FC2ブログ

それでも町は廻っている:12話感想&総括

それでも町は廻っているの感想です。

まさかこんな綺麗に最終回を締めるとは…。

嵐山がみんなに愛されていると分かった、いい話でした。

くそう、まさかこんな話で締めてくるとは…自分はこういう類の話に弱いから完全に不意をつかれたぜ…(汗)

嵐山は近所ではやかましくて、さらにその言動がいちいち癪に障りみんな困り果てている問題児。その嵐山がいきなりいなくなってしまったら…?
このような結果になったからこそ見えてくるみんなの本音。うるさいやつだけど不可欠な存在。いなくなってはいけない存在。失って分かることって多いですよね。

そんな様子をこのアニメらしくシュールに描きつつ、しかしながらみんなの心情をストレートに表していただけに、面白さと寂しさが混同していたいい話でしたね。

もうAパートの話なんかどうでもいいので(ぇー)、とりあえずBについて。

あの嵐山が行った死後の世界。あのじいちゃんがたどり着けなかった世界なんですけど、なんていうか、下と大して変わらない世界でしたね(笑)下では住民としての登録をしているけど、ここでは死後登録をしないといけないということ。管理が徹底されてますね(汗)
そして上の輪っかは経費削減で廃止など、やけにリアリティのある世界でした。てかこの世界でもお金による流通システムがあるってことなのか(笑)
このように死後の世界を取り上げたものは、自分が知ってる中では、ジャンプ作品にありましたね。幽々白書とドラゴンボールです。特にドラゴンボールは完全にこの世とあの世が混同してわけの分からない世界観になっていましたけど、そういう人間の想像世界を好きに膨らませるっていうのは結構面白いと思います(笑)
心霊写真はあの世の人間の悪戯心から生まれているなど、こういう遊び心は面白いですね。

でもその中で、嵐山は地上では亡くなっているわけですから、それに悲しむ人は出てくる。「人生は自分のためのものじゃない」っていうのがあり、確かに人生は自己責任何ですけど、他人と関わった時点でその人の人生も担ったことになると思うんですよね。だから人の死は悲しいわけです。自分はリアルに学生期(といっても今も学生ですけど)に友人を亡くしているので、その気持ちはすごい分かりますよ。
そういう意味で、今回の終盤はホント泣きそうになりましたよ。残されたものはつらいです。特に親なんて…。終盤はガチで笑えない話でした。
そして天国の案内人のオヤジが言ってましたけど、自ら命を絶つものも多いということ。これは絶対だめですよね。

もっと気楽に最終回を迎えたかったというのにこんな話を持ってくるとは…、いろいろと考えさせられてしまうじゃないですか(汗)
警官や先生と嵐山を嫌っているように見えた人でも涙する。それがより深く見えるのも、今までの話での絡みを見てきたからでしょうしね。そういう意味でも、今回の話は集大成と呼ぶにふさわしかったかな。嵐山という主人公の大きさを感じ取ってほしい回ということだったのかもしれませんね。

なんかしんみりしてしまいましたが、このまま総評はいります(汗)

というわけで、それでも町は廻っている、完結です。


<総評>

1話時点では正直そこまで期待していたわけでもなく、シャフトの独特の演出がこのアニメにどこまでマッチするか、それが重要かなと感じていました。
そして見続けていくと、キャラの立ち位置を理解していくにつれてその面白さに気付き、とても楽しみなアニメになっていました。
自分としてはこのアニメは完全な尻上がり型になっていて、どんどん魅力に惹かれてったというところでしょうか。濃いキャラが多いだけに、慣れたりするのは少し時間がかかるかもしれないけど、はまっちゃえばその演出も相まって楽しめましたね。

そしてこのアニメで印象的なのはオチ。同じクールでオチてるかどうか微妙なアニメがあったからからかもしれませんが(汗)、非常に優秀なオチが多かったなって思いました。思わぬところに伏線が張ってあったりするんですよね。「おお、こうきたか」というものが多く、読みにくいオチが多かったのが好印象の理由ですかね。

キャラは少し触れたけど、個性的な濃いキャラが多かったですね。イケメン補正がかかっていたかのように感じた真田も、いつのまにかヘタレキャラになってましたし(笑)
とにかく、このアニメは最後まで見て評価して欲しいものだなって思いました。

音楽はOP、EDともなかなか好き。かなりクオリティの高い絵だったと思います。OPは昔の曲みたいですけど
親に聞いても知らないと言われました(汗)マイナーな歌だったのかな?(笑)

