スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSYCHO-PASS:22話感想&総括

PSYCHO-PASSの感想です。

繰り返される…か…。

そして次の物語へ…って感じでしたね。

続きがあってもおかしくない、むしろその気満々な終わり方だったんですけど、やっぱり全体の大きなテーマがあり、そこから翻弄されていく一部の人たちを紹介するっていうパターンは一番やりやすい展開ではありますからね。根本の解決には至らないけど、それぞれが自分の「答え」を見つけるという結論に至るということですね。ある意味、一番現実的な流れではありますよね。
まあそれこそこの先の霜月を中心として描くこともできますし、まだ狡噛が監視官だったころの話を詳しくやることもできますし、そもそもにしてシビュラシステムがどういう経緯で発生したのかという原点にも行けますし、いろいろな時系列で話ができますねー。まあ今回の件は朱が準シビュラ的存在として進んでいくということでしょうか。

というわけで今回の決着。朱は槙島と捕らえてシビュラに引き渡し狡噛を救おうとしていましたが、結局のところ狡噛がその手で止めを刺すという展開になりました。まあこれは狡噛なりの「答え」であり、朱がそれまで何だかんだで曖昧な立場をふらついてしまっていたのが結果をこうしてしまったのかなと思いました。狡噛と槙島がこうなることは運命だと言っていましたけど、まあ何だかんだでかなり因縁深い感じだったしねえ。純粋な犯罪者と純粋な刑事って感じで、どちらもシビュラの枠組みを超えた存在として、相対するのは運命だったのかなって思いました。
槙島の散り方もその辺ではいい感じ。彼も自分が散々不特定多数にあっさり与えてきた「死」を自分で感じるところからの狡噛が手を下すという流れ、それを運命と表すのは面白かったです。

そしてそのシビュラの枠組みから突破することができなかった朱。明かされた後も真相を漏らすことはしませんし、これからもシビュラシステムに守られ秩序を守っていく世界で監視官としてやっていくようですね。もちろんあくまで現状はそれに頼らざるを得ない状況だからこそシビュラを否定しないということなので、新しい全うな統治法が見つかれば話は変わりますけどね。朱はこれからは仕事をしつつそれを目指していくということでしょうか。
シビュラ側もそういう面では朱を人間の中では利用価値が高いと判断しているわけですから、自由に泳がせてサンプルを手に入れるという手法を取っているようで(笑)シビュラ側も長期的にこのシステムを隠ぺいすることは不可能と判断しているわけで、朱はそのためにも良い存在みたいですね。本来ならば槙島奪還失敗ってなかなか大きなミスですが、それでも朱を頼った方がいいとシビュラは考えているようで、信賞必罰的な考え方よりいくらか合理的だなと感じるところ。才能のある人に関しては、シビュラも放っておけないだろうしね、元々そういう人間の集まりってことですから。

宜野座さんは数値改善が見込めず監視官を辞めることに。その結果執行官になるという狡噛や親父と同じ轍を踏むことに。でもそれを別に大きく後悔する様子は見られず、いろいろとスッキリできている感じ。監視官時代には強いこだわりがありましたけど、それで結局みんなに置いてかれている気がしていただけに、ようやく同じ土俵に立てたという気持ちもあるのかもしれませんね。戦闘面ではあまり大きな見せ場はなかった宜野座さんでしたけど、内面的な部分は結構見ごたえがあったなって思っています。メガネの話もなるほどなーと。

とりあえず、いろいろと残した部分はありますけど、悪くない区切りだったのではないでしょうか。

というわけで、PSYCHO-PASS、完結です!


<総評>

世界設定もなかなか面白く、シビュラシステムという管理世界においてその有用性を肯定しつついろいろなをついて発生していく事件や行動を見ていくのはなかなか爽快だったなって思います。序盤の展開はシビュラというシステムを加えた刑事モノとしていろいろな事件に関わっていくものであり、いうなれば公安局の活躍を紹介するかのようなアニメだったなって思います。そういう意味であまり公安局メンバーのキャラクターっていうのはもちろん立っていたのもありましたけど、そっちよりも個性豊かな犯罪者側の方がキャラとしては立っていた分、そこまで大きく気になることはなかったかなって思います。

