スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなみけアニメシリーズについて

みなみけのアニメシリーズについてまとめてみようかなと。

入ったのは4期からの自分ですので。

さて1期から追ってきた方々にとっては久々のアニメシリーズだったみなみけただいまでしたけど、自分は4期からこのみなみけワールドに入っていきました。そして4期を見始めてかなり面白い作品だなと思って1期から3期を全部見てみようと思いました。

結論から言いますと、かなりばらつきがあったなと(笑)あまり優劣みたいなのはつけない方がいいかもしれませんが、自分が巡評価をするなら4期>1期>3期>2期なんですけど、これは結構総意になっているのかな?いつもやっている総合評価をつけるなら、
1期:B
2期:E
3期:C
4期:A

こんな感じかな。1期は限りなくAに近いB、3期は限りなくDに近いCだけどね。

順番に見ていきましょう。1期はそれこそみなみけの原点というべき場所ですからキャラクターというものはここが基準になるはず。それが多分4期から入った自分とは少し違う視点だったところが作風の違和感を生んだと思います。劇画ちっくな顔になる演出にしても文字演出にしても、個人的にはいらないものだったなーと。みなみけを見ていると、本当に淡々としているだけでいいって気持ちになるんですよね。余計な演出とか必要ないなーと。2期が評判悪いのはそこも起因していると思っていますし、1期がBになったのはそんなところです。でも話の内容からしたら普通に面白くて、みなみけというアニメの火付け役になったさすがの1期だなって思いました。

2期ですが、問題のキャラフユキについては、みなみけという作品に一石を投じた問題キャラという位置づけです。それこそみなみけという作品で一番いらないキャラというのは無個性でシリアス雰囲気をつくる男キャラだと思いますが、どっちも当てはまるフユキは本当に真逆の位置にいた存在だなと。全体的な暗さ(モブの黒塗りは特にそれを引き立てていた)もあって、フユキ自体に負のオーラがバリバリ見えていた気分でした。
で、そのフユキがいたからこそこのアニメは急落下したと同時に、このキャラがいたからこそみなみけのテーマが色濃くなったと思います。みなみけの最終回で決まって描かれている南家の家族愛。フユキという基本家族描写がなく南家を羨むような様子。そういう面から、フユキという落ちるキャラが南家の家族愛を引き立てる存在としては十分に機能していたかなって思います。ただあくまでそういう存在は全部見終わって改めて考えて分かるものですから、普通に1話ごと追っていく中ではみなみけの雰囲気をぶち壊す存在として顰蹙を買うのは当然だとは思っています。

3期は良くも悪くも普通な印象。キャラクター性は悪くなかったですけど、今度は話自体があまり洗練されてなかったかなと。オチが弱いって言うとアレですが、全体的に感情の起伏が少ない話が多かったですね。特に盛り上がりはなかったですが、キャラクター性はしっかりしているから普通に楽しめました。それこそ2期が悪い意味でもかなり語れる作品なだけに、3期は非常にコメントに困る内容ではあったと思います(汗)

4期は自分が最初に入ったということもありますが、みなみけという世界を一番堪能できたアニメでした。作画にしても一番安定していたと思いますし、それこそ前作のいいところ取りをした印象。そりゃ面白くなるよなーって感じでした。

キャラクターについては2期でちょっとおかしいなと感じるところがありましがあとは安定していましたね。印象面では内田のアホキャラっていうのは2期から定着しだして、1期は普通に薄幸な印象だけだったなあ。吉野の腹黒イメージにしろキャラクター性っていうのは回を重ねるごとにだんだんと構築されていったということなんでしょうかね。
みなみけを語るうえで一番外せないのは保坂でしょうけど、彼の気持ち悪いには清々しさを感じるからいいですね。春香との将来を描いてそれを実行する行動力とポテンシャルの高さはあるけど、いつもそれが春香の関係ないところで発揮されるという流れが美しかったです(笑)とにかく、保坂はいい奴なんだなっていうのが滲み出ていたなって思います、汗と共に。

