スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ToLOVEるダークネス:12話感想&総括

ToLOVEるダークネスの感想です。

うむ、堪能した。

最後はモモについて少し突っ込みましたか。

いつもはリトに積極的に仕掛けているモモなんですけど、実はいろいろと覚悟がまだできてない状況で、いざとなるとまだ本番に移せないタイプなんですよね。たじろいだ後に自ら胸を触らせに行きましたけど、要は自分からエスコートしていく分には特に問題はないんですけど、相手が少しでも積極的になるとまだまだですね。元々リトがエロに対して免疫がなく絶対に積極的に来ないというモモの中での自信があるからこそあれだけ言いよれるところがあったから、まあ今回は不意打ちを食らったということなんでしょう(汗)

まあこのアニメのエロシーンの7割くらいはモモ派生のエロ妄想が占めていると思うんですが、実はモモのエロ妄想は基本的にリトが積極的になっているという共通点があるんですよね。モモから攻めて行くのは現実で出来ることであり、モモのこれが文字通り妄想であるということで、これはモモの出来そうで出来ない願望であるということを表していると思っているんです。妄想は出来ないことを想像して楽しむというのが主ですからねー。
まあその辺でも実はモモのハーレム計画ってほとんど進んでいないという状況だったりします。リト側が積極的になるということをあくまで妄想内で留めているようじゃ、それこそハーレム計画自体が妄想となってしまいますからね(汗)まあ楽しんでいるのなら別にいいんでしょうけど(笑)

そんなモモにはファンクラブが出来て今回はそれを追っ払うところまでやりましたが、原作を知っている身としてはかなりこの話を伸ばしてきたなーと(笑)途中でいろんなキャラにリトがラッキースケベしまくったところはオリジナルだったと思いますが、もはやリトは女の子にダイブすることは日常風景として描かれていましたね(汗)実際そうなんですけど(笑)どうしてそんな体制になるというツッコミはもはや野暮で、それに関しては作品内でも言われていることですからまあそういう奴ということでいいでしょう。自分は逆に体が持たないなと思って見ていますが(汗)

まだまだ原作は続いているので歯切れの悪い終わり方ではありますが、でも最後にダークネスからヒロイン枠になったモモについて触れてきたというのは良い構成だったんじゃないかなって思っています。布団の中から始まって、布団の中で終わる。このような乗っかりシチュはToLOVEる開始頃はララ&風呂場という状態だったんですけど、ある意味2人の性格を表しているそれぞれのシチュだなーと感じています。さあ、あとはナナだな!(期待する目)

ちなみに最後に補足しておくと、ララとモモは方向性は違えどかなり似たような思考を持っています。モモはハーレム計画を立てていますけど、ララも実際一夫多妻を歓迎しており、他の子の幸せを願っています。決定的に違うのがモモは自分が愛されたい1人になりたいという下心があるんですが、独占欲自体はあるわけではないので。誰かがリトに迫っている中でそれを見てヨダレ垂らしちゃうような子ですからね(笑)

ダークネスになって普通は邪道的展開であるハーレムを全肯定し、その中でエロをふんだんに盛り込んで今回もかなり楽しませてもらいました!

あ、あとさ、最後に言わせて…。

何でアイスのシーンで規制を入れるんだ!(汗)

いやーだってさ、「アイス」ですよ?それこそモモの中の人が某軽音部に行ったら寝転がりながら求めるアイスですよ?規制するってことは余計に卑猥であることを認めてるってことじゃないですかー。テレビ放送局の方は一体何を考えていたんですかねえ…。全くけしからん。

はいというわけで、ToLOVEるダークネス、完結です。


<総評>

ジャンプスクエア連載となったダークネスのアニメ化ということでしたが、この移行に伴って原作自体がレベルアップしている分、アニメでもその部分がふんだんに出ていたんじゃないかと思っています。
基本的には原作に忠実で、エロシーンもほぼその通りに出てきて、基本的にモモの妄想とリトのラッキースケベで成っていますね。お約束シーンともいえるところが多く、いろいろなテンプレを見させてもらったと思います。ただ、いずれもただの妄想やラッキースケベではなく、一歩進んだ部分が多く見られました。まあTV放送版はほとんど白かったせいもあり、ラッキースケベのシーンのこだわりを感じにくくはなっているんですが、この辺は原作を知っている身としては、ここはこうやっているなっていうのが分かる感じだったのでDVD版が気になるところでしたね。

