スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロコネクト:5話感想

ココロコネクトの感想です。

最大の選択を迫られて…。

…って全部筋書き通りだったんかーい(汗)

いや、ガチで死ぬんじゃないかと思っていました(汗)だって最初からいずれこういう展開が来そうだなって思っていただけに、ついに来たか…という気持ちで見ていましたから、最後まで信じ切っていましたよ。まあいずれにせよ、伊織が生きていて良かったです。

というわけでふうせんかずらの目的自体はなんだったのかという謎はまだ残っていますけど、とりあえず人格入れ変わりに関しては今回で区切りということなんでしょうかね。見た感じだと何かの実験みたいな雰囲気でしたけど、この5人が予想以上に面白く立ち振る舞ってくれたもんだから、このような「死」と「犠牲」を最後のテーマとしたんだと思うんですけどね。

犠牲と言うと、自他公認の自己犠牲野郎太一がいますけど、やはり今回も自分が伊織と入れ替わって死ぬということを言っていましたね。
本編でも語られていましたけど、実際のところ自己犠牲というのは自己満足に過ぎないということ。他人の痛みに耐えられなくてそれを助けたいという気持ちは分かるけど、そうして自身が傷つくとそれを悲しむ他人というものも現れるんです。結局、悲しんでいる人を救うための自己犠牲というのは新たな悲しむ者を生んでしまうだけ。エンドレスです。
でも、自分に対して悲しむ者がいるということを、自己犠牲する側は嬉しむべきなんですよね。太一はそこが絶望的に欠けていた。姫子の言うとおり、おかしい奴だと思いますよ。

その点、この場合では伊織が死んだ方がいいと言った青木はいろいろと素直だなと。唯に対して告白をしていましたけど、彼のストレートな性格は時に空気を読まないかもしれませんが、時に正論を言うこともあります。言うなれば、伊織とは真逆のタイプということでしょうね。
逆に伊織は誰かに合わせるということに慣れすぎています。自分自身を見てくれると言ってくれた太一に対して姫子と入れ替わったかのように振る舞って試した場面がありましたけど、伊織は基本的に口だけというものを何度も経験してきたんじゃないかなと。相手に合わせることをしてきた伊織にとって、相手に信頼されるようにするということはずっとやってきたんだと思います。

でも相手を自分から信頼するということはほとんどやってきてなかったんじゃないかな。

だからこそ、行動で証拠が欲しかった上での試しだったと思うんですけどね。まあ結果的に伊織は元々そういう真似が上手いから太一は見抜けなかったんですけど、「本当の自分」を分かってくれるという点では絶望的になっちゃったんでしょう。

ただ、その後に太一は誰かに合わせている伊織も伊織だということで、自分自身の個性というものがあろうとなかろうと、伊織が考えて行動しているものであればそれは全て伊織自身であるということを言ってくれました。これはまた逆転の考え方ですよねー。

何より、太一は伊織のことが好きだという気持ちがこの言葉に強みを持たせていますよね。なぜ伊織を好きになったのか、もちろん外見的な要素もあるでしょうが、彼女の内面にも惹かれたとしたら、本人は個性を持っていないと思った中での自分自身を好きになってもらったというのは、今の自分自身のスタイルを認めてくれた証拠になるわけですから、とても嬉しいんじゃないかと思うんですよね。
もちろん告白には唐突感がありましたけど、太一の伊織への気持ちは最初からほのめかされていましたし、このタイミングで告白を持ち出すこと自体はグッドだったんじゃないかなって思います。

さて、一応ヒトランダムはこれで終了ということでしょうか。太一は伊織に告白したけど、ファーストキスを貰ったのは姫子というややこしい構図になってしまいましたけど、どうなんでしょうか。姫子も太一に気があるような素振りはあったんですが、まさに思わぬ形でしたな(笑)責任ですか…またオカズにすればいいんじゃn(ry

てか本当に声優さんの本気を見せてもらいましたねー。特に姫子に変わった伊織のシーンとかとても良かったです。声が明るい姫子っていうのがとても新鮮だったというのもあるんですけどね(笑)

次回からも同じメンツなのかなー。そうなると次は恋模様が気になってくるところですが…自己犠牲野郎がモテモテ状態なんですが、決着はついていくのでしょうか。楽しみです。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ココロコネクト」第5話

キスしようぜ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208050000/ ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)庵田 定夏 白身魚 エンターブレイン 2010-01-3...