そしてそこから折り返しとなり槙島個人との対立構図が露骨になってきた中で公安局のキャラクター性というのが色濃くなっていったと思います。シビュラシステムをはじめにいろいろな設定を明かしていく中でそれを受けたり行動する中でそれぞれのメンバーの気持ちとかを見ていくのが大きく終盤が盛り上がった要因だったなと思っています。
…まあ、序盤は重きを置いていたのが事件でしたから、それが冗長に感じたり作業感が垣間見えたりと手放しで面白いとは思っていなかっただけに、終盤は見えるべきものが見えてきて楽しいになっていたなと感じています。でも、この手法は良い組み立て方だなって思っていて、キャラクター性がそもそも序盤はつかみづらいのは当たり前ですよね。だんだん積み重ねていくのが当然のことですから、最初の方ですぐにキャラクターを注目させるのではなく、俯瞰させてそこから個々に繋げていくというのはしっかり練られた構成だったんじゃないかなって思います。弥生さんはちょっととってつけた感しかなかったですけどね(汗)

だからこそ朱をはじめとしたキャラクターはなかなかの成長を感じることが出来て、それが「答え」に繋がっていったんだなって思います。成長したわけですからその物語が次の成長するべきキャラへと繋がっていくという流れ、そういう面では、終わり方も妥当だったのかなって思えますね。

音楽はOP、EDでは2クール目EDが一番好きですかね。終盤は特に良い引きをすることが多かったですけど、それに上手く添えられた良曲だったかなと。また、作中に流れるBGMがどれもかっこよく気持ちよかったですね。音楽でも魅せてくれたアニメでした。
それと戦闘描写も良かったですね。動きにしても、アングルにしても、彼らのかっこよさを際立てていたと思います。

「PSYCHO-PASS」
狡噛慎也:関智一
常守朱:花澤香菜
宜野座伸元:野島健児
征陸智己:有本欽隆
縢秀星:石田彰
六合塚弥生:伊藤静
唐之杜志恩:沢城みゆき
槙島聖護:櫻井孝宏
ドミネーター:日高のり子
コミッサちゃん:高森奈津美
禾生壌宗:榊原良子
舩原ゆき:小岩井ことり
霜月美佳:佐倉綾音

OP1「abnormalize」
OP2「Out of Control」
ED1「名前のない怪物」
ED2「All Alone With You」


総合評価:B

終盤の面白さは目を見張るものでした。序盤の冗長さが足を引っ張ったかなって思っていますけど、全体的に楽しめるアニメだったなって思っています。
脚本に虚淵さんが関わっているということで注目を集めていた部分もありましたけど、やはりこの人のキャラクターの描き方は秀逸だなと感じるところ。本人がリアリストということもあるかもしれませんが、キャラクターの発想に突拍子な部分がないから突っかかりやすいんですよね。もちろん奇怪なのもいますけど、それぞれの個の発想を大事にしているというか、そういうところから人間のおどろおどろしさを出すのは上手いなーって感じましたね。

二面性を持っている作品だなって思いましたけど、結局のところは王道的な面白さを持っていて楽しかったです。

2期はあるんでしょうかねー。狡噛の立場はどうとでもできますし、あれば見たいですね。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。

それではこれでPSYCHO-PASSの感想を終わりたいと思います。感想を読んでくださった皆さんに感謝です!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

お疲れ様でした。感想は毎回楽しませてもらいました。緊張感が途切れないハードボイルドな展開の中、朱の成長が描かれ、音楽も良かったです。
最後は、半ば蔑んでいた「猟犬」に宜野座自身がなってしまいましたが、堂々とした態度が印象的でした。自分で選んだ道ということもあるでしょうが、社会の中では自分が役に立てる「居場所」があることが重要なのかも。ただ、宜野座さんは戦闘力に難がありそう(汗)。
居場所を失った狡噛は、どう生きていくのでしょうか?街はへたに歩けないし、次の目的もないとなると、生き残った悲劇って気もしますが、きっと何か考えているでしょう。
続編を期待です。

satoshiさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>お疲れ様でした。感想は毎回楽しませてもらいました。

こちらこそありがとうございましいた。satoshiさんが一番コメントをしていただけましたし(拍手もありがとうございます)、励みになりました!

