スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミSS:10話感想

アマガミSSの感想です。

止まらない変態教官。

純一と紗江が出会って3週間経ったころにはなんとか自動販売機とお話ができるまでにはなっていました。

そしてそこからステップアップとして今度は食堂のおばちゃんと話すということで注文をするという試練。
始めは困る紗江ですが、純一の言葉によって行く決心をつけます。

純一「大丈夫!取って食われるわけじゃないし、むしろ昼ごはんを食べるのは僕達だよ!」

ナレ「意味不明である。」

全くだ(笑)

純一は一体何を言っているのだろう(汗)というか純一自身もそんなに経験豊富な人生送ってきてるはずが無いのにこの自信はどこから来るのだろうか。それにひょいひょい乗っかる紗江も紗江だけど(汗)
…まあ紗江の場合は自分自身が世間に疎いことを分かっているから、このような自身が満々な人を見ると頼れると思ってしまうんだろうなあ。

というかもう紗江が「教官」と呼ぶのは決まってるのね(汗)

これが地味に笑いを誘うんだよなあ(汗)教官教官言っててなんかツボに入ってくるから困る(笑)

自動販売機には話せてもまだ対人は早すぎた紗江。結局注文できません。そこでおばちゃんたちを自動販売機だと思い込んで話をすることにして、それでなんとか会話に持ち込むことが出来ました。

自動販売機の経験の無駄遣いだろ(汗)

その発想は無かった(汗)そしてそのイメージ視聴者にまで巻き込ませるとは、なんか紗江編のスタッフは今までのスタッフから一新されたように見えるよ(笑)まるでノリが違うように見えます(汗)

そして次はなんと早着替えの特訓だと。いやいやいくらなんでもぶっ飛びすぎでしょ(汗)
だけどそれが必要だと力説する純一。相変わらず「意味不明である」なんだけど、この自信満々な言い草からして紗江は納得してしまうんだろうなあ。こういう何も恐れない自信が、純一の変態紳士としての威厳を助長しているんだろうな(笑)

そして始めてしまいますが、隠れて着替えてと言っているにもかかわらず、なんとか覗こうと必死になっている純一が滑稽すぎる(笑)まあさすがなんですけど(汗)
そして水着になった紗江が純一に倒れ掛かってきてその姿が美也に見られると…、お約束ですね。

そういうわけでAパートから絶好調な変態さんですが、ある雑誌を見ながら、

純一「うん、特別特訓の場所が決まったな…」

こいつの思考には際限がないようだな(汗)

また考えたのか(笑)この時点でちゃんと付いていけていないのに一体これ以上何をするのやら(汗)

そしてBパート、来たのはとある温泉。ここは様々な温泉を楽しめる施設のようですね。
今回2度目の紗江に水着姿。今度はより下着らしい感じ。これは美也が純一の好みに合わせたみたいです(笑)そして視聴者のことを考えて水着姿にならない純一。お前は何と戦ってるんだ(汗)

その中で行ったのが魚で角質とかを取る温泉。これ自分は入ったことが無いから分からないけど、そんなにくすぐったいもんなんでしょうかね?というか紗江に至っては感じてるし(笑)

そしてこれを特訓とした純一。

もはやこれはバイトの面接となんの関わりがあるかを是非説明してもらいたい(汗)最初からそうだったけど、やはり純一のこの特訓の目的は完全な自己満ですよね(汗)そして見すぎてのぼせてるし、てか足湯でのぼせるって相当だな(笑)

家では人生ゲームみたいなやつで遊んでいたけど、これほどまでに性格を反映させるのもなかなかすごいと思うのだが(笑)というかZ指定とか書いてあるマスなんて作るなよ(汗)

遅くなったので紗江は泊まっていくことに。服は美也が貸してくれましたが、それを見た純一はまた違った感じがしてもう一人の妹としていいと。しかし紗江は妹では嫌だと純一に告げました。

