スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<物語>シリーズ セカンドシーズン:5話感想

<物語>シリーズ セカンドシーズンの感想です。

ヒーローは遅れてやってくる。

アララギさんがかっこよすぎる…。

普段は解決編では肉を切らせて骨を断つ戦法(結構一方的ではあるが)で血みどろになりながらも持ち前の生命力で解決に導くアララギさんなんですけど、今回はまさにヒーローという感じで、羽川が敵わない虎を一刺しで葬ると。まさに今までとはイメージが一変する雰囲気でしたね(笑)…まあ羽川補正があるかもしれませんけど(汗)

というわけで今回は猫物語の決着。羽川が虎と戦うことを決意し、そしてブラック羽川にも助けを求めました。しかし虎の力はすさまじく、実際羽川が潜在的に感じているストレスの権化でもあり、羽川本人でもあるというこの怪異。その炎の威力高いようで、まるで羽川の嫉妬の炎を表しているということなんでしょうかね。ブラック羽川でも、さらにブラック羽川から出てきた普段の羽川バージョンになってもその力には敵わず無理とみたいで、体は火傷によってただれてしまい、もはや絶体絶命ってところだったんですけど、そこに登場したのがアララギ君ということでした。結構ボロボロな状態でアララギ君は出てきましたけど、彼も彼なりに何か行動をしていたということなんでしょうね。その辺はまた後に分かることかもしれませんが、とりあえず今回はいい場面で駆けつけてくれたということでした。

そしてそこでようやく本音をさらけ出せた羽川。アララギ君が好きだということを正面から話したというのは、当然勇気がいる行為ではあるけど、普通のことと言えます。しかし羽川にとっては非常に大きなことだったんでしょうね。それこそ今までは全てを受け入れ、自分からあれこれを言わずに、それが結果としてストレスを溜めてしまうという状態になってしまっていたんですけど、自分から言えたというのが何よりの大きなことだったんだろうなと。

…しかしその告白が「結婚を前提に」というものがついてる分、相当大きな溜めこみだったんだとうかがえますな(汗)

結婚したいって思うくらいに好きな相手に、何も言えなかったというストレス、相当大きかったんだろうなというのが告白の台詞から伝わってきますよね。愛が重いと言っても、それほどまでの我慢があったからこそだと思いますからね。

でもそんな羽川の告白を断るアララギさん。彼には好きな人がいるわけですからね。自分からの気持ちを持った羽川でも、これは受け入れなくてはならない事実。でも、それを抑えきれない感情というのが、あのだったということなんでしょう。涙だけで洗い流されることはないと思いますが、普通の告白、普通の失恋を経験出来たというのが、羽川の大きな一歩ということでした。
…いやーしかし、羽川がアララギさんに撫でられているシーンは素晴らしかったね(笑)まさに幸せの瞬間って感じで、ああいう表情もそれまでなかったものだったんだろうなあ。

ということで、羽川も無事「普通」になれたということでしょうか。親にも部屋を要求したりもするようになりましたし、冷え切っていた関係もちょっと改善を見せていくんでしょうかね。

前にも似たようなことを書きましたが、羽川の「何でもは知らないわよ、知ってることだけ」というお決まりの台詞、これってまさに羽川の何でも受け入れる受動的な性格から来ている台詞だと自分は思っているんですよね。だからこそ、これから自分からも動いていける羽川になったのであれば、この台詞は言わなくなるんじゃないのかなって思っているんですよ。まあこれはこの先の話ですから、また羽川が出てきたらちょっと注目してみたいなって思っています。あとその後と言えば羽川は黒染が大変になりそうですね(汗)むしろアバンギャルドに行ってもらっても面白いとは思いましたけど(笑)

猫物語が終わりましたけど、アララギさん以外のキャラが主の視点の話もいいものですね。やっぱり羽川って主人公兼メインヒロインなんだなあっていうのがすごく分かりましたし、彼女の魅力が詰まっていた回だったなって思います。アララギさんはかっこよかったけど、自分の知っている彼と違うので、おそらくいろんなこぼれ話があると睨んでいます。絶対にアララギさんに下心が無いわけがないと思っているので(笑)では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

そこに痺れる憧れる

あららぎさんカッコ良かったですね。とても、幽霊の小学生(真宵)を家に連れ込んだ人と同一人物とは思えないくらい(笑)かれんビーで、あららぎ君から「愛が重い」とまで言われたガハラさんの愛(あららぎ君のオムツを取り替えるくらい)
と、結婚を前提にお付き合いして欲しいと重い告白をした羽川さん。
どっちが本当に重いのか、アンケートをとってみたいくらいです(笑)

猫物語白だけでなくつばさキャットから始まる羽川の一連の物語に対してまず一言
良い最終回でした!

