スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠星のガルガンティア:11話感想

翠星のガルガンティアの感想です。

レドはどう選択するのか。

あーやはりこういう対立構図になっちゃうかあ…。

レドはクーゲルとピニオンとエイミーの板挟み状態。どれを取るのか、選択の時は来ているようです。チェインバーの説得と同胞であるクーゲルと会えたことで彼に少し余裕というものが感じられてきましたけど、完全に自分の心が決まっているわけではなく、かつ自分がお世話になったところが標的になりかけている。啓蒙活動とか言ってましたけど、これって基本的には言論による導きをすることなんですが、どう見ても実力行使をしていくようにしか見えないのでまあ口だけなんでしょうな(汗)レドはまた思い悩むことになるんだろうなあ。

とりあえずレドはクーゲルの導きで彼の団にいることになりましたけど、以前の彼なら愚直に従っていくと思いますが、ここでレドの感化された部分がどう活かされていくのかというものが見物になってきましたね。
そんなクーゲルの統治する船団ですが、懐かしのラゲージもいたんですけど、怪しい宗教みたいな集団になっていますね。クーゲルがまさに象徴として君臨することで、それを畏怖の存在として崇め、頼りにするという構図が出来上がっているようです。システムとしてはしっかり出来上がっているということでしょうか。
でもやっぱりどことなく気味悪さを感じますね。絶対服従の証を額に刻まれたりとやることもそれっぽいし、ピニオンが事実上の降伏をしたことで彼の船団も取り込まれてしまいました。まあピニオンは技術力を買われているので、その辺から活躍する伏線はありますよね。
そしてラゲージは証が無かった分、彼女も謀反を起こす可能性はあるということでしょうか(笑)というよりも、傘下というより同盟みたいな立ち位置なのかな。

そして気になるのはこれクーゲル生きてるんかなあってこと…。姿を見せないことがむしろ効果的って話はその通りだと思いますけど、そもそもにして姿をもう見せられないって感じにも見えますよね(汗)風土病にやられてるって言っていましたが、それこそずっと中にいては何もできないわけですからもう手遅れな気が…。
しかしこの姿を見せないのが効果的って話は現にレドにも抜群に効いていますよね。というか、彼にはビジョンによって自分を見せていたんですけど、ビジョンは基本的にどうにでもなるし、あたかもクーゲルが直接指示しているかのごとく見せられる最大の方法がこれでしょうからねえ…。レドを取り込むための、大きな意味を持っている方法だったということでしょうか。

ただそれこそストライカーの中は戦争中は絶えず乗っているわけですから、いろいろな生活設備も整っているのかなとも感じるところ。だからこそ別にクーゲルは普通に生きてはいるけどクーゲルはレドより早くこっちの住人に感化されているから、それをストライカーが阻止しているという考え方もできるのかなって思っています。それこそ閉じ込める的なことをしていて、その中で姿を現さないという心理的効果を利用していると…。

まあ今挙げた2つの可能性は、どっちにしろクーゲルではなくストライカーの方がイニシアチブを握っているということになるんですよね。今のこのクーゲル船団は考え方的には完全に銀河同盟なんじゃないかと思うんですけど、そういう銀河同盟からの意識は、機械であるストライカーは絶対に変化することはないでしょうから、その意思が強ければ限りなく似ると思うんですよね。象徴的なものとしては、あくまで予想ではありますが、船団の中にいた白装束の人たち。顔を隠され何やら拘束されているような感じだったんですけど、おそらくあれは使えない人たち。銀河同盟でも有能ではない人は淘汰されるという話がありましたけど、それを体現していたのがあの白装束の件だったんじゃないかなってふと思いました。

そしてこの船団が銀河同盟みたいだっていうのは、まさに銀河同盟側に対する皮肉でもあると思うんですよね。以前のヒディアーズの人間進化の話では、ヒディアーズ側の方が妙に煽動やら思想的なものが語られていて、それこそ信じちゃいけない宗教的なものを感じた部分もありました。しかし、今回の船団はまさに宗教チックなスタイルになっていますけど、そうなると結局そのヒディアーズに対抗していた人間勢力、銀河同盟側も似たようなもんじゃないかっていう話に見えてきちゃうんですよ。あの時はヒディアーズ側と銀河同盟側の2極ですから、双方で正当性を主張し合うということですけど、第三者的な立場で立つと、両方おぞましいというのがひしひしと伝わってきた気がしました。