えっ?惚れちゃったの?(汗)

あんなプレイさせられて惚れちゃうとかなんかすごいな(汗)紗江の性格上憧れというものだったらまだ分かるけど、もう恋心までいっちゃいましたか。


とりあえず酷いトックン回だった(汗)

うん、今のところ一番変態振りを存分に発揮したのはこの回が最高でしょうね。なんか初期で驚いていた膝の裏舐めが生易しく感じられてきたよ…(汗)

というか最近作画がマズくありませんか?あまり作画は気にしないんですけど、なんか安定してないと思ったんですが。どちらかというと今回は作画に気合を入れないといけない回だったと思うんですけど(内容的な意味で)

それにしても今回の紗江編の終着点が見えないなあ。バイト受かったら終わりってわけではないと思うけど。というかまだ特訓は続くんだろうか…(汗)では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

 橘さんのメタ発言に笑わせてもらいました。こっち向くなwとテレビに突っ込んでしまいました。
>作画
 アップの作画は気にならないのですが、引いたときはちょっと・・・足湯の辺りは酷かった様な。

もりそばさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>橘さんのメタ発言に笑わせてもらいました。こっち向くなwとテレビに突っ込んでしまいました。

純一はなんか紗江だけではなく、視聴者にまで同意を求めようとしてくるような節もありますよね(汗)我々では到底理解できないし、第一発想自体がでないんですけどね(笑)
これが凡人と変人の差か(汗)

>アップの作画は気にならないのですが、引いたときはちょっと・・・足湯の辺りは酷かった様な。

作画が一番手を抜きやすい時がおそらくその引きの時ですからね。気にならない時は全く気にならないんですけど、一度気になりだすと違和感を感じ始めてしまうんですよね…(汗)
足湯の場面って本来頑張らないといけないところですけどね(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非表示コメントへの返信です

こんばんわ。コメントありがとうございます。

こちらこそいつもTBでお世話になっています!
このたびは相互リンクのお誘いありがとうございました。こちらはリンクを完了させましたのでよろしければ確認をお願いします。

今回のアマガミの作画は個人的にちょっといただけないかな(汗)作画が気にならない回ならいいんですけど、今回は内容的に作画が大事な回だったと思いますからね。
紗江編から気になりだしたので、紗江の人気アップのためにもアニメも貢献してもらいたいものです(笑)

それではこれからもよろしくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アマガミSS 第10話「中多紗江編 第二章 トックン」

「より実践に近い状況での特訓が役に立つんだ!」 放課後の着替え特訓だとか、少し遠出の特別温泉で特訓だとか……今回も純一の変態的な...

「アマガミSS」第10話

  中多紗江編第二章トックン温泉特訓。運命の歯車が回り出して3週間が経過・・・中多はコミュニケーション能力が上昇するも、相手は自動販売機純一は、次は食堂のおばさんと会話...

アマガミSS 第10話 「中多紗江編 第二章 トックン」 感想

痛い、痛すぎる―

アマガミSS 第10話

第10話『中多紗江編 第二章 トックン』アマガミSS 5 中多紗江 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)今回は・・・特訓の話ですね。

アマガミSS 第10話  トックン

アマガミSS  第10話  トックン 原作 : エンターブレイン 『アマガミ』 / 監督・シリーズ構成 : 平池芳正 脚本 : 木村暢・待田堂子 / キャラデ...

アマガミSS第10話中多紗江編第二章トックン

【こうして少年に背中を押された少女は食堂のオバさんとの会話という、未知なる領域に足を踏み入れる事になったのだった】ラスボスが食堂のオバさんなんですねわかります(`・ω・´)...

アマガミSS~第10話 感想「中多紗江編 第二章 トックン」

アマガミSSですが、橘純一教官による中多紗江への厳しい特訓は続きます。自動販売機に話しかけたり、食堂のおばさん型自動販売機と会話を成立させるなどの試練をのりこえ、紗江の人見知りも少しずつ克服されていきますが、純一や美也とは最初から普通に話しています。 教...

