スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球ドラフト2012年総括

本日行われたドラフト会議について少し。

簡単に振り返ってみましょう。

さて、野球ファンとしては非常に楽しみであるドラフト会議が本日行われましたけど、その結果が出ました。指名は以下の通りです。

・読売ジャイアンツ
1位単独菅野 智之(東海大、投手、右右)
2位大累 進(道都大、内野手、右右)
3位辻 東倫(菰野、内野手、右左)
4位公文 克彦(大阪ガス、投手、左左)
5位坂口 真規(東海大、内野手、右右)


・中日ドラゴンズ
1位単独福谷 浩司(慶大、投手、右右)
2位浜田 達郎(愛工大名電、投手、左左)
3位古本 武尊(龍谷大、外野手、右左)
4位杉山 翔大(早大、捕手、右右)
5位溝脇 隼人(九州学院、内野手、右左)
6位井上 公志(シティライト岡山、投手、右右)
7位若松 駿太(祐誠、投手、右右)


・東京ヤクルトスワローズ
1位1回目藤浪 晋太郎(大阪桐蔭、投手、右右)
1位2回目石山 泰稚(ヤマハ、投手、右右)
2位小川 泰弘(創価大、投手、右右)
3位田川 賢吾(高知中央、投手、右左)
4位江村 将也(ワイテック、投手、左左)
5位星野 雄大(香川、捕手、右右)
6位谷内 亮太(国学院大、内野手、右右)
7位大場 達也(日立製作所、投手、右右)


・広島東洋カープ
1位1回目森 雄大(東福岡、投手、左左)
1位2回目増田 達至(NTT西日本、投手、右右)
1位3回目高橋 大樹(龍谷大平安、外野手、右右)
2位鈴木 誠也(二松学舎大付、内野手、右右)
3位上本 崇司(明大、内野手、右右)
4位下水流 昴(ホンダ、外野手、右右)
5位美間 優槻(鳴門渦潮、内野手、右右)


・阪神タイガース
1位1回目藤浪 晋太郎(大阪桐蔭、投手、右右)
2位北條 史也(光星学院、内野手、右右)
3位田面巧二郎(JFE東日本、投手、右右)
4位小豆畑真也(西濃運輸、捕手、右右)
5位金田 和之(大院大、投手、右右)
6位緒方 凌介(東洋大、外野手、右左)


・横浜DeNAベイスターズ
1位1回目東浜 巨(亜大、投手、右右)
1位2回目白崎 浩之(駒大、内野手、右右)
2位三嶋 一輝(法大、投手、右両)
3位井納 翔一(NTT東日本、投手、右右)
4位赤堀 大智(セガサミー、外野手、右右)
5位安部 建輝(NTT西日本、投手、右右)
6位宮崎 敏郎(セガサミー、内野手、右右)


・北海道日本ハムファイターズ
1位単独大谷 翔平(花巻東、投手、右左)
2位森本 龍弥(高岡第一、内野手、右右)
3位鍵谷 陽平(中大、投手、右右)
4位宇佐美 塁大(広島工、内野手、右右)
5位新垣 勇人(東芝、投手、右右)
6位屋宜 照悟(JX-ENEOS、投手、右左)
7位河野 秀数(新日鐵住金広畑、投手、右右)


・埼玉西武ライオンズ
1位1回目東浜 巨(亜大、投手、右右)
1位2回目増田 達至(NTT西日本、投手、右右)
2位相内 誠(千葉国際、投手、右右)
3位金子 侑司(立命大、内野手、右両)
4位高橋 朋巳(西濃運輸、投手、左左)
5位佐藤 勇(光南、投手、左左)


・福岡ソフトバンクホークス
1位1回目東浜 巨(亜大、投手、右右)
2位伊藤 祐介(東北学院大、投手、左左)
3位高田 知季(亜大、内野手、右左)
4位真砂 勇介(西城陽、外野手、右右)
5位笠原 大芽(福岡工大城東、投手、左右)
6位山中 浩史(ホンダ熊本、投手、右右)


