スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-saki-全国編:4話感想

咲-saki-全国編の感想です。

タコスの成長はあった…のか。

やはり最初は強い優希。

速攻系として相手からも研究され警戒されている実力がある優希ことタコス。今回も最初に親ゲットでどんどん攻めていくことになります。まあ毎回ダブルリーチという大星淡みたいな芸当は無理ですけど、無駄ヅモがなかったりとあれよあれよとテンパイできてしまう部分はもう能力に近いものを感じますよね(汗)しかも何も考えずにリーチするわけでもなく、場の流れを読んで臨機応変に立ち回ることもできていましたし、その辺は彼女の成長を随所に感じることができましたよね。
まあ元々タコスの見せ場は序盤に集約されているので、今のうちにいろいろやっておかないと後半は涙目オンリーになってしまう危険性がありますからね…(汗)その辺、飛ばす前半でも考えるようになっていたので、後半も降りるタイミング等いかに点を減らさないかで成長している点がありかもしれませんけどね。そういう面では後半のタコスの動きには注目したいと思います。

しかし咲の世界では主観で進んでいくやつがたいてい振り込んだり負けたりする羽目になっていくのが通例になっていますよね(汗)今回は主に姫松の上重漫がその役割を担っていたわけなんですけど、その辺は強いほうが何を考えているかわからないという怖さを出したいというのもあるでしょうし、そういうキャラほどトランス状態にあるかとかで本当に何も考えていないってこともあるでしょうし。
で、今回それに似た感じだったのが神代小蒔だったのかなと。序盤は本当に不気味な静けさがあった感じで、動き自体はそこまでありませんでしたがかなり堅実に進めていた感じです。そしてまさかの睡眠状態だったということに驚かされましたけど、おそらくこっちのほうが本気モードなんだろうなというのが咲さんの感覚的に正しそうですね。具体的にそういう無意識下でどういうことをしてくるのか今回では分かりませんでしたけど、そういう周りの流れにも全く動じていないさまは、何かあるのは間違いないでしょうね。…しかしこういう能力関係をモニター越しで見ていて普通に感じ取ってしまうのが咲さんの魔王たるところなんだろうな…(笑)

もう一人の気になる存在、宮守女子の小瀬川白望。なんでも迷ったら大きい手になっているという分析結果が出ているようで、感覚的な先見のような能力ですね。これに関しては能力と言っていいのか分からないんですけど、でもあたかも牌操作をしているかのような手を出してくる連中に比べたら全然良識的ではありますよね。安定を取ろうとしたけどあとでツモ牌を引いていくともっと高い点を狙えたっていうのは実際麻雀を経験して何度もあることですけど、その辺を感覚的に知らせてくれるというのは常に高得点とはいかないけど、未来のツモ牌がいい感じなら期待できるというなかなか面白い力だなって思いましたね。ツモ牌を操ってくる空間支配系の能力者たちには敵わなさそうですけど、いわゆる組み立てていく中での後悔するような捨て牌がなさそうというのはストレスがたまらなさそうで快適に麻雀できそうな感じでしたね(笑)…まあ本人はかなりダルそうですけど(汗)
でも分析的には「迷ったら手が高くなる」という表現をしていたのはちょっと引っかかるところ。未来的に来る牌が決まっている中で迷うのか、迷った時点で来る牌が操作されるのか、表現的には後者になるからまたおかしな能力なるんですよなあ。それなら常に迷えばいいじゃんってなりますけど、まあ迷うっていうのは狙ってするものじゃないですからね(汗)

とりあえずタコスの見せ場は今回で終わりそうな感じがあるので、覚醒状態が終わった感のある小蒔が再び覚醒(睡眠)状態に入りどんな力を見せるのかと、白望の力の真相は気になるところですね。漫ちゃんはまあ…解説役として頑張れ(笑)

でもやっぱり麻雀しているシーンはワクワクしますねー。咲の魅力はやっぱりこれかなあ。まあキャラがいいっていうのがプラスされているのは当然ですけどね。あと先週も書いたけどロリ体型=服がはだけるという方程式はもう咲の世界では公式にしていいんだよね?(ぇー)初美ちゃんはあそこまではだけさせるならもう見せてもいいんj(ryでは。


