スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<物語>シリーズ セカンドシーズン:20話感想

<物語>シリーズ セカンドシーズンの感想です。

こっちが傾物語だよなあ。

真宵の成仏…暗闇の消滅。

暗闇の正体は役割を遂行しない必要のないものの排除、モノというよりは概念的な存在で、いわば抑止力みたいなものだと考えればいいのかもしれませんね。あの忍の過去語りから忍が暗闇に狙われているのかと思っていたら、実際に狙われてたのは真宵ということでした。

思えば真宵はすっかりおなじみキャラになっていたから何とも思っていなかったけど、普通に考えたらかなりイレギュラーな存在として続いていたんですよね。まよいマイマイで一応彼女としては成仏できる状態になったわけなんですけど、そこから今までは怪異として存在する意味はなかったということになります。真宵自身にも意思が表れていますし、彼女の本分である迷い蝸牛としての意味はなくなっていたということでした。だからこそ暗闇によって消される運命になっていると。…そう考えると暗闇って客観的には正義の存在ですよね。この世に必要のない邪魔を排除するわけですから。

でもことアララギさんにしてみれば一大事。真宵とは本当にめちゃくちゃ長い時をすごしているわけではないけど密度の濃い関係にあるわけだし(いろいろな意味で)、大事にする気持ちは当然。なのに消えてしまうという運命はあまりに受け入れがたいものということでした。だからこそ一緒に迷い続けるとまで言ってくれたわけなんですけど、真宵はアララギさんの生活を当然優先するでしょうから、やはりお別れすることを選択したということでした。

…いやー加藤さんの演技が素晴らしかったね。

真宵の涙をこらえているかのような演技が最高でした。変態行動をいろいろされようが、真宵がこの世界をいまだにうろうろしていたのはやっぱり一番関係が持てるアララギさんがいてこそだったからでしょうしね。自分をこの世界にとどめている最大の要因だったでしょうし、そんなアララギさんからここまで言われれば当然うれしさとさみしさがこみあげてくるでしょう…。
でもまさに迫真って感じでした。今までの気持ちがうまく表れていたなーって思います。この世界では、やっぱりアララギさんだけって言っても過言ではないですからね。

…しかし今回は鬼物語ってことで忍メインになるかと思いきや真宵の話だし、逆に前の傾物語は忍の話だったりとタイトルとメインキャラが逆転している感じですね(笑)この2つは時系列的には繋がっていたのでセットみたいな感覚なのかもしれませんけど(汗)
でも真宵がいなくなったっていうのはいろいろとショックだよなあ。もちろんアララギさんの心中を察する部分もありますが、アララギさんのノータイム変態が見れなくなるというのも視聴者的にショックだなあ(ぇー)あと「かみまみた」が噛んでないというのはここで嘘だという事実が出てきましたね(笑)

ただ今回は結構びっくりした事実が出てきましたよね。なんといっても神原駿河と臥煙さんの関係ですけど、臥煙さんにとって駿河はなんですね。駿河の旧姓が臥煙ということみたいですが、これはまた駿河がメインの時に掘り下げられるということなんでしょうか。臥煙さんも駿河に真実は伝えないほうがいいというあたりおだやかではなさそうですけど。
…あと面白かったことといえば、ガハラさんがアララギさんのことを「こよみん」と呼んでることくらいだろうか(笑)一度ガハラさんの完全デレモード時のいちゃいちゃっぷりをアニメで見たいものである。

そして扇が本当にくさいですね(汗)なんだか自分自身が暗闇の正体であるかのような発言をしていましたし、本当に読めないキャラですね。怪しすぎて逆にミスリード誘ってるようにすら感じますけど、まあ今回の真宵の件には間違いなく一枚かんでいたということなんでしょうな。

というわけで今回で鬼も終わっていよいよ2期最後の話かな?今度は誰がメインになるのか楽しみです。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

暗闇について、自分は疑問を抱いてます。
果たして、この世に不必要なものは、万物の理としてそもそも生まれてくるものなのだろうかと。
生まれ存在するものを排除するということは、「不必要」というよりはむしろ、「不都合」というほうがあってるような気がします
暗闇が勝手に作ったルールにそぐわない「不都合」なものを消して行ってると言った感じで

No title

>一度ガハラさんの完全デレモード時のいちゃいちゃっぷりをアニメで見たいものである。
ファイナルシーズン最終話までにあるかどうか…
次の恋物語、花物語では暦がほとんど出てこないし、ファイナルシーズンに入ってからはひたぎがほとんど出てきません。

