スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミSS:16話感想

アマガミSSの感想です。

七咲逢編完結!

さて創設祭。七咲が所属する水泳部はおでん屋をやっています。
そういや創設祭についてちゃんと触れるのは今回が初めてかな?絢辻さんの開会宣言もありましたしね。

水泳部のおでんは伝統があるみたいですね。それに対していろいろ言ってくるお方もいるみたいで(汗)

でもたかが創設祭なのにクレーマーはウザいな(汗)

茶道部の2人が来ましたけど、そこまで求めるなんてちょっと酷だとは思ったけどね(汗)でも七咲はきちんと伝統を守って仕込んでいたのでその茶道部からもお墨付きをもらってさらに繁盛。結果的には成功しましたね(笑)

それにしても創設祭では結構いろんなことをやってますね。サンタコスのコンテストは前から触れられていたけど、今回はラブリー先輩は参加してないっぽいね。

というか田中さん出てるなら薫寝てないで見に来てやれよ(汗)

友人の勇姿をね(笑)他のヒロインも各々の創設祭を楽しんでいましたけど、薫だけは家で睡眠中でしたか(汗)…まあバイトで疲れてるのかな?

そしてロボットは創設祭のレベルを超えてるだろ(笑)

あれはすごすぎる。誤作動とかあって不完全な部分もあるみたいだけど、動くだけで十分すげえよな(笑)

高橋先生のもう一つの顔も拝めて、そしておでんも完売。純一は充実した創設祭でしたね。
最後の創設祭だったので十分に楽しんできた水泳部の先輩達。創設祭中は店番をまかせっぱなしだったということで片付けはやってくれるのだということ。ああ、やっぱり塚原先輩は素晴らしく空気の読める人だよなあ。こんな先輩が部長だから部活がまとまるわけだ。

やっと2人になれる時が来ましたね。おでんを自分達の分を残しておいたって七咲準備いいね!
純一は、七咲が時間があるかと聞いてきたことを尋ねましたが、それを聞いて七咲は付いて来て欲しいと。

そしてバスに乗ってきたのは山の奥。人気のないところですね。

ということで妄想爆発な純一さん(汗)

さすが純一さんやで!山奥の夜中で水着姿って状況がつかめない(汗)そしてそんなデレた七咲の他にSな七咲の妄想までしてました(笑)ハハハ、やっぱり君はMなんだな(汗)前回あたりで目覚めてたからな(笑)

着いた先は温泉でした。何でもこの山は七咲の親族の土地みたいなので自分も自由に使っていいのだとか。

…なんかいきなりスケールがでかいな(笑)

広大な土地、そしてそこで温泉まで引き当てたなんてすごすぎる。秘湯ってレベルじゃねーぞ!(汗)

というわけで純一は七咲がタオルを持ってきてくれたのでそれを持って先に入ります。そして七咲も遅れて登場。タオルでくるんでいますが、その中は水着を着ているので恥ずかしくはないんだとか。

肩にヒモ掛かってない時点で何も着ていないって分かるけどね(笑)

やべえ、七咲めっちゃ積極的じゃん。純一もテンパってしまって気づかないみたいですけどね(汗)
そしてそんな緊張感の中、七咲が口を開きます。

七咲「私…先輩が…好きです。好きなんです!」

ここで告白か(笑)

ムードがあるかは分かんないけど、とりあえず七咲も今までたまっていた気持ちをここで出したかったんだろうね。温泉なだけに。
そして純一の返答。

純一「好きなんだ。七咲のことが、どうしようもなく…」

これで一気に不安が消えた七咲はそのまま純一にダーイブ!

