スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまこまーけっと:12話感想&総括

たまこまーけっとの感想です。

妃候補のたまこの運命は。

とにもかくにも円満解決と。

これは勘違い、というよりかはチョイが仕掛けていたという感じだったのかな?とにかくたまこはメチャの妃候補ではなかったということでした。花屋のあの花の香り、そういえばたまこの家にも飾ってありましたね。

もちろんたまこは元より優先順位が商店街が一番であることは揺るぎないわけですからどう断ろうか困っていたわけですけど、結果的には円満的に終わりましたね。商店街のみんなは妙に盛りあがりすぎていましたけど(汗)
とりあえずこれで目が点になっていたもち蔵も気持ちが晴れましたし、みどりも胸のしこりが取れたでしょうね(笑)ある意味たまこ以上に身を案じていた2人でありましたし。

そんなわけでメチャとチョイとデラは帰ることになりました。普通に車で帰っているのがなんかシュールに感じましたけど、そういやたまこの首元のほくろにチョイが反応したのは彼女自身にもあるということなんでしょうね。あの首輪で隠しているということでしょうけど、結局ほくろは妃のしるしなんでしょうかね。それを隠すことで自分はあくまで使いであることを貫こうとしているんでしょうか。…いろいろと応援したくなる子でしたね。

一方デラはいなくなってたまこたちが探す展開になりましたけど、当の本人は流れのままにもち蔵のプレゼントに入っていくという展開に。「デラちゃーん」ということで最後までデラさん大勝利となりました(笑)

…まあ、非常に順当にハートフルに終わりましたね。やっぱり商店街は平和ということで、微笑ましい空気で終わりました。1年を通してやったわけですけど、商店街の春夏秋冬はどうなのかということを見せながら、キャラクターの生活を見させてもらいました。林間学校ではちょっとみどりとかが不安定な面も見せたわけですけど、基本的には終始華やかであったと思います。商店街が楽しいところだっていうのが全面に出ていたのではないでしょうか。

というわけで、たまこまーけっと、完結です!


<総評>

商店街というたまこの愛する場所をメインに置いた日常劇としては、悪くなかったと思います。それこそメチャやチョイの王国に行くみたいな商店街と飛び出した話は絶対にやって欲しくなかった自分としては、2人がこっちに来るという形であくまでメイン場は商店街というスタンスを最後まで貫いたというのは、たまこの性格的にも良かったのではないかなって思っています。たまこの商店街に対する気持ち、また商店街のみんなのたまこへの接し方、いずれもハートフルな雰囲気を出していたなって思います。

キャラクター陣については、京アニ作品を語る際にはいつも取り上げられるキャラの仕草を大事にする描写は、今回も健在でした。それこそ日常アニメを全面にしている分キャラクター性が非常に大きなウエイトを占めるわけですから、そこはさすが抜かりなかったですね。今回は特にの描写が個人的には印象に残りました。個人的には、足でキャラを表すより手で表してもらうほうが好きではあるんですけど。

そしてそんな定評がある京アニなんですけど、面白いのがキャラの中で一番光っていたのが人間キャラではなくことデラ・モチマッヅィ。1話時点ではそんなにいいイメージが無かったなかで、どんどんキャラクターを確立して愛されるキャラになっていったと思います。それこそそこらの人間よりも場数を踏んでいるような経験豊富に聞こえるアドバイスをしてきて、いろいろなキャラクターの道しるべとして関係構築に一役買っていましたよね。鳥に諭される高校生っていうのも考えてみればシュールな図ではあるんですけど、そんなアンバランスさがデラのキャラクター性を強めていったと思いますね。そういうシリアスな部分でも活躍をし、かつオチを含めたギャグキャラとしても強い位置にいた分、一番目立ったキャラになっていったなって思いました。大きく出るところもあればあっさり引くこともある、どっちつかずで世渡り上手な感じが面白かったです。

