スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラクタル:11話感想&総括

フラクタルの感想です。

このストーリーをどう見るべきか。

終わり方の雰囲気は好きなんだけどね。

最後のシーンは、まあ大方の予想通りフリュネとネッサが融合した形になり、要はオリジナルのと呼ばれていた少女の同じような形に戻ったことになります。
フリュネが目を覚ますシーン、ここで、クレインは初めてを見せましたね。フリュネとネッサが融合するところでは泣けなかったクレインですけど、ここで泣いた…つまりは、クレインにとっては、最初から最後までフリュネとネッサのことしか見えていなかったということになると思います。だからこのアニメの根幹のフラクタルシステムをめぐる攻防のなかでクレインが浮いてしまったというのがありましたよね。スンダはおそらくあの戦いで戦死してしまったのだと思いますけど、彼はフラクタルに対してここに乗り込んだ、同じくディアスもです。その中で物語に溶け込んでいないクレインは何だか主人公らしくないという感じがありましたね(汗)

ネッサとフリュネについては、確かにお互いを象徴していたなって、あのオリジナルの少女を見て思いました。てかネッサって名前はあのウサギのぬいぐるみが元だったんですね。
フラクタルの鍵が16歳だということが分かって、それで10歳の器と精神では鍵にはならないということ、そして16歳になったことでフリュネが鍵としての適正を得たと。そういう流れはまあいいんですけど…。

問題なのは、元のオリジナルフリュネが性的虐待を受けていた可能性があるということ。

まあ言葉からの推測なんですけど、でも父親にかなり怯えている感じはありました。そしてバローがフリュネを愛玩用として引き取り、そして悪い意味で可愛がっていたということで、このオリジナルとのリンクが、もしかしたら決定的な鍵なのかもしれません。オリジナルと状況が似るわけですから。
確か、最初にネッサが出てきたところで、彼女が「愛玩用」とか書かれていましたよね(汗)そういうところから、どうもそういうレイプ的な発想が思いついてきます。クレインのエロキャラを確立させたのも間接的にこういうことを伝えるためなのかな?

まあでも、どんな姿であろうがフリュネを好きだと言ったクレインは自分が唯一このアニメで貫いてきた恋に関してはちゃんとぶれなかったという点ではまだ良かったと思いますね。他の事はたいして干渉してないから、ここでぶれちゃったらもう主人公じゃなくなりますから(汗)

最後は結局フラクタルシステムは続行ということになってしまって、今までの阻止しようと頑張った戦いはどこへ行ったって感じですが、まあクレインに視点を置けば、融合したフリュネと一緒に暮らせてハッピーですからまあいいのかな?(笑)

というわけで、フラクタル、完結です。


<総評>

このアニメのストーリーとしては、非常に浅いつくりになっています。最低限の設定、最低限の戦い。何でかっていうと、クレインがこのフラクタルについて特に詳しく干渉をしなかったからだということです。それがストーリーとしての魅力を消してしまっていますけど、一緒にフラクタルというシステムについて考えていこうという提示にはなってたかな。

そもそも、このフラクタルというものは、合ったほうが正しいのか、ないほうが正しいのか、その明確な正義ってのが無いんですよね。フラクタルは人間性を無くすわけだから人としてこのようなものに頼るのはおかしいと言う人もいれば、フラクタルが無いと生きていけない、そしてフラクタルがあることで新たな生活を手に入れた人もいるわけですから。一応クレインたちはグラニッツ側についたので、反フラクタルという立場をとったことになりますけど、でも結果としてフラクタルは継続した。この曖昧さが結構モヤモヤするものになるんですけど、その先は自分で考えないといけないのかなって思ったりしました。
だけど、そういうのってアニメとしてはそんなに好まれる手法ではないんですけどね(汗)このアニメは含みを持たせるという終わりではないし(汗)この完結の仕方としては、雰囲気は好きだけど、よくよく考えたら何も解決してないよと(笑)

キャラクターはネッサが良かったかなあ。クレインはさっきも書いたように傍観的立場にいるので、いまいちキャラとして確立してないからそこまで移入はできなかったです。グラニッツの兄貴はブレないところとか結構好きだったけど、最終回で帰れませんでした(汗)…まあ、集合写真を撮った時点で誰かに死亡フラグは立っていましたけどね(笑)

音楽は…特に印象が無くてごめん(汗)あの作中の大事な歌は結構好きだけど。てか、オリジナルフリュネが本当に虐待を受けていたのなら可愛そうになってくるからなあ…。

「フラクタル」
クレイン:小林ゆう
フリュネ:津田美波
ネッサ:花澤香菜
エンリ:井口裕香
スンダ:浅沼晋太郎
モーラン:島本須美
バロー:宮本充
ディアス:前野智昭
サンコ:今野宏美
タカミー:宮下栄治
大爺:西村知道

