スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<物語>シリーズ セカンドシーズン:17話感想

<物語>シリーズ セカンドシーズンの感想です。

追われる恐怖。

暗闇に追われる…って、怖いなー。

もちろん具体的に何に追われているのかわかっているのも十分に怖いですけど、暗闇というものに追われるというのは、また違う意味での怖さを感じるところですね。認識うんたらかんたらは理屈としては当たり前のことを言ってるけど、それを説明するとこんがらがるなっていうのがよく分かったシーンだったな(汗)

というわけで今回はどうやら真宵を助けに行くタイムスリップした話に直接の続きの時系列みたいなんですけど、真宵自身は助けて欲しいという気持ちはみじんもなかった模様。とんだ無駄骨だったとからかわれたわけですが、普通の掛け合いが戻ってきたことですし、それはいいことでしょうね。
真宵のバッグがアララギ家にあるということなので10秒で取ってきて蛞蝓真宵を避けようとしたアララギさんでしたけど、そこから登場した謎の暗闇。幽霊である真宵も認識できたそれはヤバいものだとすぐ察知して必死の逃避行。真宵の恰好がアララギに襲われた感じになっていって警察必至な絵面になっていましたが、一応見えない分セーフだったということかな(汗)でも真宵のツインテじゃないバージョンも新鮮でよかったですね。髪縛っている子がそれをほどくとまた違って見えるのはよくあることですが、真宵もまたそれを見せてくれた感じです。…基本そういう髪をほどくっていうのは風呂シーンや風呂上りシーンでよく見る光景だから真宵には無縁だと思っていた分、見れてよかったということにしておこう(笑)

その暗闇から助けてくれたのは余接だったんですけど、「キメ顔」の口癖はそういやもう治っているんでしたよね(汗)ただそこから没個性になることはなく、筋肉フェチという新たな個性を持っていた彼女だったんですけど、それだけではなくアララギさんの唇を奪うという超積極的な行動まですることでかなりの存在感を示していました。…こんなのをガハラさんが知ってしまったらもはや唇ホッチキスでは生ぬるいくらいの仕打ちがありそうなんですけど、それをある意味目の前で見ていた忍の嫉妬っぷりが見ていて面白かったですね。

そしてそこからキスに行くアララギさんがすげえよなあ…。

まさに行動力の塊。真宵に対しても文字通り迷いのないエロ方面の行動力を持っているんですけど、こうやって行動の上乗せで忍を黙らせちゃうんだからやっぱりアララギさんはどんなに変態でもイケメンだと思わせてしまうというか。その前に誰もいなくなった中でゴキブリのような動きと顔で真宵に近づいていった人と同一人物とはとても思えませんでしたね。スカートの中に怪異がいる可能性を真面目に考慮するあたりもさすがといったところ。そうだね、可能性は1%でもあったら試すべきですからね(白目)

そんないろんな方面に絶好調なアララギさんを見ていて面白かった回だったんですけど、話としては今回の暗闇は忍が以前のご主人といた時の話みたいかな。どうやら暗闇は怪異ではないようで、その根源があるということなんでしょうか。得体のしれないものなので難しいところですが、とりあえずかなり時代は前に戻りそうですね。忍に関する重要な話になりそうですし、そんな昔話を楽しもうかなって思います。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

書川康美です。

書川康美です。
また読みに来ます。
書川康美でした。

No title

田中一郎をよろしくおねがいします。

確かに

確かにアララギさんの行動力は凄いですよね。良い方にも悪いほうにも(笑)
つか、幼女には容赦なくセクハラやらキスやらするのに駿河にはエロトークはしても手を出さないというのは彼なりに何かあるのでしょうか?
単純にロリコンな気もしますが(笑)
だがこういうテンションが高いときに何か鬱になる展開になるのは物語シリーズのお約束。
次回があまり鬱になって欲しくないものです。

名無しさん

こんばんわ。コメレス遅れて申し訳ありません(汗)

>つか、幼女には容赦なくセクハラやらキスやらするのに駿河にはエロトークはしても手を出さないというのは彼なりに何かあるのでしょうか?
単純にロリコンな気もしますが(笑)

その解釈で合っているでしょう(笑)彼の心の中には幼女に対して何も理性が働かないんでしょうね。
…まあ真宵は見えないから思う存分できるっていうのもあるかもしれませんけど(汗)駿河とかはガハラさんの目もありますしね。

