スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会長はメイド様!:26話感想&総括

会長はメイド様!の感想です。

花火ってキスフラグだったんだな。

さて、全く最終回だという緊張感が無いまま始まったメイド様!。
ステージに押し寄せる波を振り切り、美咲と拓海は2人で行動することに。拓海は途中何人もの女に追っかけられていましたけど、イケメン曰く、「花を咲かせる」と寄ってくるのだとか(汗)なんだそれ(笑)

そして裏に隠れた2人だけど、もらってきた団子を腹が減っていた美咲は素直に食べました。

おいこのシーンやばすぎだろ!!(笑)

このシーンは思わず悶絶しそうになったよ…久々だよこんなの(汗)
そして美咲に対しても花を咲かせていましたね。この能力がイケメン具合をさらにレベルアップさせているというわけか…、美咲の恥らう感じがイイね!

校舎の中にあったのはラブトライアルという出し物。全ての場所を手を繋いで歩き回れたらクリアで、チケットをもらうことができるんだとか。基本的には興味なさそうな美咲ですけど、拓海の一存で強制的に参加させれられることに。手を繋ぐってのがポイントですね!(笑)

最初のラーメンのところは片方が大盛りを食べきるというものですが、これは基本的に男がやるものなんですが、岬が挑戦することになり周囲はビックリ(汗)その後も非常にたくましい美咲何でもできる万能な拓海のコンビには弱点が存在しないので破竹の勢いで突破していきました。
おかげでになり最終的にはギャラリーを数多く従えることに(笑)どこの有名ゴルファーだ(汗)

その頃メイドラテ。ふわふわした作画で3バカが美咲を待っていたようですが今日はいませんからね。

そして極度のリラックスで人間をやめた3バカ(笑)

完全にスライムになってしまいました(汗)どんだけこいつら境地に入ってるんだ(笑)
思えばこの3バカも始めはまともにヤンキーやってたよなあ。それがいつの間にかスライムだもんなあ(汗)人ってどうなるか分かんないね(笑)

楽しかったと素直に言えない美咲。拓海に聞かれてもまだツンツンしてます。しかし繋いでいた手を離されたときに思った感情。これがクライマックスに続きます。

一方ユメミシのライブは始まっていました。まあギターとかの指の動きとかは目をつぶるとして…歌自体は結構良かったと思うよ。フル聞いてみたいって思った。高校生がやるバンドっぽかったよね。

ユメミシのライブは終わったけど、まだ帰りたくないさくら。なんとリーダーから文化祭を回ろうとのお誘いがあったので相当テンパっていました(汗)
そしてばったり会った美咲とリーダーさん。美咲はまだ信用して無かったけど、さくらの言葉を信じたいのだと。しかしその答えを見ると確かに変わったように感じた美咲でした。
そして我慢させるなよと言われた美咲。我慢…ねえ…。

後夜祭ではロミオとジュリエットの衣装を着て参加しました。そして花火を見るために教室へ。
ここで美咲が先ほど言われた我慢しているのかという話を持ちかけました。

おいおい、それは女が男に言うことじゃない(汗)

場合によっちゃ飛びかかってこられるぞ(笑)美咲さんはやっぱりピュアガールなんですね。
しかしその発言にやっぱり入り込んできた拓海。そして確信的な一言を。

拓海「ねえ、鮎沢こそ、我慢してない?」

この言葉に美咲さんが覚醒。自分が思っていたことを言いました。やっぱり、美咲は拓海のことが好きになっているということを認めたくなかったんですね。変態だしね(笑)
でも先ほど手が離れた時に感じた喪失感が、自身が自身を偽っているって思わせてくれたんでしょうね。

そしてついにキスきましたよおおおおおおおおおおお!

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

あああ、いいねこれ、なんか拓海の家庭事情の話とかの今までの気になってた設定なんかどうでも良くなるような展開、というかデレだわ(笑)あーなんかめっちゃおなかいっぱいになりました。


終始ニヤニヤして見てました(笑)

もう満たされました(笑)
最終回という気分が全く無いまま入ったけど、拓海と美咲が結ばれて終わったってのは一つの終着点であったので、個人的には満足です。
確かに設定丸投げな部分もありましたが、そもそもこのアニメにはそういう要素は必要なくても楽しめるってのはあるので、このような終わり方だったらいいかなって思いました。
それにしても毎回安定してたなあ。キャラは少ないけどみんないい感じだったからなあ。面白かったです。

というわけで、会長はメイド様!、完結です。


<総評>

このアニメは特に決まったストーリーは無く、基本的に美咲と拓海の絡みを中心にその愉快な仲間たちとの交流を描いたアニメだった。
よってこの手のアニメはキャラクターに依存するケースが多いんですけど、自分はこのアニメのキャラはみんな好きだったので(悪い奴は除く)、十分に楽しめたアニメでした。
その中でも特に際立っていたのがイケメンのテンプレとも言える人物、碓氷拓海。この人がいなくてこのアニメは成り立ちませんでしたね。

