スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲S:6話感想

とある科学の超電磁砲Sの感想です。

作り物でもヒトであるのか。

潰す決意を固めた美琴。

以前同様にプロジェクト実行チームだった布束も、最初はシスターズをモルモットとみなしていたけど、実際に彼女に触れてみたことで情が移った。たとえつくられた存在であろうとも、新しいモノ、新しい世界を目の当たりにすることで興味を示したり、感動したりとその好奇心、感受性はむしろより人間より人間らしいのではないかと気づいたみたいです。レベル6をつくるという目先の目標のためにその駒に値するものは容赦なく切り捨てる、それを当たり前という認識でいる連中の方が、よっぽど人間じゃないんじゃないかとね。こういうのは、実際にその場所を離れてみて客観的に見れるようにならないと気付きにくいものだろうしね。
あと思ったのは、こうやってずっと彼女たちを見ていてそうやってみんなほとんど変わらないなって印象を持ったからこそ、その後の個体に個性を入れるようにしていったということなんでしょうかね。そうだとしたらこれからの個体もどんな姿を見せてくれるのか楽しみだったりしますね。殺されるのが確定している番号の子が良い性格だったらゲンナリするけど(汗)

布束がこの実験を妨害するためにマネーカードを路地裏にばらまいたのも一つの抵抗。美琴も彼女の気持ちを察し、また自分の納得できない怒りをついにぶつけにかかるようですね。心配して支えてくれる仲間もいるんですが、その子たちの前でも戸惑いを隠せない重大な案件。みんなが自分を心配してくれているように、自分もみんなに心配かけたくない。レベル5をなめんじゃないわよと、動き出したということでした。
最後のキメのシーンはかっこよかったですね。EDの入り方も良かったし、苦悩しつつも何か吹っ切れた感じも受け取れたので、いよいよ暴れてくれそうです。一方通行相手にはやはりまるで歯が立たなかったということで、そっちで発散はできるんでしょうかね(笑)

その一方通行との戦いですが、同じレベル5同士であると言っても、一方通行の能力は圧倒的でした。相手の攻撃がどんなものであるか見切ってしまえさえすれば好きな方にぶっとばせるわけですから、美琴は自分にとっては強力な攻撃を連発していたけどことごとく無傷で返されてしまっていましたね。レールガンも簡単に跳ね返される…レベル5にも差はあるということですけど、そうであっても天と地ほどの差と言ってしまえるくらい現状はあるようですね。
一方通行の欲しいモノは「絶対的な強さ」みたいですけど、彼の言葉を聞いていると、それによって世界を支配したりだとか、強力な力でいろんな人を痛めつけたりだとかそういう独裁的な感情を持っているわけでは無いように見えますよね。俺の名前を聞いただけに攻撃することがなくなるみたいな話をしていますけど、要はそこまで名前が轟けば相手から近寄ってこないから無益な殺生もしなくてよくなるかもしれないと。実は自分はこういう面がちらつくのが一方通行を好意的に見ている理由なんですけど、まあこれも禁書の部分を知っているからこそのものなので、まあ今のところは超悪党以外の何物でもないかもね(汗)現状はまさに小を捨てて大を取るみたいな考えなのかもしれませんけど、美琴に対して攻撃を止めたのもやっぱりレベル6への拘りと余計な戦闘はしない自身の気持ちというものが垣間見えるのかなって思いました。

しかし妹も一同に会するとシュールですなあ(汗)おそらくミカサネットワークか何かでこうやって駆けつけたということなんでしょうけど、わざわざいろんな個体でリレー発言をするのは確かに気色悪いかもね(汗)あと自身が殺されるということを受け入れてもいるんだなあ。一応一方通行にどう対処しようか考えているわけですから死ぬという目的に抗おうとはしていると思っていたんですけどね。…まああくまで抗うためで、「生きたい!」という気持ちではないということなんでしょうけど。というかそんな感情が表れた個体がいたらそれこそ見るのが嫌ですよ(汗)