OP「ハリネズミ」
ED「Down By The Salley Gardens」


総合評価:D

もう少しすっきりする終わり方をして欲しかったかな。雰囲気だけで持っていってしまった印象。題材は悪くないだけに、それをもう少し上手く活かさないとその内容すらきちんと受け取ってもらえないかもしれません。浅いって言ったけど、考えようによってはすごく深くなるテーマだと思いますのでね。

しかし祭司長の島本さんの演技が安定してたなあ。そのせいかフリュネの声が若干違和感を覚えてしまったときがあったのは内緒(笑)

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フラクタル 第11話(最終回) 「楽園」 感想

良いアニメだったな。 先週から、ロストミレニアムが必死に変えようとしていたこの世界。 だけど、それに半ば協力する形だったフリュネが選んだのはこの世界の鍵になることだった。 でも、それはフラクタルの連中に強制されたことでも、感化されたことでもない。...

フラクタル 第11話 楽園 (終)

第11話のあらすじ ついにフリュネと再会できたクレイン。 だがしかしバローによってフリュネと世界の真実を知ることになる。 知られたくなかったことを聞かれたフリュネは放心して、バローを突き刺し逃げてしまう。 落ち込むクレインをようやく見つけたエンリは、...

「フラクタル」第11話(終)

  第11話「楽園」(終)フラクタル・システムを巡った激しい攻防。システムの再起動を強行するモーラン、阻止しようとするディアス、混乱の渦に巻き込まれたクレインは、ある重...

フラクタル 第1話  ~ 第11話 楽園

フラクタル 第1話 ~ 第11話 楽園 最終回 世界を管理する“フラクタル・システム”が完成し、人類は史上初めて、もはや働かなくても生きていくことができる圧倒的な楽園に足を踏み入れた。それから千年― ...

【アニメ】フラクタル 11話 最終話 好きがとっても好きなの

フラクタル 第11話(最終話)「楽園」 の感想を 僧院 対 ロスミレ の戦いは激しさを増す クレインは『神』と呼ばれる子の真実を知り、戸惑ってしまう そして自分たちが進むべき道を決断する アニメ動画館に フラクタル 第11話最終話 を見に行く人はここから

フラクタル  第11話 「楽園」

  フラクタル  第11話 「楽園」     魂と体と分かたれた一人の少女神…互いが鍵となってシステムの更新をする筈 だった…しかし700年後、何故か鍵穴にはまらず、魂は10才の少女、肉体も   10才の少女を作り、?...

フラクタル 第11話(終) 『楽園』

警告今回の感想は、厳しい事を言うことになります。このアニメを最後まで楽しんだ方にとっては不快に思う内容かもしれません。その場合は閲覧をオススメできません。 結局何がしたかったのかスタッフと作中の人物両方に問いたいです。それぐらい訳の分からないラストでし?...

フラクタル 第11話(最終回) 『楽園』 感想

今回で最終回のこの作品。いろいろ消化不良だと思った部分もあったけど、1クールだし、しょうがないのかな?続きから感想です(^_-)-☆

(感想)フラクタル 第11話「楽園」

フラクタル 第11話(最終回) 「楽園」 結局、"フラクタルシステム"と"幸せ"は関係なかったのでしょう。 システムがあろうがなかろうが、"幸せ"は人の心の中に芽生えるものだから・・・

フラクタル EPISODE 11『楽園』 感想

フリュネちゃんペロペロ(^ω^)

フラクタル#11

第11話 『楽園』 たとえ小清水嬢が許されたとしても、ヤマカンだけは“絶対に許さない”。 未来の自分に“ビデオメール”って…本当の元ネタは知んないけど 構図からなにから『スピーク・ライク・ア・チャイルド』じゃねぇか! まさかとは思うけど、BEPOPまで持ち出?...

フラクタル 第11話(最終回)「楽園」簡易感想

段々と面白くなってきましたね。次回が楽しみです。 ・・・え、最終回?

フラクタル ep11 『楽園』

フラクタル最終回の感想です。 正直なんだかなー、という感想しか出てこないっ! 全11話で尺が足りないとかそういう問題ではないと思う。 きっと尺が足りないんだと、前回まで散々言い聞かせてましたが...

フラクタル 最終回 楽園 感想

色々とあったなこのアニメも・・・  

フラクタル 第11話 「楽園」 感想

再生の道―

フラクタル 第11話

フラクタル 第11話、「楽園」。 最終回。 システム崩壊エンドかと思いきや、再起動エンドでした。

フラクタル 第11話「楽園」

「クレイン、今こそお前の信じる道 選んでみろ!」 自らの信じる道―― クレイン、フリュネ、ネッサ、それぞれの選択!    【最終話あらすじ】 フラクタル・システムを巡った激しい攻防。 システムの再...

フラクタル 【11話】 「楽園」(終)

フラクタル、11話。 こちらも今回で終わりみたいですが・・・。 ・・・視聴を終えて・・・ こちらもこちらでしっかり締めて来ました。 フラクタルシステムの再起動を拒んでいた、ロスミレの人達でしたが、結果、フリュネ・ネッサの意思により、 再起動はされたよ...