…長々と妄想を書いて申し訳ないですけど、一つ考えられる見方なのかなと感じました。

さてガルガンティア船団がようやく絡んできて物語は佳境。様々な勢力によるそれぞれの考えが合致しないまま、こじれていくんでしょうか。というか個人的には、もう少しヒディアーズについて詳しく知りたいんだけどね…。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

はじめまして(*^_^*)

美容整形ジャンキー 信原夢果ですよぉ~!

またブログ見に来るので更新頑張ってくださいね(*^_^*)

No title

このアニメみたことないですけど、おもしろいんですかあ?
おしえてくださいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!
ティクビー
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翠星のガルガンティア TokyoMX(6/16)#11

第11話 恐怖の覇王 巨大な船団がフランジの船団に近づいてきた。クーゲル中佐は生きていた。レドの救難信号を受信したが地球の裏側だった。人類銀河同盟に指揮下に戻ると出発するレ...

翠星のガルガンティア 第11話 「恐怖の覇王」 感想

レドがこの地球で見つけた答えは…?

翠星のガルガンティア 11話「恐怖の覇王」

クーゲル中佐との再会。でも・・・ 翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/08/28)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る

翠星のガルガンティア 第11話 「恐怖の覇王」 感想

クーゲル中佐が本当にまだ生きているかどうか怪しいですね。 ストライカーが行動を起こしている気がしますよ。  翠星のガルガンティア 公式サイト TVアニメ 翠星のガルガンテ

翠星のガルガンティア・第11話

「恐怖の覇王」 ピニオンらの前にあらわれた巨大な影。そこには、レドのかつての上司であるクーゲル中佐が……。レドはピニオンらの下を離れ、クーゲルのもとへと向かうのだが…

翠星のガルガンティア 11話「恐怖の覇王」

やっぱクーゲル中佐はマシンキャリバーの武力を統制支配のために使ってたか。。。 まあ、人類銀河同盟の指揮官ともなればそりゃ自然とそうなるよな。 「彼らに戦い方を教え、人類の

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」

翠星のガルガンティアの第11話を見ました。 第11話 恐怖の覇王 友軍機の反応をキャッチしたとチェインバーから言われたレドが反応を探すと、上官のクーゲル中佐の搭乗するス

「翠星のガルガンティア」第11話

フランジ船団、接収… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306170000/ 翠星のガルガンティア(2) (ファミ通文庫)谷村大四郎 虚淵玄(ニトロプラス) エンターブ

【アニメ】翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」 いきいき レド君w 中佐・・・本当に生きてるのか!?

1586 名無しになるもんっ♪ sage New! 2013/06/16(日) 22:01:19 ID:??? 生きてたあああああああああああ

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」です。 今週は、ぼーっとネットラジオ

翠星のガルガンティア 第11話 恐怖の覇王

ガルガンティア船団では、エイミーはいつまでも落ち込んでいられないと、少しは元気が出たよう。 銀河道が霧の海の近くを通るようで、レド達の状況が少しは分かるかもしれない ...

翠星のガルガンティア 感想 第11話 「恐怖の覇王」

ううん…何と書いたもんか…。とりあえずいまは鬱な気分。 「翠星のガルガンティア」は,視聴前や前半の頃に抱いてた作品に対するイメージからすると,ずいぶん「遠くに来ちゃった」...

『翠星のガルガンティア』#11「恐怖の覇王」

「お前がいてくれると助かる。 どうだ、また俺についてきてくれるか?」 レドたちの前に現れたのは、クーゲルが率いる船団!? 向こうにチェインバーのお仲間がいるとは知らず、 ...

