スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年プロ野球展望:セリーグ編その1

プロ野球セリーグ編です。

パリーグ編はこちらです。

さて、昨年は巨人が3連覇を果たしたセリーグですが、今年は下の成績のチームの監督が変わり、改革が始まっております。そんなわけで、見ていきましょう。

①読売ジャイアンツ

野手の選手層は最強。
野手に顔を向けてみると、非の打ち所がほとんどありません。レギュラーが確定している小笠原道大選手やラミレス選手は、ここ何年、3割30本塁打を越えてきており、抜群の安定感を誇っています。捕手の阿部慎之助は貴重な打てる捕手ですし、リード面の評価も上がってきました。また、昨年大ブレークをした坂本勇人選手は、もうジャイアンツの顔になりかけています。唯一内野で弱点になりそうなのはセカンドでしょうが、古城茂幸選手や脇谷亮太選手もいますし、新外国人エドガー・ゴンザレス選手もいます。また若手の台頭も十分あります。また、サードが空く可能性があるので、大田泰示選手や中井大介選手に期待ですね。
外野はある意味異常な激戦区(汗)残り2枠を、亀井義行選手、松本哲也選手、鈴木尚広選手、工藤隆人選手、谷佳知選手と、さらにケガから復帰が待たれる高橋由伸選手、またドラフト1位の長野久義選手が争うわけです。ほかのチームならスタメンはれる人ばかりですね。これはほかの若手の台頭が難しいポジションですね。だれがレギュラーを取るのか、これが今年の注目かな。とりあえず、守備力は総合的には松本選手かな。でも走塁技術は鈴木選手だし、打力は谷選手、総合力で亀井選手かな。長野選手も守備走塁がいいので、状況に応じて使えますね。彼らを状況に応じて使えるなんてなんて豪華なんだ…(汗)

そして投手。これがなにげに今年の巨人のウィークポイントなのではないかと思っています。最大の変化は山口鉄也投手の先発転向。これ、自分的にはハズレそうです(汗)いや、山口投手は一定の成績はおさめると思いますが、問題は中継ぎです。左の中継ぎが一気に薄くなりました。右は選手だけみたらすごい豪華ですよ。しかし、昨年のM・中村投手の成績から考えると、守護神をやっていた投手は中継ぎは難しいのではないかと思うんですよ。豊田清投手はなかなか安定していますが、ランナーを背負った場面から登板とか、回をまたぐときとかは、やはり打たれているんです。小林雅英投手が入りましたが、どうでしょうねー。ちなみに自分が今年期待する投手は木村正太投手です。

②中日ドラゴンズ

投手王国の鍵を握るアライバ。
全体を見ると、かなり安定しているチームと言える中日。投手は、おそらくセリーグ1の層だと思います。チェン投手と吉見一起投手は2枚看板と言っていいでしょう。また、朝倉健太投手や、中田賢一投手や山本昌投手と結果を出した選手もいるので先発は充実してると思います。また、守護神岩瀬仁紀投手、中継ぎで昨年結果を残した浅尾拓也投手、ストレートが武器の高橋聡史投手で勝利の方程式をつくろうとしているという話題も。また、復活の河原純一投手、昨年前半に勝ちまくった川井雄太と非常に楽しみな面子です。ドラフト1位の岡田俊哉投手は先発か中継ぎどちらでいくか分かりませんが期待ですね。そして、自分の今年注目は伊藤準規投手です。

その投手を支えているのは野手の守備力です。しかし、今年は荒木雅博選手と井端弘和選手のコンバートがあります。コレはかなりの影響でしょう。自分は今年に関しては守備力が少し落ちると思いますね。元々、森野将彦選手とブランコ選手は守備は上手くないので(森野選手は昨年最多エラー)この2人の変更は大きいですね。どれだけ守備を完成させてくるかで、今年の中日の命運を握っていそうです。ブランコ選手もマークされてから打てない時期があったので、正直攻撃力は微妙ですね。安定した成績をおさめそうなのは和田一浩選手と森野選手くらい。やはり、中日は守り勝つ野球をしていかないといけないでしょう。

③東京ヤクルトスワローズ

シーズンの安定感が鍵。
ヤクルトは昨年は荒れたシーズンでしたね。調子がいいときと悪いときの差がめちゃくちゃ激しかったです(汗)序盤は青木宣親選手の大スランプがありましたが、投手陣は先発、中継ぎ共に安定していたのでチームの成績は良かったです。これは新加入の相川亮二選手が大きかったでしょう。しかし、後半、その中継ぎ陣が崩壊、終盤にリードされる展開が続きチーム成績は一気に低下。阪神と広島にとらえられます。けど、青木選手の復調もあり、なんとかぎりぎりで3位に滑り込めました。しかしCSではインフルエンザの猛威もあり、まさに天国と地獄を同時に味わったシーズンと言えるでしょう。

今年は、選手の調子の波を少なくしないといけないと思います。選手層は投手も野手も安定しています。
しかも、投手は由規投手や村中恭平投手、また今年ドラフト1位の中澤雅人投手と先発の期待の選手が多く楽しみです。元々、石川雅規投手、館山昌平投手、中継ぎの松岡健一投手や押本健彦投手、守護神林昌勇投手と安定していますが、やはり波が激しかった。エースは一年間安定していることが絶対条件だと思うので、誰が出てくるか楽しみですね。
野手は、もう少し長打力がある選手がほしいですが、デントナ選手は昨年怪我がなければいい成績をおさめていたと思います。逆方向のバッティングができるし、元々ヤクルトは優良外国人を当てる確率が高い球団なので、期待できるのではないでしょうか。

残り3球団はその2に続く。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。