スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロコネクト:4話感想

ココロコネクトの感想です。

ことの大きさは自分自身では計れない。

姫子も落ちた…のか…(笑)

うむ、姫の時もそうだったけど、姫子に対してもとんでもない方法で解決させてきましたね(汗)太一の自己犠牲精神もかなりのものなんですけど、その解決能力もすげえなあ…何だかんだで、相手の苦しんでいる部分にすっと入ってきて、むしろ好転させてしまう力がありますよね。とんでもない方法だからこそ、自分が苦しむのがバカバカしくなるみたいな効果とかもありそうですしね。

姫子に関しては、伊織や唯のように特に悩みや壮絶な過去があったわけではないようですけど、入れ替わった時に何かヤバいことをされていないかということをかなり気にしているようです。かなり思考的には極端で、それこそ犯罪をしても責任を問われるのは元の体の人のみ。姫子の中では太一たちはこの世の中でも断トツに仲間だと思っている人たちだけに、そんな彼らすら信用ができない思考をしてしまう自分が本当に許せないみたいです。

…確かに極端かもしれませんけど、姫子の言い分は十二分に分かることだと思いますね。自分が自分の中にいない…相手に全てを委ねている状態というのは、本気で不安だと思いますよ。また戻ってきたときには世界が変わっている可能性もある。怖いよねえ。
でもみんなに話していたら案外あっさりな様子。誰でも不安なのは間違いないんですよね。それに対して姫子は過剰に反応してしまい、さらにそれを自分だけ塞ぎ込んで悩んでしまったというのが失敗でしたね。難しいことであることは間違いないんですけど、それでも話すというのは大きな吹っ切れにはなりますよね。そういう空気を作ってくれる太一は確かに有能なのかなあ(笑)

しかしあのオカズ発言は驚きですね(笑)うん、そりゃね、思春期であればだれでもクラスの好きな子やかわいい子をオカズにするのは当然だと思いますよ、これは間違いないと思う。姫子とかは友達というサバサバした関係かもしれませんけど、それでもね…。
でもそれに対して姫子も自分もオカズにしている発言で返してきたのは笑ったけど(笑)でも発言はアレだけど、姫子としては重要な場面ではありましたね。

伊織に関してはまた彼女も唯同様嫌な過去をお持ちで。なんとお父さんは5人いるということで、内2人目がDV気質だったようですね。…てか2人目っていうのはリアル感あるよなあ。母親からしてもまだ若い頃だろうし、そういう男と付き合いそうな感じはありますよ。伊織は当時小学生だったみたいですか。
そしてそんな大事な時期に相手に合わせるということを覚えてしまったことがまさに不幸でした。それ以降も相手がして欲しいことを自分がするというやり方を貫いてきたゆえに、自分自身がしたいことを考えることが欠落してしまったみたいです。だからこそ、相手が要求してくれれば、自分がそれに従って表現できるんですけど、いざ自分の好きなことややりたいことは?っていうのは考えたことが無かったということでそういう発想が出てこないということですかね…。

てかこの伊織の思考は、この人格入れ替わりの最悪の状況と同じだよね…。

つまり人格が変わったら相手に合わせなくてはいけなくなる、それを繰り返すごとに自分自身というものが見失ってしまうということになります。その中で自分自身というものを失くしてしまうことに繋がってしまうということですね。

そうなると伊織は入れ替わりによる悲観をそこまでしていなかったというのは納得に思いました。ポジティブな印象がある分それが理由で案外あっさりしていたのかなって思いましたが、そもそも伊織は誰かのために自分を演じることに特に重荷に思っていないというのが真の理由なのかなって思いました。伊織が優しいというみんな意見があるのも、そういうみんなが求める自分像を伊織は作っているということかもしれませんね。
そう考えると、伊織は非常に危ない人間と言えます。自分を持っていないというのは、本当に危険な状態だと思うんですよね。

特に、信頼できる仲間がいるときとか。

合わせることが自分であれば、ありのままの自分を受け入れようとする存在が現れた場合…自分らしさというものを享受してくれるはずの相手に自分らしさを発揮できないということになりますよね。そうなると、おそらく自分自身への罪悪感というか、自分って何だろうとか、相手の受け入れに応えられない罪悪感も相まってヤバいのではないかと思ってしまいました。信頼できる仲間がいるからこそ、さらに自分を追い込んでしまう。ある意味今回までの姫子の状況と似るかなと。

…そして次回予告…(汗)

え?マジでそういう話になっちゃうの?伊織の死に関しては前回の感想でも少し予感をしていたんですけど、全く事情が違うんだよなあ(汗)自分自身の問題に見えるし…。
とにかく、次回で一気にどん底に向かいそうな感じでしょうか。ダークな印象はありましたが、本当にヤバいところまで来てしまったのかなあ。とりあえず、みんな笑って終われる最後を期待したいところですが…(汗)というわけで不安と期待で待ちたいと思います。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

けいおん原画

お久しぶりです。
前回の、まさかの急所体験に続いての、この下ネタラッシュ・・・。女子の視点では絶対に描けない脚本だと思います。

特に前回の絵ズラは、衝撃的でした。
同時期に劇場版の「けいおん」を見たので、まさか、けいおん画で初めて男子高校生が描かれて、しかもあんな暴挙に出るシーンを見られるなんて、想像も出来ませんでした。←観点がおかしい。

最後の稲葉の告白は、第一話で入れ替わりを検証していた稲葉が伊織に耳打ちした内容らしいです。・・・まあ、女子の場合はネタでしか無いでしょうが。
前回から、精神カウンセラー番組めいて来て、本当に病院に行こうよ!と思ってしまいます。
・・・伊織の場合は、日本人の特徴でよくある話でしょう。自分を制限されない環境に居れば、すぐに解消される問題だと思いますけれども。

