スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミ:森島はるかルート感想

ゲーム版アマガミ、森島先輩編の感想を。

以下ネタバレしまくりなのでご注意を。

独り言の欄で言っていましたが、アマガミのゲーム版の方の動画をニコニコ動画で見ています。そして先ほど森島先輩のルートを見終わったので感想を。反応しだいで続けていくかもしれません。

もうすぐエビコレ版が出るということで、でも内容はほとんど同じだから需要が無さそうな記事ですけどね(汗)まあネタバレには注意を。

さて先輩のルート感想の前に、アマガミのゲーム自体の構成的なものとしては、どうやらマス目で行動を選択するシステムを採ってるみたいですね。6人のメインヒロインにそれぞれ行動を選ぶところがあって、それをこなしていくとマスが埋まっていく感じな。
そしてデアイからスキのところまで好感を持っていけばいいみたい。その経過で他のヒロインが相次いでソエンの場所に向かっていくのが何か悲しいけど(汗)

一日の終わりには毎回美也のコメントが入るみたいですね。ぴょこんと出てくるのが可愛かった(笑)

で、森島先輩のルートの感想ですけど、自分が見たのはスキBEST、スキGOOD、スキBADです。その過程の中で頻繁にお話をする場面が出てくるんですけど、ここの部分はある程度使い回しのところが出てくるのは仕方ないかなって思いました(笑)
その中で「エッチ」っていうコマンドがあるんですけど、これは好感度が上がらないと反応してもらえないってことなのかなって思いました。まあ好感度が上がってやったやつでも、何か主人公がスベってるものもありましたけど(汗)

アニメで出てきたイベントは、あーここかーって思いながら、ある意味懐かしさも感じて見てました(笑)驚愕させた膝の裏を舐めるイベントもあったし、ラーメンプレイもあったし、ラブリーのミドルネーム告白もあったので、そこでは爆笑してました(笑)付き合うきっかけになったと言える眉毛にキスの部分もありましたけど、これはアニメでは図書館でしたけど、原作では1回目にフられた場所と同じところでした。…まあルートがいくつかあるのならまた変わってくるのかもしれませんけど。

それにしても森島先輩は天然でしたねー(笑)人の名前とかそういうのを一切覚えようとしないんだよね(汗)だから主人公のニックネームとかしょっちゅう変わっていった気がします。から揚げ君で始まって、最終的には公園君で落ち着いたかな?他にもタオルのことやらいろいろ忘れることがあって戸惑っていた部分が多かったです。

そして森島先輩の口癖は「わお」が一番残ってるなあ(笑)あとは「むむむ」とかもね。あとクォーターだからか、ちょくちょく英語も混ぜていましたよね。オーキードーキー!

そんな感じで日常を楽しみましたが、最終的な3つのエンドのうち、BESTエンドがアニメ版のエンドと同じでした。アニメ版では無かった水着披露後のサウナシーンもありました。でも全体的にはかなり原作に忠実に作っていたなって思いましたね。
でもアニメでは分かりにくかったけど、原作では森島先輩が「覗いてほしい」というのがより露骨に分かるようなシャワー音などの演出が入ってましたね(汗)誘ってるだろって思いました(笑)アニメではいきなり覗いてほしかったですから、結構戸惑ったんですけどね。
そして10年後もありましたよ。主人公は刑事になってましたけど、仕事に向かう主人公に対して「帰ってきたら私も逮捕してね」とか…甘すぎるで…(笑)

GOODエンドはいかにも普通って感じだけど、しっくり来る感じでしたね。森島先輩は犬を亡くしていますけど、それが主人公と被ったのだとか、ある意味運命ですよね(汗)だからその後は犬を飼い始めており、それによって、犬を脱出した主人公に寂しさを感じつつ、成長を嬉しんでしる様子も伺えました。それまでは主人公はマジで犬扱いでしたからね(汗)

そしてBAD…これは辛かった…というより切なかった。結論から言うと、森島先輩が恋をするということを忘れ仕事に専念してしまったという感じでしょうか。
これは100%主人公が悪い話で、それで恋をすることに恐怖か何かを覚えてしまったんじゃないかと思いました。待ち合わせているときの先輩の様子がホントきつかったなあ…。
そして仕事人になってしまった先輩の目がまた冷めきっているのがきつい。それを主人公は目撃してしまうんですけど、そのときにまた後悔が来るんですよ…かなり鬱なENDでした(汗)槙原敬之のあの名曲を聞かせてあげたいよ(笑)言うなれば性格を変えられてしまったわけですからね…恋って恐ろしいです。

