スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年夏アニメプチ感想

今期のアニメについて少し。

ブログではほとんど触れてないしなあ(汗)

さて夏アニメもほとんど3話以上が経過して、本格的に視聴アニメが絞られてきた時期かもしれません。自分も基本的に決まりまして、それはプロフィール欄の通りとなっています。

今期はレギュラー感想は土日のレールガンと物語シリーズのみで、平日は全くと言っていいほどブログをチェック、更新できないなく申し訳ないです。ただしっかりアニメはチェックしていますので、その辺について少し時間が出来たので見ていってみましょうか。

・きんいろモザイク

しのちゃん移り気だなあ…(汗)

いやむしろ金髪に並々ならぬ熱意を持っているから一筋ともいえるのかな?(汗)
まあそんな彼女は金髪フェチみたいなものなので好いてくれているアリスだけではなくカレンになびいたり純粋に突き離すような言葉を発したりとなかなかに厄介な子ですな。本人はあくまで自分に素直に動いているもんだから全く悪気が無いのが余計にたちが悪いところなんですけど、まあそういう掛け合いが面白いアニメではありますよね(笑)気楽に見れるものかな。

・神さまのいない日曜日

結構雰囲気がいいと思うアニメ。

死者の住む場所がメインの舞台なんですけど、景色が非常に綺麗に描かれているのが印象的で、その逆に街並みが妙に荒廃している感じがその落差をしっかり表しているなと。人は死に、逆に自然は生き生きとしている、そんな様子を見せているような全体像を自分はイメージしました。演出も凝っていると思います。
そしてあとはアイちゃんを見て楽しめばいいのかな?(笑)

・ファンタジスタドール

正統に頭おかしい感じが良い。

謎の語句や展開が随所に見えてそのシュールさに思わず笑ってしまうアニメだなと(笑)話としてはかなり王道的だと思うんですけど、どうしてもそうではない部分が気になるんですよね。シュールさを見せた作品が有利な点はオチとかそういうのが多少強引でもそれもシュールな部分だと視聴者に認識させてしまうところだと思うんですけど、今週の改心とかまさにそんなイメージの勝利だったように思います(笑)王道に突き抜けてくれれば、そんな目線で楽しめる作品として行けるんじゃないかなって思います。

・ハイスクールD×D NEW

1期の雰囲気そのままにエロと熱さのバランスがいいね!

NEWと乳をかけてくるあたりこのアニメらしいタイトルとなりましたけど、1期の魅力であったイッセーのエロにかける情熱と仲間にかける情熱がいずれも天元突破しているところが相変わらずで安心しました。アーシアがかなり積極的になっている点エロさにも磨きがかかってきていますし、新キャラも続々登場、シリアスもしっかりやっていますし、楽しめている作品です。狂った松岡君の登場回数も多いので幾分シュールさも増していますけど、そういう敵キャラも面白い分戦闘も楽しみだなって思います。

・有頂天家族

台詞一つ一つが洗練されているなあと…。

普通の生活を見ていてそれで面白いって貴重だなって思いますね。薬師坊がなかなかウザったく描かれていますけど、まあ元々完成されたこのキャラクターたちの人間関係の中での話ですから、完全な性悪として見えないっていう部分が絶妙かなって思います。この系統は積み重ねをしていくってものではなく、すでに積み重ねられている関係を徐々に見せていくというものでしょうから、そういうものをいろいろな描写から繋ぎあわせていくのが面白いかなって思いました。

・ブラッドラッド

ノリ自体は嫌いではないが…。

まだそこまでのめりこめていない作品かなと。あまり言うことが無い作品なんですけど、戦闘はどれくらいあるんでしょうかね。個人的にはそれよりもハイドラベルとスタズがどうなっていくのか気になりますけど、自分は緩い雰囲気を楽しみにしたいなって思っています。

・神のみぞ知るセカイ 女神篇

既存キャラを掘り下げていくのは見物だけど…。

アニメ本編に出てきていなくてもう攻略済みってキャラが結構いるし、しかも今はそちらがメインに動いているもんだからそういう既存キャラで楽しむっていう形態が今は出来ていないって感じです(汗)まあ栞も登場しているし、歩美とかもまた後に絡んでくるんでしょうけど、今回の女神篇というのはこの作品の大きな肝になってくる話のようですね。桂馬が女の子を次々攻略していく様子も痛快でしたけど、その一部が前を覚えているというなかなかにニヤニヤ展開をこうシリアスに繋げてきたっていうのはいろいろとオイシイなって思いました。
あとエルシィは今回はずっとかのんの代わりをやって終わるんだろうか(汗)