アマガミSS 中多紗江編 第二章 『トックン』(感想)

記事はこちら

アマガミSS 第10話 「中多紗江編 第二章 トックン」

変態紳士から変態教官へジョブ進化した純一 当然のように教官プレーは継続中~~ 三週間の特訓の成果・・・自動販売機と話すところまで行った って三週間でこれだけですか?・・・病院行った方がよくない? そんなわけで次は食堂のおばちゃんとの会話という未知も領...

アマガミSS #10 中多紗江編 第二章 トックン

アルバイト面接合格を目指して特訓! 特訓!  グラマラスボディご開帳です。

(感想)アマガミSS 中多紗江編 第二章「トックン」

アマガミSS 中多紗江編 第二章 「トックン」 もはや純一が、いたいけな純情少女を弄んでいるようにしか見えない・・・ でもどうして・・・...

アマガミ SS 第10話 感想

 アマガミ SS  第10話 『中多紗江編 第二章 トックン』 感想  次のページへ

アマガミSS 第10話「中多紗江編 第二章 トックン」

成長する心。

アマガミSS 10話「中多沙江編 第二章 トックン」【感想】

橘と中多さんの恥ずかしさを克服する日々は続く。 自動販売機で、食堂へ、温泉へ、そして橘の家へ・・・。 中多さんの特訓編その2。 中多...

アマガミSS #10

【トックン】 アマガミSS 5 中多紗江 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)出演:前野智昭販売元:ポニーキャニオン発売日:2010-12-15クチコミを見る ※叔母さん達は本当に自販機なわけではありません! 

アマガミSS・第10話

「中多沙江編 第二章 トックン」 沙江と純一の出会いから2週間。バイトの面接の特訓は進むものの……相手が自販機だったりもする。そん...

アマガミSS 第10話

アマガミSS 第10話 『中多紗江編・第二章“トックン”』 ≪あらすじ≫ 純一と紗江が出逢って三週間。その後も続けられた“トックン”のお...

アマガミSS 第二章(10話) 中多 紗江編  「トックン」 感想

「あっダメっ 足、足の・・・ 指のあいだに入ってきて・・・っ」 TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ3 「あなたしか見えない」(特別...

アマガミSS 第10話「中多紗江編 第二章 トックン」

TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ3 「あなたしか見えない」(特別盤)(2010/09/15)中多紗江(今野宏美)商品詳細を見る ナレーターはいらない...

アマガミSS 第10話 「中多紗江編 第二章 トックン」

紗江の特訓継続中~。 コミニュケーション能力は上がりました…ただし自販機となら(^^; 食堂のおばさんも自販機と思えば…イメージ能力...

アマガミSS 第10話「中多紗江編 第二章 ト...

アマガミSSの第10話を見ました。中多紗江編第二章 トックン一年生の中多紗江は、アルバイト面接のために純一と特訓を行ない、自販機だけなら何とか喋れる状態から食堂のおばさんと...

アマガミSS 第10話【トックン】 感想 橘パワーで紹介

今回も橘パワーで感想書くじぇ( ´∀`)つ今回もやばかった。しかし今回は、橘パワーがあみだしたオリジナル想像が出来る仕様になってるぜ!!

アマガミSS 第10話「中多紗江編 第二章 トックン」 感想!

くっそー、アマガミはやはり甘い!

アマガミSS 第10話 『中多紗江編 第二章 トックン』

相手が人でなく自動販売機の場合、接客能\力?が向上した中多紗江。前回よりも進歩していますが、人でなく機械だとコミュニケーション能\力がアップはしていません。

アマガミSS 中多紗江編 第二章「トックン」

純一、笑わせすぎw Aパートはアゴが外れるかと思った。息継ぎする暇がないw

アマガミSS 10話“中多紗江編 第二章『トックン』”

『橘純一と中多紗江の、運命の歯車が動き出してから三週間が経っていた』

アマガミSS 第10話「中多紗江編 第二章 トックン」

橘さんとの特訓の末中多さんはコミュニケーションに能力は合格レベルに達したらしい 相手が自動販売機に限りだが… これはつまり自販機で...

