スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロコネクト:12話感想

ココロコネクトの感想です。

自分の気持ちを整理するには。

再会して分かる、今と前の違い。

能天気になることを忘れていた青木、だからこそ、自分自身の目で確かめに行くということでわざわざ再開に遠出するこの行動力。でもそれが青木ということなんでしょうね。
結果的には奈々の方も髪を切っていたということで、決別ということでしょう。奈々も過去に縛られないように容姿を変え、そして青木もその姿を見て納得。奈々にとってはもちろんいきなりの青木の登場に驚くほかないでしょうけど、すぐに冷静になっているのを見ると、やっぱり青木のことを知っているんだなと感じることが出来ます。青木はこういう奴なんだってね。

今回は珍しく唯に対してモノを言ってしまった青木でしたけど、全部彼の願いではあったんですよね。もっと正面からぶつかってきてほしいのに、それをしてくれない。そんな歯がゆい気持ちがああやって先行してしまったということなんでしょうけど、口でモノを言うのは自分らしくない。ましてや、相手の言葉を聞いて、自分はやっぱり唯と奈々を重ねて見てしまっているのかと弱音を吐くのは今までの青木ではないですよね。いっつもマイペースだった自分が周りに惑わされている、その相手は唯たちだけではなく、過去の自分でもあるのが辛かったんでしょう。

だからこそ忘れかけていた能天気さ。過去の自分になることで記憶が複雑化することが大きく影響しているんでしょうが、今現在の自分というものが少しずつ見えなくなっていたのかもしれませんね。
逆に言えば、忘れていた能天気さを取り戻してしまえばこっちのもの。行動して、そしてぶっちゃけて、過去ではなく今の自分の気持ちが整理できたということでした。

しっかし整理されると過去の自分も変わるんだな(汗)

青木は唯のことを奈々の姉と呼ばなくなっていましたけど、こうなると過去ランダムによって過去の自分が少しずつ今に順応していくんでしょうかね。そうであれば、戻った時に記憶の複雑化も起こりにくくなるしね。

唯の方ですが、青木が自身を奈々の代わりとしているのではないかということから再び悩むようになります。また、過去ランダムで男性恐怖症が一番酷い時に退行したため、その記憶がフラッシュバックもしてしまいました。
しかし、そんな時でも周りが優しいから支えてもらっている、そんな環境の中で自分自身の努力を怠ってしまっていたみたいです。弱音を吐けば、大丈夫?と言ってもらえる。常におんぶにだっこな状態で、こちらからは何も与えていない。そんな状況じゃダメだということは分かっていたんですが、怖いことに自分から手を突っ込んでいきたくない甘えから、結局この状態を引きずってしまっていたみたいです。つまり青木が言ってたように、正面から来ていないんですよ。

そんな中、自分の気持ちを整理した青木が改めて正面からぶつかってきました。まあ物理的なんですけどね(笑)男性恐怖症があるなか青木に抱きついてみる、それは彼女も昔に忘れてきた挑戦する気持ちだったんでしょう。
というわけで、唯も祝!脱モブ化ということでしょうかね(笑)

三橋さんは散々つき離されてしまいましたけど、これで唯も正面から三橋さんと話せるようにはなったんでしょうかね。むしろ空手やってた時の方が、正面からぶつかっていたでしょうしね。これも物理的な意味が強いけど(笑)まあ唯はそんなぶつかり系ヒロインでいいんじゃないかな(ぇー)

さて、最後には察しの良い姫子についにふうせんかずらの秘密がバレそうになっている太一ですけど、一体どうするのか。太一的にここを上手に言い訳して回避できるとはとても思えない分、さらにヤバいことになってしまうのか。
あとは伊織がまたまたヤバそう。ここの所毎日5人で会ってるということもあって余計に家族のコミュニケーションは少なくなっているでしょうけど、例の再婚の話もあって難しいところです。
個人的に一番危惧していることは、伊織は本来の自分を探しているようですが、それを見つけることによるデメリットというものがあると思うんですよね。本来の自分を見つけてしまえば、伊織は以後自分はそう振る舞っていきたいでしょうから、以前の人に合わせる自分からは当然脱却しようとすると思います。