舞台としては小学校、中学校、高校とありますが、この3つが絡み合う舞台がまさに南家。それこそあたかも自分の家であるかのように当たり前に誰かがいるような感覚なんですけど、そこから生まれる縦の関係にも面白さがあるのが良かったです。同学年同士の絡みも当然ですが、その垣根を越えての絡みも見ごたえがありましたね。
ちなみに自分が一番好きなくくりはおそらく小学生組。世間的には内田が人気ありそうですが、自分は冬馬だったかな(笑)特にマコちゃんも絡んでの性別関連の話の面白さは群を抜いていたように思っています。マコちゃんはもうかなり心も女の子になっていましたけど、冬馬は見た目男っぽくてもやっぱり女の子だったっていうのがマコちゃんとは違うし、藤岡との絡みとかでの勘違い行動とかは最高でした。まあこれに限らず、みなみけはそれこそアンジャッシュ状態と表される勘違いのし合いに魅力がある作品でした。

OPに関してはm・i・n・e・m・ikeレッツゴー!というフレーズがみなみけのはじまりって印象。それ故2期のOPのシリアスっぷりにはポカーンとせざるを得なかったです(汗)

というわけでざっくりですがみなみけに関しての話題を書きました。ひだまりスケッチにしろこういう系統のアニメはとにかく続いてもらうと嬉しい限りの内容ですね。自分の中で新たな安定して楽しめる枠っていうのが出来たのは嬉しいですし、みなみけにはこれからも注目していきたいって思いました。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

4期は私も同じく最高だと思ってます。しかし、少なからず1期が最高という方がネットには多い印象、けれど作品自体は面白いので長くシリーズとして続けられてき気がします。今回は1期と似せてる所(先生と二宮くん等)で多くの共感が集まっただと思います。

投稿者、無名さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>4期は私も同じく最高だと思ってます。しかし、少なからず1期が最高という方がネットには多い印象、けれど作品自体は面白いので長くシリーズとして続けられてき気がします。

やはりみなみけは1期と4期が双璧みたいですね。2期、3期は共にアスリードが制作しましたけど、そこの制作陣とは合わなかったということなんでしょうか。
ただ、長く続いているのは立派な証拠ですね。

>今回は1期と似せてる所(先生と二宮くん等)で多くの共感が集まっただと思います。

4期から見たので最初に二宮くんを見て1期ネタだと気づきませんでしたけど、1期での二宮くんを見て面白いなーと思いましたね(笑)ああいうシュールな番組は1つみなみけの魅力ですね。

No title

実は私2期の再放送「みんなでゴミ拾い」という2期の中でも陰気度MAXな話を偶然見て、なんとなく視聴を開始しました。
仮に冬木がみなみけ3姉妹と触れ合って何か変わっていくというストーリーだったとしても、みなみけにそんなストーリー展開は不要で、寧ろサザエさん的時間軸こそみなみけだと思っています。
シリアスも不要ですし。
それでも2期もそこそこ楽しめました。
ということで個人的にはA・C・A・S評価。
はるかの胸元描写等深夜視聴者層に寄った作りになったとこには賛否両論あるのではないかと思ってます。

No title

>2期
 一期観た後だから印象がガラッと変わって駄目だったのかなと再放送観たらやっぱり合わなかった(笑)。全体的に雰囲気が強張っていて緩さも薄かった気がしました。
 ただいまはキャラクターの印象がとても濃く感じて視聴後がとても充実した気持ちになりました。後3姉妹が数段可愛く感じた。男連中はいつも通り。

しろさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>仮に冬木がみなみけ3姉妹と触れ合って何か変わっていくというストーリーだったとしても、みなみけにそんなストーリー展開は不要で、寧ろサザエさん的時間軸こそみなみけだと思っています。

その通りですね。しかも結果的にフユキは何も変わっておらず普通に転校していきました。元々その辺を描く予定が無かったのか、それともあまりの人気のなさにスタッフがいじったのか。後者はあってはいけないことだとは思いますけどね。

>はるかの胸元描写等深夜視聴者層に寄った作りになったとこには賛否両論あるのではないかと思ってます。

1話はそれこそエロ面はほとんどなかった気がしますが、2期からだんだんと露骨にはなりましたね。というかアスリード制作の2、3期はかな。自分は一向に構わんッッ!ですけど(笑)

もりそばさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>一期観た後だから印象がガラッと変わって駄目だったのかなと再放送観たらやっぱり合わなかった(笑)。全体的に雰囲気が強張っていて緩さも薄かった気がしました。

そうですね。モブの黒塗りとか、空が暗かったりとかなんかフユキが出ている時は特に全体的に暗い印象がぬぐえませんでしたね。当時酷評された理由はよく分かりましたよ(汗)

>後3姉妹が数段可愛く感じた。男連中はいつも通り。

あーなるほど。作画面の話もありますけど、今回は本当にキャラが立っていたなって思います。男も相変わらずでしたね(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。