ああ「かみまみた!」を観るのがこの作品の一番の見どころだったのに(泣)しかし、存在が嘘だから消えなくてはいけないとは厳しいルールですね。というか、その理屈だと人間なのに、蛇を呑んだだけで神様になった撫子の存在はどうなるんだろう?
その辺は本編で語られるのか?
次回もブログ共々楽しみにしてます。

2013.11.18 11:54 | 名無しさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>生まれ存在するものを排除するということは、「不必要」というよりはむしろ、「不都合」というほうがあってるような気がします

なるほど、不都合ということですか。つまり真宵は不都合な存在だと。
不都合ということになると、その不都合というのを誰が決めているのかというのは気になったりします。世界という概念が不都合というのならそれは不必要とイコールですし、黒幕がいるのか気になるところです。

2013.11.18 21:59 | 名無しさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>次の恋物語、花物語では暦がほとんど出てこないし、ファイナルシーズンに入ってからはひたぎがほとんど出てきません。

…なん…だと…。
少なくとも2期では見れないということなんですね…。さみしい限りです。てっきり「恋」物語では2人の恋模様が描かれるのではないかと思っていたのですが、違うということですかね。

ナナシさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>ああ「かみまみた!」を観るのがこの作品の一番の見どころだったのに(泣)

アララギさんと真宵の絡みはこの作品屈指の面白い場面だったんですけどね…。行き過ぎた変態を見ることもかみまみたを聞くこともできないのか、それともまだ望みがあるのか期待もしたいところですけどね。

>というか、その理屈だと人間なのに、蛇を呑んだだけで神様になった撫子の存在はどうなるんだろう?

その辺を暗闇が襲うかっていうのは黒幕がいるかとかそういうことに関係してきそうですね。撫子は果たしていらない存在なのかということ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

物語シリーズ セカンドシーズン TokyoMX11/16)#20

第忍話 しのぶタイム其の肆 公式サイトから『くらやみ』から逃れ、潜んでいた山から下山した暦たち。 山中の村に立ち寄ったところ臥煙伊豆湖に出会い、 『くらやみ』について説明を受ける。 影縫が忙しい、斧乃木ちゃんだけで大丈夫と思った。しかし無理なようなのでやって来た臥煙伊豆湖。影縫と待ち合わせしていたのに現れない。それで逆に考えたのだった。 今は安全だが、頼られるのだけは嫌。コヨミンに、3つお願...

<物語>シリーズ セカンドシーズン「鬼物語」第4話

八九寺、成仏… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311170001/ 新品★西尾維新アニメプロジェクト★物語シリーズ DXFフィギュア1★忍野忍★単品★バンプレスト...価格:2,040円(税込、送料別)

<物語>シリーズセカンドシーズン 第20話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」

第20話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」 何でも知っているおばお姉さんの解説。 「くらやみ」は怪異ではない。存在しない非存在な現象のようなもの。倒すとかそういう次元のものではないようですね。 忍が心配で時間が無いと焦るアララギさんに情報の対価として3つのお願いをする伊豆湖さん。 これは別の物語の話になりそうですね。 出会って1時間で暦くんに呼び方が変わり、さら...

物語シリーズ セカンドシーズン 第20話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」

化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻(2013/11/30)不明商品詳細を見る  原作は既読状態であります。西尾維新氏や講談社は嫌がりそうですが、図書館で借りやすいのですね。最新刊あたりになると、予約は凄い数になっていますが。買う方が早かったりもします。物語シリーズは長く続いているものです。最後と謳いながら続刊されているという。「悲鳴伝」シリーズも長くなるでしょうか? ...

『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#20「鬼物語しのぶタイム 其ノ肆」

「失礼。噛みました。大好きでしたよ、阿良々木さん」 置き去りにされてしまった忍を救うためにも、 急いで余弦と連絡を取り、『くらやみ』に対処したい暦だったが、 余弦の手間を省こうと、何でも知ってる臥煙伊豆湖が助っ人に現れる。 だが、一方的に頼られる関係は好まないと、3つの条件を提示される。

物語シリーズ セカンドシーズン 第20話「鬼物語 しのぶタイム其ノ肆」 感想

暦に心の底から愛された幽霊のお話。 本当は1話ずつちゃんと書きたかったんですが・・・。 鬼物語は統括という形で締めさせて頂きます。

「物語」シリーズ セカンドシーズン #20

暗闇の目的が明らかになるお話でした。何でも知っている女性・臥煙伊豆湖と出会った暦は、暗闇への対抗策を尋ねます。それに対して、臥煙伊豆湖は3つの条件を出してきまし

物語シリーズ セカンドシーズン 第20話 感想

 物語シリーズ セカンドシーズン  第20話 しのぶタイム 其ノ肆 感想      次のページへ

物語シリーズセカンドシーズン 第20話 「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」感想

今回で鬼物語・しのぶタイムラスト。くらやみに追われる暦・まよい。この状況から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか…?今回はまよいとのお別れに涙…。化物語はだらだらしているかと思いきゃ、時にいきなりばっさりくるのでドキリとさせられま...

