スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A:16話感想&総括

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-Aの感想です。

準決勝、決着。

穏乃の支配が最強…!

どうやら彼女の能力は慣れ親しんだに関係しているようで、麻雀の牌の山を支配してしまうようです。それこそ山は牌の引きに影響を与えるし、かつドラとかも影響を与えるわけですから、実質麻雀の全てを支配できるレベルのスケールの大きい話なのではないでしょうか。さすが主人公…とんでもない能力を秘めていたということか…。

その力の前には淡の裏ドラを乗せる能力は完全看破、そして何より単発であれば淡よりも上位である姫子と哩のリザベーションも揺るがす力を秘めているということ。ある意味最強の空間支配を行える力を秘めているということかもしれません。また、彼女の野性的な部分がを働かせているのか、一見ゴミ手に見える和了が後に実は有利に持ち込めるようになるという直感があたるというものもあるようです。この辺は能力というよりも単純な自身の打ち方ということなんでしょうけど、こういう調整が最終的に適うのであれば、穏乃は大将向きと言ってもいいのかなって感じましたね。

というわけで最後は淡に和了されたものの予定していた裏ドラは乗らずに阿知賀1位通過決定となりました。敗退したのは千里山と新道寺。竜華はようやくその能力を発揮したんですが、相手が悪かったというところでしょうか(汗)相手のが見えていた感じでしたけど、戦況をひっくり返すような能力ではなく、周りを冷静に見れる感じなんでしょうかね。いずれにせよ、千里山の面々は「眼」に関しての何か能力を持つ傾向にあるんでしょうか。それこそフナQのあの傾向を見抜く力も眼に関する能力なんじゃないかって疑うくらいにね(笑)
姫子はリザベーションの番しか見せ場はありませんでしたけど、淡を脅かしたりと善戦でした。まあ何に驚いたかって煌と優希にかなり親交があったということなんですけど、これって前にも説明されてたっけなあ…。まあ、とりあえずすばらとタコスというそれぞれに強固な個性がある組み合わせですから何か波長とか合いそうですね(笑)

あと今回は何かにつけて「プロ」という言葉がよく出ていたように思いますが、淡たちの力でもプロは看破できそうみたいなことを言っているので、それこそプロってどれほどなんだよって思いますよね(汗)常人ではとてもついていけない世界なんでしょうけど、でも世界観的にはそこにいる人たちは結構多いんだろうなあ。国民的競技なわけですからね。
そしてレジェンド赤土さんはプロを目指す決意。もちろんみんなを見届けてから。自分がかつて敗北したところで自分が見てきた生徒たちが勝ちを持ってきてくれた。まさに自分が再び立たなくてどうすると、大きなモチベーションに繋げてくれたということですよね。押される形で自身も大きな舞台を踏み出そうとしている、まさに全員で前を進む阿知賀、大躍進でした。

さてこの続きは全国編の方ですかね。いよいよ清澄の魔王も降臨しそうですし、全てが繋がっていきそうです。照と咲の勝負は見られるのか、またそこに穏乃はどう入っていくのか気になりますね。

というわけで、咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A、完結です。


<総評>

咲のスピンオフということでしたけど、咲と同じように人物描写は回想を入れつつ丁寧に行い、かつ能力バトル的にもかなり盛り上げてくれたかなって思っています。咲のキャラクターに結構愛着があった身としては、そのキャラクターたちが登場してくれるとそれだけでテンションがあがりましたし、その流れの中で阿知賀編で登場していくキャラクターも気に入っていきましたね。途中これでもかってくらい千里山にフォーカスされた時期もあり、怜についてかなり詳しくやりましたけど、その辺も咲の魅力なのかなとは思っています。主人公チームだけを応援するだけではなく、他の学校のチームも十分描写することで、その戦いに関して見所がそれぞれに生まれるわけですから、全体的に感情移入しやすく、幅広いキャラクター性を感じることができるのかなと思っています。王者白糸台、千里山、主人公阿知賀に囲まれた中での新道寺だって、すばらっ!で圧倒的にインパクトを残した花田さんを始め、リザベーションもそうですが見所がそれぞれに光っていましたよね。結果的には勝ち負けですから活躍できる人とそうでない人が出来てしまうのは仕方ない事なんですけど、それ以上に目立った場面が随所に見られたのは良かったです。…まあ、多少の個人差は仕方ないですが(汗)