>自分で選んだ道ということもあるでしょうが、社会の中では自分が役に立てる「居場所」があることが重要なのかも。ただ、宜野座さんは戦闘力に難がありそう(汗)。

確かに戦闘力は狡噛の万能さを見ていると心配にはなってきますね(汗)ただ、執行官になったことでもう何も憂いが無い分、いろいろと思い切った行動がとれるようにはなるかもしれませんね。彼なりに納得しているのであれば、監視官時よりも期待できそうだなって思っています。

>生き残った悲劇って気もしますが、きっと何か考えているでしょう。

やるとすればシビュラそのものっていう展開も考えられますけど、どんな展開にも持っていけますよね。その辺も含めて続編は描いてほしいですな。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「PSYCHO-PASS」第22話(終)

新しい道を、見つけてみせる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303220000/ 小説 PSYCHO-PASS サイコパス/ゼロ 名前のない怪物高羽彩 ニトロプラス Produ...

PSYCHO-PASS サイコパス 第22話 完璧な世界 終 感想

うわー、この終わり方はなんだかもやもやしますねえ。 決して悪い終わりじゃないと思うんですけど、割り切れないといいますか。 まぁしかし、この問題に答えを出すということ自体

PSYCHO-PASS 第22話 3/22 あらすじと感想 #pp_anime

 見事な終演でした。是非、続編を見たいです!。「狡噛の帰還」編をお願いしますw。  前回からの続きで、ナイフ格闘戦に入りながら、問答を始める狡噛くんと槙島さん。ナイフ格

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」 第22(最終)話 完璧な世界

小説 PSYCHO-PASS サイコパス (下)(2013/04/04)深見真、ニトロプラス 他商品詳細を見る それが執行官、君が預かる部下たちよ。 「PSYCHO-PASS サイコパス」第22話のあらすじと感想です。 大怪我

PSYCHO-PASS サイコパス #22「完璧な世界」感想

狡噛と槙島の男の勝負に制止をかけたのは覚醒した常守狡噛と駆け引きをして自分の手にするとは強くなったものだな槙島の小者臭が極まってきた所で逃げようとするアクション映画よろ...

PSYCHO-PASS サイコパス 22話(最終話)「完璧な世界」感想

PSYCHO-PASS サイコパス 22話(最終話)「完璧な世界」 あらすじと感想は「続き」をみてね。

PSYCHO-PASS(サイコパス) 第1話 ~  第22話 完璧な世界 最終回

PSYCHO-PASS(サイコパス)第1話 ~  第22話 完璧な世界 最終回 あらゆる感情、欲望、社会病質的心理傾向はすべて記録され、管理され、大衆は「良き人生」の指標として、その数値的...

PSYCHO-PASS 22話 完璧な世界

迎えた終局。果たしてそれぞれの結末は

PSYCHO-PASS 第22話(最終回) 「完璧な世界」 感想

面白かったけど、キャラの掘り下げをもう少ししてほしかったですね。 再び相まみえる狡噛と槙島。 槙島を前に、狡噛の『殺意』がむき出しになる。 システムの檻に囚えられなかっ

PSYCHO-PASS 第22話「完璧な世界」

「きっと新しい道を見つけてみせる  シビュラシステム、あなた達に未来は無いのよ!」 ついに最終話!! 狡噛と聖護の決着、そして朱が出した答え――    【最終話 あらすじ】 再...

『PSYCHO-PASS』#22「完璧な世界」(最終回)

「これは俺とあいつだけの問題なんだ」 ヒロインの立ち場なし! とうとう槙島に追いついた狡噛。 互いにナイフを持って肉弾戦に! 多少、狡噛が劣勢に見えたがちゃんと成長を見

PSYCHO-PASS(サイコパス) 第22話(最終回...

正義の連鎖は終わらない--------!!今期一番最終回が楽しみでもあり、終わってしまうのが残念だった作品。ついに最終決戦。槙島とナイフで対決する事になった慎也。最後はオーソドッ...

PSYCHO-PASS サイコパス 第22話「完璧な世界」

PSYCHO-PASS サイコパスの最終話を見ました。 第22話 完璧な世界 「貴様は孤独に耐えられなかっただけだ」 「この社会に孤独でない人間がどこにいる?誰もがシステムに見守られ...

PSYCHO-PASS サイコパス 第22話「完璧な世界」

第22話「完璧な世界」 ナイフと剃刀で対峙する慎也と槙島。 もう刃物振り回してるってだけで怖いです。 肉弾戦では槙島の方が上のようです。 押さえ込まれた慎也も槙島の一振...