ダークネスはモモ、金色の闇あたりがヒロイン枠として昇格しているので、この辺のストーリーが結構描かれました。モモはだいたい言い寄っているところしか記憶にないかもしれませんが、案外心情描写もしっかり描かれていて良かったと思います。ヤミちゃんはリトのラッキースケベの餌食になりまくっていましたが、こちらも母親であるティアーユとの関わりについて明かされましたし、こちらも突っ込んできたかなと。ToLOVEると言えばエロ!という発想は実にその通りだし、スタッフもその辺りは分かったうえで気合いが入っているのも分かる出来だと思いますが、自分が嬉しかったのはそれ以外のシリアス系の部分もしっかりないがしろにせずに描いてくれたということでした。で、それが分かるのは、シリアス部分のオリジナル要素の投入がいくらかあったあというところからです。もっとToLOVEる時代でもアニメオリジナル要素をちょろっと入れてきたシーンがありましたが、今回もオリジナルの挿入が非常に上手かったと思っています。本当に少しっていうのもありましたけど、こういうのは嬉しかったですね。ロリルンちゃんの笑顔のシーンとか大好きです。

そんなわけでキャラクターに関してはエロだけではなくしっかりキャラクターとして描いているのがいいですよね。可愛いっていう衝動は、ただ単に外見だけではよほどドストライクしない限りは弱いわけですから、心情という付加価値がついてこそですからね。そういう中でエロトラブルに巻き込まれている部分をうらやまけしからんと眺める作品ですから、この一つの楽しみ方を確立している良作だと思っています。

不満点を挙げるとしたら、原作に忠実すぎるあたりで切り方に疑問がある時とかがありましたね。あとは原作との顔とかの向きの違いによる印象度の低下がありましたけど(特にヤミちゃんと添い寝するシーン)、まあこの辺は原作知っているからこその不満ですから、知らない人の評価は気になるところです。

音楽はOPとEDでかなり嗜好が違いましたが両方好きでした。EDはだんだんとクセになっていった感じです(笑)

「ToLOVEるダークネス」
結城リト:渡辺明乃
モモ・ベリア・デビルーク:豊崎愛生
ナナ・アスタ・デビルーク:伊藤かな恵
金色の闇:福圓美里
結城美柑:花澤香菜
黒咲芽亜:井口裕香
ララ・サタリン・デビルーク:戸松遥
西連寺春菜:矢作紗友里
古手川唯:名塚佳織
天条院沙姫:川澄綾子
九条凛:橋本まい
藤崎綾:水橋かおり
ルン・エルシ・ジュエリア:大浦冬華
お静:能登麻美子
猿山ケンイチ:吉野裕行
籾岡里紗:柚木涼香
沢田未央:千葉千恵巳
御門涼子:櫻井浩美
ティアーユ・ルナティーク:福圓美里
マスター:日高里菜
セリーヌ:柚木涼香


総合評価:S

祝!S評価!
まあ安定のSですね。補正が入っているのは相変わらずですけど、パワーアップした原作をアニメでもさらにパワーアップして表現してくれたんではないでしょうか。それだけではなくしっかりとそれを踏襲したオリジナルも見せていましたし、アニメということであれば非常に良い出来で、こちらでもスタッフの愛が伝わってきました。

でもさすがにこの状況ではいろいろとぶつ切り感も否めないと思うので、是非2期は期待したいですね。原作の進み具合からして早くには出来ないと思いますが、DVDも売れると思うので楽しみにしたいですね。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。自分は非常に満足させていただきました、ありがとうございます!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

あけおめです。

お疲れさまです。「原作知らない組」ですが、ヤミちゃんとの添い寝シーンは、刺激度が抑えられたいたような。原作はもっとハードなら読みたいかもです。
モモとヤミにスポットを当て、ララが脇にまわりましたが、むしろ面白くなり、大成功と言えるのでは。
たぶん「ハーレム計画」をヒロインが発案、推進という点がかなり斬新なのと、モモの心理や欲望を詳細に描写する場面が増えた点が良かったのかと。
ストーリー的には、投げっぱなしに属すると思うのですが、絶対に次もあるという確信(根拠なし)があるのであまり気になりませんでした。
この作品はエロはもちろん、空気が良いというか、居心地の良い作品で、今期一番の作品でした。

satoshiさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>ヤミちゃんとの添い寝シーンは、刺激度が抑えられたいたような。