「それでも町は廻っている」
嵐山歩鳥:小見川千明
辰野俊子:悠木碧
磯端ウキ:櫻井孝宏
真田広章:入野自由
紺双葉:矢澤りえか
針原春江:白石涼子
森秋夏彦:杉田智和
嵐山猛:田村睦心
亀井堂静:雪野五月
松田旬作:千葉繁
ジョセフィーヌ:松来未祐

OP「DOWN TOWN」
ED「メイズ参上!」


総合評価:A

ブーストがかかるのが遅かったけど、それからは毎週楽しく見れました。最終回の話は来る人には来る話かと(笑)
シャフトらしいノリも良かったかと思います。

あと嵐山の声優の小見川さんの声は癖になりますね(笑)もともと癖のある嵐山とマッチしていたと思います。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。キャラを熟知し、上手く演じていたと思うので、楽しめました。

ではこれでそれでも町は廻っているの感想を終わります。閲覧者のみなさん、ありがとうございました!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

よろしくです

それ町は、俺も見てますよ。
まぁ、リアルタイムではないんですけど・・・・
あの、まったり感が好きです。

風呂上りにハーブティー片手にまったり見てます。

skype

自分skypeやってますよ。
便利ですよ、ヘッドセットを買おうかなと思ってます。

没頭するといつの間にかすごい時間になってますよwww

相互リンク

初めまして、こんにちわ。

自分もブログでアニメの感想などを書いているので、良かったら相互リンクしてもらえませんか?

http://konakona124.blog137.fc2.com/

ニート学生さん

はじめまして!コメントありがとうございます。

>あの、まったり感が好きです。

そうですね、独特のシュールさが自分は嵌りましたね。
気楽に見れるアニメですから、ハーブティー片手にエレガントに見るのはアリかと(笑)

>便利ですよ、ヘッドセットを買おうかなと思ってます。

スカイプって、電話みたいなものなんですかね?ヘッドセットがあればもうできるってことなんでしょうか。
自分もやってみたいなって思ってるんで、必要なものとか教えてくれると嬉しいです。

こなこなさん

はじめまして!コメントりがとうございます。

相互リンクのお誘いありがとうございます!こちらもリンクさせていただきますね。

ポケモンやってらっしゃるんですね。自分はノーマル好きだったりします(笑)BWでは結構強いノーマルポケモンが増えたし、ポリ2が覚醒したので、使いとしては非常に嬉しかったりします(笑)

skype

skypeは基本機能はリアルタイムチャットって感じですかね。
任意の人物とやり取りができます。
まだやったことないですけど、複数人でも可能なようです。

電話機能もあるんですが、これは通話料が発生するようです。

ですが、マイクがあれば任意の人とのボイスチャット機能は無料でできます。
あと、カメラがあればテレビ電話の様なこともできます。
なので、基本機能だけであれば特に用意するものはありません。

もし、skypeのアカウントを作られたら教えてもらってもいいですか?
個人的に、アニメの話などをしたいです。

ニート学生さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

スカイプの情報ありがとうございます!
とりあえず、いろいろ調べてみようかと思います。お金はかけたくないのでその範囲で有効的に利用できる手段を見つけて、そして記事にしてアカウントなどは公表したいと思っています。
アニメについてはぜひ語りたいですね!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それでも町は廻っている 第12話 「それ町」 感想

ぐるぐる廻る―

それでも町は廻っている 第12話(最終話)

それでも町は廻っている 第12話(最終話) 『それ町』 ≪あらすじ≫ 入学祝にもらった万年筆に、なんと虫眼鏡を接着してしまうと言う横暴に出ていた歩鳥。その万年筆が超高級品とも知らず、さらに夏休みに...

それでも町は廻っている 第1話  ~第12話 それ町

それでも町は廻っている 第1話 ~ 第12話 それ町 嵐山歩鳥は、丸子商店街の喫茶店「シーサイド」で、ウェイトレスのアルバイトをする女子高校生。ある日、マスターの磯端ウキが、店を繁盛させる秘策を思...

それでも町は廻っている 12話(最終回)

あれ、霊界探偵にならないの?というわけで、「それでも町は廻っている」12話(最終回)死んだら驚いたの巻。いい話だなー。定番ながらジーンとなってしまったのだわ。無言で佇む ...