というわけで美琴の大元潰しが動き始めたことでいよいよ佳境に入ってきたんでしょうか。一方の殺戮は止められないけど、実験自体は止められるかもしれない。黙って指をくわえて見ているのではなく、心に引っかかる気持ちを存分にぶつけてもらいたいですね。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

一方さんの能力はこの実験でかなり攻撃的な応用が出来るようになりましたがその本質は飽くまで『受けた攻撃(敵意)をそのまま相手に返す』ですからね
性質的には他人に臆病な性格なのでしょう

すでに10000回ちかく繰り返した結果自分でも訳がわからなくなっていますが
人間と人形を分けて考えようとしたり実験の開始も攻撃も妹達からだったり今回の実験の関係者で一番忌避を感じているのは一方さんになのかもしれません


ちなみに妹達はガチにコロしに掛かっています
元々美琴128人分の替わりなんですから無抵抗じゃ実験になりません、というかじゃないと反射でタヒにません
10000人近くの蓄積でそろそろ一方さんもちょっと危なくなる攻撃が混じり始めました
つまり美琴は60回以上コンテニューしないと一方さんに太刀打ちできないわけですね

No title

ぶっちゃけると、実験動物に個性を追加した所で実験にとってはマイナスにしかならないので…
イレギュラーに期待する類の実験ならともかく、2万で達成と明確に答えが出ている以上はね。
布束が実験に残ってイレギュラーを内部から…という方法もあるが、即止められる筈もなし、
実験動物と見れなくなった時点で続けるのはまあ無理でしょう。

最強なんてのは勝負した結果でしかなく、触らぬ神に祟りなし、それこそが無敵。
美琴が折れたのもまさにこれ。勝ち目が有るなら燃え尽きるまでぶっ放すのが御坂美琴。
ただ、人間なら…動物でもか、やっぱり理解しちゃうのよね…絶対的な壁を。
施設破壊に走るのも、心の中で早々に一方通行の迂回を決断した故の回り道。
ここから先は一方通行だw、と撃破されたレベル4が禁書2期に居たねw
理性的で効率的な判断だし、そうと正当化も出来る。が、再戦の選択肢は既に無い。
次に美琴が結論するに至る「再戦」は、知っての通り「戦う」ためのものではない…
で、上条さんが真に恐ろしいのは右手ではなく、その理解を根性で拒絶する所w 化物であるw

でも、そんな無敵を目指す一方通行が、弱点を「得て」無敵の先の最強を求めるのは興味深い。

現状、妹達が抗うのは、それこそが実験目的(一方通行の経験値になる事)だからですな。
ガチで挑む2万を退けてこそで、白旗上げるのは論外、ってか実験動物的にも無意味。
だって、動く限り抗って経験値になるのが使命であり存在目的なのだから。
だから、9982号の最後の行動はイレギュラーであり、一方通行も一瞬期待したかもね。
ただ期待した行動ではなかったので落胆したようだ…
…ここからの50体はゲコ太グッズ禁止令とか出たのだろうかw

> というわけで美琴の大元潰しが動き始めた ことでいよいよ佳境に入ってきたんでしょ うか。

まだようやく序盤が終わったって感じで佳境どころか半分もきてないです。
このペースだと1クールじゃ絶対終わんないんで気をしっかり持って鬱展開に負けないようにしたほうがいいですね(x_x)

御坂妹

御坂妹がもし「生きたい」と言っていたら。

これは禁書の一期でチビ御坂が言ってましたね。
「一方通行は戦う前にいつも私を馬鹿にし、挑発した。それは何故?
と御坂は首を傾げてみる」だったけ?