ココロコネクト   ~  第5話 ある告白、そして死は……

ココロコネクト 第1話 ~  第5話 ある告白、そして死は…… 私立山星高校文化研究部内で次々と起こる実際ではあり得ない不思議な現象、<ふうせんかずら>による謎の企み、そ

ココロコネクト 5話「ある告白、そして死は……」感想

ココロコネクト 5話「ある告白、そして死は……」 ≫あらすじ ◆伊織の人格 伊織は稲葉と入れ替わったフリをして太一に接触します。 前回、どんな事があっても彼女をわかって

ココロコネクト 第5話「ある告白、そして死は……」

「ココロコネクト」 OP パラダイム『死にたくないなぁ~・・・』 原作:庵田定夏 キャラクター原案:白身魚 総監督:大沼心 監督:川面真也 アニメーション制作:SILVER LINK.

ココロコネクト ヒトランダム #5 「ある告白、そして死は……」

ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)(2010/05/29)庵田 定夏商品詳細を見る  桐山唯に告白し、再び撃沈する青木義文。 まあ、こそこそ付け回すようストーカーのような 犯...

ココロコネクト 第5話「ある告白、そして死は……」感想

告白!告白!どーん(゚Д゚) 急展開でびっくりしたww <ふうせんかずら>さんは、いったい人間のなにを見たかったんでしょう? 極限の姿?友情?絆? 友達のこと、恋のこと、生

ココロコネクト #05 「ある告白、そして死は……」

「ココロコネクト」の第5話。 いきなり義文から唯への告白タイム。 今は誰とも付き合えないと断られるが、以前の蔑みから比べればぜんぜん脈あり。 部室で姫子の入った唯に「

【孤独にアニメ】ココロコネクト 第5話 ある告白、そして死は・・・・・。

昼休み、唯に対し自分の思いを改めて真正面から伝えた青木。 2人の様子を太一、伊織、姫子は陰から見守っていた。 そして放課後、文研部の部室にやってきた太一は、伊織と入れ替わ

ココロコネクト 第5話感想「伊織の死を観察対象にするふうせんかずらは許せないです」

稲葉が唯に再度告白するシーンからスタートしましたが当然のごとく断られましたな、好きとか嫌い以前にまだ付き合う事自体まだしたくないらしいからそうなったけどいつか付き合う時...

ココロコネクト 第5話 8/6 あらすじと感想 #kokoroco

 彼の思惑は?。  冒頭は、義文くんが唯ちゃんに交際を申し込み中、他の三人が覗いているシーン。このノゾキは姫子ちゃんの提案らしいが、彼女としては太一くんと伊織ちゃんを

ココロコネクト 第05話 感想

 ココロコネクト  第05話 『ある告白、そして死は……』 感想  次のページへ

ココロコネクト 第5話

ヒトランダム遂に完結!!

ココロコネクト 5話「ある告白、そして死は……」

茶番に感じない茶番(^^; ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)(2010/01/30)庵田 定夏商品詳細を見る

ココロコネクト #5 ある告白、そして死は……

ココロコネクト 第5話。 人格入れ替わり事件のクライマックス。 以下感想

[アニメ]ココロコネクト 第5話「ある告白、そして死は……」

本当、ひどいな。現実って非道いな。太一は自分のことを信じてくれている、それはわかっている。太一は自分のことを自分らしさをわかってくれている。それもわかっている。

ココロコネクト 5話 「ある告白、そして死は・・・・・。」

「ココロコネクト」の第5話です。 冒頭より青木が唯の告白シーン。前回とは一転した雰囲気でしたが、これがきっかけで伊織の心境がまた一つ変わるきっかけとなったようです。い

ココロコネクト 第5話「ある告白、そして死は……」

「……太一が好きだって……言ってくれたのになぁ……」 みゆきち本領発揮。 すっかり美人系お姉さんキャラが板についてきましたが、ぷちこ役でデビューしている方ですから、元々...

ココロコネクト 第5話

青木が唯に改めて告白w まだ今はムリだけど、友達として好きって唯の答え。 それでも脈ありと青木は喜ぶのでした。 太一へのフラグが出来たと焦った青木 ましな答えが貰えてよ

(アニメ感想) ココロコネクト 第5話 「ある告白、そして死は・・・・・。」

投稿者・全力丘 ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)(2010/01/30)庵田 定夏商品詳細を見る 昼休み、唯に対し自分の思いを改めて真正面から伝えた青木。 2人の様子を太一、伊...

ココロコネクト 第5話「ある告白、そして死は・・・・・。」

太一の不用意な言葉で伊織の心が傷つき、追いかけて謝って話し合って、ケリがついたと思ったところに<ふうせんかずら>の突然の登場と伊織の体を使っての身投げ・・・伊織はなんと...

◎ココロコネクト第五話「ある告白、そして...

青木:キリヤマユイさんが好きです。付き合ってください。 ユイ:お断りしたでしょ。まだダメ。なんで私なのよ。:直感なんだ。 ユイ:なんでいまさら。青木:太一のことどう思っ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。