はとてもかっこよかったと思います。表面上が明るいキャラは裏にいろいろ抱えてるということはありますが、千太郎もその通りでしたね。でもそれをみんなを巻き込ませたくないということで抱えたままにしていたのも彼でした。ある意味このアニメの中では大人な方だと思いますが、確かな包容力、正義感がありましたよね。
りっちゃんは実に難しいポジションに立っていた子。なんて言ったらいいか難しいんですけど、千太郎に恋した経緯がもう少し詳細に分かればいろいろ入り込めたかもしれません。とにかくこのアニメの癒し枠としててくれたのは間違いありません(笑)そして大人びて見えるようで、実際千太郎より子どもみたいってのも良かったです。

サブキャラも立ってたね。淳一と百合香は中盤注目されましたけど、こっちは大人びていたような関係。しかし実は淳一が澄ましているように見えて実はかなりの臆病者だったということもあり、大人になりきれない中での成長した関係というものを見せてもらったように思います。最後の駆け落ち、ドラマチックでしたね。

音楽はこのアニメの一つの肝となっていましたけど、OPもEDも良かったです。劇中でのセッションも毎回高揚させてもらいました。

「坂道のアポロン」
西見薫:木村良平
川渕千太郎:細谷佳正
迎律子:南里侑香
深堀百合香:遠藤綾
丸尾重虎:村瀬歩
松岡星児:岡本信彦
桂木淳一:諏訪部順一
迎勉:北島善紀

OP「坂道のメロディ」
ED「アルタイル」


総合評価:A

丁寧かつ優しい、安定した物語だったなって思います。そこにセッションという激しいものをドカーンと入れてくることでインパクトも絶大でしたし上手い具合に動と静がマッチした良作でした。
Sにならなかったのは、こんなべた褒めでありながら実際のところ自分はめちゃくちゃのめりこんでいたってわけでは無かったので(汗)まあS評価は完全に補正が入っているのではあるので(笑)

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

坂道のアポロン 第12話・最終回 感想「オール・ブルース」

坂道のアポロンですが、川渕千太郎がいない学園生活は西見薫にとっては味気ないものとなります。迎律子ですら、その穴を埋めきれるとは言えません。(以下に続きます)

坂道のアポロン   第1話~ 第12話 オール・ブルース

坂道のアポロン 第1話  ~ 第12話 オール・ブルース  最終回 高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で横須賀からひとり、親戚のいる九州へ引っ越してきた。 それまで優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫...

坂道のアポロン 最終話

8年経っても変わらないセッション、これにて終止符

坂道のアポロン 第12話(最終回) あら...

あの坂道を登って-------------!!失踪してしまった千太郎。それでも日々は過ぎていく。受験の迫った時期。一時成績を落としてしまった薫だったが、それはなんとか克服。恐らく勉強に...

坂道のアポロン 第12話(最終回) あらすじ感想「オール・ブルース All Blues」

あの坂道を登って-------------!! 失踪してしまった千太郎。 それでも日々は過ぎていく。 受験の迫った時期。 一時成績を落としてしまった薫だったが、それはなんとか克服。 恐らく勉強に没頭することで、千太郎の不在を忘れようとしたのではないのか。 ...

坂道のアポロン 第12話「オール・ブルース」

「あいつの事 ずっと忘れようとしてたのに  この鼓動が止まらない、この心臓のリズムがどうやっても止められない――」 東京の大学へ進学した薫、千太郎の事を忘れようとしたけれど… 一枚の写真、そこに写っ...

坂道のアポロン第12話(最終話)感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/06/post-cbd9.html

坂道のアポロン 最終回 「オール・ブルース」 感想

捨ててしまったものは戻ってこないけれど、失くしてしまったものは急に帰ってくることがある。

坂道のアポロン 第12話「オール・ブルース」

『姿を消した千太郎。薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり、律子を傷つけてしまう。気持ちがすれ違ったまま、薫は東京の大学に合格し、町を離れる日が来るが…!?奇跡的に出会った薫と千太郎がジャ...

坂道のアポロン #12「オール・ブルース」

坂道のアポロンの第12話を見ました。 #12 オール・ブルース 千太郎はさっちゃんの意識が戻ったのを確認するとロザリオを残して回復を待たずに姿を消してしまう。 薫はその現実を冷静に受け止めよ...

『坂道のアポロン』#12「オール・ブルース」(最終回)

「西見君、2年の文化祭の君たちの演奏、 僕はきっと一生忘れないよ」 千太郎が姿を消し、薫は一時成績を落としたようだが今は主席に復帰。 それは嫌なことから逃れようと、勉強に走ったせいか? りっちゃんもそんな薫を心配したが、 今はあまり話をしたり、一緒に...

