スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TARI TARI:13話感想&総括

TARI TARIの感想です。

全員の歌とそれぞれの道。

全員で創り上げた白祭!

やはり来夏たちの文化祭を止めることが出来る人たちなんていない。校長も首覚悟、そして教頭も声楽部等との協力を約束。地域の人たちもこぞって見に来、最終的には天まで味方したということでした。

劇の内容自体はカエルがいたりましたけどメッセージ性のあるものでしたし、みんなで準備してきた一つの作品だし、その過程を丁寧に描いてくれたこともあり非常に感慨深かったですね。ウィーンはやっぱりアレンジを加えてしまったみたいですが(笑)
そして何より和奏がつくった曲の披露を楽しみにしていたんですが、驚いたのが「心の旋律」のフレーズが曲に組み込まれていたことですね。まひるの遺影の後に流れるのがまたニクイですけど、まひるや直子がやっていたころの合唱部と今の合唱部が繋がった瞬間だと思ったし(校長が写真を持ってきていましたしね)、和奏のまひるへの約束の大きなメッセージとなっているフレーズなんだなと思いました。
全体的にも元気な曲だなって思いましたし、和奏は楽しんでつくったんだなということが伝わってきそうです。

いやーしかしこのシーンは本当に圧巻でした。声楽部や吹奏楽の様子もとてもイキイキしていたし、指揮をやった教頭も本当に楽しんでいるような雰囲気。そして背景とマッチさせて壮大さも出ていたし、最高の思い出として締めくくるに素晴らしい舞台だったなと思いました。

さて、文化祭が終われば後はそれぞれの進路へ。大智は推薦を受けることになってバドミントンを続けられてハッピーのようですし、ウィーンはヤンとの文通が復活し、実際に会うことも出来たみたいですね。そんな中、紗羽は海外で騎手の学校に行こうとしているようです。やはり自分自身の夢を諦めることは出来ず、海外に行ってでも続けたいと。この行動力、やはり紗羽の気持ちは本物ですよね。諦めなければ絶対に出来る、それは今回の白祭が出来たということも原動力になったかもしれませんね。
そして個人的に気になっていた大智の紗羽への想い。まあダイジェストでやられてしまったわけなんですけど、まあその辺は本編ではあまり深く恋愛描写をしているわけでもなかったので、これくらいアッサリしていても良かったなって思いました。まあ台詞聞きたかったけどね(汗)告ったっぽいけど、紗羽の返事はどうだったんだろうなあ。とりあえず、大智は勇気を持って行けて良かったね。このまま何もできずに離れちゃうのが一番後悔しただろうから。

和奏と教頭の話。和奏が本格的に音楽関係で頑張りたいことを告げ、そして教頭が全力でサポートすることを約束。教頭にとって、自分が憧れであると同時に劣等感を抱かせる存在にもなっていたまひる。そんな多大な影響を与えた親友の子どもが、今度は新たな夢へ向かうということで、この一連の繋がりはとてもいいなと思いましたね。まさにまひるの遺志がここに受け継がれていっているなと、しみじみと感じました。この場で、「新たな約束」が出来たわけですからね。

結果的にはやはりそれぞれがそれぞれの道に進むことになりましたが、それぞれが白祭、合唱部の仲間とで得たことを糧にしているなと感じます。成功したり、失敗したりすると思いますが、そんな等身大な目標に向かって頑張る素晴らしい青春劇だったと思いました!

というわけで、TARI TARI、完結です!


<総評>

主に合唱部5人をメインとした青春アニメ。歌をテーマとして、それを元に様々な問題に対面する中で自分たちを曲げず、必死で取り組んでいる様子はとても若さを感じますし、青春だなーと感じるものでした。当然曲に関しては重要な場面で使われることが多いですが、その歌を最高の表現の場として非常に効果的かつ感動的に仕上げていたなって思いました。歌にはこんなにもパワーがあるんだと、そういうことを訴えてくるようなアニメで、改めて音楽の良さというものを見せてくれたなと思っています。