・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

オチに良い未来が待っていないのが心苦しいアニメ。

まあ褒め言葉なんですけどね(笑)そんな明らかなフラグを立ててそれでもめげないもこっちを見ていると何とも言えない気持ちになりますね。普段はきょどって何も言えない、しかし思い切って乗り出してみると基本的に墓穴を掘っている。どっちに転んでも不幸しかない状態なんですけど、それもこれも弟にキツく当たっているバチなんだろうか(汗)
もこっちのキャラ的には、普通の青春しているキャラとは違う意味での応援したい気持ちが生まれてくるんですけど、声を当てている橘田さんの演技も素晴らしいなって思います。EDも今期ですごく好きですし、注目作だなって思いました。

・Free!

爽やかさとあざとさが混同するアニメ(汗)

最新話はあざとさが多かったけどね(汗)…まあ自分としては普通に部活アニメとして楽しもうと思っているんですけど、随所にサービスシーンに近いものを感じる部分はありますね。男の裸エプロンはいろんな意味で衝撃的だったなあ。
…というところもありその辺からは爽やかさとは程遠い感じも受けるんですけど、だんだんと部として出来上がっていく様を見ていくのはやっぱり面白いなって思っています。だから自分としては正統派なところは正統派として、そしてあざとさを感じるところはネタとして楽しんでいけたらいいかなって思います(笑)

・銀の匙

食の大切さ、残酷さが分かるなあ。

まあ他の生き物を食べているわけですから、その生産過程は良いものではないですよね(汗)でもそれを頂いているわけだから大事にしなくてはいけないし、そういうものを越えたからこそ食事の良さ、ありがたさが味わえるのかなと。主人公は教科学習は良くできるんですけど、生きる上で大事なものがこの高校には詰まっているんだなって感じる作品だなって思います。自分は卵かけごはんは実は好きではないので食べないんですけど、あのシーンは思わずヨダレが出そうになりました(笑)
これからどう展開していくかは分かりませんけど、そういう食についての話をどんどんやって欲しいなって思いました。

・ダンガンロンパ

こういう雰囲気に自分は一番恐怖を感じる。

周りの人がいつ襲ってくるか分からないっていう緊張感、閉鎖された環境でいつ誰が敵になるか分からないっていう感じは自分は下手なホラーより何倍も怖いなって思っています。かついろいろな校則にのっとってそれを破れば即処刑。正直設定はあまり得意ではないんですけど、怖いもの見たさに視聴している感じです。
そんなこの作品の魅力はやっぱりおしおきなのかなあ。ギミック工夫して面白おかしく処刑するのを魅力っていうのもアレなんですけど、少なくとも推理パートもかなりサクサクだし、ゲームでは大事であろう学級裁判でもズバズバ進んでいくから、アニメ側としては誰が犯人でどうおしおきされて、そして誰が生き残っていくんだろうっていうのが気になる部分ですかね。ネタバレが怖いので下手に検索をかけれないから情報をアニメだけでとりつくしていくのがなかなか大変なんですけど、でも今期で早く次回が見たいアニメ筆頭ではあるかなって思います。

・恋愛ラボ

リコとマキのやりとりを見るだけで満足。

いやー特にマキのキャラの濃さが素晴らしいですね(笑)赤崎さんの新境地だと思っているんですけど、本当に見ているだけで面白い。暴走気味なマキとそれのツッコミ役であるリコが自分の中ではお気に入りすぎてヤバいです。2人とも髪型もちょこちょこっと変える時もありますし、その変化も含めて楽しんでいます。
まあシリアスもあったり他のメンバーもいたりするんですけど、1話が自分の中では衝撃的だったので、未だにこの2人のやり取りが楽しみだったりします。まあでもこれから5人での絡みも増えてきそうですし、サヨはスズが苦手だったりとそういうバランスのよさが見えてきたところで安定してくると思いますね。普通の日常アニメとは少し違うかと思いますけど、ちょっとぶっ飛んだ具合を楽しみたいなって思えるアニメでした。