無意識に御坂妹から「死にたくない」「助けて」という言葉を発して欲しかった。それを聴けば、世界最強の能力者。実験自体を壊そうとしてくれたに違いない。
と、チビ御坂は言ってました。

自分達を実験動物とよび、実験を繰り返すだけの御坂妹は一方通行にとっても気持ち悪いものだったのかもしれません。

……ま、だからこそ、上條さんが光るんですけどww。
上條さんの活躍とそれまでの御坂さんの活躍と、黒子の腐りぐあいにこれからも期待してます。

この実験、内容が20000回の試行錯誤で命狙ってくる敵を退けるってものだったから妹達が被害者ってのもなんか違和感あるんですよね
一方的な無双になってるのは単に弱すぎなだけで妹達だって一方通行を殺す気だったわけで

ぶっちゃけ実験動物レベルで言ったら大差ないっていうか


もしこれが20000人のマトリックスなオッサンVS幼女だった場合でも同じ感想抱くの?っていう(笑)


個人的には美琴も妹達も一方もみんな加害者でみんな被害者ってのが一番しっくり来ると思う

No title

>レベル5にも差はあるということですけど、そうであっても天と地ほどの差と言ってしまえるくらい現状はあるようですね。
科学サイドでこの頃のアクセラレータに対抗できるのは上条当麻、木原数多、学園都市第2位(第7位も可能性あり)ぐらいですからねえ。
魔術サイドではどうなのか今後のお楽しみで(笑)

名無しさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>性質的には他人に臆病な性格なのでしょう

あーそんな印象を自分も受けますね。性格が能力に表れるのかどうかは分かりませんけど、少なくとも積極的な性格には見えませんよね。

>人間と人形を分けて考えようとしたり実験の開始も攻撃も妹達からだったり今回の実験の関係者で一番忌避を感じているのは一方さんになのかもしれません

その辺も彼の本質なんでしょうね。無益な殺生をしいたいわけではない、これしか方法が無いからやっている。オリジナルに手を出そうとしたのも早く終わるかもしれないから。彼も被害者だなって印象はあります。

>元々美琴128人分の替わりなんですから無抵抗じゃ実験になりません、というかじゃないと反射でタヒにません

カウンターマンである一方ですから攻撃が無いと確かに無理ですね(汗)しかしだんだんとシスターも成長していくはずですから128っていうのもだんだん減っていったりはしないんでしょうかね。

よしのさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>ぶっちゃけると、実験動物に個性を追加した所で実験にとってはマイナスにしかならないので…

まあそれはそうなんですけど、やっぱりその辺に目覚めたっていう布束の改心があったのは大きい事なんじゃないかなって思います。マネーカードも言うなれば付け焼刃だと思いますが、一方が消そうとしてる「抗う」という行動が出来ているのかなとも感じました。

>美琴が折れたのもまさにこれ。勝ち目が有るなら燃え尽きるまでぶっ放すのが御坂美琴。
ただ、人間なら…動物でもか、やっぱり理解しちゃうのよね…絶対的な壁を。

美琴の絶望感バリバリの表情を見ていてもそうでしたね。まさに戦意喪失という感じで、言うなればそういうものを全部に広げるのが一方通行なんだなと。
まあ確かに上条さんに関しては片手消し飛んでいても相手を圧倒する根性を持ち合わせていましたから一方通行にとっては一番嫌なタイプでしょうね(笑)

>だって、動く限り抗って経験値になるのが使命であり存在目的なのだから。
だから、9982号の最後の行動はイレギュラーであり、一方通行も一瞬期待したかもね。

あーなるほどです。逃げるという行動が抗うとは違うものですから期待したんですか。結果的には自分に殺されるために対抗してきたわけだからアレでしたけど、寂しい宿命ですなあ。

>…ここからの50体はゲコ太グッズ禁止令とか出たのだろうかw

ネットワーク的には推奨してほしいですけど(笑)

クロスケさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>まだようやく序盤が終わったって感じで佳境どころか半分もきてないです。

ま、まじですか…(汗)半分もきてないんですね…それはこれからさらに大変なことになっていきそうですが、まだまだ楽しめそうという点では期待もしたいと思います。

名無しさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>自分達を実験動物とよび、実験を繰り返すだけの御坂妹は一方通行にとっても気持ち悪いものだったのかもしれません。

そうですよね。負けることは基本的に確定しているなかで、それでも実験のために攻撃をしてくる。自分から死ににいくことを何とも思わない=やっぱり人形という意識で見れたということなんでしょうね。だからこそ一方通行も特に気兼ねなくやれるということかもしれませんが。