ストーリー面ではやはりそれぞれのキャラの能力というものが見ていて一番気になるものでしたね。それぞれの個性がそのまま出るものですから、キャラクターを見るうえでも能力って結構大事になってるんですよね。打ち方を見て能力を考察して先を読んだりしたり、またキャラクターを探っていくというのが咲を楽しむ要素に自分はなっているなって思っています。またその能力がどう試合の中で無双されたり、無駄に大味な演出を使ったりとかする場面もあり、そういう面が真面目にギャグをやるということで、いわゆるシリアスな笑いを誘ってくれるのもいい感じです。それこそテニプリを彷彿とさせるようなトンデモ展開を楽しむものということで、面白さを確立しているなって思います。あと穿いてないのも。

まあ丁寧すぎるっていうのもあり展開が遅いというのありましたけど、これも咲の特徴でもあるし、キャラに愛着もある分自分はいいかなって思っています。それこそ無駄なことをして引っ張るって感じではないと思うので、その辺のバランスの問題なのかなと。

そのキャラですけど、阿知賀のメンバーは案外強烈な個性を持ったキャラはいませんでしたよね。それこそ顧問のレジェンドさんが一番あるかもしれませんけど、能力的にもようやく穏乃が本領発揮してきたところですし、ドラ集めの瞬間火力と暖かいモノ集めの安定感という戦い方は他のキャラのすごい演出よりは控え目でしたね。…まあ玄はドラゴンをバックにしてはいましたけど(笑)
まあその辺の演出の豪華さはだいたい照さんのコークスクリューのせいですけど、能力の大きさを見せるうえでは飛び抜けていたし、絶望を与えさせる雰囲気はよく出ていたかなと思います。必死で抵抗する怜も上手く描かれていましたし、燃える構成ではあるなって思いました。見せる時はとことん見せる、そういうのが咲は徹底されているなって思っています。

音楽はOP、ED共に好きですが、EDはシリアスじゃない方が好きだったかな。

「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」
高鴨穏乃:悠木碧
新子憧:東山奈央
松実玄:花澤香菜
松実宥:MAKO
鷺森灼:内山夕実
赤土晴絵:進藤尚美
宮永照:中原麻衣
弘世菫:斎賀みつき
大星淡:斎藤千和
渋谷尭深:豊口めぐみ
亦野誠子:清水香里
園城寺怜:小倉唯
清水谷竜華:石原夏織
江口セーラ:能登有沙
二条泉:松永真穂
船久保浩子:manami→三澤紗千香
花田煌:新井里美
安河内美子:高本めぐみ
江崎仁美:巽悠衣子
白水哩:鹿野優以
鶴田姫子:大亀あすか
小鍛治健夜:後藤沙緒里
福与恒子:野中藍
原村和:小清水亜美
宮永咲:植田佳奈

OP1「MIRACLE RUSH」
OP2「TSU・BA・SA」
ED1「SquarePanicSerenade」
ED2「Futuristic Player」


総合評価:A

面白かったです。咲の世界観はいろんな意味で好きなので、今回このスピンオフでさらに深められたかなって思います。まだまだ先は続くということで、追っていきたいなって思える展開ですよね。

本編に戻ればまた咲たちが主役になるんですけど、その中で今度は阿知賀で出てきたメンバーが出てくるたびにテンションが上がるという以前とは逆の現象も起こるわけですし、そうやって相乗効果で楽しめていければいいかなって思います。広がっていくのは、やっぱりいいですよね。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。声優陣を見ても盛りだくさんで豪華でした。

それではこれで感想を終わらせていただきます。おかげで最後まで完走することができましたので、感謝感謝です。多くのコメント、拍手をありがとうございました。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

高東原中学

ゆーきとすばら先輩の中学時代の話は、アニメじゃ出てきてませんからね。
増刊号に発表され、単行本に収録されてます。

No title

という訳で、バカx2がレズx2を下したという一戦でしたとさw

最終局が全てを表しているというか、ぶっちゃけレズx2の敗因…とまでは言わないが、
あわあわの無茶苦茶だが貫き通した1位への執念の差が、辛うじて2位を引き寄せたというw
2位に妥協して姫子からロンしてたら、アレ?裏無いと千里山に届かなくね?という惨劇(笑撃)がw
勿論、結果論ではあるのだが、小林立的には貪欲に勝利を求めてこその結果なのだろねーと。
衣が負けたのも、勝ちよりも大切なモノを欲したからではなかったか?