坂道のアポロン 第12話(最終回) 「オール・ブルース」 感想

薫と千太郎の再会、そして演奏シーンは良かったですね。 最後はやっぱりハッピーエンドがいいですから。 できればもう一話、欲しかったなぁ。 姿を消した千太郎。 薫はその現実を冷静に受け止めようとす...

坂道のアポロン・第12話

「オール・ブルース」 千太郎が失踪して数ヶ月。受験勉強も本格化し、薫と律子の関係もギクシャクと……。 「やがて忘れる」 とか、そういうのを連呼したけど、考えてみたら、これって、1話辺りの薫に戻...

【アニメ】坂道のアポロン 第12話 (終)「オール・ブルース」 展開はぇぇw 完璧なホモENDだった!

2808 名無しになるもんっ♪ sage 2012/06/29(金) 00:51:54 ID:??? 首席か 2810 名無しになるもんっ♪ sage 2012/06/29(金) 00:52:00 ID:??? つまりジャズが悪かったのか

坂道のアポロン 第12話「オール・ブルース」

ジャズで繋がった青春の物語は、まだ続いてる... みたいな終りで良かったです♪ 坂道のアポロンと言うのは 千太郎のことを指してるだけでなく。 これから坂道をあがっていく途中だった 青春の中にあった薫たち全員のことだったのかもね (´▽`*)

坂道のアポロン 第12話「オール・ブルース」

第12話「オール・ブルース」 千太郎が姿を消してムカエレコードの地下室からも足が遠のいてしまった薫。 千太郎を忘れるために勉強をしたのか、一時期下がっていた成績も元にも戻りました。 成績は上...

坂道のアポロン #12「オール・ブルース」感想

前回からの引き千太郎はどこかへ行ったまま帰ってこず 心ここにあらずな薫くん2人の思い出の場所であった屋上は開放されジャズにも離れてしまい複雑な心境・・・りっちゃんはそんな薫を見兼ねて家に呼ぶ お誘いキマシタワーこれはその・・・なんだ・・・あれだろ!何故...

坂道のアポロン第12話(最終話)「オール・...

坂道のアポロン第12話(最終話)「オール・ブルース」「この鼓動が止まらない!」薫たちの前から姿を消した千太郎。彼は何処に?残された薫と律子は・・・いよいよ、話題作も最終回...

坂道のアポロン 第12話(最終話)「オール・ブルース」

坂道のアポロン 第12話(最終話)「オール・ブルース」 「この鼓動が止まらない!」 薫たちの前から姿を消した千太郎。 彼は何処に? 残された薫と律子は・・・ いよいよ、話題作も最終回 ...

坂道のアポロン 第12話(最終話)「オール・ブルース」

坂道のアポロン 第12話(最終話)「オール・ブルース」

◆坂道のアポロン ♯12 感想

また一週間に一度の楽しみが 終わってしまう°・(ノД`)・°・ OPがなかったから物足りない。。。 あの淳兄のパパパーパパーが聞きたい。 そんな永遠に終わって欲しくない最終話感想。 (next ´ゝ∀・`)ノ**☆**:;;;;;:**☆ここからスーパー“急展開すぎ!?...

坂道のアポロン 第12話(最終回)

「オール・ブルース」 あいつのこと忘れようとしてたのに、この鼓動が止まらない     この心臓のリズムがどうやっても止めらない

坂道のアポロン 第12話(最終回) 「オール・ブルース」 簡略感想

いつまでも思いは変わらず・・

(アニメ感想) 坂道のアポロン 第12話 「オール・ブルース」

投稿者・全力丘 坂道のアポロン 1 (フラワーコミックスアルファ)(2008/04/25)小玉 ユキ商品詳細を見る 姿を消した千太郎。薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり、律子を傷つ

【アニメ総評】坂道のアポロン【2012春アニメ】

投稿者・全力丘 坂道のアポロン 1 (フラワーコミックスアルファ)(2008/04/25)小玉 ユキ商品詳細を見る 毎クール厳選した1作品を総評してみます! 今回は全力丘が坂道のアポロンの全

ジャズと青春と

アニメ「坂道のアポロン」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました 1966年 長崎 佐世保を舞台に高校生の薫、千太郎、律子を中心に 友情、恋模様を描く青春モノ そして 大きな軸...

ジャズと青春と

アニメ「坂道のアポロン」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました 1966年 長崎 佐世保を舞台に高校生の薫、千太郎、律子を中心に 友情、恋模様を描く青春モノ そして 大きな軸...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。