スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠星のガルガンティア:9話感想

翠星のガルガンティアの感想です。

正直空いた口がふさがらない。

ヒディアーズは人間だったと…。

まあ「だった」っていう部分は大きくて、単純に遺伝子レベルで人間とはかけ離れた生物に成り代わったわけですから、定義上は人間では無い生き物であるのは間違いない。でも、だからと言って人道的にヒディアーズを人間では無いと言い切ることも不可能なわけで、レドはこの真実を知ってしまったわけだからもうただの敵とみなすことは出来なくなってしまったでしょうな。それこそそれまで無双しまくっていたわけですから、そりゃもう叫ぶしかないだろうと…(汗)
最後の生き残りを握りつぶすシーンは、まさにレドの人間的心境とチェインバーの機械的な部分が顕著に表れていた場面であり、あそこでレドがやめろと言った分、彼のガルガンティアでの生活が大きな影響にもなっているのかなとも感じられた瞬間でしたよね。

というわけで衝撃の事実、ヒディアーズは人間の進化した姿。正確には強制的に進化せざるを得なかったという感じでしたが、レドが下級生物と蔑んでいた存在が、実は自身らの進化の姿だったというのはそりゃ衝撃的だったでしょうね。…まあレドが中枢に向かうにつれてヒディアーズの子ども群がありましたけど、そこの幼体が人間っぽかったのを見て寒気はしていたんですけどね(汗)

そしてレドたちとヒディアーズの戦いは、まさに宇宙活動が出来るように推進していたイヴォルヴァーと、それに反対していた人間の戦いであったということ。結局、人間対人間でもあったということなんですね。

相変わらず共生という言葉を猛烈に皮肉ってる。

他種生物の共生はまず考えて難しいところがありますけど、そもそもにして起源が同じ人間同士であるにもかかわらず、こうやって敵対してしまっている。共生もへったくれもない。というかヒディアーズ自体は人間から襲ってこないならこっちも仕掛けてこないということは、そういう同胞意識を一応は持ち合わせているということなんでしょうしね。むしろ共生に歩んでいるのはヒディアーズ側と言えてしまうのが何ともですな。
それこそそれまではレドと船団による文化の違い、そして自分の信念で対立を生んでしまっていたけど、今回の場合は自分の信念を揺るがす真実となってしまいました。いくらエイミーたちと分かりあえていこうがこれだけは唯一絶対に曲げなかったもの。自分の中で支えになっていた「正義」が、完全に意味の分からないものに変わってしまった瞬間でしたよね。共生のはずが、ただの一方的な殺戮、要は一番対極にある行動をしていたわけですしね…。

「正義」とは…まあこれはよく語られることではありますけど、今回も非常に微妙な話となってきました。まあ少なくとも言えるのはレドは完全な被害者であり、人類銀河同盟を信じてきたというのにそれが裏切られたようなもの。これからは何を信じていけばいいのか、果たしてそれを探せるだけの精神状態でいられるのか、そしてそこで重要になってくるのがエイミーたちということなんでしょうか。最後もベベルが吹く牙の笛は元人間の笛という解釈になるわけですから、そこからのエイミーの涙も、真実を知った視聴者側からしたらまたいろんな見方が出来るものだったと思いました。

ということで、今海にいるのは宇宙に出られなかったヒディアーズということで、チェインバーが解析した通り、進化としては宇宙のヒディアーズよりは進んでいないということだったということでした。だからこそ最初はどんどん殺しまくっていたわけですが、まだ事実を知らない段階でのああやって海底に危険を察知しながら進んでいく様子の緊張感というものも素晴らしかったですね。まあ負けることはないということなんですけど、未知の領域に足を踏み入れていくドキドキワクワクな感じがかなりあったと思いますし、面白かったですね。レドの攻撃はエネルギーをかなり消費するビームと槍攻撃を使い分けていましたけど、ビームは論外としても槍でも十分な威力でしたなあ(笑)まあそこだけなら爽快ではありましたけど、途中から別の笑いが起きてきたということでした(汗)

…まあ、別にネタとしては決して邪道ではないと思うんですよ。ただなんていうか、他の彼の作品でも思うんですがそれを見せてくるタイミングや実際の見せ方、またそれに対するキャラクターの反応などが絶妙すぎてやっぱりくるものがあるんですよね。アニメスタッフ全体が、この話にかけて落とし込んできたなっていうのがとても伝わる重要回だったなって思いました。

