スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ!~Refrain~:5話感想

リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。

鈴の選択と恭介の思惑。

指令を出していたのは恭介…?

はっきり明言はしていないですけど、ほぼそんな感じになってきましたかね。理樹の考えとしては恭介は鈴を成長させるために指令を出し続けていたと言っていましたね。ただ、そのためには常に未来に起こることを知っている前提が必要であり、理樹は恭介ならそれも可能だというごり押し理論を押し付けていましたけど、結局それが恭介の言う世界の秘密に関係しているということなんでしょうね。いわゆる恭介は過去みたいなのを知っていると。

そして恭介が言っていた中で気になる「失敗」の言葉。つまり以前失敗しているから、それをあたかも避けてるかのような感じがすごく見受けられるんですよね。だからこそ、この世界は恭介が作った世界っていうのが一番妥当な線だとは思っているんですが…。
目的自体は理樹の予想通りなんでしょうかね。だからこそ、鈴が成長するうえで必要となる仲間は、その役目を終えると消えていくという流れは納得できますよね。姉御が理樹を導き消え、鈴を励ました三枝とクドも消えていく。小毬ちゃんは鈴の最初の指令からできた友達でもありますし、鈴が遠くへ行く際にも「待ってくれている存在」として価値があるからこそ残っているということなんでしょうか。…なんかこうやって書くとまるで他のリトバスの仲間が道具だと思えてしまう感じがして嫌なんですけど、でも実際この世界が恭介の鈴のためによる世界なのであれば、その立ち位置は全然間違っていないんですよね。やはり、この作品の根幹は元祖リトルバスターズのメンバーなのかなと。

というわけで今回は鈴ちゃんがお偉いさんに気に入られて交換留学に行ってしまう話。最後の指令にHRで立候補しろということが書いてあり、その結果そのような話が持ち込まれるという展開でした。鈴ちゃんは最初は本当に人見知りだったんですけど、指令を通して着々と成長を重ねてきました。敬語が使えなかったり愛想笑いができなかったりとまだまだ人付き合いの上で慣れないことはあるんですけど、逆に言うとありのままの自分を出せる子ということなんですよね。愛想笑いなんて作られた笑顔ではなく、素直に自分の気持ちを出せる。決して笑顔を見せることができないわけではなく、嘘の表情ができないということだけなんですよね。だからこそ、お偉いさんを案内しているときに愛想笑いではない本当の笑顔を見せてくれた時は本当によかったと思います。あれが鈴ちゃんの魅力であり、その魅力に惹かれて交換の話が出たということだったんでしょう。
その時も鈴ちゃんは「仲間」のことを引き合いに出していましたし、本当に大きな宝物なんだなって思いました。改めて、友情の物語として鈴ちゃんは象徴的な存在だと思いました。

そんな中、理樹は当然葛藤するわけなんですけど、鈴ちゃんの成長を想って行くことを推奨。自分のためより鈴ちゃんのためっていう、これも相手のことを考えた上での話。やっぱり、いい子ばかりの物語ですよ全く(笑)
鈴ちゃんはそこで理樹に冷たくされたと考えたわけですけど、ここでもう一つ鈴ちゃんの新たな成長が待っているのかなって思うところですね。

…さて、今回なんですけど、一つ気になる事件がありましたね。それはその鈴が行く学校の事件。バスが転落して生き残ったのが2人。そんな事件のせいで沈んでいる学校を甦らせてほしいという気持ちでの話なんですけど、生き残ったのが2人っていうのが自分は引っかかりました。

その2人って、理樹と鈴なんじゃないかなと。

いわゆるその事故というのが恭介の言う最大の失敗だったんじゃないかなと…。そして残った2人だけど、元々理樹も鈴も今の世界のように誰かを救ったり自分自身の成長がなければ強く生きていけないだろうと。そんな状況で落ち込んでいる自分を救うのが、成長した自分自身っていう展開は、なかなかにドラマチックな感じはしますね。

さて、今回はかなり突っ込んできた内容だったのではないでしょうか。筋肉とかもなんか世界の秘密を知ってるような雰囲気を感じましたし、理樹と鈴のための世界という気が強く感じるようになってきました。話としては理樹と鈴が離れ離れになるのが果たして耐えられるのかということになりますけど、楽しみにしたいと思います。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

だがしかし、お前の彼女はお怒りだw


>…なんかこうやって書くとまるで他のリトバスの仲間が道具だと思えてしまう感じがして嫌なんですけど、

そんな時は1期を思い出しましょうw
理樹と鈴はあたかもエロゲ主人公のごとくw皆の心を救ってきた。
恭介達はそんな二人を後押しし、力を貸してきた。
「だからこそ」彼女たちもリトルバスターズに入り、それ故に2期のこの展開がある。
クド曰く「理樹のお役に立つのです」
コマリマックスの提唱する幸せスパイラル理論の体現であるw


