スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミ:桜井梨穂子ルート感想

ゲーム版アマガミ、梨穂子編です。

以下ネタバレご注意を。

はろ~♪
ということで梨穂子編。アニメではまさかの純一と付き合わないという展開で一番不遇に感じてしまったキャラ。もちろんゲーム版ではしっかり完結していました(笑)

アニメではいきなり純一のことが昔からずっと好きということで、純一が攻略されるような形になっていたんですけど、大元から言えば、ゲームも同じようなものでした。幼馴染としてずっと主人公に想いを寄せていたってことです。

彼女を語るうえで外せないぽっちゃりネタ。確かに、梨穂子が倒れたりするところは「どし~ん!」という擬音が使われていていかにも重そうな感じを出していたんだけど、アニメに比べたらそこまでネタにされてなかったように思います。むしろ天然なところの方がかなりウエイトを占めていましたね。

あとは甘いものとかのお菓子の話。そこで一番活躍したのはポロツキーというお菓子。つまりはポッキーです(笑)
ポロツキーと男女…やることといったらもちろん…?まあ寸止めくらいましたけどね(汗)

最初にも言いましたが、これは梨穂子が主人公を落とすということが大事になってくる話。ということで主人公を助けるシーンがあります。主人公がセクハラの容疑にかけられて女子達の数の暴力の前になすすべないところだったんですけど、主人公を信じている梨穂子の止めによって免れたということろがありました。アニメではとにかくほんわかした雰囲気で一貫していましたけど、原作では結構生臭い場面もありました。…まあたしかに冤罪は許されないけど、でも主人公の普段の行いにも十分問題があるとは思うけどね(笑)
そして、最後のほうでは、今度は主人公が梨穂子を助けるんですよ。男子に絡まれてたけどそこから止めに入って、堂々と彼女だと言い切るんですよね。こういうところが出来るのが、ただの変態ではなく紳士と言われるゆえんかな?(笑)

茶道部の先輩方。アニメではよく出てきた印象だけど、原作はやっぱり梨穂子との絡みメインだからそこまで印象深くは無かったね。茶道部の部室で爪切りプレイがあったんだけど、そういうところでツッコんでくる先輩達がすごい面白かったです(笑)…てか爪切りプレイはやるべきだったよ…アニメ梨穂子編は主人公がおとなしすぎるんだよね。

他にやるべきだと思ったシーンは、まずは自分もアニメ梨穂子編を見ていたときによく目にした「梨穂子はかわいいなあ!」という言葉。これの元になってるシーンがあったんですよね。面白いのがこの選択肢が、
・梨穂子はかわいいなあ!
・梨穂子はかわいいなあ!!
・梨穂子はかわいいなあ!!!


…どういうことなの…(笑)

要は発音の強さが変わっただけの選択肢です(汗)というかアマガミは結構謎の選択肢が多いイメージです(笑)
…でも、こういうネタ要素抜きにこれのシーンは主人公が梨穂子に対する気持ちを伝える重要なシーンなので、普通に必要だったんだよなあ。

あとは雨宿りで電話ボックスに入るシーン、そして梅原と香苗が嘘のラブレターを作って2人を接近させようとするシーンかなあ。後者は梨穂子は字体から主人公の物で無いと見破るんですけど、それでも来るというけなげさを見せてくれます。

ということで終わりですけど、アニメは付き合ってないので根本的にエンディングの仕方が違いました。
BESTは純一の家で過ごしてその帰りにチュー。このときに家でやったツイスターゲームは是非映像で見たかったってのがあったな…(汗)
最後に大学生になっているんですけど、そこでシュークリームの中に指輪を仕込んでおくというなんともベタなやり方で指輪を渡します。指輪がベタつくのが心配ですが、まあ食べ物関係とは梨穂子編らしいですね。

GOODは、主人公がラブレターを渡して告白する話。これ、先ほどの梅原の偽ラブレターの話とリンクしていて、それをもらった梨穂子が、主人公の字であることに安心して喜ぶんですよね。こういう演出があるので、自分はBESTよりGOODの方がしっくり来たりしています。

BADは…これも七咲編と似たような感じで裏切られてもやっぱり付き合うという形になります。まあ腑に落ちないんですけど、梨穂子が幼馴染として昔からずっと好きでいた彼をそう簡単には諦められないんでしょうね。でも見てるほうからしたら納得できないですけど(汗)
コメントをいただいた方で、「因果応報」ということを仰っていたんですけど、これはその通りだなって思いました。森島先輩と薫は主人公が痛めつけられたパターンなので完全に因果応報なんですが、この梨穂子編は、内容からしたら森島先輩より大分マシですけど、主人公が損をしていないという点で確かに因果応報になってないんですよね(汗)まさに視聴者がBADENDですよ(笑)

…でも梨穂子は良かったなあ。いろいろとツボをつく仕草が多かったです。まあ呼び方が「あなた」だったことが最初は違和感マックスでしたけど(汗)

さてついにラスボス絢辻詞編にやってまいりました。アニメでは強烈なインパクトを残してくれた彼女。原作ではどこまでやってくれるのか、超楽しみです。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