そう、勝利をつかむ意思、言うなればそれは「王者の打ち筋」であるw
なお打ち筋だけでは駄目な模様…いやいや個人戦奈良代表として無双する可能性が微レ存w

・阿知賀
するするっといつの間にかトップ奪う辺り、ステルス特訓が効いたのかも知れんw
何だかんだで皆が全力出した。玄ちゃーはもう一度変身残している筈なのでがむばれw
アンチ魔物の穏乃は言うに及ばず、何気に宥姉と憧がド安定&布陣的に潰されにくいポジなのが強力。
そして準決勝ブースト使い切った灼の運命や如何にw
流石に優勝見届けてからってのは単なる発破だよね、レジェンドw

・白糸台
ぶっちゃけSS菫さん(CCさくらっぽいw)が受けに回ったのが苦戦の理由だと信じて疑わないw
攻撃特化なんだから、研究とか余計な事は考えずに蹂躙あるのみだろ…西住流に入門すべきw
実はポンコツ属性持ちなのではと疑っている…ポンコツクール萌えw てるてるは天然クールかw
たかみーとフィッシャーは元々早回し要員なので戦略は間違ってない。
あわあわは次の卓には魔王も居るだろうが頑張って100回倒せw キミなら出来んこともない。
…フィッシャーにイジメられてさめざめと泣くあわあわは見たかったw
というか、タコスが南場でてるてるに飛ばされない策を練らねば…

・千里山
竜華はまあ…相手が悪すぎた。麻雀させてもらえなかった。
さすがに竜華が不憫すぎると反省したのか、キャプテンっぽいアニメ仕様の救済策がw
泉が2位狙いでどツボったのが大きいが(船Qはマイペースでデータprprしただけと思われるw)、
冷静に…冷静に考えれば戦犯は2位狙いを良しとしなかった怜だったりするw
ただ、エースにあの気概が無ければ全国など取れんわね。セーラと怜は熱血だな。主役か?w
バトルジャンキー黒雪姫に言わせれば「クレバーな撤退など犬に食わせろ!」とw
そういえば途中から船Qの中の人になってたなw

・新道寺
姫子もまあ…相手が悪すぎた。リザべ以外は麻雀させてもらえなかった。
ただまあ、ビビクン!とリザベってお茶の間にガチなのを魅せつけられた分、竜華よりは本望かw
禁断のリザベ全国公開生放送…じゅるりw ちなみに大将戦での稼ぎはTOPだったりw
哩に繋いでリザべ姫子で逃げ切るという戦略上、全員がベストを尽くしてはいたのだが…
何分にも、すばら+扱い的にモブな2人 の火力が致命傷だったと思われる。
後続の火力で勝負と言いつつ、哩の純粋雀力(+レズ力w)に正しく全てがかかっていたという…
北九州最強って括りはつまり、永水に勝つには苦しいって評価だよね?


>こういう調整が最終的に適うのであれば、

なお、単なる凡ミスで終わるケースも多々ある模様w

>まあ何に驚いたかって煌と優希にかなり親交があったということなんですけど、

…援交に見えてしまったのも、何もかんも政治が悪いw

やっさんさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>ゆーきとすばら先輩の中学時代の話は、アニメじゃ出てきてませんからね。
増刊号に発表され、単行本に収録されてます。

あーやっぱりアニメでは描写されていないんですね。番外編ということですか。中学時代はどんな2人だったのかちょっと気になりますけど(笑)

よしのさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>あわあわの無茶苦茶だが貫き通した1位への執念の差が、辛うじて2位を引き寄せたというw
2位に妥協して姫子からロンしてたら、アレ?裏無いと千里山に届かなくね?という惨劇(笑撃)がw

