スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは:3話感想

花咲くいろはの感想です。

緒花がいろいろ頑張った。菜子も頑張った。民子も頑張った(笑)

緒花の復讐のまかないに若干ビビっている民子と菜子。さすがにトカゲとかは入れませんでしょ菜子さん(笑)
しかしいざ行こうとしたら緒花の姿は無く、それに対してキレる民子。…けどまかないの仕込みがきっちりとしている…。

…というわけで前回の危ない引きから緒花はどうなっているかというところから(汗)

…緊縛されてたー(笑)

おいおいこれは本当にヤバイじゃないですか(汗)てっきりギャグチックに終わらせるかと思っていたらまさかの本気だよ(笑)

というわけで意外にも冷静な緒花が聞くに、この小説家は普通の小説のアイデアが浮かばずに官能系に走ってしまったのだとか。緒花を縛ってそういうプレイで何かアイデアを出そうと思ったんですね。

一方旅館では緒花を探し回っていました。菜子は嫌われたと思ってしまっているようですが…。

一方その小説家は、どうやら緒花をモデルにしたエロ小説を書いた模様。ウォッチしていたから書けるのだとか…。
意味合いは違うのでしょうけど、緒花が輝きたいというところに本人も反応。もしかしたら結構良く見てるのではって緒花は思ったんでしょうね。

その後は墓穴を掘って正体がばれてしまいましたが、しかしそれでも女将は「お客」だからということで特に咎めようととはしようとしません。

…ホント女将の考えてることが分からん(汗)

さっき、女将はもうお客はいないということで大掃除をしようと言いましたよね。…前回も似たような言動があったけど、女将はあの小説家のことはお客であるという認識でいないってことなのかと思ったんですよ。
でもここではしっかり客であると言っている。この辺の区分がまだ分かりませんね。心情は最後で少し分かってきましたけど(笑)

そしてあの男には逃げられてしまったんですが、どうやら自殺を考えてしまったみたい。そして女将の優しさに乗っかってしまったと言いましたが、それに反論したのが緒花。

緒花「女将さんにそんな優しい気持ちがあるはずがありません。」

バッサリだー(笑)

確かに今までの女将の性格を見てきて、そういう仕事第一って感じな人ってのは分かっていただろうからね(汗)

そして女将本人もそれを認めました(笑)

お代は有名になってから貰おうとしていたみたいですけど、自分の才能の無さに嘆いていてついにダイブ。しかし死にたくないと…。結局信念が無いという感じですか。

そしてここでまさかの活躍を見せたのが菜子。かっぱっぱというあだ名がつけられていたらしく、3歳の頃からスイミングスクールに通ってたみたいなので泳ぎは得意なんだと。…しかし助けた時の菜子さんがエロすぎた(笑)

なおも消極的な小説家に緒花がついに喝を入れます。ここで先ほどの輝きたいという話が再び。緒花は突拍子にこういう仕事場に放り込まれて、そして漠然とやりたくない仕事をやっていたけど、でもそれに対して失敗とかをすると悔しくなっていた。ということは何か思い入れがあるということなんですけど、それが輝きたかったということなんですね。感じていたけど気づかなかったことを教えてくれた、そういう観察眼十分な才能であるということでした。

ということで改心でし働くことととなり、そしてその中で執筆も続けていくことになったようです。

菜子とも少し打ち解けてきた緒花。得意分野の泳ぎなら自信があるから教えられると。…やっぱり、教えるっていうことは自分に自信がないとできないよね。菜子自身は人見知り+仲居に自信が無かったから緒花と上手く出来なかったのかなって思いましたね。でも自分が得意なことを相手が知ればそこから自然と自信が出てくるので、他のことにも相乗して自信が広がっているんじゃないかなって思いました。

そして民子も苦手なものを食べてくれた。彼女とも少し進歩したかな?彼女が作ったホビロンという言葉で、死ねという言葉を使わないようにしたみたいですね。ほんとにびっくりするほど論外…。微笑ましいな(笑)

仏前で手を逢わせる女将。どうやら緒花を信頼している感じの描写がありました。

そして最後の孝ちゃんメール。自分はこの2人を応援してるよ!


