スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓:20話感想

氷菓の感想です。

納屋での出来事。

今回もイチャイチャを見せてもらいました(笑)

先週に引き続いて今週もとは…。奉太郎とえるの関係は確実に進んでいるということなんでしょうか。まあ今回は偶発的に起きたものでしたが、えるの発言を聞いていると満更でもないところが見ていて面白いですね(笑)今回は父親の代役ということで相応の責任を背負ってきたわけだから焦っていたんですけど、もしそうじゃなくて完全なプライベートだったら良かったということなんですかね…?(笑)

まあその辺の詮索は後にして、今回は奉太郎とえるが納屋に閉じ込められる話。蔵と納屋を間違えた奉太郎のドジッ子な面も見ることが出来ましたが、閉じ込められてからはあの手この手を考えて脱出を試みようとしますが基本的には上手くいかず。えるの事情で大声を出すことも縛られている中での脱出ゲーが繰り広げられていました。
解決としては、戦国時代のやり方を倣って里志に閉じ込められていることを報告したと。朝倉攻めをしようとして金ヶ崎まで進軍していた織田軍が、同盟を組んでいるはずの浅井に裏切られて窮地になったところですね。丁度里志がドラマでその辺を見ていたということで伝わったということでした。
それまでの間はなんとかして脱出をしようと2人で考えていたわけなんですけど、考えてみれば2人きりというおいしい場面。でも今回は奉太郎はそれどころじゃなかったという感じではありましたね(汗)真冬の中ですから当然寒さが厳しい時ではありますし、もちろん2人の関係をまわりに知らされるのというのは当然からかわれる材料になってしまいますからね。…しかし携帯持ってないっていうのはやっぱり不便だな(汗)

えるに関しては奉太郎を完全に意識していますよなあ。まず「見せびらかしたい」という時点で自分の綺麗な姿を奉太郎に見てもらうことを望んでいるわけで…えるって積極的だよなーってここ最近になってさらに思うようになりましたね。元々自分が気になることに関しては周りに気にせずにぶっこんでいくぐらいの積極性を持っているんですけど、今の奉太郎に関しての関わりは一歩引いたかのような積極性なんですよね。全然好奇心のそれとは違い、含みを持たせて相手に悟られるかどうかというところで勝負をかけていくような感じ。えるは恋愛感情系に疎いと思っていますけど、自身を艶やかに見せるようなそういう事はこれほどの高貴な家で育っているのであれば自然と身に着けてきていると思うんですよね。えるは黒いんじゃいかって疑惑が以前あったんですけど、彼女はそういうものを自然に身に付け自然に実行するタイプだと自分は思っています(笑)ある意味悪女より性質が悪いかもしれない(汗)

でもやっぱりえるに着物は似合いますね。農家の娘だけあって和っていう印象が強い分、彼女の魅力が最も出る服装ではあるなって思いますね。うなじとか凄く力が入っていたように思いますけど、やっぱりそれも魅力ですよね(笑)

一方摩耶花は巫女姿。これまた普段とは違う印象を与えてくれていたわけなんですけど、相変わらず奉太郎への対応が冷めていますね(汗)逆に里志が見に来た時の反応を期待していたんですが…まあ可愛くてGJでした(笑)里志は特に摩耶花の姿について言及していませんでしたけど、ちょっと前にも一度来ていたということだったので、その時に何か言っていたのかな。その辺りは里志は気が利いている人間だとは思っていますけどね。
占い研で話題になっていた十文字さんも登場。同じく巫女姿ということでお披露目となりました。

最終回が近づいていますけど、ここのところはえると奉太郎の関係について描かれていっていますね。奉太郎としてはまだえるについては異性としての意識はあるけど、恋愛というところまでは行っていないと思うので、ここまで2人について描かれているのであればそれについての進展を期待してもいいんでしょうかね。段階的には丁寧だなーと思っているので、ここで一つドカーンと奉太郎が意識するようなイベントは…というところで次回はバレンタインでしょうか?(笑)えるはバレンタインに疎そうに思うんですけど、話数的にもそろそろとどめに近いものが来ると盛り上がりそうに思いますね。大きな事件はもうアニメでは取り扱われなさそうだし、最近はこの2人の動向が気になります!という状態ですので楽しみにしたいと思います(笑)では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