>……ま、だからこそ、上條さんが光るんですけどww。
上條さんの活躍とそれまでの御坂さんの活躍と、黒子の腐りぐあいにこれからも期待してます。

上条さんの根性で乗り切り決してあきらめない姿勢は逆に人間味あふれていますからね(汗)全く逆の存在を相手にするわけですからねー。楽しみです。

AlanSmitheeさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>ぶっちゃけ実験動物レベルで言ったら大差ないっていうか

布束も言っていましたけど、モルモットと同じようだってことですからね。
自分も妹自身は被害者って感じはしていません。本人たちは目的として淡々とやっているわけですからね。ただ、その子たちに情が移った人がいれば、その人にとっては被害ですからね。そこが苦しいところだなって思っています。

>個人的には美琴も妹達も一方もみんな加害者でみんな被害者ってのが一番しっくり来ると思う

なるほどです。なので要はこの計画が悪いって結論に行き届きますよね(汗)その辺、美琴はそっちを叩くことに動くのは一番いい方法だと思います。

通りすがった者さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>科学サイドでこの頃のアクセラレータに対抗できるのは上条当麻、木原数多、学園都市第2位(第7位も可能性あり)ぐらいですからねえ。

3人ですか…(汗)2位はまだどういう力か分からないので何とも言えませんが、木原君は今の一方通行なら近づけさせずに勝てちゃう気もするから恐ろしいところです(笑)

>魔術サイドではどうなのか今後のお楽しみで(笑)

彼の能力的に、魔術は解析できるのかっていうのは気になりますね。科学現象を超越した能力には方向変換が可能なのかは気になるところです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とある科学の超電磁砲S 第6話 「あたし…みんなのこと見えてるから」

とある科学の超電磁砲S 第6話 「あたし…みんなのこと見えてるから」 感想

とある科学の超電磁砲<レールガン>S #6「あたし・・・みんなのこと見えてるから」

とある科学の超電磁砲<レールガン>S #6「あたし・・・みんなのこと見えてるから

とある科学の超電磁砲S第6話『御坂美琴VSアクセラレータ!!』感想

「あたし…みんなのこと見えてるから」 「ああぁぁぁあああああ!!」 友達であり妹のクローン御坂9982号が殺されて藪から棒に特攻します! 砂鉄を操ろうと鉄骨を投げても反射には...

「とある科学の超電磁砲S」第6話

アクセラレータ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305180001/ Grow Slowly (TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」エンディングテーマ)(イベント応募券付き...

とある科学の超電磁砲S #6「あたし…みんなのこと見えてるから」感想

目の前で無残に殺されてしまった、さっきまで仲良く話をしていた妹普段の美琴らしくなく我を忘れて逆上をしてしまうしかし今回ばかりは相手が悪く 学園最強と謳われる一方通行初戦...

とある科学の超電磁砲S・第6話

「あたし…みんなのこと見えてるから」 「気持ち悪い」 クローンについてそう言っていた美琴。しかし、実際に目の前で、クローンが殺されたそのとき…… 「いい加減、飽き飽き

とある科学の超電磁砲S 第06話

関連リンク公式HPWikiPage#6 あたし…みんなのこと見えてるからとうとうアクセラレータと対面した美琴レベル5同士の戦いの行方は…御坂妹の惨状を見て暴走する美琴しかしどの攻撃

とある科学の超電磁砲S #6「あたし…み...

「この世界とはこんなにも眩しいものだったのですね。」私はこの計画から手を引いた・・・。「あたし…みんなのこと見えてるから」ミサカ妹を使ったレベル6を生み出す「絶対能力進...