>まあ羽川補正があるかもしれませんけど(汗)

そこは原作者も認めていたりします(笑)
あと怪異に対して一撃必殺なあの妖刀がチートすぎるというのもあるでしょうね
化物語や偽物語では使用できないケースばかりでしたけど
(実は地味に存在自体はするがモンキーで初出です)

>それを抑えきれない感情というのが、あの涙だったということなんでしょう。

失恋のショックも、悲しみも全て切り離さずに受け入れた証拠ですね
以前のような聖人ではなくなってしまってもきっとそれ以上に素晴らしい人物に成長すると思います

>羽川の何でも受け入れる受動的な性格から来ている台詞

なるほど、その発想はなかったです
知ってることだけしか知らないと言いかえるとよりそれっぽくなりますね

>アララギさん以外のキャラが主の視点の話もいいものですね。

まだまだ他のキャラが主人公になる話がありますのでご期待下さい
勿論阿良木さんがちゃんと主人公を務める話もありますよ!

>アララギさんに下心が無いわけがない

鋭い(笑)実はこの事件の後、何良々木さんが帰ってきたのにベッドを借りるのは悪いという羽川に対して
気にしなくて良い、ベッドの下で寝ても良いしむしろ僕がベッドになるから
などと発言する騒動がありました(笑)

名無しさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>あららぎさんカッコ良かったですね。とても、幽霊の小学生(真宵)を家に連れ込んだ人と同一人物とは思えないくらい(笑)

むしろそっちのアララギさんが自分の中での平常運転な彼ですから、その方が安心して見られるというのに今回は一体どうしたんだという感じでした(汗)まあ、ヒロインたちが惚れるのも納得な登場でしたけどね。

>どっちが本当に重いのか、アンケートをとってみたいくらいです(笑)

愛の重さならどっちも引けをとらないですよね。ただ強引という意味で重いのはガハラさんな気がしますが(笑)

リッシーさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>そこは原作者も認めていたりします(笑)
あと怪異に対して一撃必殺なあの妖刀がチートすぎるというのもあるでしょうね
化物語や偽物語では使用できないケースばかりでしたけど
(実は地味に存在自体はするがモンキーで初出です)

ああやっぱり補正もあるんですね(笑)常にきりっとした表情のアララギさんなんて見たことなかった分、逆に新鮮でした。
そしてあの妖刀は本当にヤバいですね。あれがあれば大抵は一発で片が付く…というわけにもいかないのがこの先ありそうな気もしていますけど。

>失恋のショックも、悲しみも全て切り離さずに受け入れた証拠ですね

そうですね。感情を出すって普通のことですけど、それがまともにできなかった分、溜めこんでしまっていたんでしょうけど、それを一切感じさせない人目に憚らない泣きじゃくりっぷりは羽川の本物を見た気分でした。

>まだまだ他のキャラが主人公になる話がありますのでご期待下さい

楽しみにしています。それぞれのヒロイン勢の話を見てみたいですね。

>実はこの事件の後、何良々木さんが帰ってきたのにベッドを借りるのは悪いという羽川に対して
気にしなくて良い、ベッドの下で寝ても良いしむしろ僕がベッドになるから
などと発言する騒動がありました(笑)

それを聞いて安心しました(笑)アララギさんはこうでなくてはいけませんね。

井上 勇です

井上 勇です。
こんにちは。
いつも、ブログを読ませていただいてます。
井上 勇でした。
また、読みに来ます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第5話 『猫物語(白)つばさタイガー 其ノ伍』 阿良々木が来た!そして羽川が告った!!

高い所にマフラーもとい服をなびかせて登場。どうして服がボロボロなのか。何かと戦ってたのか、それとも廃墟で火事に遭ったせいか。後者なら羽川の服もボロボロにならないのが疑問...