お疲れ様です。父親の名代という公式訪問?ということで、密室に二人きりを氏子さんに見られ、誤解を受けることをえるは恐れたわけですが、管理人さんご指摘のように「完全なプライベート」だったら誤解を受けても良かったように取れますね。でもこの場合の誤解は「暗いところで何してたんだ~」のレベルですから、別の場所だったとしても噂になれば名家のお嬢さんにはかなりハードなはずですが…。
今回は、初詣に加え、お酒を届けることと摩耶花の巫女姿を見るという2つの目的があったわけですが、社務所に入り、お酒を渡す場面(公式行事)に奉太郎が同席した時点で、十文字さんには「え、何でいっしょに?父親公認婿候補?」ぐらい思われそうです。となると、えるとしては、彼氏として見られる程度は何とも思っていないのかも(前々回では、自転車の二人乗りはオッケーのようでしたし)。
奉太郎は「おまけ」感覚でついて行っただけかなと思いましたが、管理人さんの「一歩引いた積極性」という表現はなるほどです。
次回は摩耶花が活躍しそうで楽しみです。

いや~。今回もイチャイチャ楽しませて頂きました。
私なんかはむしろくっつきそうでくっつかないまま、最終回まで突っ走って欲しいですね。
次回のバレンタイン、どうなるか今から楽しみです。

satoshiさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

>でもこの場合の誤解は「暗いところで何してたんだ~」のレベルですから、別の場所だったとしても噂になれば名家のお嬢さんにはかなりハードなはずですが…。

まあその辺もあるからこそ、代理という公式的な扱いの中でその誤解を生まれさせるのは困っていたんでしょうね。神聖なおつかいの中での不純異性交遊疑惑になるわけですからね(汗)

>えるとしては、彼氏として見られる程度は何とも思っていないのかも(前々回では、自転車の二人乗りはオッケーのようでしたし)。

どうなんでしょう…そもそも彼氏という概念を意識しているのか…おそらく無意識では奉太郎を異性として見ているでしょうけど、表面上では仲のいいお友達という意識が強そうなので、まだ意識の転換が出来てなさそうには感じますね。その辺が恋愛に疎そうっていうイメージがあるかもしれません。

名無しさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

>私なんかはむしろくっつきそうでくっつかないまま、最終回まで突っ走って欲しいですね。

あーでもその可能性高そうですよね。とても微妙な関係性で終わりそうに思います(汗)でも奉太郎もえるも付き合うってイメージが無いだけ、そういう関係性でニヤニヤしたいっていうのもありますよね(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

氷菓   ~  第20話 あきましておめでとう

氷菓  第1話 ~  第20話 あきましておめでとう 省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前のクラブ「古典部」に入部することに。「古典部」で出会...

氷菓 第20話 「あきましておめでとう」

 服や髪型が変わると新鮮でいいですね。

氷菓 第20話 あきましておめでとう 感想

えるも摩耶花も可愛いなー。えるを見た奉太郎の反応とか、 里志に巫女服を見られて照れてる摩耶花とか、なんだか青春してるなぁって感じですねw しっかし、小説で内容を知っては

氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 感想

初詣デートと密室事件。

氷菓 20話 「あきましておめでとう」 感想 巫女回きたあああ(;゚∀゚)=3ムッハー

コミトレに遅刻しかけて駅から全力で走ったら、階段が下りれないぐらいに膝を痛めた律ちゃん博士です(`・ω・´)ゞビシッ!! 今日はもうお外に出ずに記事作成に専念するよ・・・(も