とある科学の超電磁砲S 第6話

とある科学の超電磁砲S 第6話 『あたし…みんなのこと見えてるから』 ≪あらすじ≫ 自分のクローンである“妹達(シスターズ)”を文字通り使い捨てて行われていた「絶対能力進

とある科学の超電磁砲S 6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

「世界とは、こんなにも眩しいものだったのですね」 一方さんマジで強すぎる・・・。 ていうか、無理ゲーすぎやでほんま。 同じレベル5同士なのに、まるで勝てる気がしないよ・・・

とある科学の超電磁砲S 第06話 感想

 とある科学の超電磁砲S  第06話 『あたし…みんなのこと見えてるから』 感想  次のページへ

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」 ノブの逝っちゃってる演技が光ってたなぁ。これぞ初期アクセラレータって感じでした。 さっきまで一緒にいて会話をしていた9982号。...

とある科学の超電磁砲S第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」レビュー・感想

そっか、そっかぁ予定と違うから何かと思えば、おまえ、オリジナルか・・・・?目の前の惨劇に我を忘れて突進した御坂美琴、しかしそれはあまりにも無謀な出来事だった。学園都市 ...

とある科学の超電磁砲S 第6話 「あたし…みんなのこと見えてるから」 感想

水まんじゅうと叫ぶ黒子、一体はどうしたんでしょうね(笑) 美琴が一人で抱え込まないようにと気遣いのできる佐天さん、 いい子ですよね。  とある科学の超電磁砲S 公式サイト...

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし・・・みんなのこと見えてるから」

岡本くんもりにゃも迫真の演技でしたね! 一方さんが圧倒的過ぎてどうしましょ状態。 同じレベル5でも雲泥の差。 美琴のあらゆる攻撃が全く通じませんでした。 回想シーンの9982号

[アニメ]とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

涙を流す素体であるお姉さまの感情が理解出来ないとミサカは淡白に感情のない心情を明らかにします。

とある科学の超電磁砲S #6

【あたし…みんなのこと見えてるから】 とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]出演:佐藤利奈ジェネオン・ユニバーサル(2013-07-24)販売元:Amazon.co.jp 実験終了〜!! 

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…み...

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」「世界とは、こんなにも眩しいものだったのですね」学園都市第1位と3位がこんな場面で遭遇☆「やっぱりうすっ...

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」 「世界とは、こんなにも眩しいものだったのですね」 学園都市第1位と3位がこんな場面で遭遇☆ 「や

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

「あの時から私は、彼女達を造り物とは思えなくなった」 ・アバンは美琴達の回想から。時系列は戻って、前回の最後の場面も。 ・美琴vs一方さん。…だけど、一方さんのベクトル

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし・・・みんなのこと見えて...

これがブチ切れた美琴の全力全開か!? すげぇすげぇ、さすがレベル5!! が・それでも、もやしを一歩も引かすこともできんのかorz とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産

『とある科学の超電磁砲S』#6「あたし…みんなのこと見えてるから」

「人のDNAマップを くだらない実験に使うやつらを見過ごす気もないわ」 もし自分のクローンが目の前に現れたら… 薄気味悪くて目の前から消えて欲しいと答えていた美琴。 だ

とある科学の超電磁砲S 第6話

「見えてるからみんなのことあたし…」 世界とはこんなに眩しいものだったんですね…

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

ミサカ9982号を無慈悲に倒した一方通行。 美琴は激情のままに戦いを挑むが、アクセラレータの力に攻撃が効かない!? 残酷な実験の真相を知って消沈する美琴の前に砥信が現れるが…

とある科学の超電磁砲S 第6話 「あたし…みんなのこと見えてるから」

Grow Slowly (イベント応募券付き)(初回限定アニメ盤)『私を誰だと思ってんの?』 原作:鎌池和馬、冬川基 キャラクターデザイン:灰村キヨタカ 監督:長井龍雪 シリーズ構成:水上清

アニメ感想 13/05/17(金) 百花繚乱 サムライブライド #7、とある科学の超電磁砲S #6

百花繚乱 サムライブライド 第7話『解除不能!』今回も気の修行は続きます。元に戻るにも、やっぱり修行なんですね。修行内容も前とほぼ同じです。そして、兼続の邪魔までも(笑 ...

2013年02クール 新作アニメ とある科学の超電磁砲S 第06話 雑感

[とある科学の超電磁砲S] ブログ村キーワード とある科学の超電磁砲S 第06話 「あたし・・・みんなのこと見えてるから」 #railgun2013 『とある魔術の禁書目録』のヒロインの1人で...