そんな中で一生懸命やっているキャラたちはとても魅力的に映りました。時に大胆になったり、また時に自分を見失ったりと不器用な部分が多く見られま。しかしそれがまさに青春の悩みだと思いますし、そこから本気でぶつかることで新たな発見や視点が見え、最後は清々しく解決できる様は痛快でした。
TARI TARIというタイトル名の詳細の意味は自分には分かりませんが、「~たり、~たり」というフレーズは本当にいろいろな使い方が出来ます。主に「いい事、悪い事」という風な使い方を見かけたと思ったんですが、悩んでいくうちにはもちろんいい事もあれば、悪い事もあるということです。そんな躓いたり、でも立ち直れたりと揺れる気持ちを特にサブタイは素晴らしく表していたのかなって思いました。

和奏はキャスト的にも主人公なんですが、実際は表立った主人公と言うより影の主人公でしたね。自身の悩みに関しても基本的には家族内で発生、解決をし、そして教頭との新たな約束で全体の物語の中核を担っていたと思います。白祭の発表の音楽も和奏作曲ですし、それが締めというのは彼女にとっての一つの答えになっているわけですからね。
その中で教頭もとても重要なポジションにいることが明かされ、まひると共にこのアニメの根幹をなしていたかなと。和奏が過去を顧み、そして未来を見るうえでこの2人がそれぞれに関わってきているという構図になっているわけですからね。教頭も難しいキャラではあったんですが、いずれも音楽を好きという気持ちは前面に出ていたため、礎として和奏にいい影響を及ぼしてくれたのではないでしょうか。

来夏は先頭だってこのアニメを持ち上げてくれたキャラだったなと。良いも悪いも、来夏の頑張りが非常に目立ったなと思います。マイペースな印象もあるけど意外に繊細でもあるし、押しに強く自分の信念は曲げないけど結構見落としているところが多いなど、ところどころ抜けているキャラですが、一番等身大で動いていたキャラだったなと思いました。常に一番近い目標を設置する子なので将来的な目標はあまり見えてくなかったですが、こういう今を生きるみたいなタイプは自分は好きですよ(笑)

紗羽はとにかく騎手という大きな目標があった分、その情熱が凄かったですね。それについて当然揉める時もありましたけど、それがさらに紗羽の夢への諦めない、諦めてはいけない気持ちをつけたのかなと感じます。そんな諦めない気持ちと言うものが誰よりも強いと思ったし、白祭に関してもかなり強い口調で成功を期待していたキャラだったかなと。あと途中までなかなか触れられなかったなーと思った紗羽の美人設定ですけど、私服も結構派手気味なものが多く、スタイルの良さと騎手を目指しているというギャップみたいなのが自分はいいなって思いました(笑)

大智はバドミントン大好きでしたけど、紗羽のことも好きになってこのアニメに不足していた恋愛要素を盛り込んでくれました。基本的にはムッツリな感じですけど、意外に表情に出るので、何か微笑ましくなるキャラでしたね。
ウィーンは帰国子女ということもあり基本受け手でしたけど、ヤン関係の話からは自分を出すことが出来ていたかな。時に周りがついていけないくらい暴走することもありましたが、彼の熱さは少年心を揺さぶるものだったなって思いましたね。
男子の2人は女子キャラに比べて出番や掘り下げが少なかったのは仕方なかったんですけど、その中でそれぞれの個性というものは発揮できていたかなって思います。

音楽はさすがと言ったところ。OP、EDとも大好きで、お気に入りです。

「TARI TARI」
坂井和奏:高垣彩陽
宮本来夏:瀬戸麻沙美
沖田紗羽:早見沙織
田中大智:島﨑信長
ウィーン:花江夏樹
高倉直子:田中敦子
坂井まひる:大原さやか
坂井圭介:浜田賢二
倉田夕香:茅野愛衣
沖田志保:能登麻美子

OP「Dreamer」
ED「潮風のハーモニー」


総合評価:S

祝!S評価!
個人的今期1。こういう青春劇は大好きなジャンルですが、期待通り、それ以上の作品だったと思います。何よりやっぱり歌って凄いなと感じましたし、それを綺麗に演じてくれた声優のみなさんにも感謝したいですね。絵に関してはさすがのP.A.ですし、非常に楽しく、高揚した気持ちで見ることが出来たアニメでした。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。素晴らしい作品をありがとうございました!