・東北楽天ゴールデンイーグルス
1位1回目森 雄大(東福岡、投手、左左)
2位則本 昂大(三重中京大、投手、右左)
3位大塚 尚仁(九州学院、投手、左左)
4位下妻 貴寛(酒田南、捕手、右右)
5位島井 寛仁(熊本ゴールデンラークス、外野手、右右)
6位柿沢 貴裕(神村学園、投手、右左)


・千葉ロッテマリーンズ
1位1回目藤浪 晋太郎(大阪桐蔭、投手、右右)
1位2回目松永 昂大(大阪ガス、投手、左左)
2位川満 寛弥(九州共立大、投手、左左)
3位田村 龍弘(光星学院、捕手、右右)
4位加藤 翔平(上武大、外野手、右両)


・オリックスバファローズ
1位1回目藤浪 晋太郎(大阪桐蔭、投手、右右)
1位2回目松永 昂大(大阪ガス、投手、左左)
1位3回目松葉 貴大(大体大、投手、左左)
2位佐藤 峻一(道都大、投手、右右)
3位伏見 寅威(東海大、捕手、右右)
4位武田 健吾(自由ケ丘、外野手、右右)
5位森本 将太(福井、投手、右右)
6位戸田 亮(JR東日本、投手、右右)


という結果となりました。では各個見ていきましょうか。
巨人はかねてから相思相愛であった菅野の単独指名に成功。巨人の最近の傾向として、1位は大物、2位以下は独自路線指名というのがありましたが、今回もそんな感じに落ち着いた印象。内野手が多いということで、手薄になりつつある内野に関しての底上げを狙うドラフトとなりましたね。
中日は地元志向ということで1位、2位ともに地元の選手を指名しました。大物を避け、投手を手に入れたことにより、より投手王国への基盤を固めようとしているでしょうか。中日は中継ぎの層が厚いけど、案外先発が浮足立っているので、それにハメることができればいいですね。
ヤクルトは藤浪を外して社会人の石山の指名権を獲得。ヤクルトは先発、中継ぎともに投手が不足かつ怪我がちな分、まずはこちらから確実に固めようということでしょうか。4位までは全部投手で、その狙いというものがはっきりしていましたね。
広島は1位の森が単独かと言われていたところでの楽天の特攻に遭い、さらに外れ1位も外してしまうということで完全に計算違いになってしまった印象。広島は毎年人気的に絶妙な位置の選手を1位にして高いレベルで安定したドラフトの実績を持っていた分、今回は少し抑え気味になった感じです。指名された選手は全員野手ということで、欲しかった左腕投手は別のルートということになるでしょうか。
阪神は藤浪の指名権を獲得し、さらに北條の指名権を得るなど甲子園の投打のスターを両取り。これだけで満足と言えてしまう程大成功のドラフトと言えてしまうかもしれませんね。上位は将来を担う高卒、下位には即戦力として期待する選手を取ったということで、ほぼ思惑通りの内容だったでしょう。
DeNAは東浜を外して内野手の白崎の指名権を獲得。即戦力の先発が急務ではあるんですが、筒香の守備の懸念から内野の選手は絶対に必要になってくるだろうし、2位で三嶋を指名できたのは良かったですね。とにかくまずは戦力整備をしっかりしないとね。
日ハムはメジャー挑戦を表明している大谷に特攻。そのまま単独指名しましたがおそらく厳しいでしょう。メンバー的には野手は高卒で将来的に、そして投手は即戦力としてという指名。ダルビッシュが抜けた穴をたくさんの投手でカバーしていく、そんな以前からの守のイメージを守ろうとしているような印象です。
西武は東浜の交渉権は外しましたが、即戦力の増田を獲得。西武は中継ぎ陣の崩壊がシーズン序盤は特に響いたので、なんとか投手陣を整備したいところ。涌井の来期のポジションが分からない分、投手はたくさんほしいところですね。
ソフトバンクは東浜の1位指名が出来たことが大きいし、彼が取れたことでおおよそ策略通りいった非常にバランスのいい指名だったかなと。杉内和田ホールトンと先発が3人消えた中で攝津や大隣が頑張り、また武田等が台頭してきた中で、新たに投手王国を作ろうとする意図が見えました。
楽天は森を1位指名しさらに交渉権獲得。驚きの声もありましたが、楽天の左腕先発はピンズドの場所であるのでいい指名でしたね。3位までは投手でしたけど、やはり楽天はあとは大きいのが打てる上位候補の野手が欲しいところでしたね。
ロッテは藤浪を外して松永を獲得。ロッテはミーハーなイメージでしたが、藤浪が取れないとなるすぐ補強場所である左腕投手を2人獲得しましたね。3位に捕手の田村を獲得できたのも大きいし、バッテリー強化を図って欲しいですね。
オリックスは相変わらずのくじ運の弱さに若干同情するレベル。3位で注目されていた捕手の伏見を取ることができましたが、採算通りにはあまり行かなかったドラフトだったかもしれません。とりあえずまずは投手ですから、即戦力ということで底上げを図ろうとしたということでしょうね。