【フラクタル】最終話 勘違い冒険アニメ、バイバイ♪

フラクタル #11 楽園 329 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/01(金) 01:12:17.67 ID:TQn7JyjEO 11話全部見たから言わせて貰う これ、何がしたかったの? ...

フラクタル 11話(最終回)

ヤマカンの明日はどっちだ。 というわけで、 「フラクタル」11話(最終回) おはようの巻。 フラクタルシステム=処女崇拝! 中古をヴィンテージ呼ばわりとは、エスプリの効いた下ネタですなぁ。 ...

フラクタル 第11話 楽園

フリュネと仲良くしてくれた礼と、聞いてもいないのに語りだすバロー。 オリジナルフリュネの生態データを元に、フラクタルシステムを確立した科学者達。 その神となったオリジナ ...

(アニメ感想) フラクタル 第11話 「楽園」

フラクタル第1巻Blu-ray【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付(2011/04/22)小林ゆう、津田美波 他商品詳細を見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンから...

フラクタル 最終回11話「楽園」

一貫したメッセージ性・・・ ぶれていないのは見事! フラクタル第1巻Blu-ray【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付(2011/04/22)小林ゆう、津田美波 他商品詳細を見る

フラクタル#11(最終話)「楽園」感想

ずっと一緒にいるために。守ってあげたい。だから一つになる。「楽園」あらすじは公式からです。フラクタル・システムを巡った激しい攻防。システムの再起動を強行するモーラン、阻...

フラクタル 11話(最終話)

最終回として後味の悪いものではなかったですね。 もう少し丁寧に描いてほしかったな、という部分は多々ありますが。 最初に、ネッサとフリュネの関係について触れるべきでしょうか。 私なりの解釈ですのでこれが正しいというわけではありません。 むしろ、間違っ...

フラクタル 最終回 #11 『楽園』 感想

  迎えるは世界の終焉かそれとも世界の創造か。いや違う。 何も終っちゃいないんだ。全てはこれから始まるのだから。

フラクタル 第11話 (最終回)「楽園」 感想

勿体無い作品だったという感じです。 フラクタル・システムを巡った激しい攻防。 システムの再起動を強行するモーラン、阻止しようとするディアス、 混乱の渦に巻き込まれたクレインは、ある重大な選...

フラクタル 第11話(最終回) 『楽園』 感想

この作品は、いわゆる冒険ストーリーとして観てはいけない。フラクタル 第11話 『楽園』 のレビューです。

フラクタル‐11話 『楽園』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 ヤマカン、お疲れ様。 何て言ったらいいんですかね…。まぁ、賛否両論はあるでしょうけど、一応納得出来る終わり方でした。いまだに、何がどうなったのかよく分かってないけど。言いたい事は...

フラクタル 最終話「楽園」

「守り通しなさいよ!好きなんでしょ、二人のこと!」 昼の星に願いを捧ぐ。ただ一人の笑顔を。

「フラクタル」第11話(最終話)【楽園】

結局、再起動。 フラクタル・システムを巡った激しい攻防。 システムの再起動を強行するモーラン、阻止しようとするディアス、混乱の渦に巻き込まれたクレインは、ある重大な選択を託される……。 脚本...

フラクタル全11話

山本監督によるオリジナルアニメということで視聴し終わったので総評感想を書きたいと思います。結果としては色々と残念だったかなと感じました。雰囲気や設定など興味を引かれる部...

[アニメ]フラクタル 第11話「楽園」(最終回)

ごめんなさい。訳がわからないままです。結構、ひどいこと言っているので、作品が好きな方は読まないで下さい。

フラクタル-FRACTALE-第十一話 感想

これが……神…… 「フラクタル-FRACTALE-」第十一話感想です。 フラクタル第1巻Blu-ray【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付(2011/04/22)小林ゆう、津田美波 他商品詳細を見る

フラクタル EPISODE 11 楽園 レビュー キャプ 最終話

  フリュネにペロペロしてきたバロー。バローは突然、クレイン達に この世界の真実を語り出す。 神と呼ばれるオリジナル・フリュネの生体データ、その守護を強化 するためフラクタルシステムを生みだした当時の科学者達は 神を肉体と魂とにわけて鍵とした。それから70...

フラクタルが色々と…

フラクタルのコミカライズをしている 漫画版の作者:赤崎睦美さんが 「面白くない」と、ブログに書き綴った事が騒動になっています #%D:196%# #%V:89%# アニメは最低視聴率を叩き出しましたからね~#%D:197%# 話題&人気は、「まどか」・「あの花」・「いろは」に?...

◎フラクタルEPISODE11楽園

バローがフリュネの真実を話し出す。オリジナルフリュネを体と魂に別けた。神は10歳だったので10歳の体を作ったがダメだった。そして、フリュネを廃棄し続けた。そして何体かの...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。