それではこれでTARI TARIの感想を終わります。このアニメが好きと言う気持ちと、閲覧者のみなさんの応援で完走することができました、ありがとうございます!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TARI TARI 第13話「晴れたり泣いたりあとは時々歌ったり」

文化祭当日、天気は生憎雨 でも予報によると午後には止むそうでどうにかなりそうだとか スーツでばっちりきめてる圭介さんに結婚式か何かかとからかう和奏だけどコンサートは きち

TARI TARI #13 最終回

『晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり』

TARI TARI 第13話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」感想!

TARI TARI 第13話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」 最終回!

TARI TARI 第13話(終)

第13話『晴れたり泣いたり あとは時々歌ったり』TARI TARI 1 (特典つき初回生産限定仕様) [Blu-ray]今回は・・・いつに白祭本番です。

TARI TARI 13

これぞ最終回!! お手本的な綺麗な最終回を見せてくれましたね。 氷菓の方はあっけない最後だったし、ゆるゆりは最後でコケたし、 TARITARIは王道の締めをやってくれました。 まあPAは...

[アニメ]TARI TARI 第13話「晴れたり泣いたりあとは時々歌ったり」(最終回)

本気でぶつかって、本気で挑めば、その本気が他の誰かに伝わって、奇跡は起きないけれど一つの旋律となってハーモニーを奏でることが出来る。そんな劇的な変化はないけれど、最初 ...

TARI TARI #13 「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」 <終>

来夏の部屋のデカイいるかが来夏を食った!w 「TARI TARI」の第13話。 白祭当日がやって来た。 身内に見送られ学校に集る来夏達だが理事長はしっかり対策を立てていた。 この理事

TARI TARI 第13話「晴れたり泣いたり あとは時々歌ったり」

白祭当日も雨でした... そして校門には工事のため校内立ち入り禁止の張り紙。 駐輪場の入り口も封鎖され、あくまで白祭をさせないって理事長の差し金。 どうなる? 白祭の開催は...

TARI TARI 第13話(最終回)「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」 感想

色々な〜たりを繰り返してきたTARITARIも遂に最終回。学校の廃校、文化祭の中止にもめげず、自分達の発表をしようとする合唱部の面々。果たして合唱劇を行うことはできるんでしょうか

[終]TARI TARI #13「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」感想

待ちに待った白祭当日だが生憎の雨それも中には入れないよう厳重に鍵が掛かっていて容易に劇が出来ない理事長との直接対決だったが一学生が到底太刀打ち出来るわけもなく校長の首を...

TARI TARI 第13話(終)

関連リンクhttp://taritari.jp/最終話 晴れたり泣いたりあとは時々歌ったり白祭当日その日は雨だけど開催できるのか!?学校へやってくるとなんと工事のためとして閉鎖されていたそこへ

TARI TARI 第13話 最終回 感想

 TARI TARI   第13話 最終回 『晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり』 感想  次のページへ

「TARI TARI」最終話

白祭、大成功… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209240002/ TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~TVサントラ ランティス 2012...

TARI TARI 第13話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」(最終回)

TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~(2012/09/26)TVサントラ商品詳細を見る ついに、理事長と合唱部が衝突だ。悪役というか、嫌なオーナーというイメージでラスボ

TARI TARI〜13話感想〜

「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」 ついに、合唱部最後の発表となった日。 何やってんすか、来夏w 白祭当日となり、学校へやって来た合唱部。 しかし、中へ入る

(アニメ感想) TARI TARI 第13話 「晴れたり泣いたり あとは時々歌ったり」

投稿者・鳴沢楓 TARI TARI 2 (描き下ろし全6巻収納BOX付属・初回生産限定仕様) [Blu-ray](2012/10/03)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週

TARI TARI 第13回「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

校長っっっっ?! 最後居なかったけど もしかして、実行されちゃったの? あまりに不憫な最後だったな… TARI TARI 1 [Blu-ray]ポニーキャニオン 2012-09-05売り上げランキング : 243A...