【アニメ】とある科学の超電磁砲S 第06話 「あたし・・・みんなのこと見えてるから」 圧倒的戦力差! 一方通行さん強すぎるw

2000 名無しになるもんっ♪ sage New! 2013/05/17(金) 23:32:45 ID:??? すごい顔だ

アニメ「とある科学の超電磁砲S」 第6話 あたし…みんなのこと見えてるから

とある科学の超電磁砲 PMフィギュア 御坂美琴 全1種 ( レールガン )()不明商品詳細を見る 私を、誰だと思ってるの? 「とある科学の超電磁砲S」第6話のあらすじと感想です。 レベル5。 ...

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし・・・みんなのこと見えてるから」

1位 VS 3位 レベル5同士の戦いが始まる… sister's noise(初回限定盤)TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」オープニングテーマ(2013/05/08)fripSide商品詳細を見る

とある科学の超電磁砲S〜第6話感想〜

「あたし…みんなのこと見えてるから」 クローンがやられ、向かっていく御坂美琴。 攻撃を加えるも相手はまったくの無傷。 美琴に「絶対的な力を手にするため」この実験に...

とある科学の超電磁砲S第6話「あたしみんなのこと見えてるから」感想

「中学生はな・・・ババアなんだ」※本編にこのようなセリフはありません ということで学園都市最強のロリコン能力者と美琴が激突したとある科学の超電磁砲6話の感想です。 ネタ...

とある科学の超電磁砲S 第6話

とある科学の超電磁砲S 第6話 「あたし…みんなのこと見えてるから」 感想です 敵わない相手 そして絶望

とある科学の超電磁砲S 第6話『あたし…みんなのこと見えてるから』 感想

とある科学の超電磁砲S 第6話『あたし…みんなのこと見えてるから』の感想です。 同じレベル5でここまで力の差があるのか…どんどん追い込まれていくな… (以降ネタバレ注意)

とある科学の超電磁砲S 第6話 【あたし…みんなのこと見えてるから】 感想

クローンが現れたら消えてほしい。 実際にそうなっちゃいましたね(´Д`lll) とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray](2013/07/24)佐藤利奈、新井里美 他商品詳細を見る

【アニメ】とある科学の超電磁砲S 感想 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

遂に計画を知ってしまった美琴は、悲劇の場面に立ち会います。 あまりに無惨い仕打ちに我を忘れた美琴は、アクセラレータに突っ込んで行きますが・・・。 ということで、風雲急を...

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし・・・みんなのこと見えてるから」感想

「絶対的な力?無敵?」 「そんな、そんな事でアンタは・・・ぐっ」 「そんな物の為に・・・あの子を殺したのかぁー!!」 美琴のクローンである「ミサカ」を2万回殺害する実験が...

とある科学の超電磁砲S 第6話「あたし…みんなのこと見えてるから」 感想

闇は深く、そして絶望的・・・。 痺れました・・・。 原作を知っているにもかかわらず、 ここまでドキドキさせられるとは。 スタッフの方々には本当に頭が下がります。

とある科学の超電磁砲S 第6話 あたし…みんなのこと見えてるから

黒子にもし自分のクローンが現れたらと聞かれた時は、薄気味悪くて消えてくれと思ってしまうと答えた美琴。 しかし、実際そうなると、そうは割り切れないようで、戦いへ。 です ...

とある科学の超電磁砲S 6話「あたし…みんなのこと見えてるから」

とある科学の超電磁砲 500ピース With My Friends 500-124(2010/12/11)エンスカイ商品詳細を見る 中止されたはずの計画が続行されていた――『妹達(シスターズ)』を運用した絶対能力者(レベル...

◎とある科学の超電磁砲S第06話『あたし…み...

|アク:本日の実験終了、、あ?|ミサカ:うわあああ!! アク:ああ、すげえすげえ、新ワザか、磁力で砂鉄を操ってるのか どうってことねえがなミサカ:あれを食らってキズ一つおっ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。