>だがこういうテンションが高いときに何か鬱になる展開になるのは物語シリーズのお約束。

だいたいアララギさんが大変なことになりますよね(汗)今回は血しぶきをあげずに済むのか見ものです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

物語シリーズ セカンドシーズン TokyoMX10/26)#17

第忍話 しのぶタイム其の壹 公式サイトから忍とのタイムスリップから帰ってきた暦。北白蛇神社から八九寺真宵とともに家に帰り彼女にリュックサックを返す。しかし、その直後に二人は正体不明の『くらやみ』に襲われる。 5世紀を生きた稀代の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレイド。彼女の400年前の話。 タイムスリップから帰って来た暦、リュックサックを探す 八九寺真宵と遭遇。彼女は生...

物語シリーズセカンドシーズン #17 「鬼物語 しのぶタイム 其ノ壹」

ラスボスの事は一旦置いておいてラブリー吸血鬼、忍野忍の過去話となる「鬼物語(AA)」。 「物語シリーズセカンドシーズン」の第17話。 時間軸としては真宵を助けるために過去へ行き、戻ってきた直後。 真宵が暦の家に忘れたリュックを取りに暦と共に阿良々木家に来たところから。 突然、得体の知れない『くらやみ』に追いかけられる暦と真宵。 自転車で逃げながら真宵に抱き付かせていろいろ感...

物語シリーズ セカンドシーズン 第17話 感想

 物語シリーズ セカンドシーズン  第17話 しのぶタイム 其ノ壹 感想      総集編はもうやめて  次のページへ

物語シリーズ鬼物語 17話 『キスショットとキスしよっと。』感想

かわいいマスコットキャラである忍野忍編のスタート。敵の存在は意味がわかりません。あとタイトルのネーミングセンスについては温かい目で見守っていただきたい。

<物語>シリーズ セカンドシーズン「鬼物語」第1話

暗闇… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310270001/ 【送料無料】鬼物語 [ 西尾維新 ]価格:1,365円(税込、送料込)

『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#17「鬼物語しのぶタイム 其ノ壹」

「見えないことを認識できた。 だって、そこには『くらやみ』があったのだから」 アバンでは、忍ことキスショットの400年前の気まぐれを語るといっていたけれど、 合間に出てくる忍野扇(女)のカットが怖いんですけどw 無駄に目立っていたな…。。。 今回のお話「しのぶタイム」の時系列は「まよいキョンシー」のあと、 タイムスリップの目的を果たせず帰還し、 八九寺にリュックサックを返す...

鬼物語 #17

【しのぶタイム 其ノ壹】 鬼物語 第一巻/しのぶタイム(上)(完全生産限定版) [DVD]出演:神谷浩史アニプレックス(2014-04-23)販売元:Amazon.co.jp OPが早くみたいなぁ〜 

物語シリーズ セカンドシーズン 第17話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ壹」

新シリーズ『鬼物語』スタート。 忍ちゃんの過去、400年前の物語?  忍とのタイムスリップから帰ってきた暦。 北白蛇神社から八九寺真宵とともに家に帰り彼女にリュックサックを返す。 しかし、その直後に二人は正体不明の『くらやみ』に襲われる。  

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第17話の感想と考察

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第17話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ壹」を観ました。<ストーリー>忍とのタイムスリップから戻った阿良々木暦は、北白

物語シリーズ セカンドシーズン 第17話 簡略感想

『しのぶタイム 其ノ壹』 うん。傷物語を早く見たいと思う・・

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第17話 『鬼物語しのぶタイム 其ノ壹』 今回はラブ要素強め、そして敵がわけわからん。

ちゅーされた!しかも相手は斧乃木余接という意外すぎる相手。正体不明の怪異?ともつかぬ相手から阿良々木と八九寺を助けてくれたこの式神。式神といえば術者といつも一緒というイメージが有りますが、彼女はフリーダムですね。助けてくれたお礼をと申し出る阿良々木に対しぶちかました。 別に好意ではなく阿良々木が浮気したという事実を作りたかった模様。でもこれToLOVEる的な事故ですよね。浮気には当たらないか...

物語シリーズセカンドシーズン 第17話 しのぶタイム其ノ壹

今回からは「鬼物語」へ突入。 忍野 忍という名前もすっかり定着し、キスショットという名は忍にとっても過去のものとなりますが、忍の気まぐれの産物。 その気まぐれ ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。