スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<物語>シリーズ セカンドシーズン:22話感想

<物語>シリーズ セカンドシーズンの感想です。

貝木と撫子の初顔合わせ。

初対面の撫子のことをもうよく理解した貝木の洞察力。

改めてさすがだなと。自分の名前を教えてしまうというミスをしたかに思えたところも大丈夫だったところからも考察に利用できましたし、何よりよく観察していたなと。撫子の狂いっぷりに改めて戦慄もしましたけど、貝木の対応はまさに大人な感じでした。

というわけで今回は前回のガハラさんの必死の頼みも手伝って貝木が撫子の件をどうにかするという依頼を受けることになります。ガハラさんとアララギさんは卒業式の日に撫子に殺されるという命運となっているんですけど、それをどうにかするという大役。貝木は自問自答で動機を探していたんですけど、決め手となったのは神原の話。…とはいっても結局は何とかして動機を見つけていたという風にしか見えなかったですけどね(笑)

そんなツンデレな貝木はガハラさんにとっての頭金の10万(ただしガハラさんの飛行機代を除く)のみを受け取って依頼を受けることになります。早速向かったのは千石家でしたけど、こちらの家庭も何やら家族関係が怪しかったですね。両親も基本的に撫子にいろいろ言えていないようですし、いわゆる溺愛のし過ぎでの結果なのかは分かりませんけど、少なくとも撫子が間違った方向に育ってしまった原因がありそうな雰囲気でした。小さい時の可愛さに、無邪気さが感じられなかったという印象でしたね。子どもというより、子役みたいな感じと言えばいいのかな。
…しかし物語シリーズは家族関係が危ういところが多いなあ…(汗)代表的なのは羽川ですけど、ガハラさんもそうですし、撫子もそう。だからこそどこか抜けてるキャラが多いということにつながるかもしれませんけど…(汗)それに比べてアララギ家では盛大にガハラさんをお・も・て・な・し歓迎していた感じですし、ファイヤーシスターズとの関係も良好(危ない方向に踏み切りそうでもあったが)ですし、だからこそアララギさんはこんな紳士に育ったんだろうなあ(白い目)しかし貝木はしきりに羽川のこと気にしていましたね(笑)
それはそうと、いったいガハラさんはアララギ家にお邪魔して何をしていたんでしょうねえ…。貝木が必死に撫子について突き詰めてようとしている中でアララギさんとイチャイチャしている感じでした…。どうしてそこを映像化しなかったのか。前から言ってるけど、ガハラさんの完全デレモードというものを一度拝みたいものである。

さて、貝木は北白蛇神社に到着し、賽銭で万札を投入する大盤振る舞いをしたわけなんですけど、それで釣れてきたのが怪異化した撫子でした。ずいぶんとフレンドリーな雰囲気を出そうとしていたんですけど、実際こんなのがどーんと出てきたら普通ならびっくりしますよね(汗)だからたいていの人は逃げてしまうみたいなんですけど、貝木は逃げずにいたということで撫子とお話しすることに。撫子自身も、そういう話相手は欲しかったようです。
名前を教えるミスもありながら慎重に言葉選びをして撫子を探っている感じの貝木でしたけど、撫子の言葉一つ一つにさすがの貝木であっても驚くことが多数あったようですね(汗)彼女の生い立ち、そしてアララギに対する歪んだ恋。すでにやばい段階に来ている状態です。それでも「信者」として冷静さを保って接する貝木はさすがだったということでしょう。

まあ一番引いてたのはHなサービス云々でしたが(汗)

そしてそこに必ず関わっているアララギさん。貝木が無視したいと思うのも無理はないですね(汗)

てなわけで撫子と貝木が仲良しになったところで終わりましたけど、まずは心を攻めていくパターンでしょうかね。完全に信用しきっている、というより単純に話し相手ができたことへの喜びが撫子にあるでしょうから、おおきな武器となりそうな気がします。てかこういう人間らしい部分が残っているというのはまだ救いがあるということなんでしょうかね。やはり神になっても子どもは子ども、どう進展していくか楽しみです。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

たぶんしていた

こんにちは~(`・ω・´)

>どうしてそこを映像化しなかったのか。前から言ってるけど、ガハラさんの完全デレモードというものを一度拝みたいものである。

流石私が認める紳士しろくろさん! 私もガハラさんの発言を聞いてそう思いました。
しかし一番問題にするべきは、電話越しのガハラさんが衣類を着用していたかどうかです(キリッ (←マテ)

というか、今回は暦が喋りませんね~(出番がない) それも関係しているのでしょうかね~
話が変わるごとに声優の分担が決まっているのだろうか…暦の出番も気になるところです( ゚Д゚)

ではでは|ω・`)ノ シ

デレデレなひたぎさんも確かにみたいですが、中学生にHなサービスする紳士なアララギさんに説教する貝木もみてみたいですな(笑)

キラシナさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

>しかし一番問題にするべきは、電話越しのガハラさんが衣類を着用していたかどうかです(キリッ (←マテ)

ふむ、そこが分からないところが電話のもどかしいところですけど、その分想像力が掻き立てられるところをよしとしたほうがいいということなんでしょうかね(笑)

>話が変わるごとに声優の分担が決まっているのだろうか…

物語シリーズはキャストが2、3人とかデフォですからある意味凄いですよね(汗)それだけの登場人物だけで30分持たせてしまうわけですから、やはり異質の作品だと感じるところです。

名無しさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

>デレデレなひたぎさんも確かにみたいですが、中学生にHなサービスする紳士なアララギさんに説教する貝木もみてみたいですな(笑)

貝木はそういうことで説教をするんでしょうかね(笑)イメージと結構離れますけど、そういうギャップを楽しめるのも物語シリーズの楽しみの一つだから期待はしたいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

物語シリーズ セカンドシーズン TokyoMX11/30)#22

第22話 ひたぎエンド其の貮 良いだろう、神だましを引き受けてやる。取り敢えずの手付金だけで大丈夫だ。 私達が殺されるまでは残り75日。既に怒っているので、今更予定を早める気はないと思う。原因は良く分からないが、恋愛の縺れだと思ってちょうだい。例外として町に踏み入っても良いわ、しかし阿良々木君には 会わないで欲しいわ。帰りの飛行機代を貸していただけないかしら。 壹月貮日、ひたぎは阿良々木家に...