PSYCHO-PASS -サイコパス- 第22話「完璧な世界」

狡噛と槙島、システムの檻から外れた二人の男の決着…。 朱は二人の戦いの果てに何を見たのか…? そしてこの欺瞞の正義に統治された世界とどう向き合っていくのか。

PSYCHO-PASS 第22話「完璧な世界」

『再び相まみえる狡噛と槙島。槙島を前に、狡噛の『殺意』がむき出しになる。システムの檻に囚えられなかった2つの魂が、疾走する。彼らの到達した地平に、朱は何を見るのか。そし

PSYCHO - PASS サイコパス 第22話 (最終回) 「完璧な世界」 感想

僕は人生の「プレイヤー」でいたい。そんな槙島は,おのれの「魂の輝き」を見ることができたのか。 生まれてずっと孤独だった彼は,孤独がいやされる瞬間を感じられたのか。 サイ

PSYCHO-PASSサイコパス #22(最終話)「完璧な...

ぶつかり合う殺意と本心。孤独の頚木を逃れ、新たなる世界へ向かう二つの魂。「完璧な世界」あらすじは公式からです。再び相まみえる狡噛と槙島。槙島を前に、狡噛の『殺意』がむき...

PSYCHO-PASS -サイコパス- 第22話(終)

槙島聖護・最高の死に方。

PSYCHO-PASS サイコパス 第22話 感想

槙島と狡噛の戦いは、狡噛勝利で決着。 シビュラと朱の戦いは継続。 この終わり方を見ると、この作品は、どっちかって言うと、狡噛と槙島の戦いを描きたかったのかなと思う。 自分...

PSYCHO-PASS第22話感想。

それぞれやりたい事やりきるのがブッチー脚本だよねww やー、面白かったです。 以下、ネタバレします。ご注意を。

(アニメ感想) PSYCHO-PASS サイコパス 第22話 「完璧な世界」

投稿者・ピッコロ PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】(2012/12/21)関智一、花澤香菜 他商品詳細を見る 再び相まみえる狡噛と槙島。槙島を前に、狡噛の『殺意』がむき出しになる。シス

PSYCHO-PASSサイコパス~第22話「完璧な世界」

 人間の心理状態が数値化され、それをもとに裁かれる世界。治安維持にあたる刑事たちの物語「PSYCHO-PASS」が一定値以上の「潜在犯」をとりしまる、第22話。最終回狡噛「貴様は孤独...

PSYCHO-PASS第22話(最終話)「完璧な世界」 (そ...

PSYCHO-PASS第22話(最終話)「完璧な世界」その1はコチラ「これで私は用済みって事?」事件終幕後、朱はシビュラシステムの前にいた。しかし、シビュラの返事は少し違っていた。下方修正...

PSYCHO-PASS 第22話(最終話)「完璧な世界」 (その2)

PSYCHO-PASS 第22話(最終話)「完璧な世界」 その1はコチラ 「これで私は用済みって事?」 事件終幕後、朱はシビュラシステムの前にいた。 しかし、シビュラの返事は少し違っ

PSYCHO-PASS 第22話(最終話)「完璧な世界」 (その2)

PSYCHO-PASS 第22話(最終話)「完璧な世界」

PSYCHO-PASS サイコパス 第22話(最終回)「完璧な世界」感想

「そんな君が、僕の孤独を笑うのか?」 居場所がほしかった槙島と、自ら孤独を選んだ狡噛さん。 孤独な2人が出会って、待っているのは破滅だけだった。 似ているのに、どこま

「PSYCHO-PASS-サイコパス-」第22話【完璧な世界】

ついに最終回。 脚本 虚淵玄(ニトロプラス)/深見真 コンテ 塩谷直義  演出 塩谷直義/川崎逸朗 作画監督 古川良太/矢萩利幸 美術監督 衛藤功二 再び相まみえる狡噛と槙島...

犯罪という数値

アニメ「PSYCHO-PASS 」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました お馴染みのノイタミナ枠です 今回はオリジナル作品で2クールの全22話 いや〜 これは面白かった オリジナルという

犯罪という数値

アニメ「PSYCHO-PASS 」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました お馴染みのノイタミナ枠です 今回はオリジナル作品で2クールの全22話 いや〜 これは面白かった オリジナルという
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。