これはエロい(汗)

七咲はやっぱり何もつけてませんでしたね。でも両思いを確認した後ならもう何も気にすることはないのでそのまま純一に抱きつきました。
戸惑った純一でしたが、それでもきっちりと抱き返していましたね。

そして後日は膝枕(笑)

相変わらずノロけてくれるねえ(汗)それにしても「逢」って純一が呼んだのはなんか違和感あったな(笑)まあ名前で呼ぶのは普通だけど。
自分も今までのヒロインでは感想でも名前の方で表記してきたけど、七咲に関しては逢って書いていくのがなんか変に思ってしまったので途中から七咲に替えてたんですよね(汗)七咲の方がなんかしっくり来る(笑)


キャラで押し通したという印象。

さすが原作一番人気キャラということでその人気を前面に出していこうという構成だったと思います。
確かに、七咲っていい子なんですよね。周りの気配りもできるしね。屋台やってたときに端にいた子ども達におでんをあげるところとかすごいやさしさが出てたよね。そしてかなり積極的だったよねえ。それがイライラとか生まれない要素にもなるからね。
七咲の欠点は勉強や運動が思ったより人並みだったってことだけど(そもそもこれは自分の先入観から生まれたものだけど)、これは逆に共感できるものだったからそれがまた魅力アップになってると思います。
そういう好きになる要素としてはいろいろ詰め込まれていた、ある意味完成されたキャラクターだったなって思いました。

でもそれしか残らなかったんだよね。ストーリー自体は今までと比べたら微妙かなあ。結構突拍子に起こった事とかも多かったからね。それは尺の都合もありましたけど、七咲編で思ったのは、七咲以外の子にも焦点があてられるケースが多かったってとこでしょうか。それならもっと七咲との絡みに多くの時間を費やして欲しかったな。
個人的に後日談としてやって欲しかったのは、七咲が水泳の大会で勝利する場面。挫折を味わったわけですから、それを乗り越えて成功した姿を見たかったってのはありましたね。そして純一と喜びを分かち合い、あの時はありがとうございました的なね。

で、自分が一番アレ?って思ったのが、クリスマスのデートイベントが無かったってことかな。まあ確かに創設祭で忙しかったってのが今回の筋だから昼にデートはできないけど、今までのヒロインは最後に雪を降らせてエンドってのが恒例だったけど、今回の温泉での雪はなんか取ってつけた感じがしたからなあ(汗)温泉ってのはそれはそれでエロかったけど、これも七咲というキャラの力を借りてこそのイベントだからね。

ん、でも自分は以前に「七咲はエロキャラ」と認定してたからこのエンドはありとも言えるな…(笑)

でも七咲が一番人気だっていう理由はよく伝わりました。実際それで通すのは戦略としてはアリですからね。

ちなみに今自分の中では紗江編>はるか編>七咲編>薫編かなあ。別に七咲が嫌いなわけじゃないですよ(汗)むしろ好きですから楽しませてもらいました。

さて次回は桜井梨穂子編ですね。OPはどう変わるかなあ。多分最後の七咲が歩いて振り向いたところが梨穂子に変わるんだろうなあ。楽しみです。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

>クリスマスのデートイベントが無かった
 一応温泉デートという形・・・という事でしょうか。
 話を聞く限り、本筋は微妙でも各イベントが面白いのが七咲さんらしいので実に残念。4話じゃ足りないと今更ながらに思いました。続きはゲームで!という事で諦めます。投げ出したアマガミ、再開したくなりました。

もりそばさん

こんにちわ。コメントありがとうございます。

>一応温泉デートという形・・・という事でしょうか。

…まあそういうことでしょうね。ただ今までにあったロマンチックさが今回は無いなあと思ってちょっと気になりました。

>本筋は微妙でも各イベントが面白いのが七咲さんらしいので実に残念。

そうだったんですか。ということはスタッフは少し構成をミスったということなんでしょうか。ストーリーが元々微妙ならばイベントでインパクトを与えないといけませんからね。まあラーメンはビックリしたけど(笑)

>4話じゃ足りないと今更ながらに思いました。

他のヒロインもそうですが、やはり2時間で全てをまとめるってのは大変ですよね。でも七咲編は序盤のスローテンポをどうにかしたらもう少しいろいろ盛り込めるのではないかなって思いましたけどね。