それでも町は廻っている 最終回12話「それ町」

天国をコミカルに描きつつも、考えさせられる場面もあった「それでも町は廻っている」最終話でした。 それでも町は廻っている 1 [Blu-ray](2010/12/24)小見川千明、悠木碧 他商品詳細を見る

それでも町は廻っている 第12話(最終話) 「それ町」

■それでも町は廻っている 第12話(最終話) 「それ町」 脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:岡田明信、龍輪直征 演出:龍輪直征 作画監督:宮西多麻子、伊藤良明、河野紘一郎、荻原省智、岩崎安利 不覚に...

それでも町は廻っている 十二番地 「それ町」

 ゼリー島殺人事件がテンプレすぎますね。

それでも町は廻っている 第12話(最終回)「それ町」

歩鳥は、3400円! 愛がいっぱいの3400円。なんかいいなぁ(*´ω`*) オチも上手かったですね。 最終回も不思議な話でいい話! 空気を読んでポコも出なかったポコ。 高級ペン切断事件を解決するため、推理小説大賞に応募した歩鳥。 ゼリー島はデフォル...

それでも町は廻っている(アニメ) 第12話(最終回)の感想

シュールアニメ、それ町もついに終了。 今回の話は予想斜めをいく展開。 まさか、この方向に進むとは思わなかった。 このアニメが日常ものだけじゃないことには、うすうす気づいていましたが。 それ町 第12話(最終回)「それ町」の感想です。 メイズ参上!

「それでも町は廻っている」第12話(終)

   12番地「それ町」(終)歩鳥、“何か”を製作中・・・。「それでも町は廻っている(前編)」 第二巻第13話よりシーサイドに紺がやって来て・・・卓球部に入らなかった辰...

【それでも町は廻っている】最終話 歩鳥は皆に愛されてるなぁ

それでも町は廻っている #12 それ町 560 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 02:57:31 ID:SprdvPH90 いい最終回だった・・・ 572 名前:風の谷の名無しさ...

それでも町は廻っている 第12話「それ町」(最終回)

それでも町は廻っている 4 (ヤングキングコミックス)(2008/03/19)石黒 正数商品詳細を見る  歩鳥が死んであの世に逝きました。天国から回りの人の悲しむ様子を見ていく事により、自分がどれだけ愛されていた...

それでも町は廻っている 第12話(最終回) 「それ町」 感想

最終回らしい、良い話でした。 これぞ最終回といった感じでしたね。 原作も読みたくなってきましたよ。 お帰りなさいませ、ご主人様。 あいにくお探しのメイドは不在でございます。 さあ、どこ...

それでも町は廻っている 第12話「それ町」(最終回)

最終話に何ともシュールでドッキリな話を 歩鳥らしい臨死体験でしたね。 モンブランの万年筆って高―!! よくお祝いの品物で万年筆って聞くけど確かに。 小生は100円のボールペンでいいや(ぇ …100円の...

それでも町は廻っている 第12話「それ町」

 死ぬのは、初めて?    朝から忙しかったのでこんな時間に。  今日はブログウォッチはムリかな…。  最終回でした。

それでも町は廻っている 第12話  「それでも町は廻っている」 感想

歩鳥は皆に愛されてるなぁ、本当にいい最終回でした。

(アニメ感想) それでも町は廻っている 第12話 「それ町」

それでも町は廻っている 1 [Blu-ray]クチコミを見る もう最終回・・・感想を書かない時もあったけど視聴はしていました。最後ぐらいはちゃんと感想書かないとね。 ↑ポチって押して ...

それでも町は廻っている 十二番地「それ町」

モンブランから超展開ッ! 何だかんだでホロリ人情話になったね~ ま、ま、最後にそれ町らしい良い話! 何だろうねぇ~ 懐かしく心温まるエピソードって… それでも町は廻っている 1 [Blu-ray]ポニーキャニオン 2010-12-24売り上げランキング : Amaz...

それでも町は廻っている第十二話 感想

歩鳥の値段は3400円 「それでも町は廻っている」第十二話感想です。 それでも町は廻っている 1 [Blu-ray](2010/12/24)小見川千明、悠木碧 他商品詳細を見る

それでも町は廻っている #12(終)

【それ町】 それでも町は廻っている 3 [Blu-ray]出演:小見川千明ポニーキャニオン(2011-02-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る まさかそれ町で泣かされるとは・・・ 

『それでも町は廻っている』第12話 感想

2010年秋アニメ最終回ラッシュも、本作でラスト(私にとっては)。 寂しいなぁ。 という訳で、『それ町』最終回です。 サブタイトルもまんま「それでも町は廻っている」。原作通りです。 モンブ...