たまこに関しては抽象的な可愛さを持っていたと思っていて、実際これが京アニの特徴だなと思うところ。彼女の心情自体が浅いっていうと語弊があるかもしれませんが、あまり深く考えないタイプだからこそ詳しい心情描写が必要ないわけです。だから彼女自身はこのアニメ内ではあくまで象徴的な立ち位置にいて、誰からも愛されるキャラクターと言う感じでしたね。
そしてそんなたまこに対していろいろと考える周りという構図になっていたわけです。代表的なのがもち蔵、みどり、チョイ、他にも親父とかもそうでしたね。もち蔵は最後までそういうポジションで安定の報われなさでしたけど、傍から見ている分には楽しめる存在でした。みどりは何気に優遇されていたキャラで2回メイン回がありましたけど、そういうものがあった分彼女の反応を追うのが面白くなりました。主人公は心情描写が少ない分、サブメンバーの心情描写は大事だと感じるところです。
ちなみに管理人が一番好きなキャラはかんなちゃんでした(ぇー)

全体的にはこれだ!って回があったわけでもなく、基本的には無味無臭感が否めない雰囲気だったかなと思っています。チョイが思った以上に良いキャラだったという部分もありましたが、特別ノリ気で見れたり、次回が気になったりという意欲の面をかきたてる要素がほとんどなかったのがかなりキツかったように思いました。本当に無難中の無難で終わらせた感じで、こちらも感情の起伏がほとんどなく、おおよそ盛り上がりを感じませんでしたね。日常のように演出を激しく持って行くみたいな手法も無く、日常の作画とかを流用してコミカルに描こうとする場面もありましたけど、演出面でもおとなしくてその辺は寂しかったですね。

音楽はOPがかなり好き。BGMは実はそんなに印象に残ってなかったりします(汗)

「たまこまーけっと」
北白川たまこ:洲崎綾
デラ・モチマッヅィ:山崎たくみ
常盤みどり:金子有希
牧野かんな:長妻樹里
北白川あんこ:日高里菜
北白川豆大:藤原啓治
大路もち蔵:田丸篤志
大路吾平:立木文彦
花瀬かおる:小野大輔
八百比邦夫:辻谷耕史
朝霧史織:山下百合恵
チョイ・モチマッヅィ:山岡ゆり
メチャ・モチマッヅィ:下野紘

OP「ドラマチックマーケットライド」
ED「ねぐせ」


総合評価:D

特別ここが悪い!っていうのはなかったけど、自分の中では中の下のあたりで安定してたアニメでした。人間キャラクターに関してあまり盛り上がれなかったのも厳しかったかもしれませんし。朝霧さんも出番少なかったし、かんなちゃんで本腰入れた個別回が欲しかったかな。
ただ、デラというキャラを生み出せたのは京アニの新たな可能性を感じました。まあデラはよっぽど人間臭かったというのもありましたけど、人外キャラについてはこれからもいろいろ作っていってもらいたいなとは感じましたね。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。京アニ作品の特徴でメイン級の女の子は無名に近い声優さんを起用するので、その辺でどんどん出てきてほしいですね。洲崎さんはたまこにフィットしていたと思います。

それではこれでたまこまーけっとの感想を終わらせていただきます。閲覧者のみなさんありがとうございました!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

たまこまーけっと、やっと見終えました
前クールやっていたもので消化しきったのは、これで3本目
まだまだ十本近く抱えているので、お恥ずかしい限り。

礎は商店街、話の推進はお后探しであったわけですが
デラは日本に来た当初から王子の后探しと述べてますし
チョイも同様に言っちゃってるんですよね
だから、クライマックス
あんなに大仰にやられても何を今更感がありました
設定とかキャラクター性とか、そういう下地はそこそこ良かったと思うのですが
物語を転がせられずに、そのまま終わってしまったという感じです。
最終話、たまこの断りと商店街への思いの告げは
シリーズの意義が濃縮されていたと思うのですが
残念ながら、そんなにインパクトがなかった
それに至るまでに逡巡や心境の変化がもっと描かれていれば
重み増したでしょうが、不足していましたし
また、たまこの発言を受けて
王子が翻意したというなら、ストレートに意味生じたでしょうが
あっさり違うと王子は断ってしまいまい
更にはチョイが、間髪を容れずに発言重ねちゃうんですよね
だからなんかこう、焦点のボヤケみたいな
みていて肩透かしに感じました。