>続きはゲームで!という事で諦めます。

やっぱりそうなっちゃうんでしょうかね(汗)

No title

こんばんわ。はじめまして。
初めての書き込みします。

アマガミのことをもっと知りたくて色々と調べてるうちに、ここにたどり着きました(笑)

僕は原作はゲームということしか知らなくて、内容はどういうものなのか全くわらかないのですが、七咲逢というキャラは七咲逢編第一章で好きになったので、それからの展開にすごく期待していたんですけど・・・(汗)
ちょっと残念でしたね。

1人に対して4話というのは確かに短すぎると思うので、OVA、もしくは2期があるなら長編があればいいなと思っています(笑)

長文失礼しました。

Misetuさん

はじめまして!コメントありがとうございます。

>アマガミのことをもっと知りたくて色々と調べてるうちに、ここにたどり着きました(笑)

訪問ありがとうございました。でも自分のブログ自体はそんなにアマガミに対して詳しくないですけどね(汗)自分もゲームはやったことは無いので。

>七咲逢というキャラは七咲逢編第一章で好きになったので、それからの展開にすごく期待していたんですけど・・・(汗)

そうなんですよ、キャラとしては七咲はすごい良いんですよね。しかしストーリー自体は一番淡々としていたように見えましたからね。キャラ人気にあやかった構成でした。

>1人に対して4話というのは確かに短すぎると思うので、OVA、もしくは2期があるなら長編があればいいなと思っています(笑)

そうですね。オムニバス形式は、橘さんが垂らしにならないという点で良いのですが、一人のヒロインに割く時間がかなり限られてますので、それでまとめるのは脚本も大変だと思っています。おそらくDVDで補完が入るものもあるでしょうね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アマガミSS #16

【コクハク】 アマガミ -Various Artists- 2 (マジキューコミックス)著者:マジキュー編集部エンターブレイン(2009-12-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ☆The 大脱走(゚∀゚)☆ォィォィw 

アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」

創設祭・・・おでんが食べたくなりましたw

アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」感想

純一さんのエロ妄想を越える、 七咲さんの大胆さ!笑

アマガミSS 第1話  ~  第16話 コクハク

アマガミSS  第1話   ~  第16話 コクハク  まとめページ 主人公は高校2年生の少年[1]。少年は憧れの先輩・森島はるかを遠目に眺めつ...

アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」

こんな娘がいたら僕はもう……!!

アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」 感想!

目がくらむようなシチュエーション。

アマガミSS 第16話 七咲逢編 「コクハク」

アマガミSS 第16話 七咲逢編 「コクハク」

アマガミSS 16話「七咲逢編 最終章 コクハク」(アニメ感想)

七咲逢編ラストエピソード。 逢さんの気持ちが温泉内で最高潮に達する時、 彼女はついに橘さんにコクハクします! 山奥の温泉の中で、...

アマガミSS 16話「七咲逢編 第四章 『コクハク』」

今までで一番美しさが出ていたかも・・・ TVアニメ「アマガミSS」OP曲2 君のままで(2010/10/20)azusa商品詳細を見る

アマガミSS 第16話 七咲逢編 最終章 コク...

『ちょっと、はるか。ポンプ小屋で橘君と一体何してたのよ!隠したって無駄よはるかのブルーレイこっそり見ちゃったんだから。お昼休みを一緒に過ごそうと思ったのに、まったくもう...

アマガミSS #16 七咲逢編 最終章 コクハク

二人きりの温泉でついに告白!?  七咲逢編、完結です。

アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」

TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ4 恋はみずいろ(特別盤)(2010/10/20)七咲逢(ゆかな)商品詳細を見る  クリスマスの学園祭。純一と七咲 逢...

