スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年秋アニメプチ総評

今期のアニメをちょっと振り返りましょう。

レギュラー以外このブログでは今期アニメは全然触れてなかったなあ(汗)

というわけで夜桜四重奏も終わって自分が見ている今期のアニメが全部終了したということで、今期のアニメを簡単に評価していきたいと思います。思えばほとんどブログ更新もままならない状態でリトバス以外はほとんど書いていないわけなんですけど、一応今年も終わることですし、まとめていきたいなと思っています。
<物語>シリーズ セカンドシーズンについては明日個別記事が書ければと。


・WHITE ALBUM2

ドロドロの導入編という感じ。消化不良ではあるけど好きな作品。

むしろこれからが本番であると思いますが、その前哨戦としてなかなか面白い人間模様を見させてもらったなって思っています。一応3人でいたいという気持ちがあったんですが、おそらく冬馬だけは2人だけを求めていたのかな…というより単純に雪菜に対して劣等感を持っている感じだったし、勝てないと思っていたからそう見えたっていうのが正しいかもしれませんが。雪菜は腹黒そうな感じはあり、実際に計画じみた行動もありましたけど、最終回の発言が本音なんでしょうね。主人公は優柔不断な感じでこういう系統の主人公は嫌われる傾向にあると思うけど、彼に関しては歴代の人たちに比べたらずいぶん芯はしっかりしていたので、個人的には嫌悪感云々は全くなかったですね。具体的に説明すると長くなるので割愛しますが(笑)まあ少なくともここまでの彼ですけどね。
無性に先が気になりますが、それはゲームでとなるのか、2期があるのか…2期を期待したい作品です。一応未完結な作品なので評価は留めておきますが、楽しみな作品です。

総合評価:B


・夜桜四重奏 ~ハナノウタ~

以前のTVシリーズより面白かった。

TBSでやっていたころに比べて規制面でもゆるくなり、内容的にも見やすさがあったように思いました。特別目立つものもありませんでしたけど、順調に及第点の面白さを積み重ねていった作品だったかなって思います。キャラの可愛さという面でも、うまいことツボをついていたように思います。

総合評価:C


・ぎんぎつね

終始安定していた作品。

基本的に1話完結の話で毎回が最終回のような雰囲気を持っていたいい話が多かったですね。これも地味な印象があり心にとても残るというものではありませんでしたけど、キャラの掛け合い等はなかなか丁寧に描かれていましたし、音楽もいいものがそろっていたと思います。その分少し単調に感じてしまったというのが欠点だったかな。

総合評価:D


・のんのんびより

まったりキャラアニメとして一週間の癒し枠に。

やはりこの枠は重要ですよね。特に凄い展開があるわけではありませんけど、そんな変わらぬ日常を楽しんでいく作品として、今期は楽しませてもらいました。
ドがつくほどの田舎が舞台になっているのか、全体的にも緩やかな印象を持っていて、テンポにしても独特の間を使ったりして終始落ち着いた雰囲気を持っている作品だったかなって思っています。そんなゆったり気分でみんながゆったりしている風呂EDを見る流れはよかったですね。そのEDも印象に残りやすいですし。小岩井さんの歌い方は本当に中毒性があったね。にゃんぱすー。

総合評価:B


・境界の彼方

物語の進展があまり感じられなかった…。

ふりだしに戻ったって感想だけが残ってしまった感じ。当然秋人と未来の関係は近づいたんですけど、そういう恋愛ものとして突きつめていた構成ではなかったですし、なんだったんだという印象を拭えなかったですね。音楽はOP、EDどちらも好きだったし、そういう雰囲気作りはさすが京アニということで期待値もあったんですけど、それだけにさみしい結果となってしまったかなと思います。久々に最低評価をつけたくなる駄作だったかなと。

総合評価:F


・俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している

うん、好き(笑)

いかにもなバカアニメであることは間違いないんですけど、こういうくだらないものはなんか好きになる自分がいますね(笑)普通にキャラも良くなってきましたし、何よりCV中田譲治の唐突な「選べ」、その選択内容の理不尽さや意味不明さ、彗星のごとく現れたしろぶた君とその歌、いずれも自分の笑いのツボを開けていきましたね。10話で終わるのが心底惜しい作品だったなと。ただ、すぐに2期が見たい!って言われるとそういう作品ではないですけどね(汗)良いB級アニメとして今期躍動してくれたかなと思います。

総合評価:B


・ガリレイドンナ

展開が本当に唐突だったなあ…。

いわゆる評価の低い作品に共通して言えるのはシリアスやってるのに意味不明である=視聴者がついていけないということなんでしょうけど(ギャグアニメだとそれは笑いに昇華できるけど)、この作品もそんな感じだったかなと。最終回の逆転裁判に関してはもはやギャグの域に行っていて思わず自分も笑ってしまったところではあったんですけど、基本シリアスやっていてここまで理解ができないとなるとやはり高評価にはならなかったです。ただ、ほっちびとガリレオのイチャイチャ単体については好きでした。あとOPも良かったね。