物語シリーズ セカンドシーズン 第20話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」 感想

くらやみの正体があまりにもあっさりしていた件について。 まあ、あんなの予想できないですよw 囮物語 第一巻/なでこメドゥーサ(上)(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/02/26)神谷浩史、斎藤千和 他商品詳細を見る

【アニメ】〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第20話「鬼物語しのぶタイム 其ノ肆」 八九寺・・・ お前消えるのか(ロリコン必死  

2267 ノート ◆ReNaHalw9. sage New! 2013/11/17(日) 00:00:22 ID:??? (((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

鬼物語 4話 さようなら、八九寺真宵

鬼物語4話を見ましたよ。 いやー、よかったですね。 最期の八九寺な! (う〜ん微妙。。) なんでも知ってるお姉さん、 臥煙伊豆湖から知らされる事実。 暗闇に狙われていたのは 忍ではなく八九寺だった…! 暗闇というのは怪異の道を外れた怪異を世界から排除する「法則」のような存在だそうで、 400年前は神という身分に甘んじた...

物語シリーズセカンドシーズン #20 「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」

「物語シリーズセカンドシーズン」の第20話。 すべてを知った上で先回ししていた「説明大好キ臥煙オネーサン」が 余接をヒザに乗せて状況説明開始。 駿河との間を取り持つことを暦に確認して、「くらやみ」の正体や 狙いを延々と説明をする。 狙いは真宵、本分を外れた怪異を消し去る法則のようなものという。 400年前は吸血鬼として振る舞っていなかった忍を、今回は人を 迷わさない真宵...

鬼物語 #20

【しのぶタイム 其ノ肆】 鬼物語 第一巻/しのぶタイム(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:神谷浩史アニプレックス(2014-04-23)販売元:Amazon.co.jp 八九寺のOPでも入れて・・・ 

物語シリーズ 鬼物語 第20話『蝸牛の役割と八九寺真宵の失礼かみまみた。』感想

しのぶタイム其ノ肆、臥煙伊豆湖の膝の上に座る斧乃木ちゃん!美少女の上に美童女、かわいいです!今回は感動話です。

物語シリーズ セカンドシーズン 第20話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」

鬼物語、最終回。 『くらやみ』が本当に狙っていたのは真宵だった。 真宵のついていたウソが『くらやみ』を呼んでいた…。 いつまでも続くと思えた時間の終わり。 真宵の涙をこらえた顔が忘れられないですね…。  

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第20話の感想と考察

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第20話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」を観ました。<ストーリー>『くらやみ』から逃れ、潜んでいた山から下山した暦

“思って”はいるんだな(【シリーズセカンドシーズンとかガンダムビルドファイターズとか)

【シリーズ セカンドシーズン 第20話】真宵さん退場の巻。ここに来てメインキャラクターの一人が退場しちゃうとは思いませんでしたよ。…初めの真宵さんエピソードについては記憶 ...

物語シリーズ セカンドシーズン 第20話 簡略感想

「鬼物語 しのぶタイム 其ノ肆」

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第20話 『鬼物語しのぶタイム 其ノ參』 まさかこんなオチとは...さらば八九寺。

原因は八九寺。あの怪異ともつかぬくらやみが出現した原因は八九寺真宵。400年前に遭遇している事もあり、てっきり忍狙いかと思ったら違った。あれは道を踏み外した怪異を排除するシステム。…やりたい放題に見える怪異にも脅威になる存在が居たんだ。そしてゼビウスのバキュラのごとく、撃墜不可能。なんでも知ってるお姉さんが言うんだから、間違いないんでしょうね。 400年前に忍ことキスショット(...

物語シリーズセカンドシーズン 第20話 しのぶタイム其ノ肆

伊豆湖から現在の状況説明。 暦達からメールを受け取った余弦は仕事中で、苦戦して長引いているようで、何があっても余接だけで対処出来ると無視したようですが、伊豆湖はそうで ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。