氷菓 第20話 「あきましておめでとう」

「見せびらかしに来ました♪」 着物えるかわえええええええええええええええええええ! な、なんということだ、ただでさえ完璧な着こなしで抜群の美し可愛さなのにそれと合わせて

氷菓 第二十話「あきましておめでとう」

氷菓 第二十話「あきましておめでとう」です。 アニメ版『氷菓』も、放送が9月いっ

氷菓 20話「ふくろのねずみ」(感想)

千反田えるさんの和装姿に釘付け。 折木君も改めて彼女の魅力に気づいたでしょう。 伊原さんの巫女服も中々に似合っていました。  

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

未完成ストライド(2012/08/08)こだまさおり商品詳細を見る  奉太郎はエルに誘われて、荒楠神社にまで初詣に行きました。制服や私服姿とは違い、エルは和服姿を決めこんでいます。豪農

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

さすがにエロ展開はなかったかorz せめて身体を寄せあって 二人で温まるとか そんな展開を期待してしまった… 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]角川書店 2012-06-29売り上げランキン

氷菓 第20話

関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第20話 あきましておめでとうなにやらどこかに飛び込められている場面から何が起きたのやら…えるから電話が来るどうやら初詣へのお誘い見たいで着物を

『氷菓』#20「あきましておめでとう」

「私、凶のおみくじって初めて見ました!」 大晦日、ゴロゴロしていた奉太郎に、 一緒に初詣に行かないかとのえるからお誘いが☆ なんとなく『君に届け』を思い出しちゃったけれ

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

氷菓の第20話を見ました 第20話 あきましておめでとう 「なぁ千反田、元日にやっていたことは一年間繰り返すっていう迷信はあるか?」 「さぁ多分そんな迷信はないと思います...

氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 感想

今回もえるが可愛かったですね。 納屋を結構壊してたけど大丈夫なの? 正月早々からえるに呼び出される奉太郎。 えるの新春の挨拶に付き合うことになった奉太郎。 えるの着物姿

氷菓 第20話「あきましておめでとう」の簡単な感想

着物姿のえるたそと巫女さん姿の摩耶花が可愛すぎるうううう!!!! それにしても奉太郎とえるたそ初詣でもイチャイチャしやがってからに… 最初に着物姿で現れて奉太郎と話して

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

えるちゃんに電話をもらって奉太郎は初詣に♪ 名家・千反田家だけに、えるちゃんの装いも華やかでいいですね~! 新年からよいものを見れた奉太郎ですが... その後運が尽きたのか

氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 感想

省エネな一年を送れますように―

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第20話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 #kotenbu2012 #ep20 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな

氷菓 第20話「あきましておめでとう」レビュー・感想

見せびらかしに来ました♪ お正月にえるちゃんから初詣に誘われた奉太郎、晴れ着ではなく小紋というところがまた清楚な感じがしてとても彼女らしい♪ 麻耶香の巫女装束もかわい ...

氷菓 -HYOUKA- 第20話 感想

 氷菓 -HYOUKA-  第20話 『あきましておめでとう』 感想  次のページへ

氷菓 #20 「あきましておめでとう」

私、気になります。「氷菓」の第20話。 いやぁ、いつも可愛いんですがお正月で着物を着て 「見せびらかしに来ましたぁ」って巾着ふりふりの仕草が あまりにも可愛らしくて・・

[アニメ]氷菓 第20話「あきましておめでとう」

本当は二人にとっておめでたい事態なのに、おめでたくない。これが納屋と古典部部室の違いか。意識しだした二人を見て、最終的に里志のようなニヤリとした表情になってしまう自分 ...

氷菓 第20話 あきましておめでとう

氷菓 第20話。 初詣、奉太郎とえるに訪れた悲劇。 以下感想

【感想】氷菓 20話 俺の凶がそんなに嬉しいか

氷菓 20話「あきましておめでとう」 の感想を 初詣、「折木」は手を合わせる 『エネルギー消費の穏やかな一年を過ごせるように』と、やる気の無い願いを そしてその願いは、新年...