…全く本当に気がめいる脚本をやらせたら右に出るものが居ないのが虚淵氏なんでしょうか(汗)それこそメインキャラは生かしておく中でのこのような真実。前の某作品とはまた違う方向でのテンションダウンっぷりですわ。
巷では白淵とか言われていたようなんですが、元々それを白(々しい虚)淵と解釈していた自分にとってはようやくかという展開。しかしその内容的にはやはりダメージを残してくれるものでしたね。次回はどうなるのかなあ…。いろいろと辛いですな。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

evolver(進化する者)
hideous(ひどく醜い; 見るも恐ろしい,ぞっとする)(いまわしい,憎むべき)
敵戦力の名前も細かく考えて設定されてたんですね
1話を見返してみましたが銀河同盟の紋章が人体図のアレみたいな絵なのもヒディアーズに対する皮肉なんでしょうね
自分たちは絶対に人間の体を捨てないぞ!てきな? チェインバーたち量産型戦闘機が人型なのも同じ理由なんでしょうかね

功績者だけが住めるアヴァロンには4億7千万人住んでるとか言ってたので、居住権取得前のレドたち一般兵が数千万~1億ちょい居るとしても同盟側の総数はせいぜい6億人程度
映像資料で宇宙移民は限られた人数しか連れてけない言ってたので全人類60億と仮定すると1/10の特権階級側の人しか連れていけない感じだったのかな

んで、除外された人たちは宇宙でも単体生存できる人体改造のほうに群がったと
まぁ言い出しっぺのエヴォルバー幹部たちは単にマッドサイエンティストとして暴走しただけなんでしょうけど
宇宙のどこにも適応できそうな体になったのに近隣宇宙で満足せずに「進化反対派が外宇宙へワープする装置を作ってるからそれを奪って外宇宙を我々の庭にするぞ!」とかどう見ても侵略エイリアンみたいな演説してるあたり狂気がどんどん激化してますよね

あの演説してたのがリーダーなのかな?完成形ヒディアーズが寿命何百年あるのか知りませんが、今でも宇宙で幹部として戦争を指揮してたりするのかな
ってか宇宙怪物化が進む上で知性が退化したようにも見えますが…
1話で通常進化個体とは思えない巨大な花型ヒディアーズ?というか要塞?みたいなのが巣にあったけどあれが化学的人工進化やら生体改造やらで創りだしたものなら幹部勢は知性は高いままってことになりますね
体を宇宙用に改造したのだから音声による意思疎通は捨てて電磁波とかテレパシー的な手段をとってるのかな

しかし結果的には地球に残った穏健派?と思われる両勢力の末裔のほうが(宇宙と比べると)平和で共存的な生活をしてるというのは皮肉なものですね


全然関係ないですが今回の話みてて「そうか!ジョジョのカーズ様はイカ型に変身すれば考えるのをやめずに済んだんだ!」とか思っちゃいましたw(;´∀`)

神田 結人です!

はじめまして、神田 結人です!
ブログとてもいいですね!

僕もブログやってるんで良かったら遊びに来てくださいね!

黒辻さんは俺の御主人様さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>1話を見返してみましたが銀河同盟の紋章が人体図のアレみたいな絵なのもヒディアーズに対する皮肉なんでしょうね
自分たちは絶対に人間の体を捨てないぞ!てきな? チェインバーたち量産型戦闘機が人型なのも同じ理由なんでしょうかね

そうかもしれませんね。人から進化を望んでいたイヴォルバーですけど、人間であることを捨てたわけですから、銀河同盟側としては非常に気持ち悪い存在とも言えるでしょうし、アンチテーゼとしてそれを紋章で表すというのは大きな意思の出し方ですよね。

>宇宙のどこにも適応できそうな体になったのに近隣宇宙で満足せずに「進化反対派が外宇宙へワープする装置を作ってるからそれを奪って外宇宙を我々の庭にするぞ!」とかどう見ても侵略エイリアンみたいな演説してるあたり狂気がどんどん激化してますよね