というわけですが、今回は見た目からしたら阪神とソフトバンクが明るい感じだなという印象。しかし意図するドラフトが出来た球団も結構あるので、今回は地味ながら堅実な印象を受けた感じでした。まあ今回は人材的にはそんなに豊作だって言われていた年でもなかった感じでしたしね。
とりあえずまた新しい選手たちが来季から入ってくるわけですが、非常に楽しみにしたいと思いましたね。どの選手がどのタイミングで上に上がってきて、そして活躍するのか。この年の前評判を覆す黄金世代が築けたら嬉しいなって思います。


さて、基本的な話はここまでですが、これから先はちょっと危ない話題に個人的な視点で触れていきます。主にドラフト制度とはどういうものかを大谷と菅野を絡めながら進めていきますが、批判等も入っているのでそういうのがダメな人などはここで読むのを止めるのを勧めます。


今回、ドラフトをにぎわせたのは、もちろん藤浪や東浜等いましたが、それとはまた違う異質な形で注目されていたのが大谷と菅野。
まずは大谷について触れていきますが、彼は早くからメジャー挑戦を表明したことで回避する球団は多数に。しかしその中で強行指名することを明言したのが日ハムで、それは実際に行われました。日ハムは去年も巨人が単独するのではないかと言われていた菅野を指名し、そして交渉権を獲得しています。その時の球団のコメントでは、相当早い段階から菅野1位を決めていたのだとか。そして今回もまだ大谷がメジャー挑戦する前から指名を確定させていたんだと思います。おそらく日ハムはそういう球団であり、1位指名選手は相当早い段階から決めて、そしてどういう周りの話が発生しても絶対に指名しに行く、そういう姿勢があるんだなと自分は感じています。
ここで取りざたされるのは、大谷はメジャーに行きたいということで、ここでハムは交渉する中でいろいろと意思をぐらつかせるような誘惑を行うことになるでしょう。そういう面で彼の今固まっている意志というものを尊重していないのか?という批判が出る可能性は当然あると思います。

ただ、自分は今回の日ハムの指名に関しては何も問題ないと思います。そもそも、指名回避やら本人の意志とかそういうものではなく、ドラフト制度というものはあくまで球団が評価した選手を求める制度である以上、日ハムが大谷を評価して指名をすることは全く問題ないですからね。要はドラフト制度にのっとっただけです。
同じような理由が、菅野にも通用します。巨人が菅野を1位指名たる選手と評価し、他は指名しなかった。それだけですね。菅野は巨人以外ならメジャーみたいな牽制をしましたけど、大谷ははなからメジャーと全球団を牽制。牽制する球団に違いはあれど、自分は同じだと思っています。そして、その牽制に屈しなかったのが、去年と今年の日ハムだったということでした。

ドラフトというのは、あくまでそういう制度です。牽制なんてものは所詮何も拘束力や強制力のないもの。1位指名を取れないというリスクを冒すという大きな枷がある以上、その球団が納得して指名したのなら何も問題はないでしょうね。
だから同様に拒否権とかも然りですね。これは選手に与えられた権利ですから、自らのプロ入りを遅らせるというリスクもこちらも負った上での話。こういうリスクの負い合いがあるというのも、自分はドラフトの魅力だと思っています。