しろくろさんがたまこを抽象的な可愛さとされてますが
まさにそうだと思います
そうした事によるプラス点もあったでしょうが、マイナス点も多分にあった
部活のバトンにしても、餅屋の娘としても、母親代わりにやっている家事にしても
うまくは描ききれないで終わってしまった、そんなふうに思います
特に餅屋に関しては、結構ながっかりでした
餅にどんなバリエーションがあるんだろうと興味津々だったんですが、そんなには無く
たまこを含め、北白川の人々の餅への愛情と誇りは感じましたが
これも思った程、昇華されず
物語にもあまり絡まずに終わってしまった、そういう印象です
(9話の引っ越しの餞別くらいでしょう、上手く活きたのは)
よって総評すると、くっきりしない半端な・・・そんなとこです。

始まって当初、デラはそんなに良いとは思いませんでした
これはデラ云々ではなくて、デラの言動受けての周囲の反応
これが引っ掛かったからです
間と白け、つまりはすかし・・・
アニメで、すかしの演出は適さないと思うんです
押しつけがましい空虚感に興醒めするのですが、これは私だけでしょうか?
回を進むにつれて、デラの存在感と意義がでました
これは、たまこの返しが上手くなったのに加えて
やっぱり、牧野かんなの存在でしょう
という事で、しろくろさんもお気に召したようですし
私も登場キャラのなかで、かんなが一番気に入ったのですが
ただし、意地悪な言い方すると
斜に構えて、ニヒルな平沢唯みたいなキャラでしたね
面構えもどことなく雰囲気がありましたし。
あとは、藤原啓治さんのユーティリティーさとしっくり感
無名に近い人がメインを張ったなかで
啓治さんの親父が出てくると、引き締まったように感じました。

これらを鑑みて、私も評価はDです。
厚かましい話ですが、しろくろさんによる
2013プロ野球評やWBC総評、このへんも拝読したいものです
お時間のある時、お願いできれば・・・。

mightyさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>前クールやっていたもので消化しきったのは、これで3本目
まだまだ十本近く抱えているので、お恥ずかしい限り。

いえいえそんなことはないですよ。自分の時間をしっかり考えて、マイペースに消化していってください。

>設定とかキャラクター性とか、そういう下地はそこそこ良かったと思うのですが
物語を転がせられずに、そのまま終わってしまったという感じです。

そうですねー。本当にキャラクターだけ見てもそれぞれのキャラクターに何か特徴をつけようだとか、この部分は大切にしようみたいなところは随所に見えていて、その構築の仕方はさすがだなと思っていたんですけど、それとストーリーのかみ合わせがなっていなかったという感じだったかなと思いました。
仕草、特徴づけ、その辺が良かった分、それぞれのキャラの終着点はないがしろになったり、ぼやけてしまったというところがあったのが、終わり方の何とも言えないモヤモヤ感に繋がっているかもしれません。

>餅にどんなバリエーションがあるんだろうと興味津々だったんですが、そんなには無く
たまこを含め、北白川の人々の餅への愛情と誇りは感じましたが
これも思った程、昇華されず
物語にもあまり絡まずに終わってしまった、そういう印象です

1年間やったわけなのでそれぞれの季節に合わせたとかやれるのかなって思ったんですけど、基本的には豆大福が主で、そんなにバラエティに富んでなかったのはちょっと序盤の新作連続からしたら落ちた感がありましたね。
たまこと商店街の人についても、たまこの商店街の人への想いというのはよく分かりますけど、商店街の人がたまこがお嫁に行くとなった時に一斉に歓迎していたというのはちょっとあれ?って思いました。本人にとってはめでたい事と考えているんでしょうが、商店街の人とたまこの考えの乖離は、それまでの強固な信頼関係がちょっとぐらついたものだったかなって思いました。