そうなると、今まで良い顔してきた相手との関係はどうなるのか…特に家族ね。

そういう伊織を見てきた母親にとって、自分を見つけた伊織に「そんなの伊織じゃない」と言われてしまったらどうなるのかと…。もちろん親であれば本当の伊織を許容してくれると思うんですが、この伊織の家庭環境を見ると、親がそう簡単にいかなそうに思うんですよね…。何にせよ、次回がすごく怖かったりします(汗)では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ココロコネクト   ~  第12話 雪降る街へ

ココロコネクト 第1話 ~  第12話 雪降る街へ 私立山星高校文化研究部内で次々と起こる実際ではあり得ない不思議な現象、<ふうせんかずら>による謎の企み、それにより主人公

「ココロコネクト」第12話

唯、トラウマ克服… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209230000/ ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)庵田 定夏 白身魚 エンターブレイン 2010-...

ココロコネクト 第12話「雪降る街へ」

ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray]『最後に踏み出さなかったのは自分じゃないか!!』 原作:庵田定夏 キャラクター原案:白身魚 総監督:大沼心 監督:川面真

ココロコネクト #12 「雪降る街へ」

ココロコネクト カコランダム (初回限定版) [Blu-ray](2013/02/27)水島大宙、豊崎愛生 他商品詳細を見る  赤ん坊になってしまった永瀬伊織。 おむつを稲葉姫子に換えられたのでし

ココロコネクト 第12話「雪降る街へ」

時間退行って赤ちゃんにまで戻っちゃうのかw 伊織ちゃんバブー(´▽`*) 今回は一人だけでよかったけど、二人いっしょとかだと大変すぎる(^^; 稲葉ちゃんからは、もちろん

[アニメ]ココロコネクト 第12話「雪降る街へ」

対抗するために退行する。心も体も想いも退行しても、それは過去も含めて、今の自分も未来の自分も、自分は自分でしかないのだから……。

ココロコネクト #12 「雪降る街へ」

おむつ交換プレイキター!「ココロコネクト」の第12話。 ついに伊織が赤ん坊へ。さすがにいつとも勝手が違う。 さすがに母性本能がくすぐられる姫子の表情が良いですねぇ。 こ

ココロコネクト 第12話

真正面から掛かって来いや!

ココロコネクト 第12話 9/24 あらすじと感想 #kokoroco

 過去と向き合う。  時間退行現象は続いていた。今度は、伊織ちゃんが乳児まで退行してしまう。これは、流石に、困るなw。とりあえず、乳児を世話するための用具を購入しに外出

ココロコネクト 第12話 感想

 ココロコネクト  第12話 『雪降る街へ』 感想  次のページへ

ココロコネクト 12話 「雪降る街へ」

「ココロコネクト」の第12話です。 文研部の人間が特定時間の間だけ体と頭脳が若返るというカコランダム。その体が若返ってしまうというシステムのなかで、青木がたびたび唯のこ

ココロコネクト

12話です ーざっすじー 過去に悩まされる 青木と桐山 青木は過去の思い出と決別するために 元カノのもとへ行く 今日は川柳です 過去はもう 振り切った一歩 前進だ! また明...

ココロコネクト 第12話「雪降る街へ」

西野菜々は原作で絵がないので、ビジュアルはアニメで初出でした。 唯とソックリというより、桐山妹である杏と似てますね。 もしかしたら、唯よりも可愛いかも……? 作画が安定し...

ココロコネクト 第12話「雪降る街へ」

『カコランダム』からEDだけでなくOPも替わったんですね。違う絵と曲が流れてきたんで、ちょっとビックリしました。 ・・・それにしては曲と本編の乖離がますます広がったようにも思

◎ココロコネクト第十二話「雪降る街へ」

→イオリが赤ん坊になる。太一:オムツとミルクか。ヒメコ:うら若き乙女が、母乳なんかでるか!=道→太一と青木にビンタ後ヒメコ:太一に現象が起きないし、フウセンカズラも...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。