当然、批判が出ることは間違いない。それこそ昨年の菅野の叩かれ方は酷かったですね(今も酷いけど)。ただ、この制度を全うに行使している中での批判であれば自分はその批判の意味が分かりません。そういうルールの下で全球団が合意している中での話ですからね。だから菅野が日ハムの指名を拒否したという部分を批判する理由は見当たりません。また、人道的な部分を批判する様子も見られましたが、そもそもそうなるとドラフト自体が非人道的ですからそれもおかしい。簡単に言えば人身売買ですからねこれは。

その中で菅野が叩かれた中でこれはそうだろうと思ったのは、やかましい外野でした。原監督の甥ということで、よっぽど巨人に入って欲しかったのか、彼の親族が横やりを入れる、これは明らかにおかしい、制度の範囲外です。あくまで本人の口から、本人の決めたことを尊重するべきなのに、日ハムが~とか余計なことを言っていたから、それが菅野の意志だみたいな感じで飛び火した印象です。ホント、あの辺りには黙っていて欲しかった。

自分はドラフト制度は公平に見たいと思っているので、だとしたらルールにのっとっていればそれでいいと思っています。認められる行動であれば全てしていいと思いますから。ただやはりこの行事はどうしてもイメージという部分に左右されやすく、人道的な部分も入ってしまいますね。日本人は特に生え抜きというものの重要性を持っていますから。
まあだからこそ完全ウェーバー制は絶対に出来ないだろうね。そうなるとFA短縮がセットになってくるし、下位球団が故意に負けるような試合が出てくる可能性があるし。戦力均衡は、利潤の違う会社がやっている以上そう簡単に成功するものではありません。

その辺で一つ驚いた反論を受けたことがあります。去年のドラフトについて友人と話していると当然出てくるのは菅野の話題。友人はアンチ巨人なので当然批判しますし、自分も制度的には問題ないけど菅野は日ハムに入った方が面白いとは思っていたので聞いていましたけど、こんな言葉を聞いたら少し黙ってられなくなった。
「職業選択の自由って言うけど、プロ野球を会社、球団を部署とすると、選択権なんて普通ないよね。」
正直「は?」って思いましたよ。どうやらこれはアンチの中では職業選択の自由で肯定しようとする巨人ファンに対して反論する文句になっているようなんですけど、全然そのあてはめ方がこじつけすぎるというか。プロ野球は職種、球団は会社、これは疑いようのない事実です。

ファンである以上、もちろんプロ野球全体が面白くなることは望んでいますし、そのための戦力的な問題というのは難しい話になってきます。巨人が一人勝ちしているといっても昨年一昨年は中日が制覇しているし、阪神も今年は5位。パでもソフトバンクが必ずしも強いとは限らない。金をかけることは強くなる大きな手段ですけど、それで絶対に強くなるとは言えないのがまた野球の面白いところ。むしろ両リーグ最下位のオリックスとDeNAのくじ運が自分は悲しくなってきます(汗)今年は頑張って欲しかったところでしたけど。どちらもビッグネームを取りに来ていましたからね。

なんか思った以上に危ないことを書いてしまった印象(汗)まあ自分の思っていることだから特に変えることはないんですけどね。別段誰も擁護する気はないですし。日ハムも菅野もドラフトのルール通りやってるね、でも外野うるさい。それだけって感じですし(汗)
でも菅野にしても大谷にしても、こういうのに噛みついてくるファンがいるっていうのはまだまだプロ野球も大丈夫なんだなって思いますけどね。人気低迷とか言われていますけど(統一球も言いたいことあるけど(笑))、野球関係で熱心になれる人がいるのはいいことだと思います、自分然り。ただ条件反射的な罵倒は嫌いですけど。

まあこういうのは考え方の違いなので相容れないことは分かっていますしね。それぞれが想っているようにプロ野球を楽しんでもらえれば、自分はそれで満足かなと思っています。とりあえず、今は日本シリーズの巨人対日ハム。両者優勝チームということでその戦いが楽しみですね。来年はWBCもありますし、野球で盛り上がれる要素は満載なので、楽しみにしたいと思いました。では長々と書きましたがこの辺りで。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

とりあえず福谷・濱田両獲りできたのでD党としては満足ですわ
欲を言えば地元逸材としてさらに菰野の辻、三重中京大の則本も欲しかったところもありますが・・・そんな甘くないよね(;´∀`)