>私も登場キャラのなかで、かんなが一番気に入ったのですが
ただし、意地悪な言い方すると
斜に構えて、ニヒルな平沢唯みたいなキャラでしたね

それは、まさにその通りだと思いますよ(笑)そして、そういう「あざとさ」を持っているからこそ、逆に好かれるというのもあったと思います。たまこはそれまでの京アニのキャラを持ち上げる日常系で、一番あざとさが足りない作品だったと思っているんですよね。極端なのもアレですが、そういう2次元的な要素も、アニメという2次元のジャンルなら重要かなって思ったところです。中二病は全く逆でしたからね(汗)

>あとは、藤原啓治さんのユーティリティーさとしっくり感
無名に近い人がメインを張ったなかで
啓治さんの親父が出てくると、引き締まったように感じました。

脇が強固でしたよね。当時あまり有名ではない声優をメインに据えるというのは京アニの一つのスタイルでもありますけど、脇がしっかりしてることでさらに作品として引き締めていますよね。

>厚かましい話ですが、しろくろさんによる
2013プロ野球評やWBC総評、このへんも拝読したいものです
お時間のある時、お願いできれば・・・。

すいません書く書く詐欺をしてしまって(汗)WBCは少し時期を過ったんですが、時間に余裕がある時にでもプロ野球記事はあげたいなと思っていますのでまたよろしくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たまこまーけっと 第12話(終) 今年もまた暮れてった 感想

このアニメらしい終わり方をしましたね(笑) シリアスに行くかと思いきや、やっぱりそんなことはなく。 たまこまーけっとらしく最後まで突っ切ったかなと思います。 しかしやっぱり

たまこまーけっと 最終回

折角、スタンプを貯めてもらった金メダルを失くして泣いていたたまこ(CV:洲崎綾)にメダルを差し出してくれたのは、南の国の王子・メチャ(CV:下野紘)でした。 ちゃんとSPも2人連

『たまこまーけっと』#12「今年もまた暮れてった」(最終回)

「ここは良いところであるな。ずーっとこのあたりが温かかった」 お前もいい奴だったよ、デラ! 最終回は王子が迎えにやってきた!? この知らせに商店街は浮き足立つけど、たま

たまこまーけっと 第1話 ~  第12話 今年もまた暮れてった 最終回

たまこまーけっと 第1話 ~  第12話 今年もまた暮れてった 最終回 北白川たまこの自宅に人の言葉を放す、高飛車な鳥がやってくるのだが、 アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気

たまこまーけっと 12話(最終話)

たまこにとって一番大切なのは商店街の人なのかもしれませんね。 商店街自体が好きだというのは当然ですが、それ以上に商店街の人々との 思い出を大事にしているような気がしまし

「たまこまーけっと」最終話

そして、初詣へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303280000/ TVアニメーション「たまこまーけっと」オープニングテーマ ドラマチックマーケットライド...

12話終「今年もまた暮れてった」感想

 デラが王子に知らない鳥扱いされるのと、たまこたちと別れたつもりが、ダンボール箱の中で眠ってしまうのが可笑しかったです。

たまこまーけっと 第12話 「今年もまた暮れてった」 感想

優しさは心で見るもの―

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」(最終回)

まったりと終わりましたね-(^^) 王子終始ジェントルマンだったなあ。 さすが要人、SPついてましたね。 名前からしてたまこお妃エンドはないなと思いましたがww たまちゃん子ども

たまこまーけっと〜第12話感想〜

「今年もまた暮れてった」 商店街に現れた王子はデラ、チョイと久々の再会を果たす。 そして、王子はたまこの家へ。 メチャ・モチマッヅイだと名前を紹介する。 王子

たまこまーけっと 第12話 【今年もまた暮れてった】 感想+総評

「デラ! 随分と丸くなったんだね!」 丸くなったデラを見て気が付かない王子……あれ? そんなに変化無いような気がしたんですけどね(笑) ところで、王子の後ろにSPがついていた