TARI TARI 第13話(最終回)

最後にふさわしい最高の大舞台だったよw(°O°)w

TARI TARI 最終回13話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

3年間と合唱部での思い出を胸に夢へと踏み出す・・・ TARI TARI 2 (描き下ろし全6巻収納BOX付属・初回生産限定仕様) [Blu-ray](2012/10/03)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る

TARI TARI 第13話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

第13話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」 なんともまぁ爽やかな最終回。久しぶりに綺麗な青春モノを見ました。 白祭当日も雨。雨女パワー恐るべし。 娘の文化祭のた

TARI TARI 第13話「晴れたり泣いたりあとは時々歌ったり」感想

TARI TARI 第13話「晴れたり泣いたりあとは時々歌ったり」感想 視聴後の気持ちを歌にして伝えられたら良いんですけど、そうはいかないので感想を。

TARI TARI 第13話 「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

TARI TARI 2 (描き下ろし全6巻収納BOX付属・初回生産限定仕様) [Blu-ray](2012/10/03)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る  沖田紗羽は海外の騎手になるための学校に留学。 見送り時...

これからも笑ったり泣いたり アニメ感想 TARI TARI 第13話「晴れたり泣いたり あとは時々歌ったり」

皆で作り上げたたった一度のステージ

TARI TARI 第13話(終)の感想

男を見せたね。 TARI TARI 第13話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」の感想です。 TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~

TARI TARI 第13話「晴れたり泣いたり あとは時々歌ったり」(最終回)

爽やか青春絵巻もこれにて完結。 やりきった和奏たちの表情が清々しい。 教頭が別人^^; 一つのことに打ち込む和奏たちの熱いハートに感動。 それぞれの道をしっかり歩き始めるラ

TARI TARI 第13話(最終回)「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」 感想

冒頭から涙が出っぱなしでした(´;ω;`) TARI TARIらしい最高の最終回! 今回はキャプがかなり多くなってしまった・・・。 それぐらい見所が満載でした!

TARI TARI 最終回「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

TARI TARI 2 (描き下ろし収納BOX付・初回限定仕様) [Blu-ray]『笑ったり~、泣いたり~、歌ってみたり~♪』 原作:EVERGREEN 監督・シリーズ構成:橋本昌和 アニメーション制作:P.A.WORKS 坂

TARI TARI 13話 「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」(最終回)

「TARI TARI」の第13話です。 いよいよ白祭の当日となりました。しかし、あいにく天気は雨模様。しかも、校門から体育館までの隅々までが施錠されており、理事長がスタンバイしてい

TARI TARI 最終話(第13話)「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

いやぁ〜、ホンマに良い最終回でした。金の亡者にはもっとギチギチにいわしてほしかった気もしますが、汚い土俵の上で同じ勝負(ウィーンの実家の財力に物をいわせるやり方)やって...

TARI TARI 最終話感想~歌が未来を切り開く~

最終話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

一言で評すなら、ダイジェスト作品(ガンダムAGEとかTARI TARIとか)

実生活がちょっと忙しくなるかもしれないので、今後、感想の本数は減らすかもしれません。(更新頻度とアニメ視聴数は減らさないつもりですが、レギュラーで感想を書く作品は減ら ...

2012年03クール 新作アニメ TARI TARI 第13話 雑感

[TARI TARI] ブログ村キーワード TARI TARI 第13話 「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」#taritari2012 #ep13 『TARI TARI』P.A.WORKSによるオリジナルアニメーション作品。監督は橋本昌和

TARITARI 第13話(最終回)「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

田中はきっと、聞いてるこっちがこっ恥ずかしくなるような言葉を吐いたに違いない(何

TARI TARI 第13話 晴れたり泣いたりあとは時々歌ったり

白祭当日は、午後には止むという予報はあるようですが、雨。 和奏は父から弁当を受け取りますが、やはりハートマーク入り… まひるの仏壇にも挨拶をし、家を出ます。 他の ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。