スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロコネクト:10話感想

ココロコネクトの感想です。

本当の気持ちを出すこと。

姫子が本当の意味で本音を言える仲になったよ!

いやー良かったですね、なんかもう今まで溜めに溜めていたものが全て放出されたって感じですね。太一の件でもあれほど泣きじゃくっていましたけど、そのころには欲望解放も終了していたということだったので、あれはそれが関係していないということになります。でも今の姫子にとっては別に大げさなことでもなく、本当にそれだけ泣くことも自制していたんでしょうね。
とにかく気丈に振る舞う、それがみんなの持つ稲葉姫子のイメージなんだということで、そういうキャラ作りをしていることから自分のキャラを崩すことは基本的にしない方針でした。なぜならみんなはこういう稲葉姫子を友達として接していると思っていたからですね。そして姫子自身も、せっかくできたこの友達関係を絶対に終わりにしたくなかったからこそでした。

結局、姫子も相手に合わせていたんだなと。

伊織は幼少期からの関係で自然とそれが身について今に至るわけですが、姫子の場合は人付き合いの苦手さからくる不器用さを露呈したかのような隠しでしたね。どうしたらいいか分からない中でいかに自身のキャラを保ちつつ自身の本音と向き合うのか。現状完全に相反する気持ちがケンカしていたわけですから、そりゃ精神的に参ってしまうわけで。

そんな中で、似たように相手に合わせる伊織からの説得。どんな姫子でも受け入れるというのは、以前伊織が太一に言われたことと似ていますよね。自分が好きな人に言われたことを、また好きな人に伝えていく。こういう連鎖って、すごく面白いなって思っています。
「察する」ということは、本当に難しいです。なぜなら、聞く相手としてはまずは内面まで迫ってきてほしいのかということがまず分からないので、必要以上に聞くのはマズいとも思ってしまいます。聞いてほしい、察してほしいのであれば言うこと、そうすれば聞いてほしいんだということが分かるんですよね。話すのは難しいことは分かっているけど、話さないと決して先に進まない。個人的に、弱みを見せることの何がいけないの?という気持ちですよ。言って初めて、「ああ、最初はこういうことを言いたくなかったんだな、気持ちわかるよ」みたいなことを受け手が考えることが出来るので、そういうプライドとかを察することができるんですよ。「察する」というのは、自分はそういう事だと思いますよ。
あ、もちろん、信頼できる仲間という前提ですけどね。その辺で言えないということは、それは信頼、信用していないということとほぼ同義かと。

だからこそ姫子は、みんなを信用していなかったと自分は思うんですよね。それは単純な不信感とかそういうものではなく、自分が弱みを出したらみんなが離れて行ってしまうのではないかという点です。つまり自身に失望か何かしてしまって友達を止められてしまうのではないかと、要は姫子は自分がみんなから信頼されているいうことを信用していなかったということかなと。友達なんて所詮上辺だけの関係、面倒になっても別の面倒で無い人と組めばいい。中学時代の姫子の人間関係から察するに、そういう思考を持っていたでしょうから、この4人もこういうことがあるんじゃないかと頭の中にはあったのは間違いないんじゃないかと思いました。姫子が思っていた以上に、この仲間たちは良い子たちばかりだということを分かったんじゃないかな。
そして自分を出すことにセーブをきかせなくなったことで、姫子も伊織に太一のことが好きであると宣言。見事好敵手として、友達として両立できる存在であることを姫子は信用できたんだなって思いました。

そしてそのあとの姫子がすごく女の子になりましたなあ(笑)

いや、もちろん元々女の子ですけど、やっぱり本音を隠すとさらけ出すとでは全然違います。何よりをしているから乙女の顔ですよ(笑)以前のオカズ発言で豪快さを感じましたけど、今は単純なか弱さというものも出ているように思います。太一に告白した後は笑い泣きしていましたけど、スッキリしたという安堵の涙がとても印象的でした。
最後はキスまで来る大胆さですけど、以前も書きましたが姫子が言葉での表現が下手っていうのもあるので、基本的に体で表現をしてくるんですよね。殴ったりしてくるのが多いのもそれが由縁だと思いますし、最初に欲望解放で太一に迫ったというのもそれでしょうしね。だからこそ、一番雰囲気に出ると思います。親も驚くほど明らかに明るくなりましたもんね(笑)

…しかしふうせんかずらの解放終了も唐突ですなあ…(汗)やはりコイツの真意というものがいまいち見えないです。「面白いから」というのは確かですか、このタイミングというのはこの段階で何かためになったサンプルとかあったのか…、これは是非アニメで最後まで行って欲しいですけど、どうなることやら。

というわけで次は話によるとカコランダムというらしい。過去…今度は精神年齢の変化が突然来るとかかなあ。伊織と姫子の取り合いも兼ねて楽しみです(笑)では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ココロコネクト」第10話

姫子、太一に告白… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209090002/ ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)庵田 定夏 白身魚 エンターブレイン 2010-...