そうですねー原作ではかなり色っぽく描かれていたんですけど、その辺は少し抑えられていましたね。アングルの違いかと思います。

>たぶん「ハーレム計画」をヒロインが発案、推進という点がかなり斬新なのと、モモの心理や欲望を詳細に描写する場面が増えた点が良かったのかと。

そうですね、それはかなり斬新なんですよね。ハーレムものは多いですけど、真っ向からハーレムを肯定するメインヒロインは珍しいです。テンプレ展開が多いアニメですけど、この辺は面白いですね。

>この作品はエロはもちろん、空気が良いというか、居心地の良い作品で、今期一番の作品でした。

おお、そうでしたか!原作ファンとしては嬉しい限りです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

To LOVEる-とらぶる- ダークネス 第12話 「Room~乙女の想い~」(最終回)

「隣の部屋に蜜柑さんもいますし、お姉様やナナだって…」 モモ!ということで最終話はモモ祭り!(^ω^) まさにモモに始まりモモに終わるというダークネスだった。そして相変わらずモ...

ToLOVEるダークネス 12話(最終回)「Room~乙女の想い~」感想

ToLOVEるダークネス 12話(最終回) 「Room~乙女の想い~」

To LOVEる-とらぶる-ダークネス  ~ 第12話 Room~乙女の想い~ 最終回

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第1話 ~  第12話 Room~乙女の想い~ 最終回 モモが実現を目指す「ハーレム計画」と、ヤミをめぐる「ダークネス計画」の2つの計画を軸に、物

「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」第12話(終)

まだ覚悟が足りないと、痛感… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212290000/ To LOVEる -とらぶる- ダークネス キャラクターシングル/モモ・ベリア・デビ...

【アニメ】To LOVEる ダークネス 第12話(終) 「Room ~乙女の想い~」 さすがリトさん 酷い最終回だったw(褒め言葉

484 名無しになるもんっ♪ sage New! 2012/12/29(土) 01:00:19 ID:??? エロゲキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第12話(最終回)「Room~乙女の想い~」感想

ヴィーナス・モモ・クラブ結成ヾ(o´∀`o)ノ V・M・C!V・M・C! 皆で平等にモモさんを愛でる紳士のファンクラブ! なんだそれwみんな仮面つけてるw桃の形の旗印w この学校に変...

To LOVEるダークネス 第12話(終)

To LOVEるダークネス 第12話(終) 『Room~乙女の想い~』 ≪あらすじ≫ モモは、ハーレム計画成功のために勉学に余念がない……地球製(?)の恋愛ゲームにまで手を出して、ハーレ...

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第12話「Room~乙女の想い~」

ハーレム計画の参考にゲームなんかも研究してるモモ。 こうして妄想力も強化してるのですね、わかりますw 最終回だけどいつも通りなTo LOVEる。 だがそれで良いのです♪ 原作もま

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第12話 Room〜乙女の想い〜

エロゲーをプレイするモモ。 ハーレム計画に使うためのシチュエーションを学ぶ名目ですが、いいご趣味ですね。 その頃、モモのファンクラブ、ヴィーナス・モモ・クラブ(V・M ...

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第12話「Room~乙女の想い~」(最終回)

単独感想記事としてはダークネスが今年最後となります。 現実から妄想へのチェンジが実にスムーズだった^^; アニメはここで一区切り、18禁への挑戦がハンパなかったのはさすが最終回...

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第12話(終) 『Room ~乙女の想い~』 遂にリトがその気になった!...のか?

体育倉庫で二人きり。そしてモモは体操服という完璧なシチュエーション。流石にこの状況だとリトでも理性のタガが外れてしまう様で。今までとは打って変わった積極性でモモの体操服...

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第12話(終) 『Room ~乙女の想い~』 遂にリトがその気になった!...のか?

体育倉庫で二人きり。そしてモモは体操服という完璧なシチュエーション。流石にこの状況だとリトでも理性のタガが外れてしまう様で。今までとは打って変わった積極性でモモの体操服...

ToLOVEる ダークネス&ATARU

1月8日 ToLOVEる ダークネス&ATARU アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB

ToLOVEる ダークネス&ATARU

1月8日 ToLOVEる ダークネス&ATARU アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入 ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。