そしてみゆきちの独壇場だった、次回予告の大トリが、とうとう太一に。まあ、伊織の落下は今回と同じく、ただの引きにしか見えないんですが。

flyingさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>同時期に劇場版の「けいおん」を見たので、まさか、けいおん画で初めて男子高校生が描かれて、しかもあんな暴挙に出るシーンを見られるなんて、想像も出来ませんでした。

確かに雰囲気に大きなギャップがありますよね(笑)ここまで重くないですし(汗)自分もけいおんの劇場版は視聴しましたが、安心感というものがまるで違いました(笑)

>最後の稲葉の告白は、第一話で入れ替わりを検証していた稲葉が伊織に耳打ちした内容らしいです。

ああ、そういえばありましたね。姫子は結構下ネタ好きかもしれませんね(笑)

>・・・伊織の場合は、日本人の特徴でよくある話でしょう。自分を制限されない環境に居れば、すぐに解消される問題だと思いますけれども。

だといいですね。精神的な話はそう簡単には解消されないですけど、環境の変化でふっと変わることもあるので、難しいところなんですけどね。
まあ落下に関しては確かに引きだと思いますが(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ココロコネクト 第4話「二つの想い」

「ココロコネクト」 OP パラダイム『私もお前をオカズにしたことがある』 原作:庵田定夏 キャラクター原案:白身魚 総監督:大沼心 監督:川面真也 アニメーション制作:SILV...

ココロコネクト 4話

太一「藤島さんは、伊織をオカズにしたことが、ある!」 いなばん「お前自身のカミングアウトじゃねーのかよ!」 この子たちの悩みに共感するところは一つもないし、 他人を

ココロコネクト 第4話「二つの想い」

突然倒れた稲葉は保健室に運ばれる。 立ちくらみだってことですが、もっと疲れてるように見えて心配。 入れ替わりで一番精神が参ってるのは稲葉なのかも...?  

【孤独にアニメ】ココロコネクト 第4話 二つの想い

唯のトラウマ騒動が落ち着いたのも束の間、姫子が体調不良で倒れてしまう。 心配する文研部の仲間たちに対し、大丈夫だと言い張る姫子。 そして彼女は、唯を救おうとした太一の親

『ココロコネクト』 4話「二つの想い」

悩み事は誰かに話すことで道は開けてくるはず。 さぁみんなぁ~太一に相談だっ!w

ココロコネクト #04 「二つの想い」

太一の悩み解決スキルがハンパ無い。「ココロコネクト」の第4話。 姫子が意識を失ったところから続き。 本人は心配するなというが周りはそんなに簡単に鵜呑みにできる訳もなく。...

ココロコネクト 4話「二つの想い」

太一のオカズ発言。直接言われると驚くだろうなぁ(^^; 自分がオカズにされているとなれば尚更・・・

ココロコネクト #4

【二つの想い】 ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)著者:庵田 定夏エンターブレイン(2010-01-30)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る この自己犠牲野郎! 

ココロコネクト 第4話

 なんだかなぁ、、愛生女子と、さわしろん女子のお悩み説明回。キャラの名前が覚えられませんです。

「ココロコネクト」第4話

そんな稲葉も、アリ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207290000/ ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)庵田 定夏 白身魚 エンターブレイン 201...

ココロコネクト 第04話 感想

 ココロコネクト  第04話 『二つの想い』 感想  次のページへ

ココロコネクト 第4話 7/30 あらすじと感想 #kokoroco

 太一くんがフラグを立てるアニメですw。  倒れた姫子ちゃんは、保健室のベッドへ。太一くんと伊織ちゃんが付き添うが、やはり、姫子ちゃんの顔色は悪い。結局、下校でも、太

(アニメ感想) ココロコネクト 第4話「二つの想い」

投稿者・全力丘 ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)(2010/01/30)庵田 定夏商品詳細を見る 唯のトラウマ騒動が落ち着いたのも束の間、姫子が体調不良で倒れてしまう。 心配

ココロコネクト ヒトランダム #4 「二つの想い」

ココロコネクト ユメランダム (ファミ通文庫)(2012/02/29)庵田 定夏商品詳細を見る  桐山唯のトラウマを解決した方法を稲葉姫子と 永瀬伊織に話す八重樫太一。 伊織にトラウマを...

ココロコネクト 4話 「二つの想い」

「ココロコネクト」の第4話です。 いなばんが突然倒れました。特に重い病気ではありませんでしたが、この人格入れ替わり現象が関係していたようです。それは、人格が入れ替わっ

ココロコネクト 第4話「二つの想い」

挿絵と同じシーンを見ると嬉しくなるのは、自分だけではないはず。 「ココロコネクト」第4話視聴しました。 こうしてみると第1巻であるヒトランダム編は、5話以上必要だったなとい...

ココロコネクト #4「二つの想い」

稲葉をオカズにした事があるか~、うん体育館の裏ちょっと行こうか(何(何

ココロコネクト 第4話「二つの想い」

「俺は、稲葉をオカズにしたことがある」 「アタシも、オマエをオカズにしたことがある」 ・・・え?それでオシマイですか?!(爆)。 母親が結婚・離婚を繰り返してきたことが元で...

[アニメ]ココロコネクト 第4話「二つの想い」

器用に振る舞える人間ほど自分を見失いやすい。他人に合わせて、自分を形成する。

◎ココロコネクト第四話「二つの想い」

†保健室ヒメ:ただの立ちくらみで死ぬかよ。青木:体は大事にしなきゃ。=帰り道ヒメ:大げさなんだよ。:そろそろユイと何があったのか。教えてくれないと倒れそうだ。・・・ヒメ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。