アマガミSS 第16話

アマガミSS 第16話 『七咲逢編・最終章“コクハク”』 ≪あらすじ≫ 始まった創設祭。純一はこれまでの迷惑の分を少しくらい返そうと、水...

アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」

隠せない想い。

「アマガミSS」第16話

  七咲逢編最終章コクハク創設祭当日、純一は水泳部が出店するおでん屋の手伝いをしていた。逢の手作りおでんは好評で、創設祭の終了時には売り切れとなる。その後、水泳部部長・...

アマガミSS 七咲逢編 最終章「コクハク」

響先輩が別嬪すぎてメロメロになった

アマガミSS 最終章(16話) 七咲 逢編 「コクハク」 感想

「先輩・・・もう逃げられませんよ?  ここならいくら悲鳴を上げても無駄ですしね・・・ フフ」 TVアニメ「アマガミSS」エンディングテー...

アマガミSS 第16話「七咲 逢編 最終章 コクハク」

「私、先輩のことが大好きですから」 約1ヶ月かけてようやく完結した逢編。 Aパートは創設祭メインだったので、残るBパートに全ての期...

アマガミSS #16 七咲逢編 最終章 コクハク 2chの反応

混浴に膝枕・・・    /\___/ヽ   ./ノヽ      ヽ、... |`ヽ、  / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ,  |::::ヽl  、__人_从_人__/し...

アマガミSS #16『七咲逢編 最終章 コクハク』

前半長閑な雰囲気があってこそ、余計に意表を突かれた後半でございました。 男も女も付き合う相手で変わるもんですな~なアマガミSS七咲逢編 最終章! こいつぁ…積極的だぜ☆ アマガミSS 8 七咲 逢 下巻 (Blu-ray 初回限定生産)出版社/メーカー: ポニーキャニオンメデ…

[アニメ感想] アマガミSS 七咲逢編 最終章 コクハク

アマガミSS 第16話。 いよいよ告白の刻、二人の恋の結末は―――。 以下感想

アマガミSS #16 10/22

 激甘なラストシーンでしたねぇwww。  創設祭、何かと、この作品では話題になってます。逢ちゃんの水泳部もおでん屋を出店することになっていて、逢ちゃんと純一くんは、二人で店番ということに。  客も多くなってきたところで、おでん対決(美味しんぼ?w)...

アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」

逢ちゃん編もいよいよフィナーレ。 創設祭でおでんの屋台を任されたご両人。 響ちゃん空気読んでるよなあw はるかちゃんはつまみ食いで出番終了(^_^;) 味にうるさい茶道部の先輩も納得させて、おでん完売! …先生が甘酒で酔ってたのには笑った。 ご乱心で保健...

アマガミSS 七咲 逢編 最終章

「コクハク」 茶道部、何様だ(・д・)チッ 学園のご意見番気取りでしょうか てゆうか何この小芝居 実はサクラってか 酔った高橋先生を保健...

アマガミSS 七咲逢編 最終章 『コクハク』(感想)

記事はこちら

(アニメ感想) アマガミSS 第16話 「七咲逢編 最終章 コクハク」

アマガミSS 1 森島はるか 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)クチコミを見る 七咲逢編も今回で完結。さあ!みんなの逢を想い存分堪能しよう!! ↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

アマガミSS 16話 七咲逢編 最終章『コクハクじゃなイカ?』 続編希望するでゲソ!

ついに、神編こと七咲逢編が最終でゲソ。個人的には続編を希望するでゲソ!!神編終幕の感想をgif付きで書くでゲソ。じゃあ、行くのでゲソ

アマガミSS・第16話

「七咲逢編 最終章 コクハク」 クリスマス。創設祭で、水泳部のおでん屋台を手伝うことになった純一。逢と二人で…… ということで、最...

アマガミSS 第16話 「七咲逢編 最終章 コクハク」

創設祭イベントもひたすら、おでんの屋台…地味だ(^^;  でも、最後のびっくり告白イベントが待ってました。 紳士氏の妄想を超えるイベ...