ほんとですよね。なんていうか、進化を目指すっていうのはやっぱり「上」の存在になることを目指すってことですからその魂胆には当然侵略だったり支配だったりという気持ちがこの行動を助長させてしまっているんでしょうね。それだけ魅力的に映っていたということですけど、急かしてまでも実行に移すあたりも個人的には胸糞悪い感じがしましたよ(汗)結局は自分たちだけの利権にしようとしていたでしょうし。

>ってか宇宙怪物化が進む上で知性が退化したようにも見えますが…

少なくとも人間と同じような言葉は無くなったようですけど、知性という面ではどうなんでしょうね。戦略的な部分は見せていたのかよく覚えていませんが、指導者側がヒディアーズとはまた別な感じになっていてヒディアーズたちを指揮しているならそれこそ駒にして知性はそいつらは劣らせたって考えられるかもしれませんけどね。

>しかし結果的には地球に残った穏健派?と思われる両勢力の末裔のほうが(宇宙と比べると)平和で共存的な生活をしてるというのは皮肉なものですね

まあそれが「共存」という言葉を知っているか知らないかということなんでしょうな。おおよそそう言う戦争のことが関係ない地上での生活は、自然とその気持ちを生んでいったんでしょうね。

>全然関係ないですが今回の話みてて「そうか!ジョジョのカーズ様はイカ型に変身すれば考えるのをやめずに済んだんだ!」とか思っちゃいましたw

真の究極生物はイカだったか…(ぇー)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」です。 今週は、娘さんの試験に付き合っ

翠星のガルガンティア 9話「深海の秘密」

ヒディアーズ誕生の秘密・・・。 可能性は考えていたけど、そう来たかー。 新世界よりに近いものを感じました。 かつての地球は、高度な文明が発達した今の我々の地球の未来のような...

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 3(2013/10/25)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る やべえww 最初から嫌な予感はしてたんだよ。 誰かが死ぬか、鬱展開は来るだろうなーと前回の終

翠星のガルガンティア 第9話 「深海の秘密」

翠星のガルガンティア 第9話 「深海の秘密」 感想

翠星のガルガンティア 第9話 「深海の秘密」 感想

ヒディアーズの正体が判明! 結局、人類の敵は人類ということですか。 『新世界より』を思い出しましたよ。 衝撃の事実を知ったレドは、これから苦しむでしょうね。  翠星のガ

翠星のガルガンティア 第9話 「深海の秘密」 感想

人は未来に生きる生きもの。

翠星のガルガンティア 第9話 あらすじ感...

明かされた正体。戦いの起源----------!!まさかの展開で、逆に驚いたわ。そうきましたかという感じっすね。ガルガンティア船団を離れて、それぞれが新しい道を歩み出し、新たな展開...

「翠星のガルガンティア」第9話

クジライカの巣へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306030000/ 翠星のガルガンティア(1) (ファミ通文庫)谷村大四郎 虚淵玄(ニトロプラス) エンターブレ

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

翠星のガルガンティアの第9話を見ました。 第9話 深海の秘密 「戦闘状況を開始する!」 レドはガルガンティア船団を離れ、ピニオン達と共にヒディアーズの巣へと向かい、巣

【アニメ】翠星のガルガンティア 第09話「深海の秘密」 イカちゃんの正体が判明! 虚淵ってきたーw

80 名無しになるもんっ♪ sage New! 2013/06/02(日) 22:00:44 ID:??? 戦闘状況を開始する

『翠星のガルガンティア』#9「深海の秘密」

「無限なる宇宙を住処とし、 イボルバーは永遠の反映を手にするのだ」 人類の敵は… ガルガンティア船団を離れ、さっそくお宝探しに乗り出すピニオンたち。 しかしレドはお宝そ

翠星のガルガンティア 9話「深海の秘密」

ヒディアーズの正体・・・ 翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/08/28)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る

翠星のガルガンティア 第9話 『深海の秘密』 遂にヒディアーズの秘密が明らかに!そして衝撃を受けるレド。

ヒディアーズは全滅だ!ピニオンとともに海中の遺跡探索に乗り出したレドとチェインバー。並み居るヒディアーズを物ともせずになぎ倒す。どうやら地球のヒディアーズは宇宙のそれよ...

翠星のガルガンティア 第9話

翠星のガルガンティア 第9話 『深海の秘密』 ≪あらすじ≫ フェアロック前船団長の葬儀を終え、いよいよガルガンティア本船から分離したフランジの船団とピニオンたち。その中に...