>まあ呼び方が「あなた」だったことが最初は違和感マックスでしたけど(汗)
 名前呼びされないゲームなので、幼馴染なのになぁと最初はショックでしたが、その内「あなた」呼びが夫婦みたいな気持ちに感じられてとても心地良かったです。
>「梨穂子はかわいいなあ!」
 アニメの話はあれはあれで満足なんですが、この台詞だけはどこかで欲しかった。
>BAD
 ギャルゲーのBADは徹底して酷い目に遭って欲しいので、いっそソエンの歌手デビューをBADにしてもよかったかなと。インタビューで「幼馴染とかいる?」って訊かれて「居ません」と答えられるとか。
 ・・・いやこれは梨穂子のキャラじゃないですね。悲しいけれど、酷い扱いを受けても想い続ける所が梨穂子というキャラですね。

No title

実は僕もアマガミをやってみようかと思ってるので本文記事はもう少し後で読んでみます。
君に・・・のEP10僕なりの感想を書いてみましたが、ブログ名といい妙にネタが被るあたり偶然って面白いと思ったりしてます。
アマガミ始めたら記事にしますので、よかったら読んでみて下さい。

もりそばさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>その内「あなた」呼びが夫婦みたいな気持ちに感じられてとても心地良かったです。

自分も同じような感じでした(笑)梨穂子が夫に「あなた」っていうのはイメージとしてはピッタリすぎますからね(笑)絢辻さんのあなたとはまた違うあなたです。

>アニメの話はあれはあれで満足なんですが、この台詞だけはどこかで欲しかった。

アニメ初見の自分にとってこの台詞は謎だったんですよね。絢辻さんは裏表~の台詞はアニメであったので解決しましたけど…。
有名な台詞はやっぱりアニメは入れて欲しかったかな。

>ギャルゲーのBADは徹底して酷い目に遭って欲しいので、いっそソエンの歌手デビューをBADにしてもよかったかなと。

てかソエンは梨穂子が歌手デビューするんですか(笑)
動画ではソエンものが無かったので探してみようかな。もし見つからなかったらコッソリ他キャラのエンドを教えてください(笑)

>悲しいけれど、酷い扱いを受けても想い続ける所が梨穂子というキャラですね。

梨穂子の一途でおおらかな性格からしたらそれはキツイエンドになりますね(汗)その例は森島先輩的なエンドって感じですね。主人公を見てみぬ振りをしたりと…さらに主人公がマネージャーになってたら余計きつそうだ(汗)

梨穂子の良さはアニメで十分堪能しただけに、思えば必然なエンドだったってことなのかな。

しろさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>実は僕もアマガミをやってみようかと思ってるので本文記事はもう少し後で読んでみます。

あ、実は自分は実際に買ってプレイしたわけではなく、実況動画を見たってやつです(汗)アニメが面白かったので原作はどうなんだろうっていう興味本位ですね。

>ブログ名といい妙にネタが被るあたり偶然って面白いと思ったりしてます。

恋愛モノって人の価値観がそのまま出やすいので意見や感想が被るって結構稀だと思っているんですけど、それで似たようになるって確かに面白いですね(笑)

>アマガミ始めたら記事にしますので、よかったら読んでみて下さい。

自分は動画内の知識しか持ち込めませんが、記事を発見したら読ませていただきますね。

梨穂子編好き♪

はじめましてー
ここを読んで梨穂子編だけでも原作プレイしたくなりましたw
でも見る前の期待が高すぎて付き合うまでいかなかったのは残念だけどあれはあれで好きですねw
あのポジション(幼馴染)の子って無条件でかわいい気がしますw
体重気にしながら食べてる梨穂子かわいかったです♪
ゲームの方はもっと濃い内容のようで、すごくやりたくなりましたね♪
あっ、拍手もさせていただきましたw
どうもおじゃましました~

ルイさん

初めまして。コメントありがとうございます。

>ここを読んで梨穂子編だけでも原作プレイしたくなりましたw

ルイさんはアニメは見てるんですよね?アニメと原作は全然違うので、梨穂子が好きならばやってみるといいかもしれませんよ!

>あのポジション(幼馴染)の子って無条件でかわいい気がしますw

幼馴染って必然的に主人公に近いポジションにいるので、それで主人公のことを好いていたらその行動一つ一つが魅力的に見えるなって思いますね。ただ近すぎる故に主人公になかなか振り向いてもらえないですけど(汗)

>あっ、拍手もさせていただきましたw

ありがとうございます!励みになりました!

>どうもおじゃましました~

またコメントお待ちしていますね^^

No title

ええい!エビコレの発売はまだか!(#゜Д゜)
テックジャイアンは毎号買ってるので「ちょおま劇場」だけがどんどん手元に積まれていくw
まぁ本編にあんま関係ない高橋先生シナリオだけやってますけどね(=∀=)先生まじかわいい。そして今月号はついに響先輩シナリオなのです♪

ちなみに本編はプレイ動画で見て薫BESTと絢辻さんBEST&GOOD&スキEND&BADは知ってます
ゲームでも絢辻さんは本当に裏表のない素敵な人でしたよ(=∀=)
あえて言うならゲーム版のほうがアニメよりもちょっとお茶目なとこがあって親しみやすいかな
外見はアニメ版のほうが女子高生っぽかったですが・・・(;・∀・)

黒辻さんは俺の御主人様さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

…あ、自分今まで黒辻さんは俺の御主人様さんはアマガミ原作既プレイだと思っていました(汗)動画補完とは自分と同じでしたか。
絢辻さんは今見ている途中ですけど、アニメとは違うルートの黒化もあって楽しんでいます(笑)
これはエビコレが楽しみですね!

それにしても梨穂子まで見てきましたが、ホントアマガミはハズレヒロインがいないなあ。みんな良いです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。