アマガミSS 第10話 「中多紗江編 第二章 トックン」

  どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!    三           三三         /;:"ゝ  三三  f;:二iュ  三三...

アマガミSS 10話「中多紗江編 第二章 トックン」

妹の友達に「教官」と呼ばせてる純一さん、変態すぎだなw TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ3 「あなたしか見えない」(特別盤)(2010/09/1...

アマガミSS 第10話「中多紗江編 第二章 トックン」感想

純一の相手をすること自体が、 一番の特訓だよね。

アマガミSS 第10話 「中多 紗江編 第二章 トックン」

可愛い妹の可愛い友人と楽しい教官ゴッコ「アマガミSS」の第10話。 アニメの公式HPの他に公式応援サイト「~輝日東高校へようこそ~」も...

アマガミSS 第10話「中多紗江編 第二章 トックン」

エビコレ+ アマガミ 特典「アマガミ -Various Artist- 0」付PSPでちょうどやりたいなぁ~と思っていたので、ナイスタイミングです! さて、今回...

アマガミSS 第10話 「中多紗江編 第二章 トックン」

橘教官、後輩の喘ぎ声を聞いて欲情する。

アマガミSS 中多紗江編 第二章 トックン レビュー キャプ

純一と紗江の特訓は続いていた… 少し進歩は見られる・・っていっても、自販機相手にしゃべる くらいしかまだできないのだが、そろそろ本当に食堂の おばさんと会話してみる事になる。 っていうか・・まだ、純一の事を教官って 呼んでいるんかい!! もうデフォルトで教...

アマガミSS 第10話 中多紗江編 第二章 「トックン」

アマガミSS 第10話 中多紗江編 第二章 「トックン」 感想だよ 教官! なんで早着替えをしなきゃいけないんですか? え~っ!ここで...

アマガミSS 第10話 『中多紗江編 第二章 トックン』 感想

純一のマインドコントロールのテクはすごい。アマガミSS 第10話 『中多紗江編 第二章 トックン』 の感想です。

アマガミSS  第10話「中多紗江編 第二章 トックン」

教官プレイ最後まで続ける気…か?(^_^;) 緊張しいの紗江ちゃんは学食のおばちゃんとも満足に会話できず。 自販機相手ならおk? 食堂のおばちゃんもまさか自販機にされてるとは思わなかったろうなあ …薫ちゃんがホントただの悪友に戻ってる…ねえ… ヒロイン?...

アマガミSS 第10話 「中多紗江編 第二章 トックン」 感想

アルバイトの面接のために、訓練を続ける純一と紗江。 食堂のおばさんと少し話が出来る程度まで成果が出てきた。 そんな折、ある放課後純...

アマガミ #10「中多紗江編第二章 トックン」

総評!中多さんの不人気の理由が理解できた気がする最初からずっとわからなかったんですよ。中多さんの不人気の理由が。でも、今回を見てはっきり確信しました。中多さん自体は控えめ...

笑っていいのやら悪いのやら(ストライクウィッチーズ2とか会長はメイド様!とか)

【あそびにいくヨ! 第8話】アオイさんと真奈美さんが森の中で模擬戦を行う話。今回の模擬戦とその前のリビングでの格闘戦をみる限り、アオイさんと真奈美さんの戦闘能力は互角っぽいですね。実戦経験がある分、アオイさんの方が戦闘能力は上…ってのをどこかで見?...

アマガミSS 10

第10話 「トックン」変態紳士の暴走は続きます。というか、今回は中多さんもかなり積極的だった感じ。 そしてジョージおもしろすぎ(笑)どこぞの銀行ご一行番組と違って、キャラの...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。