あーそうですよね。決勝に行ければいいっていう考えでは無く、本人のプライドの問題もあって絶対にトップで行くという気持ちが結果的に決勝戦出場を決める行動に繋がったというのはアリですよね。本人も今回の対戦では言う程無双っぷりを発揮できなかったので照さんに比べれば絶望感みたいなのはありませんでしたけど、気持ちの問題として勝っていたというのは実力とはまた違う方面で見せてくれたのかなって思いました。

>アンチ魔物の穏乃は言うに及ばず、何気に宥姉と憧がド安定&布陣的に潰されにくいポジなのが強力。

順番的にもチームの中では比較的実力が上に来ない人が来るポジションで打つ2人ですから、元々安定した麻雀が出来る分影の活躍と言っても差し支えないですよね。特に宥は玄の敵ということもあり発奮していましたし、しっかりフォローが出来るというのはチームの強みですよね。

>ぶっちゃけSS菫さん(CCさくらっぽいw)が受けに回ったのが苦戦の理由だと信じて疑わないw
攻撃特化なんだから、研究とか余計な事は考えずに蹂躙あるのみだろ

まあそうですよね(笑)それこそ攻撃は最大の防御、特長をどんどん前に出していくべきですからもう少しガツガツ感が足りなかったのかなと。その辺淡はそれが出来ていたということでしょうけど。

>竜華はまあ…相手が悪すぎた。麻雀させてもらえなかった。

3人とも強烈な能力を持っているもんだからやっぱり霞んでしまいましたね。今回に限ってはかなり不遇なポジションと言わざるを得ない感じでしたが、一番笑わせてもらったものでもあるのでまあいいかなと(笑)

>哩に繋いでリザべ姫子で逃げ切るという戦略上、全員がベストを尽くしてはいたのだが…
何分にも、すばら+扱い的にモブな2人 の火力が致命傷だったと思われる。

まあやっぱり全体的に安定していないとあくまで終盤は引き離しではなく挽回ということになってしまいますから、難しい事ではありますね。リザべ頼りなのはいいいことだしインパクトも大ですが、いかんせん周りも危険だし、その辺の戦力差が顕著に出た形だったのかなと。
確かに北九州という括りですから、九州全部で強いというわけではないんでしょうな…。

>…援交に見えてしまったのも、何もかんも政治が悪いw

そんなアダルトありえません!(違
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話「軌跡」感想

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話「軌跡」感想   夢の続き、続くキセキ。

咲-Saki- 阿知賀編 #16

【軌跡】 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 9 スペシャルエピソード#15 [Blu-ray]出演:悠木碧ポニーキャニオン(2013-07-17)販売元:Amazon.co.jp 吉野の仙人!?いよいよ決着です〜♪ 

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話「軌跡」

準決勝、決着…そして全国編へ。 淡のダブリー攻勢が大将戦後半を支配するが…。 姫子の満貫キーや、竜華&トキの能力を無効化は出来ない。 しかし淡に親が回りダブルリーチを阻

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話(終)

第16話『軌跡』(終) 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 10 スペシャルエピソード#16 [Blu-ray]今回は・・・ついに本当の最終回です。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話「軌跡」(最終回)

終わってみれば阿知賀が一位通過、穏乃がヒロインの本領発揮。 途中空気状態だったのに、実は点数はあまり削られておらず堅実な打ち回し。 派手さはないけど、勝つべくして勝つと

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16局「軌跡」

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16局「軌跡」で

【アニメ】咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話(終) 「軌跡」 あまり目立たなかったのに阿知賀編が勝ってたw

1694 名無しになるもんっ♪ sage New! 2013/05/25(土) 19:31:12 ID:??? ゆらゆらしとるw

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 16話「軌跡」感想

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 16話「軌跡」

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話 軌跡

淡のダブルリーチを警戒し、阻止するにはその前にチーかポンを入れる事と穏乃、竜華、姫子。 しかし、鳴けずに淡のリーチ。 そのまま和了し、何だまだ和了れるじゃん、さ ...

咲-saki-阿知賀編 episode of side-A 第16局(最終回)「軌跡」

Aブロック準決勝、大将戦。白糸台の大星淡が攻撃モードへと移行して強さを発揮してい
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。