スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ!~Refrain~:7話感想

リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。

理樹、世界の謎に迫る。

あれ?これ時間戻ってる?(汗)

まだリトルバスターズが野球をしていない時に戻っており、鈴ちゃんは超人見知り状態。でも野球をやってみると2人ともやったことがあるかのような発言をし、そして実際野球を楽しむことができた。まさに、やり直しをしている感がプンプンする状況になっています。そしてしかもやり直しといいながら前回と全く展開は違い、リトルバスターズの面々は謙吾と真人は降り、恭介にいたってはひきこもり状態とバラバラ。そこで新たにリトルバスターズを作るということで理樹がリーダーとして頑張るということになりました。

…しかし戻ってるとなると謙吾の怪我とかもそうですよね。確か謙吾が腕を怪我した原因ってあの眼帯の子を助けた時でしたけど、それなのに真人と喧嘩をしたからということになっている。これはなんか世界線の収束みたいな印象を受けましたなあ(汗)

というわけで前回までで鈴ちゃんルートがものすごい鬱な状況での引きとなったんですけど。今回も全体的に暗い感じ。ただ、前の続きということではなく、初期状態に戻ったかのような展開。違うことはたくさんあるんですけど、あらゆる人間関係がリセットされている印象を受けています。

これも恭介の意図ということなんでしょうか。理樹がリーダーをやるという展開はまさに理樹の成長につながる話ということになりますし、恭介はそれを目指しているのかな。前の記憶である野球をうまいこときっかけにすることもできていますし。
でも謙吾はそれに否定的ということなのかな。謙吾も間違いなく世界の秘密を知っているということなんでしょうけど、自分からは手出しはできないようですね。真人も同様なんでしょうけど、謙吾は恭介のやり方に納得していないということなんでしょうか。理樹に対して投げかけた「面白いことをする」という課題はまさに恭介が以前まで体現していたものだったんですけど、謙吾はまた違う視点で理樹を成長させるということをしていそうに自分は感じました。

…うーむ、やっぱり誰しもみんな「理樹のため」っていう根幹があると思うんですよね。どうアプローチしていくかはまちまちですが、この世界のトリック元が恭介であるならば、彼が一番コントロールしているということかな。この世界自体は自分は理樹と鈴を強くするための世界と勝手に結論付けているんですけど、そのやり方から2人がどう感じるかというものには直接干渉できないからこそこういうことが起こるのかなと。ある意味、前回の鈴ちゃんとの逃避行って恭介にとって最悪の展開だと思うんですよね。だからこそリセットして今度は自分たち自身で乗り越えさせようとしているんでしょうけど、まあ上手くいくかというのは分からないです。結局選択するのは理樹と鈴ちゃんであるわけですからね。

ということでこれからの理樹の行動力には期待ですね。それこそ前は恭介が理樹を勧誘係に選んだほどですからその辺のスキルも潜在的に身についてるかもしれませんし。…なんかこうやって予想していくと前までのエピソードは本当に理樹に一人立ちさせるための教育をしていたような感じですよ(汗)そうだとしたら相当な計画だよなあ…。あのリトバスメンバーがまた登場するかは分かりませんけど、理樹と鈴が創りあげるものを楽しみにしたいと思います。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」

恭介も頼れない、リトルバスターズの仲間もいない。 理樹一人での戦いが始まります。 鈴を助け出して、世界の謎を解くことが出来るのか? 鈴はいつからか、変わってしまった。 人を怖がるようになった鈴は、もう理樹や子どもたちにしか笑顔を向けなくなってしまった。 恭介もまた、変わってしまった。 真っ暗な部屋に閉じこもり、授業にも出ていないようだ。 いつも恭介の手に引かれて、笑...

リトルバスターズ!〜Refrain〜 #7「5月13日」感想

辛い現実から目を背けるな!どこかで観たことのあるような二人の戦い話が再構成されているのか?時系列がおかしいような。鈴が完全に精神やらてるじゃねーか!見てるだけでも辛い恭介も荒んだ格好でおぉう・・・徐々に離れていくリトルバスターズもうあの楽しかった頃の時間に戻れないのか恭介発案の野球部創立のはずが何故か立場が逆転理樹と鈴以外は察している模様二人の成長を見守る親のようだ死んだ目の鈴を観るのはもう...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第07話 感想

 リトルバスターズ!~Refrain~  第07話 『5月13日』 感想  次のページへ

リトバス Rf 第7話「5月13日」

 今週のまとめ:  「リフレイン」のスタートとしては、  もーカンペキじゃないっすかね?!  コンパクトな構成に落とし込むことを基本にしつつ、初見の方でも分かるような絶妙なコントロールの良さは、一期の頃から感じていたことではありますが……ホント上手いな!!それでいて、ツボを外さないと言いますか、ゲームのファンに対しても「おお…」って思っちゃうような殺しポイントが...

リトルバスターズ!Refrain 第7話 「5月13日」あらすじ感想

今回からいよいよリトバスの真相解明ルートである、リフレイン本格スタート!再び巻き戻る世界。今度こそ理樹・鈴は世界の秘密にたどり着き、試練を乗り越えることができるんでしょうか?やさぐれ恭介も思った以上にすごくて驚きました…!