まあ自分が見た順番はGOOD→BAD→BESTだったので、最後にアニメと同じような結末が見れて良かったって思いましたね。

でもこれを見て、森島先輩編はアニメとしては良くやったのではないかと思っています。大事なところは押さえているなって思いました。

アニメに沿って見ていくので次は薫編を視聴予定。そういや薫編は最後にアニメで飛ばされたシーンとかあったし、なんかアニメでは一番消化不良なイメージがあるので、その全貌を知るのはかなり期待しています。また機会があれば記事にしたいかと思います。では。


↓押してたいただけると励みになります。
コメント

No title

>一日の終わりには毎回美也のコメントが入るみたいですね。
 美也のコメント、もう少し台詞のバリエーションが多かったら良かったんですけどね。「~ってお父さんが言ってたよ」は聞き飽きました。
 BADは6人の中で一番マシです。スキBADは主人公の所業がもたらした結果ですからしょうがない事だし。先輩は一番現実的なBADだったと思います(因果応報という意味で)。自分はそういう意味で先輩・薫以外の子のBADは精神衛生上あまり見たくないです。
 先輩はナカヨシも好きです。イベント的に。

もりそばさん

>美也のコメント、もう少し台詞のバリエーションが多かったら良かったんですけどね

自分が見ていた動画のUP主は、美也の台詞はかなりカットしていたのであまり自分は気になりませんでしたけど、いろいろなところでやっぱり台詞被りは気になりましたね(汗)仕方ないことですけど。

>BADは6人の中で一番マシです。

なん…だと…?
自分は森島先輩のBADは十分堪えたんですけどね(汗)次の薫編は大丈夫みたいですが、その他のキャラのを見るのが恐ろしくなってきました…。
というか絢辻さんとかマジでやばそうだからな…(汗)スキBADだから、相手は好きになってるってことだから、ヤンデレ化する可能性が一番高く思えるんですよね。

>先輩はナカヨシも好きです。イベント的に。

ナカヨシENDは動画が無かったので見えませんでしたが、やっぱり一番平和的に終わりそうですからね(笑)

No title

>なん…だと…?
 すみません。言葉足らずで不安にさせてしまったみたいで・・・。
 あくまで先輩スキBADは主人公の裏切りによって変わってしまった先輩の存在が強烈な罪悪感の結果として返ってくる、因果応報的な意味で自分にとってスカッとしたからマシと思っただけで、おそらく捉え方によると思います。実際絢辻・紗江ちゃんと並んでトラウマ的な扱いみたいですし。
>ナカヨシENDは動画が無かったので見えませんでした
 ナカヨシの動画、本当に少ないですね。みんなスキルートで満足しちゃうんでしょうね。それ以前に1人クリアの動画がほとんどみたいですね。

もりそばさん

こんにちわ。コメントありがとうございます。

>因果応報的な意味で自分にとってスカッとしたからマシと思った

確かにそうでしたからね。主人公が悪いってのが一番だった。でも自分はそれの影響が森島先輩に出てしまったのが悲しかったって捉え方をしたって感じでした。もう人を愛することを忘れちゃったのかなって…。

でも薫編まででそのような因果応報ENDを見てきましたが、それ以降は結構理不尽なENDが待っているってことなんだろうか…(汗)期待と不安を半分にして見たいと思います(笑)まあ不安になるのも楽しみではあるのでね。

>それ以前に1人クリアの動画がほとんどみたいですね。

これってハーレムENDがあるってことですか?(笑)

No title

 ヒロイン一人をクリアして終了の実況主、という意味です。また誤解を招くコメをしてすいません・・・。
 

もりそばさん

>ヒロイン一人をクリアして終了の実況主、という意味です。

あ、なるほど…理解力が乏しい管理人で申し訳ありません(汗)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(ゲーム)アマガミ 「男殺しの天然女王 スキルート」

森島はるかにいきなり振られた橘純一。これぞへたれ純一の真髄です。でも、相手を確認しないで振るのは、男殺しの天然女王だけありますね。
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。