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」 感想

「翠星のガルガンティア」第11話の感想です。 啓蒙の矛先はガルガンティアへ。どうするレド。 アニメ公式ホームページはこちら↑

翠星のガルガンティア 第11話

翠星のガルガンティア 第11話 『恐怖の覇王』 ≪あらすじ≫ 「ヒディアーズは文明を否定した存在であり、文明と共に生きる人類とは相容れず、人類の尊厳を守るために戦わなけれ

翠星のガルガンティア 第11話 『恐怖の覇王』 フランジ&ピニオンは三日天下だったか...。そして女海賊ラケージ再登場。

クーゲル中佐と再会出来てレド歓喜。同じ同盟人それも尊敬する上官に会えたんだから当然でしょうね。ガルガンティアで大分くだけてきましたが、根っこはやはり兵士だと。ヒディアー...

翠星のガルガンティア 第11話 『恐怖の覇王』 フランジ&ピニオンは三日天下だったか...。そして女海賊ラケージ再登場。

クーゲル中佐と再会出来てレド歓喜。同じ同盟人それも尊敬する上官に会えたんだから当然でしょうね。ガルガンティアで大分くだけてきましたが、根っこはやはり兵士だと。ヒディアー...

翠星のガルガンティア 第11話 感想

 翠星のガルガンティア  第11話 『恐怖の覇王』 感想  次のページへ

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」

「なぁ レド、俺と一緒にこの星を変えてみないか?」 クーゲル中佐と合流したレド! そして、久し振りなラケージの登場…!    前回すっかり落ち込んで涙を流していたエイミ

アニメ 翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」 感想

「なぁ、レド。俺と一緒にこの星を変えてみないか」ヒディアーズが元人類だと知ってい

翠星のガルガンティア 第11話 「恐怖の覇王」 感想

弱肉強食―

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」感想

突如としてレドの前に姿をあらわしたクーゲル中佐のマシンキャリバー『ストライカー』。 その呼びかけに応じ、クーゲルの船団に合流するレドはそこで人類銀河同盟と同じく厳しい秩

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」

クーゲル中佐との再会に喜んで謎の船団に合流したレド。 船団はクーゲルによって統率された、言わば銀河同盟の縮小版のような組織。 ピニオンたちも取り込むクーゲルの組織。 中佐...

(アニメ感想) 翠星のガルガンティア 第11話 「恐怖の覇王」

投稿者・ピッコロ 翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 2(2013/09/25)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ...

翠星のガルガンティア~第11話「恐怖の覇...

 銀河の果てで戦いを繰り広げていた少年兵レドは時空のひずみにのみこまれ、目が覚めると地球に漂着していた。第11話海上から中佐の姿。中佐は救難信号を拾っていた。レド「レド少...

アニメ「翠星のガルガンティア」 第11話 恐怖の覇王

翠星のガルガンティア(2) (ファミ通文庫)(2013/06/29)谷村大四郎商品詳細を見る ガル、ガン……ティア。 「翠星のガルガンティア」第11話のあらすじと感想です。 活動の対象。 (あらす...

翠星のガルガンティア第11話「恐怖の覇王」感想

ディストピアだなー ということで物語がドンドンきな臭くなっていく翠星のガルガンティア11話の感想です。 ネタバレありですのでご注意ください。 チクショー、虚

ヤンデレ攻略作品?(宇宙戦艦ヤマト2199とかハヤテのごとく!Cutiesとか)

【宇宙戦艦ヤマト2199 第11話】捕虜の扱いと戦端の真実の巻。地球の国家間の戦争なら捕虜の扱いは協定なんかで決まっているんでしょうが、協定を結んでいない異星人捕虜の場合、そ ...

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」あらすじ感想

レドの前?に再び現れたクーゲル中佐。1話で死んだと思われていたクーゲル中佐、一体レドにどんな選択を突きつけてくるんでしょうか…?また話が予想外な方向に動き出してき...

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」

クーゲル中佐は生きていたけど風土病に罹ってて滅菌状態のコクピットから出られない状態の体、だったんですね。なんか見事にミスリードにハマってしまった思いです。ヒディアーズの...

翠星のガルガンティア11話感想。

やっぱSFは2クールほしいよなぁ。 っつか、今週作画どうされたんですか(汗) 以下、ネタバレします。ご注意を。

『翠星のガルガンティア』 第11話の評判、及び感想と考察

『翠星のガルガンティア』 第11話 「恐怖の覇王」を観ました。今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。翠星のガルガンティア Blu-ray BOX
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。