…でも終盤配置のクド、何を救ったのかって言われても難しいよねw
ただ、今、クドルート見なおせば色々と気付くかも。
キーワードは(多分…明言はされてない筈なのでw)後悔。多分そういうこと。

そしてもっと難解なのが、姉御ルートの「異常事態」だと思われるが、
(姉御が救われていたというのは言うまでもない)、実は意外と簡単。
…姉御ルートの時にパニクったと書いたが、
感情に不慣れだった故に、感情に抗う術を持ち得ず、感情に流されやすい。
それが姉御。強靭であり、それ故に脆い。
姉御ルートに限り(アニメでは)今まで封印してきた恋愛感情を入れ込んできたのは、
人の想いの強さを強調し、尚且つ鈴ルートに繋ぐという点で、スタッフの超ファインプレーかとw

つまり、
姉御は「ずっと一緒に居たかったんだ」と吐露した。自嘲しつつ。
恭介は「いつか俺達がいなくなっても」みたいな事を言う。揺るぎなく。

よしのさん > 未見の人の感想なんだからあまりヒントとかは書かないほうがいいんじゃないでしょうか……。

よしのさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>「だからこそ」彼女たちもリトルバスターズに入り、それ故に2期のこの展開がある。
クド曰く「理樹のお役に立つのです」

必要な存在って言ってもいろいろと解釈できてしまうのが悲しいところですけど、クドの言葉に集約されているんですかね。まあ、それだけ理樹はみんなの役にたった存在ということなんでしょうけどね。

>姉御は「ずっと一緒に居たかったんだ」と吐露した。自嘲しつつ。

つまりは自分が理樹と一緒にいる時間を少しでも多くしたかったということなんですよね。姉御は世界の秘密をしっていたでしょうから、だからこそこの世界の永遠の存続を願ったのかなと思いました。彼女なりの、不器用ながら壮大なあがきだったのかなって思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトルバスターズ Refrain TokyoMX(11/02)#05

第5話 最後の課題 公式サイトから県議会の議員が学校を視察するので、理樹たちのクラスから 案内役を2名出すことになった。猫のレノンが運んできた手紙に「ホームルームに立候補しろ」と 書かれていたのを思い出した鈴と理樹は、恐る恐る案内役に立候補する。人見知りの鈴はがんばって議員を案内しようとするが、緊張は隠せない様子。ところがそんな鈴の不器用な態度がなぜか議員に気に入られてしまう。議員が帰った後...

ゆっくりと何かが崩れていく音がする【アニメ リトルバスターズ! Refrain #5】

リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第5話 最後の課題 立ちはだかる壁の高さに戦慄する

「リトルバスターズ! ~Refrain~」第5話

交換留学… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311030000/ リトルバスターズ! 棗鈴 抱き枕カバー 2Wayトリコット[メディアファクトリー]《発売済・在庫品》価格:5,229円(税込、送料別)

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話 「最後の課題」 感想

理樹は強くなりましたね。 伏線っぽいものがあちこちにばら撒かれていましたが、これからどうなるのか。 次回が気になってしょうがないですよ。 県議会の議員が学校を視察するので、理樹たちのクラスから案内役を 2名出すことになった。 猫のレノンが運んできた手紙に「ホームルームに立候補しろ」と 書かれていたのを思い出した鈴と理樹は、恐る恐る案内役に立候補する。 人見知りの鈴はがんばっ...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話 「最後の課題」

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話 「最後の課題」感想

リトルバスターズ! ~Refrain~ 第5話 「最後の課題」 感想

桑田碧海―

リトルバスターズ!Refrain 第5話 「最後の課題」あらすじ感想

前回遂に付き合い始めた理樹と鈴。最後の試練に挑むことに…!理樹と鈴は試練を乗り越えることができるのでしょうか…?  そして指令を送っていた人物が今回遂に明らかに――。 その人物はやっぱり…。1話に繋がる雰囲気で思わず...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話『世界の秘密と、棗鈴の成長。』感想

最後の課題。付き合い始めたラブラブな二人ですが何をすればいいのかわかりません。 そして最後には世界の秘密を知る者の、正体が・・・!!

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話「最後の課題」

県議会の議員の案内役をクラスから出すことになり 「ホームルームに立候補しろ」という課題を思い出して立候補した鈴たち。 不器用に案内した鈴だが、議員に気にいられて、交換留学生に選ばれてしまうが…。   クド、美魚、葉留佳もいなくなって、リトルバスターズも寂しくなってきましたね。 最後の課題を行った理樹は、ついに出題者と会う。  やっぱりあの人でした(笑)  

リトルバスターズ! Refrain 5話 『最後の課題』

リトバスRefrain第5話、付き合い始めた理樹と鈴に突きつけられた試練を2人は乗り越えられるのでしょうか。

リトルバスターズ!Refrain 第5話「最後の課題」

リトルバスターズ! ~Refrain~2(初回生産限定版) [DVD](2014/02/26)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る 今回で原作プレイしていない人でも、大体の内容は察知できたのではないかなぁ。 鈴を成長させるため? 果たして鈴だけなのだろうか。理樹君の回答は半分正解といったところですね。 世界の秘密につきましては全く的が外れてましたけど、当時私も原作プレイ...