新年早々の凶?大吉? アニメ感想 氷菓 第20話「あきましておめでとう」

着物を見せびらかすえる可愛い

氷菓〜20話感想〜

「あきましておめでとう」 奉太郎のもとに、えるから電話がかかってきた。 元旦に神社へお参りに行こうとさそわれる。 着物姿も見せたいという。 着物姿に驚く奉太郎。 ...

氷菓 第20話 9/3 あらすじと感想 #hyouka #氷菓

 ドキドキ初詣。  大晦日をダラダラと過ごしていた奉太郎くんに、えるちゃんから初詣のお誘いが来た。初詣に向かう神社では、摩耶花ちゃんが巫女さんのバイトをしているらしい

氷菓 第20話 【あきましておめでとう】 感想

閉じ込められるとしたら何処がいい? アバンでそんな事を思いつきましたw 体育倉庫に体操服の女の子と一緒に閉じ込められちゃったらいいですよね~(←マテ) 氷菓 限定版 第4巻 [B...

氷菓 第20話 【あきましておめでとう】 感想

閉じ込められるとしたら何処がいい? アバンでそんな事を思いつきましたw 体育倉庫に体操服の女の子と一緒に閉じ込められちゃったらいいですよね~(←マテ) 氷菓 限定版 第4巻 [B...

氷菓 20話 「あきましておめでとう」 感想

奉太郎の省エネ主義がどんどん崩れているような……(笑)

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

遠まわりする雛 (角川文庫)『見せびらかしに来ました♪』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部

氷菓 第20話「あきましておめでとう」感想!

氷菓 第20話「あきましておめでとう」 えるがめっちゃかわいい…!!!! かわいすぎる!! お正月。荒楠神社に初詣に行くことになった奉太郎とえる。 えるの華やかな着

氷菓 20話 「あきましておめでとう」

「氷菓」の第20話です。 年があけて千反田さんから初詣の誘いを受けた奉太郎。神社には巫女姿になった摩耶花や着物で登場した千反田さんなどの姿があって、いつもとは違った雰囲

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

しとらす的には、ケータイを持たないカップル2人が納屋に閉じ込められるハメになったのは、御籤の「凶」のせいではなく、初詣にえるの隣で 「エネルギー消費の穏やかな一年を送れま

氷菓 20話 いわゆるひとつの脱出ゲーム

氷菓の20話を見ましたよ! いや〜、良かったですね〜! 十文字かほさんな! カンヤ祭編で「運命の輪」を盗られた、占い研究会の部長さん。 そして...

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

せめて手ぐらい握ろうよ、奉太郎さぁw

(アニメ感想) 氷菓 第20話 「あきましておめでとう」

投稿者・ピッコロ 氷菓 (角川文庫)(2001/10/31)米澤 穂信商品詳細を見る ☆氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」の感想をポッドキャストにて収録! 荻先生の笑顔に隠された真実、奉太

氷菓 第20話『あきましておめでとう』感想

「なんでこんな事に・・・?」 「そうですね、多分おみくじが悪かったんじゃないでしょうか?」 「あぁ」 冒頭、暗がりの中で寒さに震える奉太郎とえる。 二人は一体どのような

氷菓 第20話『あきましておめでとう』感想

「なんでこんな事に・・・?」 「そうですね、多分おみくじが悪かったんじゃないでしょうか?」 「あぁ」 冒頭、暗がりの中で寒さに震える奉太郎とえる。 二人は一体どのような

氷菓 第20話「あきましておめでとう」 感想

今回は正月の出来事。あるアクシデントに見舞われた奉太郎とえる。地味にピンチなこの状況、どうやって乗り越えるのでしょうか…?今回も奉太郎とえるにニヤニヤしてしまいま...

◎氷菓第二十話「あきましておめでとう」

口倉庫?折木:チタンダ、元日にやってたことは一年間繰り返すメイシンはあるか? エル:ないと思いますよ。一年間休むことになります。 :現状のほうが気になります。:なんで...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。