ココロコネクト 10話「それを言葉にするということ」感想

ココロコネクト 10話「それを言葉にするということ」 稲葉ん、遂に爆発 ぶちまけろ その気持ち!

ココロコネクト #10 「それを言葉にするということ」

「キズランダム」シリーズ完結。「ココロコネクト」の第10話。 tvkはお休み、次週9/15日にまとめて2話放送となります。 校外学習でハイキング、太一に甘えてベッタベタな伊...

ココロコネクト #10 「それを言葉にするということ」

「キズランダム」シリーズ完結。「ココロコネクト」の第10話。 tvkはお休み、次週9/15日にまとめて2話放送となります。 校外学習でハイキング、太一に甘えてベッタベタな伊...

ココロコネクト   ~  第10話  それを言葉にするということ

ココロコネクト 第1話 ~  第10話  それを言葉にするということ 私立山星高校文化研究部内で次々と起こる実際ではあり得ない不思議な現象、<ふうせんかずら>による謎の企み、...

ココロコネクト 第10話 感想

 ココロコネクト  第10話 『それを言葉にするということ』 感想  次のページへ

ココロコネクト 第10話レビュー 【太一を巡って】稲葉と伊織、全面戦争へ

いやー1話でこの急展開びっくりしました。 まじでどうしてこうなったレベルです。 う〜んなんかなぁ。 稲葉の異変にいち早く気付いた伊織。 藤島はともかく、太一は相変わらず能天

[アニメ]ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」

自分をさらけ出して、良い面も悪い面も強さも弱さも全て吐き出してしまえるような本物の友人が欲しいですね。

ココロコネクト #10「それを言葉にするということ」感想

遠足って気分が高まってとんでもないことしがちだよね太一との想いを意識しないように淡白な反応に徹する外で作って食べるカレーの旨い事!これは経験則で間違いないな太一との何気...

ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」

ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray]『そこまで言うなら完全勝利してやるよ!』 原作:庵田定夏 キャラクター原案:白身魚 総監督:大沼心 監督:川面真也 アニ

ココロコネクト 第10話レビュー 【太一を巡って】稲葉と伊織、全面戦争へ

いやー1話でこの急展開びっくりしました。 まじでどうしてこうなったレベルです。 う〜んなんかなぁ。 稲葉の異変にいち早く気付いた伊織。 藤島はともかく、太一は相変わらず能天

ココロコネクト 第10話

好きだ!その3文字を伝えたい乙女の葛藤に2828

ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ 」

キズランダム編最終話?  校外学習でキャンプ施設に来た太一たち。 山を登ってる最中で解放が起き、伊織ちゃんはおんぶしてとせがむw 怠惰(なまけ心)も欲望なのかな(´▽`...

ココロコネクト #10 それを言葉にするということ

ココロコネクト 第10話。 校外学習、「欲望開放」クライマックス。 以下感想

ココロコネクト 第10話 9/10 あらすじと感想 #kokoroco

 丸く収まるw。  校外実習が開始され、早速、太一くんは罰当番で、姫子ちゃんとゴミ捨て、しかし、久しぶりに、気さくに語らった二人であった。  食事の準備では、太一くんが...

ココロコネクト

10話です ーざっすじー 遠足に来た太一たちは 野外活動を楽しむ しかし稲葉は欲望解放をおこし走っていなくなる 止めにやってきた伊織に稲葉はついに 自分の本心を打ち明ける… ...

(アニメ感想)ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」

投稿者・全力丘 ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)(2010/01/30)庵田 定夏商品詳細を見る 山星高校の生徒たちは校外学習でキャンプ施設にやってきた。 同じ班になった太一

ココロコネクト 10話 「それを言葉にするということ」

「ココロコネクト」の第10話です。 いなばんが文研部に顔を出さないまま校外学習の日がやってきました。その当日も、欲望解放が出てくることの警戒も含めて、いつもよりも口数が

ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」

叫び出したくなるくらい恥ずかしがり、その後に吹っ切れたように泣き笑う稲葉ん。 この表情が見られることを、ずーっと待ち望んでいました。 「ココロコネクト」第10話ネタバレ感

ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」

Bパート、イナバン泣き笑いワンマンショーがあって、そのあたりはED絵と似たような感じかな、とは思いましたが、今回の肝は中盤での伊織と姫子の本音のぶつけあいでしょうかね。伊織...

ココロコネクト #10 「それを言葉にするということ」

ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray](2012/10/24)水島大宙、豊崎愛生 他商品詳細を見る  ツンな稲葉姫子が八重樫太一のちょっとした発言で 照れていますね。永

◎ココロコネクト第十話「それを言葉にする...

Ω森イオリ:歩きたくないよ、オンブしてよ。太一:稲葉なんとかしてくれ。ヒメコ:知らん。お前がなんとかしろ。渡瀬:なにじゃれあってんだよ。マイコ:不埒なマネしたら許さな...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。