【すべての『始まりの日』へ】『リトルバスターズ!〜Refrain〜』7話『7月13日』感想(前回のバットエンドを経て『最初』からスタートですが、ここからが本当の『リトルバスターズ』です)

    理樹の 『決意』                 いいかい鈴?よく聞いて!               ...

アニメ感想 13/11/16(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #7

リトルバスターズ!〜Refrain〜 第7話『5月13日』今回は・・・なんか時間が戻ってました。世界も、なんか前とは違う感じです。今度はこの世界で頑張れってことなのか。理樹は恭介の ...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「5月13日」 感想!

なんでこうなってんだ。

顔を上げて、前を向いて【アニメ リトルバスターズ! Refrain #7】

リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第7話 5月13日 塗り潰されていく世界の中で 胸に灯る熱いモノ 確かめるために 僕は―

「リトルバスターズ! ~Refrain~」第7話

もう一度、リトルバスターズを… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311170000/ 【ブロッコリー】リトルバスターズ! ~Refrain~ 缶バッジ 「棗鈴」[グッズ]価格:598円(税込、送料別)

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話 「5月13日」 感想

鈴と恭介の変りようが悲しいですね。 真人が凄くイケメンになっていてビックリです。 他のヒロインたちはもう出てこないんですかね。 鈴はいつからか、変わってしまった。 人を怖がるようになった鈴は、もう理樹や子どもたちにしか笑顔を 向けなくなってしまった。 恭介もまた、変わってしまった。 真っ暗な部屋に閉じこもり、授業にも出ていないようだ。 いつも恭介の手に引かれて、笑い合って...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」感想

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」感想   リトルバスターズ最高。

リトルバスターズ! 〜Refrain〜第7話「5月13日」レビュー・感想

あの頃の僕らにはもう戻れないんだろうかもしあの日を取り戻すために僕にできる事があるなら・・・バッドエンドをやり直すかのように繰り返される世界。誰の助けも得られず鈴と二 ...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話『宮沢謙吾の期待といなくなったリーダー!!』感想

「5月13日」前回、駆け落ちした直枝 理樹(なおえ りき)と棗 鈴(なつめ りん)。しかし探しに来た警察の手によって保護されます。そして再放送じゃない第一期が始まります!

リトルバスターズ!~Refrain~

リトルバスターズ! ~Refrain~3(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/03/26)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る 恥ずかしいことに、EDが流れ出す頃に涙腺が崩壊してました。 久しぶりにアニメで泣きました。 アニメから入った視聴者にとっては意味不明だったのかもしれませんが。 真人と謙吾も楽しそうに振舞ってはいるけど、本心はとってもつらいんだろうな...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」

君とのなくしもの / 涙色の翼『僕はこの世界の秘密を解かなければならないんだ』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三枝葉留佳:すずきけいこ  能美クドリャフカ...

そして誰も居なくなった リトルバスターズ!Refrain 第7話「5月13日」感想

5月13日、恭介が戻ってきた事を合図に始まってしまう真人と謙吾の決闘。 本来なら仲裁する筈の恭介は姿を見せず、代わりに理樹が間に割って入るも二人を止める事が出来ないで終わる。 決闘を続けた結果、右腕を負傷して試合に出る事が出来なくなってしまった謙吾は以前と違う力強さを見せる理樹に対し何か別の楽しい事を提案するよう求める。 折りしも、他人との関わりを恐れずっと引篭...

リトルバスターズ!~Refrain~第7話

感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/11/18/041435 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...

リトルバスターズ!〜Refrain〜 第7話「5月13日」

第7話「5月13日」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

アニメ感想 リトルバスターズ!~Refrain 第7話「5月13日」

あの日を取り戻す為に出来る事は・・・

リトルバスターズ!〜Refrain〜 #07 「5月13日」

終わるため、始めるためのスタート  どうも、管理人です。最近捗ってるのが明らかに本来手をつけないといけない方でないやつなのは果たして如何なものか。しかも、完全なるアナログ出力(=手書き)なので、分量が全く読めないというオマケ付き。なぜこうなった…。 恭介:「そんな答えはな……“この世界”のどこにも存在しねぇよ」  今回の話は、Refrain編開幕を描いた話。とは言っても...

リトルバスターズ!~Refrain~ 7話「5月13日」

世界の秘密を暴くため・・・ リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る

リトルバスターズ! ~Refrain~ 第7話 「5月13日」 感想

リスタート―

『リトルバスターズ!〜Refrain〜』 第7話 観ました

なんか思った以上に過酷な状況で時間がループしているようです。 これまで鈴の成長のためのループのような感覚で見ていたのですが、どうにもこれは理樹の成長を促すためのループだったみたいな気がしますね。 でも、まだ理樹は何故、そう言う時間のループに突入している...

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」

逃亡先を見つかってしまった理樹と鈴。彼と彼女の繋がりを引き裂くようなイメージシーンで 「生きることは、失うことだったんだ」 と呟いて意識が途切れたところまでがアバン。そしてAパート、真夜中に 「恭介が帰って来たぞー!」 と響きわたった叫び声で理樹は目が覚め、同部屋の真人は勢いよく部屋を出て食堂に向かい謙吾とケンカを始めて・・・でもすでにここから先が1期とは全く違う流れ。帰ってきたはずの恭介が...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。