スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲ーsakiー全国編:9話感想

咲ーsakiー全国編の感想です。

副将戦終了、そしてついに大将戦へ…。

薄墨初美の役満炸裂、そして大将戦でも能力の応酬…(汗)

…うん、大将戦は絶対に打ちたくないなと思う流れだったなって思いますよ(汗)魔王咲さんの試合は久々ですけど、やはりさも当たり前のように嶺上開花をするのはやっぱり異常ですな。しかも役は基本それだけで待ってるしね(汗)最初に和了したのはあくまでドラがついていただけでしたし。

というわけで今回もいろいろと見せ場があった咲。まずは副将戦ですけど、一発どでかい爆弾を持つ薄墨と、その他3人は堅実派という状況だったのか、まさにその打ち方が如実に表れた結果だったなって思いますね。和をはじめとする3人は着実に点数を積み重ねていき、何度も放銃したり自分の得意な北家で傾向を読まれていたせいか役満を和了させてくれなかったことで最下位かと思いましたが、最後の最後で役満の四喜和で念願の和了。見事に盛り返して、結局最初とさして変わらない状態で上につなげることとなりました。
…しかし和ののどっち状態の落ち着きっぷりたら…。そんなオカルトありえないということで明らかにおかしい状態が起こっていても冷静に処理する彼女。戦局に左右されず自分の麻雀を打つことができるのはいいことなんですが、それこそ空間支配系でヤバいやつと当ったらいいカモにされることもあるんじゃないかと心配…まさに今回の大将の一人である姉帯豊音とはかなり相性が悪いんじゃないかなと(汗)

ということで大将戦ですが、その豊音はまず雰囲気からしてそれまで見てきた咲の雀士とは全く異質な存在感を放っているんですけど、試合になってその能力というのもまた特殊なものでした。それは追っかけリーチをすると先にリーチをかけた側のツモ牌で一発和了できるという何とも精神的に堪える能力。末原も何度か試していましたけど、すべて放銃したこととなり最初の勢いはどこへやら状態に。…そのあと1回というのが命取りということなんですな…。欲張りは破滅するということを体現してくれたよき反面教師ということにしておきましょう(ぇー)てか末原さんマジで戦犯コースなんだろうなあ…(汗)

まあ末原さんは間違いなく一般人でしょうから、いわゆる化け物揃いの卓についたのが運のつきということで諦めるしかないかもしれませんな(汗)咲は平常運転の嶺上開花ですし、それを無表情で行えるすごさ、そして槓ができるツモ牌が分かるという部分でも驚かせてくれましたね。さすが魔王、話題に事欠かない。
霞さんはまだ能力があるかどうかは分かりませんけど、雰囲気的には間違いなくありそうだからなあ。彼女も神事的な能力を持っているんでしょうかね…。いかんせんまだ彼女は一回ツモをした姿しか目立っていませんので、まだ何とも。とりあえずめちゃくちゃ礼儀正しいということは分かりましたけど(笑)いろんな意味で愛宕姉と逆を行く感じがしています。

というわけで久々の魔王さんの麻雀に笑わせてもらったところで豊音の強さも気になるところ。追っかけリーチはそれこそ対策されてしまったらどうしようもないですが(リーチを縛れるという点では強力かもしれないけど)、だからこそ「これだけではない」という雰囲気もしているように感じました。さらなる彼女の本領発揮も楽しみにしたいなって思います。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

姫松は先鋒のでこだけが能力者でそれ以外は無能力者だよ。

霞さんは本家の巫女(神代)でも降ろせないやばいのを降ろせます。
なので控え室を出る時に仲間に言った意味は祓う準備をお願いという意味なんだよね。

No title

>それこそ空間支配系でヤバいやつと当ったらいいカモにされることもあるんじゃないかと心配…
今回の展開でもそうですが和はリッツのお気に入りなので毎回プラス収支で終わるんですよね
そのへんが理由で全国編から清澄ファンが減ってるきらいがあります(´-ω-`)

優希・まこ・部長の試合は面白いですけど副将大将戦は絶対勝つって分かってるようなもんですからね、あと塞さんに感情移入しちゃう人が続出したのも反感を買った理由ですが(;´∀`)

準決勝では逆ヤマから上がってきた臨海と戦うのでさすがに準決勝ぐらいは副将戦で和が収支マイナスになって咲さんが夫婦…じゃなかった友情パワーで挽回するとかの展開入れて欲しいなぁ
あ、でもまた原作休載休載で中堅戦終わる気配が一向に…


>豊音はまず雰囲気からしてそれまで見てきた咲の雀士とは全く異質な存在感を
姉帯さん、公式によると身長がプロ野球の阪神ルーキー藤浪と同じ197cmなんですよね。で、でかい…ww
宮守は岩手代表ってことで遠野物語や民話をモチーフにしたキャラ設定のようです
シロの能力の「迷い家」とか、胡桃の外見が座敷童子みたいだとかね
姉帯さんはデイダラボッチや八尺様がモデルなのかな?