↓押していただけると励みになります。
コメント

九面

小蒔ちゃんには九面の中の一つの神が降りて来ます。(自分では選べない)
画面見てるだけで、それを感じ取れる咲さんも中々のなかなかですね。

No title

シロは眉毛がいいよねぇw

シロのマヨヒガに関しては、あくまでも個人的な解釈として…いやだってさ、
原作組にも謎な能力…ってか原作では特にエフェクトもなく「シロらしい打ち方」としか言われないw
だから昔話風説明パートは完全アニメオリジナル補足である。
ちなみにマヨヒガって単語の初出は、大将戦での霞さんのつぶやきだったろうか…w

「高い手へ至る隠し通路への分岐点」が訪れると何故かお知らせが来る、みたいな感じかと。
いつもなら迷うはずがない所で手が止まるってのは、
見えてはいないけれど別の道があるのを感じ取ったからであり、
そこで迷うと高くなるってのは、そこでの選択を常に間違えないって事。

あくまでも、自発的に牌を操作する能力ではないのが重要、能動的ではなく受動的。
偶然に迷った末に偶然にたどり着いてしまう事から、曰く「マヨヒガ」。
「迷っ(てしまっ)たら手が高くなったようにみえる」って分析は実に的確な表現かと。

枕神・怜ちゃんのように強引に一本道を見渡すような強力なものではないのが趣深いが、
反対に言えば、発動すれば「邪魔が入らなければ」たどり着けるという効率のよい能力。

シロって世捨て人みたいな雰囲気があるからか、
実際に遠野の森を歩いてたらマヨヒガに引き込まれて行方不明者になるだろうなぁとw
基本、人ではたどり着けない場所に迷い込んでしまう…つまり神隠しの伝承だしw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

飛鳥井雅親さん

こんばんわ。コメ返遅れて申し訳ありません。

>小蒔ちゃんには九面の中の一つの神が降りて来ます。(自分では選べない)

いわゆる寝ている間に何かが憑依するみたいな感じなんですかね。選べないとなると何ともランダムで不安定な感じですが(汗)

よしのさん

こんばんわ。コメ返遅れて申し訳ありません。

>原作では特にエフェクトもなく「シロらしい打ち方」としか言われないw

まだ詳しく出ていないということですか…とりあえずこういう傾向にあるという事実はある分、楽しみではありますけど、アニメではかなり描写にこだわって紹介していたんですね(笑)

>あくまでも、自発的に牌を操作する能力ではないのが重要、能動的ではなく受動的。

そうですよね、その辺はあくまで咲基準の世界としては良心的かと。操作ではなく予見であるのみであって、そういう未来にないと意味はそこまでないですからね。十分強さはありますけど。

>シロって世捨て人みたいな雰囲気があるからか、
実際に遠野の森を歩いてたらマヨヒガに引き込まれて行方不明者になるだろうなぁとw

そういう独特な雰囲気を持っているのはなんか興味を持ちますね(笑)こういうキャラでもしっかりキャラ付されているし印象にも残るのはさすがかと。

非表示コメントへの返信です

こんばんは。相互リンクのお誘いありがとうございました。追加させていただきましたのでよろしくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

咲-Saki- 全国編 第4話 「東風」

タコスの大活躍! いつもとは違うじぇ!という流れだったけど結局いつもとあまり変わっていなかったようなw それよりも神代小蒔の能力の謎の方にインパクトをもっていかれてしまった感じでもあったw

咲-Saki-全国編 テレ東(1/26)#04

第4話 東風 大会2回戦の第3試合、初出場校は既に残り2校。その内の1校が清澄だった。 実は要注意人物は清澄の先鋒、片岡優希選手です。大将も要注意ですが、彼女は個人戦歴代ハイスコアを 獲得しています、東場だけですが。しかも起家の確立が異常に高い、能力持ちです。 今回も起家の優希、3巡目でリーチの速攻。小瀬川白望の5索をポンする神代小蒔。優希が自模るはずだった牌は2筒。それでも5筒を自模る優希...

咲 -Saki- 全国編 #04 「東風」

先手必勝!!全国大会のタコスはひと味違う。「咲-Saki-全国編」の第四局。 全国大会第二回戦先鋒戦。 マスゴミの態度とは裏腹にわりと注目されているタコス。 しかしこの写真と棒の指し方は悪意たっぷりだろ。ww 合宿のお陰でメンタルもちょっと鍛えられて押せ押せ。 でもやっぱり先手は取ったものの徐々にペースダウン。 宮守女子の「小瀬川 白望(こせがわしろみ)」や「目を覚ました...

