スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# Fate/stay night:11話感想

Fate/stay nightの感想です。

やっぱ士郎って…。

士郎は「自分のため」という気持ちが欠如しているのか…。

やはりこの子、狂ってますわ。まあ狂い方としては悪い方ではないかもしれませんけど、おおよそ人間としての心を持っていないという意味で、狂っているなって思いますね。誰しも生きている中では、自分のために生きているという部分があって、その部分が完全に欠如しているのは、人間らしさというものがありませんよね。今までも自分はそういうきらいがあるようなことは書いていましたけど、今回は劇中の人物についに指摘されてしまいましたね。

この話は後にアーチャーにも言われますが、人助けだけの道には基本未来はないですよね。他人のために尽くすことに喜びを感じることは、その場その場ならいいのかもしれませんが、いざ自分自身を振りかえってみたとき何が残っているのかということですよ。どうも士郎の生き方は上記の意味で、勉強で言う一夜漬けを繰り返す人生にしか見えなかったです。アーチャーの言うとおり、偽物だと思いますよ。

あのアーチャーのシーンを見ても、士郎は全く感化される様子もなく、むしろ否定的である以上、この自分の正義観に揺らぎはないんでしょうね。なんていうか、士郎はあの厄災の生存者ではあるんですけど、人としての士郎はあの時に死んでしまったということかなと思いました。

まあ少し歪曲してますが、命の恩人であると同時に師匠でもあり父でもある切嗣に憧れるのは当然だろうけどね。切嗣を持ち上げるときのセイバーの表情がなんともいえないけど(笑)実際セイバーはどんな気持ちなんだろうね。「いやあいつはダメだよ」と思っているのか、それとも士郎の評価から考えを改め始めているのか。いずれにせよUBWでは明確に語られそうにないけど(汗)

まあそんなわけで素直に凛を楽しみたいところですが、こうやって士郎の生き方を心配したりと凛もかなり士郎への歩み寄りを見せていますよね。約束すっぽかした時の表情とか士郎以外にしない顔だろうし、家には押しかけるし…、おそらく周りからはエリートだし魔術師であるから冷徹なイメージでかなり近寄り難い存在(隠れファンとかたくさんいそうだけど)として見られているかもしれませんが、こういうのを見ると人並みに女の子ですよね。やっぱり、士郎とは正反対だなと思いますね。士郎は一見普通だけど突き詰めていくほど異常性が見えてくるわけだしね。

というわけで、今回は1クール目最終回に向けた溜め回でしたが、キャスターとの戦いがクライマックスになりそうです。投影の力を使って半身が言うことを聞かない状態だった士郎ですが、いわゆる筋肉痛みたいな症状だったということで、アーチャーに治してもらってさらにパワーアップしそうです。同じ経験があるという言葉から前回予想した根拠がまた出てきたように思いましたが、まあこれについては1クールお預けになる前に分かりたいところですね(笑)次回は1時間ですし、楽しみにしたいと思います。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

>いざ自分自身を振りかえってみたとき何が残っているのかということですよ。

寧ろ自分を切り売りしているのが士郎w

「自分だけ助かってしまった」という事実が常に士郎に付き纏い、今も苦しめる。
心にポッカリと空いた穴、決して解消されることのないであろう罪悪感に苛まれる士郎は、
だが「正義の味方」という借り物の器を宿すことにより、一つの方向性を得たのかも。
つまりは贖罪。
全くもって人としての欲が欠落していると評される士郎ではあるが、
心の穴を埋めたい、救われたい、と願う強烈な強迫観念があるのだとすれば、
…それは「我欲」であるのかもしれない。どうだろね?

ちなみに、某物語の中年曰く、
そこに本物になろうという意志があるだけ、偽物の方が本物よりも本物だ…とか。
それが単なる戯言かどうかはともかくw
偽物のまま終わるのか、本物をも凌駕するに至るのか…全ては士郎次第とは言えるかと。

ネタバレ自重できないのかね

管理人ってホントは原作内容知ってるんじゃないの?
アーチャーは偽物なんて一言も言ってないしその言葉は劇中後半に出てくるものだし
まあこんだけコメント欄でネタバレされてちゃ知っててもしょうがないのかもな

アーチャーは偽物なんて一言も言ってないし
→アーチャーは「偽り」とは言ってますよ。

まぁ、自分もこのコメント欄のネタバレ自重しない人達はどうかと思いますが。

No title

長らくコメントがかえせていない状態ですが、この欄に関しては干渉させていただきます。

>管理人ってホントは原作内容知ってるんじゃないの?
アーチャーは偽物なんて一言も言ってないしその言葉は劇中後半に出てくるものだし

そのように変に邪推されるのは自分としては寂しい限りですが、アーチャーの言葉に関しては、劇中の言葉と自分の考えが合体して「偽物」と表現してしまったので、それは申し訳ありませんでした。そのあたりも、初見だからこそ言葉一字一句の重みみたいなものを理解していないと捉えていただけると幸いです(「偽物」という言葉が後半劇中で使用されると分かっていれば、ここでは逆に使わないと思うという意味で)

ネタバレに関しては、Zeroの時もそうでしたが、やはりFateという大きな作品はファンが多いということを思わせてくれる状況ではあります。ただ、決定的なネタバレはありませんし、その辺を考えてくださる常連の方も自分は知っていますので、そこはまずHNを見て判断をしていますので大丈夫です。むしろ、いわゆる「名無し」の人は第三者に大丈夫か判断をしてもらったこともありますし、その辺の対策はしていますので大丈夫です。細かいネタバレはあるかもしれませんが、自分は実はサッパリな部分がほとんどですので。Zeroも全部見終わった後にコメ欄を読んで、やっと理解できたことというのもありました。細かいという話ですと、揚げ足を取るようで申し訳ありませんが、偽物という言葉が劇中後半で使われるというのも、ネタバレになってしまいますからね。その辺は難しい部分ではあるかと。

とにかく、コメ欄の雰囲気が悪くなるような事態はやめていただきたいなと思っています。よろしくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fate/stay night [UBW] 第11話 「来訪者は軽やかに」

「丁度良かったわ。私もお昼まだだったから、よろしくねっ♪」 押し掛け女房凛が可愛いw そして強引に上がりこんだ上にさも当然のようにおねだりで押し切ってお昼ごはんまでいただいてしまうところもらしいというかw

Fate/stay night UBW 第11話「来訪者は軽やかに」

【Amazon.co.jp限定】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I(メーカー早期予約特典:武内崇描き下ろしイラストA3タペストリー付)(描き下ろしB1布ポスター、CDサイズスチールケース付)(完全生産限定版)(2015/03/25)不明商品詳細を見る 士郎さん 投影を行った反動なのか、左半身が麻痺してる...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。