アニメ感想 リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話「最後の課題」

亀裂の入ったリトルバスターズ

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話「最後の課題」

君とのなくしもの / 涙色の翼『お前が世界の謎を解き明かしたかどうかだ』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三枝葉留佳:すずきけいこ  能美クドリャフカ:若林...

不順異性交遊に浮かれていた理樹が賢者タイム突入 リトルバスターズ!Refrain 第5話「最後の課題」感想

鈴と付き合いだした事に浮かれる理樹の元にまたもや謎の手紙が届き、そこには最後の試練として『HRで立候補しろ』という課題が書かれていた。 そんな矢先、手紙に書かれていた通り県議会議員が理樹達の学校を視察に来る際の案内役がHRで募られる。 『世界の秘密』を知ろうとする鈴は手紙の指示に従い羞ずかしがりながらも挙手し、理樹もそんな鈴を助ける為に一緒に案内役に立候補する。 ...

リトルバスターズ!〜Refrain〜 #5

【最後の課題】 リトルバスターズ! ~Refrain~2(初回生産限定版) [DVD]出演:堀江由衣ワーナー・ホーム・ビデオ(2014-02-26)販売元:Amazon.co.jp ゆっくり宜しくお願いします? 

アニメ感想 13/11/02(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #5

リトルバスターズ!〜Refrain〜 第5話『最後の課題』今回は・・・鈴がHRで立候補しました。立候補したのはいいけど、敬語使えないとか大丈夫なのか?まぁ、理樹も一緒だから、それは ...

『リトルバスターズ!〜Refrain〜』 第5話 観ました

なんかいよいよこのリトルバスターズの深淵の淵が見え隠れしてきたような予感で大きく話が動きそうな、そうでなさそうな… それまで居た新規リトバスメンバーで残ったのは小毬ちゃんただひとり。 この意味するところはいったい何なのか… それを頭の片隅に置きつつ観ていま...

リトバス Rf 第5話「最後の課題」

 イヤな予感が次第に膨らんでいく、少しずつ「世界の秘密」へと迫っていく過程の、渋めの一話。いや、「恭介が黒幕だった!」ということが明らかになったという意味では、初見の方にはもうちょっと大きめのインパクトがあったかも知れませんね。でも、「問題を取り違えている」と恭介が言ったように、世界の秘密はまだ明らかになっていません。  アバンでは、眠そうな鈴の姿が描かれています。  デジャブを...

リトルバスターズ!〜Refrain〜 #05 「最後の課題」

みんながいるから出来ること  どうも、管理人です。どうも、本格的に体調が悪い方に揺り戻されているらしく、個人的に落ち着かないです。せめて、今週末のイベントと試験には万全の体調で臨みたいのに、大丈夫なのだろうか…。 鈴:「みんながいるからだ!」  今回の話は、最後の課題を契機に生じた亀裂と、仄めかされてきた黒幕の存在に切り込んだ話。そろそろ胃がきりきりと痛み始める頃合いで...

リトルバスターズ!Refrain 5話 棗恭介の陰謀

リトルバスターズ!Refrain5話を見たぞ。 いやー、よかったですねー! おねむな鈴ちゃんな!! 今日は、お部屋でまったりデート(?) 宿題に集中できないからか、 理樹と一緒にいる心地よさから か、 この日の鈴ちゃんはウトウト気味でした。 頭の猫も気持ち良さそうに寝ています。 ☆ そ...

リトルバスターズ!~Refrain~第5話

感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/11/04/153959 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第05話 感想

 リトルバスターズ!~Refrain~  第05話 『最後の課題』 感想  次のページへ

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話「最後の課題」感想!

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話「最後の課題」 うぅ~~~~~よぅし! 前向きマジックで感想書きましょう

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話「最後の課題」

「HRで立候補しろ」 原作知らない私はてっきり修学旅行関係かと予想していましたが、県会議員が視察に来て案内役を生徒に・・・って斜め上の重要案件でした。更には、鈴の性格が不器用でも裏表のないところとかお気に召したのかどうかはともかく、彼女を重要任務で転校させるという・・・傍から見れば大抜擢みたいなものですが、鈴とリトルバスターズにとっては親友たちと離れ離れになってしまう深刻な事態。そしてこれま...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話「最後の課題」感想

リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話「最後の課題」感想 なんでも知ってる恭介。 なんでもは知らない、知ってることだけの理樹。
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。