翠星のガルガンティア 第9話 深海の秘密

レド達は生きて帰った者がいないと噂の霧の海へ(ピニオンは生還してますが…)。 クジライカも大量に現れ、駆逐していきます。 数の上では圧倒的に不利ですが、地球型ヒ ...

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

いくら弱体化してるとはいえ、 あれだけの数のヒディアーズ相手に無双のチェインバーTUEEEEEE! とか言ってられたのは最初だけw 中々、さすがに、これは引くなぁ・・・

翠星のガルガンティア 第9話 「深海の秘密」 感想

因果応報―

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

「レド少尉は パイロット支援啓発インターフェーズシステム  チェインバーに 機密情報の提示を要求する!」 ヒディアーズとは――… クジライカの巣で見つけた記録媒体に残されて

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

7話の感想で 「私にはヒディアーズもクジライカも人類が科学技術発展の際に何らかの形で生み出してしまった鬼子のように思えますが・・・。」 と書きましたけど、レドが緊急時の軍規...

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

ガルガンティア本船から離れたレドは、ヒディアーズの巣の掃討に向かう。 そこにあると言われる過去の文明の遺産。 レドは銀河同盟がひた隠しに来た過去の秘密を知ることになる。 ...

アニメ 翠星のガルガンティア 第9話 「深海の秘密」 感想

「敵?敵ってなんだ?ヒディアーズは下等生物じゃなかったのか?」深海に眠っていた秘

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」感想

「数の上では圧倒的だな」 「肯定する」 「ただし、戦力的には当機が有利であると推測」 「単独任務の遂行を進言する」 「もとよりそのつもりだ・・・」 ガルガンティアを離れた...

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」感想!

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」 衝撃的な回でした。

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」あらすじ感想

エイミー達と別れ、クジライカ退治に乗り出したレド。レドは無事生還できるのでしょうか…?また今回でクジライカの正体が明らかに。今までガルガンティアはあまり虚淵さんが...

翠星のガルガンティア~第9話「深海の秘密」

 銀河の果てで戦いを繰り広げていた少年兵レドは時空のひずみにのみこまれ、目が覚めると地球に漂着していた。第9話 ピニオンのチームが霧のかかる海域をすすむ。ヒディアーズ(...

翠星のガルガンティア第8話「深海の秘密」感想

どこが白淵だよチクショー ということで衝撃の事実が判明した翠星のガルガンティア9話の感想です。 ネタバレありですのでご注意ください。 9話で明かされた衝撃の事...

翠星のガルガンティア 感想 第9話 「深海の秘密」

グググロい…(冷汗) 他の作品ならばレドが「おええっ」とやってもおかしくない「深海の秘密」 虚淵さんは黒淵さんでも白淵さんでもなく,「グロ淵」さんだったか。 うおおレド...

“雨の日の逢瀬”の利点は…(ハヤテのごとく!とか言の葉の庭(映画)とか)

【聖闘士星矢Ω 第60話】雨垂れ石を穿つ、の巻。強固な防御力を誇る相手に対して一点のみを辛抱強く集中攻撃し、最終的にその防御を打ち破る…というのは、大抵は主人公側が敵側に ...

翠星のガルガンティア 第9話『ヒディアーズの正体とイヴォルヴァー(自発進化推進派)!!』感想

「深海の秘密」 「ここが霧の海。」 生きて帰った人間はいません。 地球型ヒディアーズ(クジライカ)を殲滅するために戦いが始まります。 しかも従来型より120分の1の強さ...

翠星のガルガンティア 第9話

翠星のガルガンティア 第9話 「深海の秘密」 感想です 難しい問題なんですね

翠星のガルガンティア第9話感想。

お……おぉぉ……おぉぉぉぉぉぉ(汗) アニメでここまで暗澹と唸ったの久々だったわ(汗) 以下、ネタバレします。ご注意を。

大きなマゴイはお父さん「翠星のガルガンティア」

本編では説明してないけど、マツモトさん本人だけじゃなく妻と娘も人体実験に志願したという裏話が見てとれます。大きな二匹のイカ夫婦の間を回遊するエレーンちゃんの姿は唱歌「鯉...

『翠星のガルガンティア』 第9話の評判、及び感想と考察

『翠星のガルガンティア』 第9話 「深海の秘密」 を観ました。 今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。 翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 2posted with カエレバ石
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。