咲-Saki- 全国編 第4局 東風

咲-Saki- 全国編 第4話。 2回戦先鋒戦に東場の神、優希が挑む。 以下感想 ※1/28 修正 ご指摘ありがとうございます。

咲 -Saki- 全国編 第4局「東風」

咲 -Saki- 全国編 第4局「東風」です。 はい、はい、今週もやってきました

咲-saki-全国編4話「東風」感想

露出狂の大本命であるところの国広君を温存してもごらんの有様だよ!! 温存というよりむしろ出すまでもないってとこか? はっちゃんに関しては自己検閲しておきますわ(マジキチスマイル) これとか、普通に着てない風にしか思えん。 つか、水着の跡がくっきりであるが…

咲 -Saki- 全国編 第4話 「東風」

清澄の成長株 片岡優希! それがタコスこと片岡優希に与えられたストーリーである。 成長株と言ったがタコスは清澄の中では2話3話でも言ったけど 何より性格が一番素直なんだよねw ワカメは能力がそのまま成長するタイプだけど相手の顔歪ませるの好きな 愉悦犯だし(ぉ 部長は悪待ちする性格自体ねぇ…w 和は麻雀では自分の世界第一だしw 咲は自分の世界に閉じこもるの大好きな魔王で...

咲-Saki- 全国編 第4話「東風」

東風戦ならタコス、先鋒にはうってつけの子。 本人も自信満々、快調に飛ばし始めましたが。 タコスのスタートダッシュは長続きせず。 この辺はさすが全国大会か。 タコスの勢いを止めたのは永水女子の小蒔ちゃん。 なんと対局中に寝てました^^; しかし、仲間たちの会話から察するに、眠りは彼女の重要ポイントのようで。 現状で一番避けたい状況をコントロール出来る力がありそう。 咲ち...

咲-Saki- 全国編 第4話 「東風」 感想

先手必勝―

【アニメ】咲-Saki- 全国編 第04話 「東風」 タコスが珍しく活躍かと思ったら・・・\(^o^)/オワタ

555 名無しになるもんっ♪ sage New! 2014/01/27(月) 01:38:45 ID:??? ><

咲-Saki- 全国編 第4局「東風」 対話感想!

タコス強い!

咲-Saki-全国編 第4話「東風」感想

咲-Saki- 全国編 第4話「東風」感想   東風をその背に受けて。

咲-Saki- 全国編 第4話 『東風』 早いリーチは一四索(イースーソー)。

というセオリーが通用しない。東場の優希は鬼強い、これは他校にも知られる様になってました。逆に言えば東場を凌げば怖くない訳で。安手で早々と南入させるのは対策として間違ってない。でも優希は合宿を経てパワーアップ。生半可な対抗策じゃ通じない。 今回一番割を食ったのは姫松の上重ですね。優希の研究をして、対策も練ってきた。でも無能力者の悲しさ。他の連中がズバズバ危ないところを切っていく中で一番大丈夫そ...

咲-saki-全国編 第4局「東風」

インターハイベスト16に残った初出場校は2校。うち一校が長野県代表・清澄高校だっ

咲-Saki-全国編 第4話「東風」

咲 -Saki- フェス 四角い宇宙でSquarePanic! [Blu-ray](2013/03/06)悠木碧、東山奈央 他商品詳細を見る  ようやく、本格的に麻雀戦が始まりました。このアニメは特殊能力の使用者が多いです。萌え属性だけでなく、麻雀アビリティでも個性分けをしているようです。美少女雀士が多数おり、それぞれを魅力的に描いていこうとすれば、ゲーム構成を考えるのも大変そうです。片岡...

咲-Saki-全国編 第4話「東風」

第2試合、先鋒のタコスは得意である東風で力を発揮。 迷うほどに強くなる小瀬川白望もその能力を見せ始めるが… 起きたといいつつ、まだ何かを待ってるような神代小蒔が不気味です。 タコスのターンだじぇ(笑) 最初は調子いいんですが、どこまで頑張れるか? 注目される小蒔の能力が気になりますw

咲-Saki-全国編 第4話

咲-Saki-全国編 第4話、「東風」。 コミックは未読、アニメの無印および阿知賀編は視聴済みです。 先鋒戦開始。

咲-Saki- 全国編 第4話 「東風」 感想

順調だじぇ! 東場のうちに稼がないとですね。 にしても・・・ポンでツモ上がりと三色潰すって(^^; 全国は化け物多そうです。 公式サイト http://www.saki-anime.com/ http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/saki3/

咲-Saki-全国編 第4話 東風

優希の東発の起家で始まる先鋒戦。 意外にも姫松高校が警戒しているのは小蒔ではなく優希で、漫もチームの方針に従い、優希を警戒。 勿論、小蒔は強いからマーク ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。