しろくろさんの仰る通り彼女の本領発揮はまだまだここからなので、いつもの様に能力飛び交う異次元麻雀を楽しんでやってくださいなw

mさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>姫松は先鋒のでこだけが能力者でそれ以外は無能力者だよ。

そうなんですね。全国となると能力もちがデフォになってくるイメージがどうしてもしてしまうというのがありましたので(汗)

>霞さんは本家の巫女(神代)でも降ろせないやばいのを降ろせます。

なるほど…自分でも制御できない感じなんでしょうか。ヤバい連中に囲まれていますけど、それらを凌駕するのか楽しみです。

黒辻さんは俺の御主人様さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>今回の展開でもそうですが和はリッツのお気に入りなので毎回プラス収支で終わるんですよね

なるほど…まあダブルヒロイン的にはそうなるということなんでしょうが、確かに副将大将が勝ち確定っていうのはあれですな…(汗)

>副将戦で和が収支マイナスになって咲さんが夫婦…じゃなかった友情パワーで挽回するとかの展開

そういう展開は普通に作れそうなんですけど、というか自分もそういう展開を予想しているんですけど、和は我が道でなんだかんだで勝っていくというスタイルで終始いくんでしょうかね。

>姉帯さん、公式によると身長がプロ野球の阪神ルーキー藤浪と同じ197cmなんですよね。で、でかい…ww

それはでかい(笑)女子となると一段と存在感が増しそうですね。バレーとかをやったほうがいいんじゃないか…。

>宮守は岩手代表ってことで遠野物語や民話をモチーフにしたキャラ設定のようです

そんな設定があるんですね。そういう設定があるキャラやチームは基本優遇されそうですし、能力にも関係してきそうですね。

>いつもの様に能力飛び交う異次元麻雀を楽しんでやってくださいなw

大将戦ということで後腐れなくじゃんじゃん行ってほしいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

咲-saki- 全国編 第9話

「出撃」 いってらっしゃい

咲-Saki-全国編 テレ東(3/09)#09

第9話 出撃 臼澤は3位、2位も狙えるだけに初美を塞ぐのを 辞めるのも良いかと考える。東一局2本場、永水の初美は東、北をポン。親が警戒しないなら振り込む可能性も高いと考える。振り込んでしまえと塞がない。しかし流局、小四喜で聴牌していた初美。それも偶然ですと異常と思わない和。 臼澤は頑張れ私と和了。未だノーホーラの永水。姫松の絹恵が好調に和了して南入。最後の北家も能力を発動しない宮守の臼澤。和...

咲-Saki- 全国編 第9話「出撃」

臼沢さん体力の限界、最小限のリスクに抑える作戦に方向転換。 のどっちがはっちゃんに振り込んでくれれば文句なし、ツモでも大きく点数を削れる。 結果、はっちゃんは執念の小四喜をツモアガリ。 臼沢さんが塞がなかったら、確実に4回スーシーホーあがってたか。 しかし128000モノにしても、はっちゃん他の局で結構高い点数取られてたし、トップになれたかは微妙なところ。 臼沢さんの能力の痛い...

咲 -Saki- 全国編 第9局「出撃」

咲 -Saki- 全国編 第9局「出撃」です。 先週はインフルエンザで休んでいて

咲-Saki- 全国編 第9話 「出撃」

「さあ・・・振り込め清澄!」 宮守副将の陰謀のイメージ絵のどっちw 試合の方は思ったよりも押されたまま終わってしまったのどっちだけど総じて見れば安定感あるうち回しで若干のプラスでやはり相手に関わらず力を発揮して長期的に見れば確実に点数を積んでいくというところがのどっちのデジタル打ちの真髄か。

咲-Saki- 全国編 第9話 「出撃」 感想

真打登場―

咲-saki-全国編 第9局「出撃」

・インターハイ2回戦第3試合副将戦永水女子 薄墨初美(3年)宮守女子 臼沢塞(3

【アニメ】咲-Saki- 全国編 第09話 「出撃」 のどっち地味に終了! 末原さんカモられてるよーw

4806 名無しになるもんっ♪ sage New! 2014/03/10(月) 01:39:03 ID:??? のどっちwwwwwwww

咲-Saki-全国編 第9話「出撃」

副将戦決着へ。 初美の能力を抑えていた塞だが、清澄との点差を考え封鎖を解く。 直撃を受ける和だが… いよいよ大将戦まで進行。 主人公、咲さんの嶺上開花が炸裂ですねw すごく久々に見た気がします(笑)  

咲-Saki-全国編 第9話 出撃

和に初美の役満直撃となれば2位との差が縮まると、塞ぐ事を止める事を決める塞。 後半戦の南場、最後の初美の北家で、ついに役満・小四喜が、オカル ...

咲-Saki- 全国編 第9話 『出撃』 オカルトじゃなくて偶然です。

中々の偶然ですね。三回目の薄墨北家では自身の負担と清澄の振り込みに賭けて能力をセーブした塞。でも薄墨が上がれない。必ず上がれるほど強力な能力じゃないんですね。そして小四喜テンパイを見ても和は「偶然」で済ましちゃう。ああ何かこのまま終わっちゃいそう。 と思ったらラス北家でそれは来た。今回の薄墨、東はポンして北は自分で持ってた。必ず他家から鳴かなきゃいけない訳じゃないんですね。つまりこれまでより...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。