・サーバント×サービス

平坦ながら安定。

事務仕事メインとなると仕事の面で特に見所が無いのでそれ以外のところで見ていくしかないかと思いますが、各キャラのキャラ付けはさすがWORKING!!と同じ作者なのかなって思います。ファミレスとは違う人付き合いが必要なんですけど、人との絡ませ方、また同僚同士の絡みとしっかりキャラ立ちがしているなって思っています。
てかこれはルーシーの相手、というか恋愛方面に発展するとしたらルーシーと付き合うのはやっぱり長谷部さんなんでしょうかね。長谷部さんは順調にキャラ立ちして、ルーシーは名前だったりおっぱいだったり見かけのネタが多用されていますけど、あまり異性に対しての危機感を持っていない彼女と長谷部さんの組み合わせは面白いのでそこは楽しみにしたいですね。

・戦姫絶唱シンフォギアG

やたら気合いが入っているのは分かる(笑)

いやーもう内容よりも映像面に終始圧倒されっぱなしです。戦闘もそうだし、相変わらずの歌いながらという点やカットイン等、演出面で笑わせてくれる部分は相変わらずでしたね。勢いはまさに今期では圧倒的だと思うし、戦闘面だけではなく最新話のクリスの歌う場面での可愛く描く気合いの入り方まですごく細かかったですよね。やっぱりアニメは映像が凄いと自然と見惚れるっていう代表例な気がします。

・特例措置団体ステラ女学院高等科C3部

女の子が○○をやるの範囲も広くなったもんだ(笑)

まあ今のご時世もうなにをやっても驚かないんですけど、今回はサバゲーを持ってきましたか…。戦車道とかそういうやつよりかは遥かに現実的ではありますけど、壮大なことも難なくできるフィクションの世界であえてままごと的なこと(失礼な表現かもしれないけど)をピックアップするっていうのは、改めていろいろなジャンルがあるなあと妙に感嘆していました(笑)
内容的にもかなり王道にサバゲーをやっていますし、元々銃化していたうぽって!に似た実際の試合での考えられた計画を駆使しての試合はなかなかに見ごたえがありました。まあたまに人外の動きをかましますけど(汗)

・ロウきゅーぶ!SS

今回もあざとさとバスケを両立してくれれば!

まあ幾分あざとさがアップしているように思いますが、それも含めてロウきゅーぶはバスケを魅力としていると思うので、キャラを活かしたバスケ描写も楽しみですよね。1期では日常回の作画面が怪しかったという話もありますけど、今回はむしろそっちを大事しているという気が強く、かなり大事にキャラが描かれているように思います。全体的にパワーアップしていると思うので、面白いしこれからも期待できるなって思います。5年生組も登場して賑やかになってきていますしね。
まあ2期は少しあざとすぎるという気もしていますが…(汗)あとEDのアレはもはや空耳という話ではない(汗)

・空の境界

映画版を流しているだけあってやっぱりクオリティが高いなと。

30分できっちゃうっていうのが勿体ないなって感じますね。一気に見たいって思える作品です。まあだったら映画を見ろって話なんですけど、この作品もじわじわ系かなって思います。最初はかなり理解に困りましたし、設定面を分かってこないとやはりのめり込めないですけど、それが分かってくると入りやすくなりましたね。3、4話の話は自分は好きだったなあ。能登さんもいい演技でした。
これからも2話完結で続いていくのかは分かりませんけど、クオリティの高い話を期待できるかなって思っています。

・BROTHERS CONFLICT

卑怯なアニメだよなあ…(笑)

実にいろんな意味を含んでいるんですけど、もうなんか男キャラの一挙手一投足が笑えてくるんですよね(笑)そして男兄弟ばかりの家族、一番下の子のCVが梶君という謎キャスト、喋るだけで笑えてくるからもうね(汗)そしてこういう作品は自分はあまり見ない傾向にあるんですけど、放送日にも恵まれていて、いろいろとオイシイアニメだなって思っています。もう自分は完全にネタとして楽しんでいるので、これからも何かがおかしいと思えるような展開を楽しみにしています。


というわけで本当にざっくりですがこんな感じです。量は多いですけど、なかなかそれぞれのジャンルに濃い作品が多いと思うので、今まで以上にいろんなアニメを見ているなーって思えるクールかなって思っています。多方面に楽しめるっていうのはいいので、既存作品とともに今クールも楽しいものになればいいかなって思います。進撃も盛り上がってきていますしね。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