急すぎてちょっと横槍り感を強くしてしまった昨年の菅野特攻と違って今年のハムは前々から公言してたので大谷特攻は漢らしかったですね
ただ大谷は拒否る気マンマンっぽいんだよなぁ・・・せっかくのロマン素材なのに日本に残らないのは勿体無い
どうも日本人選手育成にそこそこ慣れてて日本人スカウトが居るドジャースは大谷に通訳までつけて至れり尽せりな育成プランを用意してるみたいですが正直どうですかね・・・

まーそんだけ期待してるんでしょうが、向こうのマイナーはキツすぎる環境で地元アメリカ人も高卒では入団を避けて大半が大学経由すると言われるほどのわけですし
そんな環境にジャップのガキがぬくぬく育成待遇とかされてたら何か嫉妬とかイジメとかありそうですね
そーいうのが起こらないように球団が保護するとかもあるかもしれないですが・・・

まぁ数年後には「そんなのもいたっけー」状態になってるのかそれとも田澤みたいに昇格してるのか半々だと思っときますかね
とりあえず仮にあっちでダメだったとしても日本に帰りますなんてのだけはやめてほしいかな
NPBで活躍してからMLBに行く、そのNPBの部分を時間の無駄だと思ってMLBにすっ飛んで行くわけですからね(先輩がデーブにいじめられたせいでNPBにドマイナスなイメージ持ってるのかもしれませんが)
NPB経由の選手たちですら「行くからにはMLBで引退する覚悟で行くべきだ」って言うほどなんですから
NPB経由だと全盛期にMLBで投げられないかもしれない、だからMLBに直接行く、というからにはMLBに一生骨をうずめるのは当然って気持ちで行かなぁね

まぁ正直菊池雄星の例をみてると花巻東の教育体制でそこまで意思強い選手に育ってるんだろうかと思わないこともなくはないですが行くからには頑張って欲しいですね

・・・って日ハムが説得できない前提で語ってちゃだめだな(;´∀`)日本に残ってくれた方が自分としては嬉しいです
日ハムはダル育てたしほぼ全盛期のダルでも簡単に海外行かせちゃう器量ありますし多田野とかのMLB経験者もいるしでNPB12球団の中では一番メジャーへ近道だと思うんですけどねぇ

黒辻さんは俺の御主人様さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>とりあえず福谷・濱田両獲りできたのでD党としては満足ですわ

濱田はその前に指名あるかなって思っていましたけど、中日まで耐えましたねー。怪我しているのが若干気になりますけど、まだまだ高卒ですし、良い環境で育ってもらいたいですね。

>どうも日本人選手育成にそこそこ慣れてて日本人スカウトが居るドジャースは大谷に通訳までつけて至れり尽せりな育成プランを用意してるみたいですが正直どうですかね・・・

仰る通り、向こうのマイナーの環境はかなり厳しい中で、優遇されている日本人を見るというのは面白くないかもしれませんね。田澤は社会人経由ですが、大谷は完全に高卒からなので戦力ではなく育成を主にしていきますからね。そういう環境で変に潰れないことを祈るところです。

>とりあえず仮にあっちでダメだったとしても日本に帰りますなんてのだけはやめてほしいかな
NPBで活躍してからMLBに行く、そのNPBの部分を時間の無駄だと思ってMLBにすっ飛んで行くわけですからね

やるからにはあっちでやって欲しいですね。それこそ向こうでダメだったから日本でどこか拾ってくださいっていうのはNPBも舐められた気になりますし、本人は茨の道を覚悟しているのであれば、その覚悟を態度で示してほしいと思いますね。

>日ハムはダル育てたしほぼ全盛期のダルでも簡単に海外行かせちゃう器量ありますし多田野とかのMLB経験者もいるしでNPB12球団の中では一番メジャーへ近道だと思うんですけどねぇ

ハムはドライな球団ですよね。正直、自分はそれくらいドライすぎるのもどうかと思っているんですが(ダルも半ば追い出した形だし)、まあ大谷が日本球界にいることはプラスになること間違いないですから、日本で投球を見たいというのはありますよね。
まあ自分はそもそもポスティングがあまり好きじゃないんですけどね(汗)球団の金儲けにしか見えないので。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。