アマガミSS 七咲逢編 最終章「コクハク」の感想

 今日は学校の創設祭とクリスマスパーティーの日。僕は七咲との約束で女子水泳部のおでんの屋台の手伝いをしていた。なんだかんだあったけ...

アマガミSS 16話“七咲逢編 最終章『コクハク』”

輝日東高等学校創設祭が開催される。

アマガミSS 七咲逢編 最終章 コクハク レビュー キャプ

七咲逢もいよいよ最終章ですよぉ! クリスマスの創設祭にやる水泳部のおでんの屋台を手伝う事に なった純一。なんかよくわからんが、屋台を二人できりもりすることにw なんか夫婦のおでん屋台みたいだぞ? 響からもいいコンビねと 言われてるし。  絢辻さんの開会の?...

アマガミSS 第16話 「七咲逢編 第四章 コクハク」

七咲と二人で創設祭のおでんの売り子をやった後おでんを食べる二人、 橘さんはこの前何故時間があるかと聞いた理由を七咲に聞いてみる。 ...

アマガミSS 第16話 「七咲逢編 最終章 コクハク」

『タオル1枚で大丈夫か?』 『大丈夫だ、問題ない』

アマガミSS 第16話 「七咲逢編 最終章 コクハク」 感想

溢れる想い―

【アマガミSS】 第15話 七咲逢編 最終章 ~コクハク~

最初はなんかえらい問題のある人という扱いでしたが最終回を迎えてここまで仲がよくなるとは思いませんでした。妹の美也が今までのヒロイン...

アマガミSS 第16話 「七咲逢編 最終章 コクハク」

今週も「アマガミSS」始まりました! 今回で七咲逢編も最終章。 何だろう・・・? この見終わった後の喪失感は・・・ 流石原作で...

アマガミSS 16

第16話 「コクハク」七咲編最終話です。今最終話もコクハクのサブタイで終わりです。まぁいつもどおりのベタベタハッピーエンドなんだけど、一話通して七咲がずっとデレてた感じ。と...

アマガミSS 第16話 「七咲逢編 最終章 コクハク」 感想

七咲編もいよいよ最終章。 これまでも七咲の可愛さは凄かったですが、最終章の今回はまた格別でした。 これは破壊力ありすぎです! 純...

アマガミSS 第16話 「七咲 逢編 最終章 コクハク」

純一は創設祭に初参加?「アマガミSS」の第16話。 アニメの公式HPの他に公式応援サイト「~輝日東高校へようこそ~」も更新中。 次回10/...

アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」

アマガミSS 7 七咲 逢 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)あぁ、七咲編もラストか・・・ ほんと、最高なエロ編でしたよwww ラストまで、ここまでエロ...

アマガミSS 第16話 七咲逢編 最終章 「コクハク」

アマガミSS 第16話 七咲逢編 最終章 「コクハク」 感想です こんな時間に山の中に連れて行くなんて・・・

アマガミSS 第15話 七咲逢編 最終章 『コクハク』

創設祭でおでんを売る七咲逢とちょっとエッチなお兄さん。その二人が目を離したすきに竹輪を取る森島はるか。

アマガミSS 第16話 感想「七咲逢編 最終章 コクハク」

アマガミSSですが、創設祭で橘純一は七咲逢と一緒におでん屋台をやります。さすらいの茶道部などもやって来ますが、美人女教師・高橋麻耶先生がしこたま酒を飲み、たまには暴れたり乱れたりします。 創設祭はサンタ大会や巨大ロボットの暴走などそれなりに盛り上がります...

「アマガミSS」 第16話 七咲逢編 最終章『コクハク』

 第16話「コクハク」 創設祭当日、女子水泳部が出展するおでん屋の手伝いをする純一。 逢が調理した、おでんは好評で、創設祭が終わる頃に...

アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」

七咲との物語も今回がラストです。学園祭のおでんが美味しそうでしたね。
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。