それでも町は廻っている 第12話(最終回) 感想「それ町」

それでも町は廻っているですが、メイド喫茶シーサイドでは紺先輩vs辰野後輩の言い争いが勃発しています。辰野が卓球部に入らなかったことが原因ですが、嵐山歩鳥がこの紛争を仲裁しようとします。歩鳥は万年筆に虫眼鏡を引っつけた秘密道具を取り出し、毛利元就の三本の...

それでも町は廻っている十二番地「それ町」

それでも町は廻っている 十二番地「それ町」です。 楽しんできた『それでも町は廻っ

『それでも町は廻っている』 12話(最終話)「それ町」

一瞬、ドラエモンがポケットから道具を取り出す時の、お馴染みのあの光景を思い出したよ。 「まんねんむしぃ(万年虫)」って、みんなの前で歩鳥ってば、自信満々に可笑しいよね ...

[アニメ]それでも町は廻っている 第12話(最終回)「それ町」

あぁ、良い最終回だった。この回は大満足して終わりました。

それでも町は廻っている 第12話(最終回...

町とは------------!?今日は双葉がシーサイドへ客としてやってくる。でも、なんだかとし子とは険悪な雰囲気。まだ中学のとき、卓球部に入らなかったことを根に持ってるよう。そこで歩...

それでも町は廻っている 第12話(最終回) 『それ町』 感想

これは反則でしょう。卑怯だ。それでも町は廻っている 第12話 『それ町』 の感想です。

それでも町は廻っている 第12話「それ町」

高級ペン切断事件じゃなくて、歩鳥交通事故じゃないですか(汗) 辰野と紺先輩の喧嘩を止めようと歩鳥が出した万年虫♪ モンブランの万年筆が残念なことに(^^; ▼ それでも町は廻っている 第12話「そ...

【アニメ】それでも町は廻っている 最終話 昭和で廃止になりましたよ

それでも町は廻っている 第12話(最終話)「それ町」 の感想を 始まりは嵐山の発明品から始まった・・・ その失敗作をなかったことにするために、ゼリーの頭をひねって考える 目に見えていた現実に驚き、そのまま未知の世界を冒険する アニメ動画館に それでも...

それでも町は廻っている 第12話 「それ町」 (終)

日常の営みの中でも時として大きな乱れが生じることもある。 今回はそんなお話「それでも町は廻っている」の最終話。 本文はあと。 なにやら工作に勤しむ歩鳥。 「それでも町は廻っている(前編)」...

それでも町は廻っている 12

第12話 「それ町」実は今期一番のお気に入りだったかもしれないこの作品、ついに最終回です。なんだか懐かしの日本ってかんじで始まりました。紺先輩がシーサイドに。注文の仕方 ...

それでも町は廻っている 第12話(最終回)「それ町」&シリーズ感想

シャフト、さすが過ぎる。これほどの出来映えに仕上げてくれたのは実に嬉しかった。

それでも町は廻っている 十二番地 それ町 レビュー キャプ 最終話

それでも町は廻っている(前編) もめている紺先輩と辰野…雰囲気を変えようと、歩鳥は自分の 発明品を見せる。それは万年筆と虫眼鏡を合体させた手作りの ものだった。自慢げに発明品を見せる歩鳥だったが、その おじさんからプレゼントされた万年筆がモンブランの高級万...

それでも町は廻っている 第12話(最終回)

(過程は奇抜だけどこれしかないってオチでした) それでも町は廻っている 第12話(最終回)の所感です。

アマガミSS 第25話(最終回)「上崎裡沙編 シンジツ」感想

上崎「仕方ないよね?」  仕方ないね。

それでも町は廻っている 第12話(終)『それ町』

ここが歩鳥の職場かあ。あれ、紺先輩って学校祭の時にシーサイド来ましたよね。時系列がシャッフルされているんでしょうか。 そして何故かたっつんとギスギスした雰囲気。たっつんが卓球部に入らなかったことを、紺先輩は快く思っていなかったらしい。そんな雰囲気を和ま?...

それでも町は廻っている 12話 「それ町」(最終回)

「それでも町は廻っている」の第12話です。 2010年冬アニメのレビューもいよいよこれが最終となりました。 そんな最終回の”それ町”では、歩鳥がとんでもない展開に・・・...

それでも町は廻っている 十二番地(最終回)

「それでも町は廻っている」の12話は、最終回で歩鳥の臨死体験です。

◎それでも町は廻っている十二番地「それ町」

町のナレーションがはいる。ホトリさんは、イトノコで何かを切ってた。コンさんがメイド喫茶にやってくる。タツノさんとコンさん仲悪い。卓球部にはいらなかったので怒ってる。コン...
ブログパーツ
fx比較