お久しぶりです。今の時期は一部どこも忙しいでしょうね。
>きんモザ
 しのちゃんが性別女で良かったです。男だったらいろいろ問題。
>ハイスクールD×D
 イッセーの顧客のおっさんがいい味出してて気になります(きっと重要人物なんだろう)。フリードが楽しそうで何よりですね。もはや代表キャラ。
>有頂天家族
 赤玉先生が面倒臭いけど可愛いです。でも奥座敷落下時とかでの冷静な面も良い。
>ダンガンロンパ
 2話から見たらついつい引き込まれました。原作組の人には尺が足りないと不評の様ですが、週末の楽しみになっています。
>C3部
 最新話で突然ファンタジーな話になってましたが、あの回だけですよね、きっと。時々ある超人的な動きは笑いどころだと考えます。
>ロウきゅーぶ!
 危険な描写を真正面からよくもまあ・・・いや感心してるんですけどね。バスケシーンは変わらず楽しいですね。EDの空耳はタモリ倶楽部に送るレベル(汗)。

夏アニメ

>銀の匙
残酷、だけど面白い。
鋼の錬金術師の作家さんの作品ですが、実家が農家ということでリアルな農業高校の漫画を描いてくれました。非常に面白いと思います。原作も読んでいますがアニメはまた違った面白さがあるのではないかと。
>空の境界
すいません、原作ファンでしかもDVDまでみてるのに毎週みてますm(_ _)m
いや、細部が変わっててそれがまた良いのですよ。小説を読んでないと細かいところが解らないかもしれませんが、それでも面白い作品だと思います。

もりそばさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>しのちゃんが性別女で良かったです。男だったらいろいろ問題。

まあただの変態として処理されますからね(汗)それでネタキャラとして広がる可能性もありますが。

>イッセーの顧客のおっさんがいい味出してて気になります(きっと重要人物なんだろう)。

声優的にもチョイ役の雰囲気ではないですよね。出てくるのであれば味方に回ると思いますが、なんだかとても頼もしそうです。

>2話から見たらついつい引き込まれました。原作組の人には尺が足りないと不評の様ですが、週末の楽しみになっています。

あーやはり尺の問題は言われているんですね。推理モノですからじっくりやるっていうのが大事かと思いますが、いろいろとテンポがとてもいいので、見所はやはり推理とは違う所にいっちゃいますかね。それでも面白いですけど。

>時々ある超人的な動きは笑いどころだと考えます。

自分もそういう解釈です(笑)

>危険な描写を真正面からよくもまあ・・・いや感心してるんですけどね。

いろいろと清々しいですよね。内容的にはあざとくなっていますけど(汗)
まあスタッフもやりどころを1期で掴んだって感じですね。バスケの方も頑張ってくれれば文句はありません。

名無しさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>鋼の錬金術師の作家さんの作品ですが、実家が農家ということでリアルな農業高校の漫画を描いてくれました。

ああ原作者が農家なんですね。実体験を交えて描いてくれるとよりリアル感も増しますし、ある意味彼に合った舞台ということなんですね。農業は食事と密接に関係するものだけあり、その残酷さ、ありがたさがひしひしと伝わりますよね。

>いや、細部が変わっててそれがまた良いのですよ。小説を読んでないと細かいところが解らないかもしれませんが、それでも面白い作品だと思います。

やはり変わっているんですね。さすがに圧縮する分にはカットが必要かと思いますが、自分はそんなに違和感なく見れていますので、その辺の編集は良くできているのかなって思っています。

No title

>銀の匙
荒川先生は鋼錬で大成しましたがこういうタイプの漫画も描けるのだと感心した覚えがあります
アニメの方もなかなか良い出来ですし

>空の境界
ただでさえ初見殺しの作品なのにアニメ放送版ではカットの嵐で更に初見殺しになっていますね
ストーリー的に最も盛り上がり両儀式が唯一本気を出して戦う5章が尺の関係で削られているのも残念です
レンタルやbox等で1章~終章まで見ればとても面白い作品です

名無し様さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>荒川先生は鋼錬で大成しましたがこういうタイプの漫画も描けるのだと感心した覚えがあります

ハガレンがヒットしている分次回作へのハードルも高かったと思いますが、全く違うジャンルでかつ人気作になっていったというのはすごいなって思いました。作者の経験も入っているみたいですしね。

>ただでさえ初見殺しの作品なのにアニメ放送版ではカットの嵐で更に初見殺しになっていますね

確かに初見殺しな感じはあると思います。自分も現に完全に理解しているとは思っていませんしね(汗)
ただ雰囲気にしろ、音楽にしろ、かなり惹きこまれる要素も多いですし、クオリティの高さを感じる作品です。確かに、テレビでやらない話も見てみたいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。