そしてギャグも良かったです。このアニメの特徴として、そういう場面ではかなりキャラを崩して描いているのでそれが面白かったってのがありますね。特にそれが顕著だったのが3バカでしたね。
他のキャラも、効果音を自分で喋るとか工夫がされていたなって思います。

自分は少女漫画が原作のアニメは、深夜枠では今までに「僕等がいた」、「イタズラなkiss」、「君に届け」を見てきたんですけど、そのどれもが楽しめた内容でした。だからこのアニメにも期待していたんですけど、ある程度期待通りの面白さがあってよかったです。
少女漫画原作のものって、基本的に女の子が頑張るケースが多いんですよ。美咲はその典型だったなって思います。ただ、美咲が上の3つと違うのは、自分が恋をしているのに否定的だったってことかな。頑張るって言っても恋愛方面ではなく、生徒会としての仕事や友達のためにってのが多かったですね。
で、その少女漫画原作モノで重要なのが男の役の方。さわやかか端整かは分からないにしろ、基本的にその人にとって高みの存在の人になるのが多いですよね。この男役がどんだけ嫌味じゃなく好感を持つことができるかが成功か失敗かの分かれ目なんじゃないかなって思います。だから今回自分は拓海のキャラが好きだったので結果的に作品全体が評価できると思ったんだなって感じました。男役が嫌いだったら、女の子の方を応援できませんからね。何であんな奴好きになるんだよってね(汗)

でも不満点もあります。
1つは深谷陽向の存在価値について。彼はこのアニメの終盤になって拓海のライバル的な存在として現れました。だから最終回はこれの決着でもよかったわけですよ、わざわざ終盤で出したんだからこそね。
でも最終話にいたっては本編では全くでて来ずに(汗)これでは決着が陽向が自然と諦めたとしかとることができないことになってしまいました(汗)あの「わん!」ってとこでね。でも今まで好きになり続けてきたわけですからそんな簡単に諦めるのはおかしいですし…描写不足だったと思います。
そう考えると、陽向が出てきた理由が薄かったと思いました。尺関係ならもう少し早めに出しておいた方が良かったんじゃないかな。ほとぼりが冷めて空気キャラになってれば決着とか気にしなかったと思うし(笑)
もう一つはいくらなんでも展開が読めすぎてしまうってところかな。王道、ベタな話は自分は好きですが、テンプレートすぎるのはちょっと新たなドキドキ感というものが欠けてしまうって思いました。美咲がピンチな時は、拓海が助けに来てどんな甘いこと言うんだろうって楽しみがありますが、その展開を何度もやってるから逆に都合よく見えてしまったりしてしまうときもあったんですよね。ちょっと驚かせる話があっても良かったんじゃないかな。
それでやったのかもしれないのが桃太郎話だったけど、あれは個人的には大失敗だったなあ。あれで少し評価は下がるかも。
拓海の裏の話は、話さないなら話さないでいた方がいいなって思います。つまり謎キャラで通すということ。それはそれでイケメンだと思いますし(笑)だからそこのメリハリはつけて欲しかったかな?やらなかったなら無理に裏設定を匂わせる必要は無かったと思います。

いや~、でも楽しかったです。終わるのが悲しいですね。特に店長がいいキャラしてたからなあ(笑)

音楽はOPは26話そろって同じでしたけど、自分は一度も飛ばさずに見ました。イイ曲だったと思います。EDは完全にネタにしか見えなかった(笑)
BGMはあの盛り上がりの時のBGMが最高に良かったなあ。鳥肌立ったときもありました。

「会長はメイド様!」
鮎沢美咲:藤村歩
碓氷拓海:岡本信彦
花園さくら:花澤香菜
加賀しず子:小林ゆう
幸村祥一郎:椎橋和義
深谷陽向:阿部敦
叶爽太郎:鳥海浩輔
白川直也:市来光弘
更科郁斗:寺島拓篤
黒崎龍之介:細谷佳正
兵藤さつき:豊崎愛生
ほのか:阿澄佳奈
すばる:植田佳奈
エリカ:伊瀬茉莉也
兵藤葵:五十嵐裕美
鮎沢紗奈:石原夏織

OP「My Secret」
ED1「予感」
ED2「∞ループ」


総合評価:B

展開が同じようでも2クール飽きずに見られたのはやっぱり純粋に面白かったからだと思います。
声優もはまり役多かったですね。というか、拓海の岡本さん良かったなあ(笑)でも陽向役が阿部さんって、この2人はなにか因縁を感じるなあ(笑)

2期はやるのか分かりませんが、やるなら是非見たいですね。でもこれで完結でもアリだとは思いますよ。

最後にスタッフ、キャストの皆さんお疲れ様でした。

これで会長はメイド様!の感想を終わります。当ブロクでこのアニメの感想記事を閲覧してくださったみなさん、ありがとうございました!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

会長はメイド様第26話(最終回)ずるすぎるよ鮎...