<物語>シリーズ セカンドシーズン「恋物語」第2話

あやとり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312010001/ figma 化物語 戦場ヶ原ひたぎ(再販)[マックスファクトリー]《発売済・在庫品》 fs3gm価格:2,650円(税込、送料別)

物語シリーズセカンドシーズン 第22話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」

第22話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」 ガハラさんの依頼を引き受けるという貝木。 しかも料金は即金で払える10万円のみ。それも必要経費という事でそれ以上は要求する気は無いようです。 貝木の言葉が信じられないガハラさん。まぁ正しい反応でしょうw 前回1人ミーティングで探した神様騙しの理由にはそれほどの価値があるということなんでしょうね。 貝木に帰りの飛行機代を借り...

物語シリーズ セカンドシーズン 第22話 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」 感想 

貝木は今回の件について仕事を引き受けた。 神原が絡んでいるとはガハラさんも暦も知る余地ないですね~ 流石のガハラさんもかなり動揺。 いや、もとはガハラさんが頼み込んだことじゃないですか~ そんなことより聞いてほしい! 今回の貝木の変装。半沢直樹を意識している? 信用金庫を背景にしてあのスタイルを見てそう思ったw \倍返しだ!/(大嘘) 鬼物語 第一巻/しのぶタイム...

物語シリーズ セカンドシーズン 第22話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」

化物語音楽全集 Songs&Soundtracks(2011/12/21)TVサントラ、supercell 他商品詳細を見る  「恋物語」が放映されています。原作では騙されてしまいました。箱絵からして、戦場ヶ原ひたぎの視点で物語が進行していくと期待していました。頁をめくれば、オッサンが主役でした。貝木泥舟いう悪役ポジションが語りまくって、面白いものがあります。中学生を騙すような嫌なヤツです...

『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#22「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」

「俺は嘘をついたことがない。 何せ俺はお前の信者第一号だからな」 引き受けよう、戦場ヶ原。 神原の存在が仕事を引き受けるきっかけになったとは知らないひたぎは、 急に貝木がその気になったことを戸惑いつつも、仕事を引き受けてもらうことに。 3人が殺されるまであと74日。 貝木はいかにして神様を騙すのだろうか。

「物語」シリーズ セカンドシーズン #22

ひたぎの依頼を引き受けた貝木は、行動を開始するのでした。あれこれ考えた結果、貝木はひたぎの依頼を引き受けることにしました。そのための報酬は、ひたぎが用意した10万

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第22話 「恋物語 第恋話 ひたぎエンド 其ノ貳」 感想

狂い咲いた花が、美しいとは限らない―

『<物語>シリーズ 第2シーズン』 第22話 観ました

おお、今回は三鷹駅の南口が… ってことはどうでも良いですよね。 この物語シリーズは元ネタ風景の切り張りで直江津と言う名の架空の地方都市を舞台にしていますからね。あ、三鷹駅周辺では猫物語白の結末で出てくる線路の描写とか、跨線橋の描写で三鷹駅近くの線路が出て...

恋物語 #22

【ひたぎエンド 其ノ貳】 恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:神谷浩史アニプレックス(2014-06-25)販売元:Amazon.co.jp そこは無視した・・・(無視するの?) 

物語シリーズ セカンドシーズン 第22話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」

貝木と撫子の初顔合わせ。 物騒な神となった撫子相手にも動じず、自分のペースな貝木が冷静ですね(笑) 元が撫子といえ、神を騙すことが出来るのか? ひたぎの依頼を受けることにした貝木は、暦たちの住む町を訪ね、 今回騙す相手である、今や北白蛇神社の神となった女子中学生・千石撫子のことを調べ始める。  

【アニメ】〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第22話 「恋物語 ひたぎエンド其ノ貳」 貝木無双! 撫子の神社はどこにありますか!?

4918 名無しになるもんっ♪ sage 2013/12/01(日) 00:00:31 ID:??? 引き受けよう

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第22話の感想と考察

『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』 第22話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」を観ました。<ストーリー>貝木は、ひたぎの依頼を受けることにした。暦たちの

物語シリーズセカンドシーズン 第22話 ひたぎエンド其ノ貳

貝木の依頼を引き受けるという言葉に、依頼をしたひたぎ自身、正気かと疑います。 取り合えず即金で用意出来る10万円を寄越せと言い、それを確認してこれでいいと。 本気で仕事 ...

“男版綾波レイ”タイプか!(ガンダムビルドファイターズとかPERSONA3 THE MOVIEとか)

【シリーズ セカンドシーズン 第22話】貝木さん、撫子さんの身辺調査に乗り出すの巻。前回ラストで戦場ヶ原さんからの依頼を引き受けることにした貝木さん。その引き受けた理由( ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。