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第5話「猫物語(白)つばさタイガー其ノ伍」

第5話「猫物語(白)つばさタイガー其ノ伍」 虎の怪異「苛虎」は羽川が切り離した嫉妬の感情。 自分が生んだ怪異を止めるためにブラック羽川に最初で最後のお願いの手紙をしたため

<物語>シリーズ セカンドシーズン 猫物語(白) 第5話「つばさタイガー 其ノ伍」

「だから、馬鹿なことを訊くなよ、羽川。さっきお前も言ったじゃねーか。どうなろうと、全部お前だよ。変わってもお前だ。」 ・アバンは羽川さんからブラック羽川への手紙。OP...

<物語>シリーズ セカンドシーズン第5話猫物語(白)「つばさタイガー 其ノ伍」レビュー・感想

だから、生まれて初めて誰かに言います助けて、助けてください私を助けてください家族に対して初めて嫉妬を覚えた羽川翼。その嫉妬の炎が次に燃やすものは・・・?そして翼が胸に ...

『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#5「猫物語(白)つばさタイガー其ノ伍」

「私は本物じゃなくって、人物でありたい」 ブラック羽川に、これまでのお礼を兼ねて手紙を書く羽川。 そこには苛虎を生み出すに至った経緯も書かれていたが、 羽川は虎を退治す

【アニメ】〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第05話 「猫物語(白)つばさタイガー 其ノ伍」 ついに阿良々木さんキタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!

4170 名無しになるもんっ♪ sage New! 2013/08/04(日) 00:03:43 ID:??? SHIT!

<物語>シリーズ セカンドシーズン 猫物語(白) 5話 感想

<物語>シリーズ セカンドシーズン 5話 「猫物語(白) 第懇話 つばさタイガー 其ノ伍」 感想 5回と長めだった猫物語(白)も、今回で完結。  

物語シリーズ セカンドシーズン TokyoMX8/03)#05

其の伍 つばさタイガー 伍 公式サイトから巨大な虎の怪異・「荷虎」の正体をつきとめた翼は、一通の長い手紙をしたためる。それはいわば彼女のもうひとつの人格である怪異「ブラ

猫物語(白) #5

【猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍】 猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:神谷浩史アニプレックス(2013-10-23)販売元:Amazon.co.jp 猫物語もクライマッ ...

『<物語>シリーズ 第2シーズン』 第5話 観ました

猫物語・白、終了でした。 やっぱり…恋ってのは片想いでもちゃんと告白してきちんと綺麗すっぱり振られていた方がスッキリするもの…なのかなぁ〜。個人的には叶わなかった片想い

猫物語(白) 5話「つばさタイガー 其ノ伍」

「ただいま」 「父と呼ぶべき人と母と呼ぶべき人、彼と彼女が同じメニューの朝食を食べていたことを」 ここのくだりがちょっと理解出来ていないんですけど、これどういう意味ですか

<物語>シリーズセカンドシーズン 第5話「猫物語(白) つばさタイガー其ノ伍」

虎の怪異「荷虎」との対決を決めた羽川は、ブラック羽川に手紙をしたためる。 最初で最後の助けを求める願いを…。 主人の願いに応え、荷虎と対決するブラック羽川だったが…。

物語シリーズセカンドシーズン「猫物語」~...

 西尾維新による「化物語」シリーズ 「猫物語」は主人公の高校生阿良々木暦(あららぎこよみ)によって救われた羽川翼のその後の物語。 ブラック羽川さんへ。はじめまして、とい...

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第5話

「つばさタイガー其ノ伍」 ブラック羽川さん、本当にこれが最後のお願いです、辛い役目を押し付けるのはこれが最後です 私達ともう一人の妹を助けてあげてください…

艦艇挙動の軽重(シリーズ セカンドシーズンとか宇宙戦艦ヤマト2199とか)

【戦姫絶唱シンフォギアG 第5話】歌対決と敵側の事情の巻。クリスさんのペンダントを狙い、歌対決を挑む敵側装者二人組。シンフォギアシステムは装着者の私物というより半ば組織 ...

物語シリーズ セカンドシーズン 第懇話 簡略感想

 「猫物語(白) つばさタイガー 其ノ伍」

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第5話の評判 、及び感想と考察

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第5話 「つばさタイガー其ノ伍」を観ました。今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。猫物語(白) 第
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。