屍鬼が3週お休みなため、今週はメイド様の単独記事となります。丁度最終回な事もあり、いつもより長めのバージョンアップ記事でお送りいたします(^o^)/なにこの超可愛い生き物(´Д`)...

会長はメイド様! 第1話 ~ 第26話 ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!

会長はメイド様! 第1話 ~ 第26話 ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ! 最終回 学になってまだ数年の星華高校は男子高だった名残で生徒の8割が...

会長はメイド様! 【評価 / レビュー】

アニメのレビューです。評価の仕方についてはこちらを参照。 会長はメイド様!【 2010年 : 全26話 / J.C.STAFF 】TVアニメ公式サイトへあらすじ元・...

会長はメイド様! 第26話 「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」

 デレデレなのに煮え切らない美咲はやはりずるい子ですね。

会長はメイド様! #26(終)

【ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!】 会長はメイド様!3 [DVD]出演:藤村歩販売元:ジェネオン・ユニバーサル発売日:2010-09-23クチコミを見る ラーメン・ふと緬・君坦麺!・・・ォィォィw 

会長はメイド様! 第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」(最終回)

会長はメイド様!3 [DVD](2010/09/23)藤村歩岡本信彦商品詳細を見る ずいぶんと賑やかな最終回でした。学園祭というお祭り気分で、これまでに登場...

会長はメイド様!第26話(最終回)「ずる...

メイドさまも最終回!!長かったなぁ。26話って。さて、今回も前回から続いている夢咲高校文化祭でのお話。さくらたちとはぐれてしまった美咲ですが、この混雑では身動きできない...

会長はメイド様 #26(最終回)

「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」 ホントはずっとお前と手つないでたかったんだよぉ! とうとう美咲ホントの事言っちゃった((゚m゚;) 最終回だけに 美咲は最初から最後まで赤面しっぱなしでしたね(〃∇〃) 観てるこっちも恥ずかしくなるわww 急遽、...

会長はメイド様! 26話 感想

会長はメイド様! 第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」 2クールあったメイド様も、今回で最終回。 前回の文化祭の続きですが、ほとん...

会長はメイド様! 第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」

ファンの行列に流され、美咲と碓氷は二人きりに♪ 時間つぶしに『ラブトライアル』ってイベントに参加してみることに。 試練を前にしても二...

会長はメイド様! 第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」

ついに、会長が素直になれたッ!! 後夜祭のあの雰囲気にもやられてしまったか?! もう自分の気持ちを抑えきれないって感じだったねぇ~ あぁ、でもこれで最終回なんだよな… 会長はメイド様!Blu-ray 3 [初回限定版][Blu-ray]井本由紀 ジェネオン・ユニ...

[アニメ]会長はメイド様!:第26話(最終回)「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」

照れ隠し、美咲の自分の心と真っ向からぶつかる自問自答。

会長はメイド様! 第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」 レビュー キャプ 最終話

ついにやってきました最終回。メイド様の原作を読んでいる人なら多分みんな この話が最終回に来ると思っていたハズ! さくらがゆめみしのライブを 見たいが為にやってきた夢咲高校の学園祭。さっそく、さくらとしず子とは 別行動になってしまった美咲と拓海は、二人で学?...

[アニメ]「会長はメイド様!」最終回

前回リンク 大団円。上手くまとまって言うことなし*1。 「アマガミSS」が養殖モノなら「会長はメイド様!」は天然モノの萌え死系や。(CV:京極さん) 強いて言うなら、主人公カップルは最強カップルではあるけど、同時に相対化されてる気がした最終回。会長はバンドの人に「願

「会長はメイド様!」第26話(終)

  第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」」(終)夢咲高校の文化祭で『U×ミシ』ファンの行列に流され、さくら、しず子とはぐれてしまった美咲と碓氷。合流できるまでの時...

会長はメイド様!#25&26(最終話)「...

手を離すだけで寂しいと思うなんて・・・!美咲の想いは!?先週は感想をお休みしたので二話、まとめて。あらすじは公式からです。「陽向と美咲と碓氷くん」幼い頃田舎に引越した後...

会長はメイド様! 第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」

第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201009/article_39.html 注...

会長はメイド様! 第26話(最終話)「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」

最終回含めて全体の感想です。

「会長はメイド様!!」 第26話 (最終回)

☆ 「会長はメイド様!!」 第26話 (最終回) ☆ 今回は徹底して美咲と碓氷の「カレカノ」相互認識へのプロセス描写でしたね。 まぁ、呆気ないといえば呆気ないですが、原作継続中の少女漫画の帰着点としてはここしかないでしょう。 本来が女の子を喜ばせる ...

会長はメイド様! 第26話(最終回)「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」感想

陽向ー最終回だよー。 どこで何やってんだー笑

会長はメイド様! 第26話「ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ!」

「本当はずっとお前と手繋いでいたかったんだよ!」 我慢できない二人の思い。

会長はメイド様!

数年前まで男子校で未だ女子が肩身の狭い思いをしている星華高校で初の女子生徒会長となった鮎沢美咲は男子の横暴から女子を守るため日夜戦...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。