総合評価:E


・インフィニット・ストラトス2

アニメ本編以外にも評価を落とす内容が盛りだくさんだった気が。

ネットでは結構噂になっていたんですけど、やっぱり原作者があそこまで介入してきちゃダメでしょうね。元々あざとさの塊みたいな作品に原作者の顔がちらつくようじゃ、イライラしか残りませんよそりゃ。
そのあざとい本編も似たような展開ばかりでいい加減うんざりでしたね。一夏の鈍感レベルが天元突破していましたし、ヒロインズ自体は1期で結構描かれていましたからただあしらわれるだけっていうのはやはり見ていて寂しいものでした。とにかく、本当にいろんな要素が合わさった駄作だったと断言したいと思います。最後のほうはこの作品にアンチテーゼを唱えるために最後まで見るという謎の使命感があったほどだったので(汗)見ない事には批判する権利はないですからね。非常に尖った見方をしていた結構珍しい作品。

総合評価:F


・アウトブレイク・カンパニー

パロアニメとして突っ走ってくれたと思う。

容赦ないパロと毒されていく生徒たちの様子は見ていて面白かったです(笑)そしてその毒されていく生徒たちを使ったシリアスへの移行も自然な流れで、今期ではかなり楽しめた作品でした。なので自分は主人公をはじめとしたメインキャラクターより生徒たちサブキャラクターを見て楽しんでいた節があったので、その辺もちょっと変わった見方をしていたかもしれませんね(汗)だからこそ、主人公たちの絡みは古賀沼さんの発言が面白かったって感じにとどまってしまったかも(汗)そういう意味で、このアニメのすべてを楽しめなかったのかな。

総合評価:B


・フリージング ヴァイブレーション

主人公組が空気だったなー(汗)

むしろサブが光る2期ということでよかったのだろうか(笑)相変わらず女性が蔑まれる展開が続いてなかなかに胸糞悪い感じもあり、結局こちらも超展開のうち終わったという印象を持っただけに感じ落ち着いてしまったように思います。3期も匂わせていましたし、いわゆるこの手の紳士枠はクイーンズブレイドや一騎当千もそうのように結構何期かやる傾向にあるからあるかもしれませんね。…楽しみではないけど(汗)

総合評価:E


・勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

いいおっぱいアニメだったのではないでしょうか。

正統派萌えアニメとして今期躍動してくれたのではないかなと思いますね。フィノ可愛かったですし、お決まりだけど笑いありシリアスありなまっとうな作品だったなって思います。テンプレの嵐ではありますけど、キャラがいいとこういうテンプレ展開もやっぱり楽しめますね。OPの印象的でしたし、終わりもどことなくもの寂しさも感じましたし、いい作品だったのかなって思います。

総合評価:B


・メガネブ

何が面白かったのかわからないけど嫌いじゃないアニメ(笑)

いやー強烈な作品でしたよね(汗)もう突っ込みどころしかない作品でしたけど、なぜか嫌いになれないものでした。ほんと、どうしようもないんですけど、でも妙な雰囲気を持っている、バキの言葉を借りるなら「それまで私が見てきたアニメ達とは全く異質な存在感!!!」を放っているものでした。そんなほめているかけなしてるのかよく分からない作品ですけど、実際ダメなアニメだとは思いますのであしからず(汗)

総合評価:E


というわけでこのような結果となりました。評価を見ていただけると分かるかと思いますが、今期はかなりの不作だったと思います。Fが2つつくクールなんてそれこそ今まででもあったかどうかってレベルですし、Eも多くSはないですからね。Aはリトバスでとってあとは物語シリーズとなりますけど、今期はやはりパワーが足りない作品が多かったかなと思いました。
時期は冬となっていきますけど、そんな寒さに負けない熱いアニメを1月からは期待したいですね。というわけで今年も終わりますが、来年もいいアニメに出会えることを期待しましょう。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

 メガネブは幽霊話とラスト2話だけ異質に感じました。思ってたのと違う、というのが正直な所。あんまり眼鏡に愛を感じない、単純なメガネギャグな印象。鯖江まで巻き込んだのに。
 脳コメと勇しぶは初見回避されそうなタイトルから考えると思わぬ掘り出し物だったと思います。最終話の「選べよ」とか、店長の家電無双とか細かな所に笑わされて・・・。
 のんのんとぎんぎつねはホント来週もあるんじゃないかと思う様な終わり方で心地よい反面次の日が辛くなる心憎い作品でした。
 リトバスもしっかり終わってよかった。某動画でネタバレ喰らったけど楽しかったです。

No title

今季でいうとキルラキルと京騒戯画が面白かったです。
おすすめです。

もりそばさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>メガネブは幽霊話とラスト2話だけ異質に感じました。思ってたのと違う、というのが正直な所。

個人的に幽霊話は評価しています。逆に言うとそれだけでしたけど…。この作品もどう接するかで評価はかなり変わりそうですよね。

>脳コメと勇しぶは初見回避されそうなタイトルから考えると思わぬ掘り出し物だったと思います。

自分は結構「長いタイトルの作品は当たりが多い」説を支持しているんですけど、この2つも見事に当てはまってくれたかなって思います。2013年は本当にそれ系で当たりが多かったように思いますね。

>のんのんとぎんぎつねはホント来週もあるんじゃないかと思う様な終わり方で心地よい反面次の日が辛くなる心憎い作品でした。

変わらぬ日常が続くという感じでしたね。アニメの世界ではまだまだ続く世界でも、こちらでは終わりを迎えてしまうという点が現実に戻された感がありますし、逆に言えば日常系の理想的な締めなのかなって思います。

名無しさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>今季でいうとキルラキルと京騒戯画が面白かったです。
おすすめです。

キルラキルは面白いですね。2クールということでまだ評価はしていませんが、上位のアニメだなって思っています。
京騒戯画は見れてないです…(汗)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。