たまこまーけっと 第12話 「今年もまた暮れてった」(最終回)

「なんて言うか、その・・・」 お断りたまこの表情変化と恥じらいが可愛い! ということで最後の王子関連の物語のオチは予想通りというか予想よりももっと軽かったというかwなん

たまこまーけっと 第12話(最終話)

「今年もまた暮れてった」 ここでよかったって、ここに生まれて育って      …だから 私

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」

たまこまーけっとの最終話を見ました。 第12話 今年もまた暮れてった 「そこに落ちていましたよ」 メダルを失くしたと落ち込むたまこにメダルを差し出したメチャの姿に商店

たまこまーけっと 第12話(終)

関連リンク公式HPWikiPage第12話 今年もまた暮れてったラストで王子登場さてどういう結末を迎えるのか王子が現れたことで商店街は歓迎ムードしかし周りの盛り上がりとは別にたまこはな...

たまこまーけっと最終回第12話『お后候補とかっこいいデラ・モチマッヅィ!!』感想

チョイ「王子こちらが、おじじさまとおととさまです。」ついにイケメン王子が襲来!!しかし嫁にはやらん。きっと南国の貞操観念が出会って5秒で合体かもしれない。「メチャ・モチ...

たまこまーけっとは日常が非日常を取り込む物語~京都アニメーションが目指すもの~

はじめに 結論からいうと、最終回を見て思ったのは たまこまーけっとは、日常が非日常を取り込んだ話である。 この日常とは、たまことたまこの関係者全て、うさぎ山商店街であり ...

たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年もまた暮れてった」 感想

最後までたまこまーけっとでした。 終わってしまいました。 最後は無難に締めた感じでしたね。 毎回ほっこりする良いアニメだったと思います。

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」

「楽しかった、娘たちには何も言わずに出て行こう  女を泣かすのは私のポリシーに合わんのだ  世話になったな」 商店街にやって来た王子! お妃様問題も解決しデラとの別れの時…...

たまこまーけっと #12 最終回

『今年もまた暮れてった』

たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年もまた暮れてった」あらすじ感想

今回でたまこまーけっと最終回。遂に商店街に現れた王子。たまこはどう返事をするんでしょうか…?たまこまーけっとらしい、ほんわかな気持ちになれる、良い最終回でした。も...

たまこまーけっと #12 「今年もまた暮れてった」

それでもまた、町は廻っていく  どうも、管理人です。まだ体調が良くならない中で少し無理して強行したら、これまた微妙な体調に見舞われてたなどと。とりあえず、今日明日は早

たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年もまた暮れてった」

脚本:吉田玲子 / 絵コンテ:石原立也・山田尚子 / 演出:石原立也 / 作画監

変わらずにそこにある景色【アニメ たまこまーけっと #12】

たまこまーけっと (1) [Blu-ray](2013/03/20)洲崎綾、金子有希 他商品詳細を見る アニメ たまこまーけっと 第12話(最終話) 今年もまた暮れてった そして、何事もなく今年も終わり 新し...

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」

たまこが失くしたメダルを拾ってくれたのは、デラの国のメチャ王子! 噂の王子の登場に盛り上がる商店街は、どこも臨時休業。 その光景に、たまこ動揺する… 過去の思い出を思い

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」 感想

面白かったことは面白かったけど、オチ的に何にもない最終回でした・・・ 最終回なのにのんびりムードな商店街 部下に微妙なお付の双子のおじさんを引き連れての王子来日 王子の

たまこまーけっと 12話 たまこの気持ち

たまこまーけっと最終回!12話を見ましたよっ! いやー!良かったですねー!! ほっぺたむにむに 六花ちゃんな!! たまこまのラストを見届けしみ

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」

アメリカじゃ「クリスマスの七面鳥をチキンで代用するのってなんなの?」って考えてるそうですね そういう事はまずカーネルのおじさんに言ってくんな、カーネルと言っても南斗無音

たまこまーけっと 第12話 「今年もまた暮れてった」

たまこまーけっと 第12話 「今年もまた暮れてった」です。 いよいよ冬のアニメも

たまこまーけっと #12

【今年もまた暮れてった】 たまこまーけっと (3) [Blu-ray]出演:洲崎綾ポニーキャニオン(2013-05-15)販売元:Amazon.co.jp 最終回ですね(ノ◇≦) 

アニメ感想 13/03/27(水) たまこまーけっと #12(終)

たまこまーけっと 第12話『今年もまた暮れてった』(終)今回は・・・たまこはお妃になってしまうのでしょうか?まぁ、結果から言って、なにもありませんでした。特にシリアスな ...

たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年...

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」「ここに生まれて、育って・・・だから私ーー」京アニ発信の癒し系アニメも最終回☆公式HPよりなくしたかと思われたメダルをた...

たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年もまた暮れてった」

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」 「ここに生まれて、育って・・・だから私ーー」 京アニ発信の癒し系アニメも最終回☆ 公式HPより なくしたかと思わ...

たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年もまた暮れてった」

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」

たまこまーけっと・第12話

「今年もまた暮れてった」 「そこに落ちていましたよ」 無くしたたまこのメダルを見つけてくれたのは、南の島からわざわざやってきた王子! そのことで、ますます注目の的にな

たまこまーけっと 第12話(最終回) あ...

王子が商店街にやってきたっ(>▽<)結末は旅立ちか、結婚か、!?ほのぼのアニメも最終回♪王子がたまこがなくした金メダルを見つけてくれたよう。大感激のたまこ。王子との再会...

(アニメ感想) たまこまーけっと 第12話 「今年もまた暮れてった」

投稿者・ピッコロ たまこまーけっと (2) [Blu-ray](2013/04/17)洲崎綾、金子有希 他商品詳細を見る チョイから「あなたが王子のお妃様です」と告げられたたまこ。 突然のことに驚く商店

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」

良いお別れED… だと思ったら やっぱりデラだけ帰らなかったw 2期もあるといいな… たまこまーけっと (1) [Blu-ray]ポニーキャニオン 2013-03-20売り上げランキング : 109Amazonで詳

たまこまーけっと 12話

みどり「たまこ、あんたまさか…」 たまこ「やだな、嫁なんかに行かないよ。 私がみどりちゃんを置いて出てくわけが

たまこまーけっと~最終回今年もまた暮れて...

 高校1年生の北白川たまこは、うさぎ山商店街にある餅屋の娘。 突然訪れるなぞの鳥?第12話、最終回 遠い国から来た王子、かわったわが身が悪いのか、時が何かをかえるのか。...

たまこまーけっと第12話(最終回)『今年もまた暮れてった』の感想レビュー

たまこの回答や如何に?な、嫁入り結果回でした。 作品としては綺麗に落とした感じだと思いますが、スタッフさんが全話通して見せたかったものと視聴者のニーズ的なものはあまり一

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」

どうやって否定の方向で丸く収めるのかと思いつつ見てましたが、チョイが花の香りと見分けがつかなかったのではと王子が指摘してお終い。自分とこのシャーマンの過失ですかそうです...

たまこまーけっと 第12話〈最終回〉「今年もまた暮れてった」感想

「あっ、申し送れました。私名前はメチャ・モチマッヅィと申します」 ついに現われたデラの国の王子『メチャ・モチマッヅィ』。 庶民的な商店街にあらわれた場違いなVIPの登場に、...

たまこまーけっと最終話(ノ)`ω'(ヾ)!!「今年もまた暮れてった」(ノ)・ω・(ヾ)

壁]´Д`*)。むふー 壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ たまこまーけっと (5) [Blu-ray]新品価格 ¥5,238から とある街の「うさぎ山商店街」(ノ)・ω・(ヾ)商店街

◎たまこまーけっと第12話今年もまた暮れて...

->メチャ:落ちていましたよチョ)王子]私も元気だぞ->言葉を話すとりがいるのですね・・・デラ!△)オチチ様とオトトサマです。タマコ様です->親切にしていただいてるそうでタマコ:...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。