何かエロくなったな(笑)

今回狙った描写多くて笑った(笑)いろははこういう路線では無いと思っていたんだけどね…(汗)

というか、今回は普通に重要な人物描写がありましたね。一番は女将の発言。今まで謎だった感じでしたけど、花を悪く思っていることはないような感じになってきました。…前回、前々回の感想で自分は女将のことをかなり否定的に書いてしまいましたけど、何か良いほうに向かっている感じに見えてきてむしろホッとし始めていたりします(笑)根はいい人みたいに見えてきました。

菜子、そして民子も変わろうとしているってのが分かりましたよね。やはり前回の緒花の喝が効いているのかな。
これで緒花が入ったことで良いほうに向かおうとしているのは間違いないって感じになってきましたね。1話あたりは見ていられない感じだっただけに、こういうのは嬉しい限り。

さて次回からはまたどうなるんでしょうか。期待ですね!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

 あの引きから本当に監禁されてる!冗談抜きに犯罪だ(笑)。色々迷惑な次郎丸でしたが、従業員として役に立つのかこの人。巴辺りにコキ使われそうですが。
 緒花が正直すぎて、崖での発言には笑いました。はっきりし過ぎるキャラクターは苦手ですが(大抵流れで言っているだけに感じるから)、緒花はそれが生来のモノなので不快になりません。今後も雰囲気を無視して突っ走るなら話自体も暗くならなさそうです。
 最後に孝ちゃん。これからもメールという形で関わってくれれば良いのですが。

もりそばさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>あの引きから本当に監禁されてる!冗談抜きに犯罪だ(笑)

これはマジでビックリしましたよね(汗)ネタじゃなかったのかよと(笑)
しかしここですんなり順応している緒花はさらに恐ろしいと思いましたけど(笑)

>はっきりし過ぎるキャラクターは苦手ですが(大抵流れで言っているだけに感じるから)、緒花はそれが生来のモノなので不快になりません。

あー、確かにそれは分かるかもです。奇麗事を言うって、いろいろな要素が混じって初めて良く聞こえますよね。緒花は性格上こういうストレートな発言をする子だと認識させたので成功と言えると思います。

>最後に孝ちゃん。これからもメールという形で関わってくれれば良いのですが。

自分は未だにこのアニメの男主人公は孝一だと信じて疑っていないので、早く再登場とまでは行きませんけど、忘れられないようにちょくちょく出て欲しいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

はじめに  「花咲くいろは」は日曜日を待ち遠しくさせるほど面白い作品ですし、今回は女の子がとても色っぽくかなり魅力的でしたね  それにしましても、「花咲くいろは 第1話 「十六歳、春、まだつぼみ...

花咲くいろは 第03話「ホビロン」

「でも、お腹空かせておかないと」

『花咲くいろは』 第3話 感想

今作は今期トップクラスの面白さだと確信しました。 う~~ん!実に面白い。 エロ小説家・次郎丸の使い方が上手すぎです。 ようは「才能」を理由に勝手に諦めていただけなんですよね。 あとは自信が...

花咲くいろは #3

【ホビロン】 花咲くいろは 2 [Blu-ray]出演:伊藤かな恵ポニーキャニオン(2011-08-17)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 私輝きたいんです! 

花咲くいろは 第03話 「ホビロン」

同じ喜翠荘で働く同年代の女の子達からどうもハブられてしまっている緒花。 そこに原稿紛失という事件まで起こってしまう「花咲くいろは」の第3話。 「うざい、小っちゃいクセに声デカイ、『死ねって言う...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想 あらすじ 小説の中身を見られた次郎丸は、なんと緒花を捕まえて波の間に捕らえてしまった。 民子と菜子は緒花の復讐のまかないに恐れていたが、姿の見えない緒花を探す事に。 そしてすぐに菜子たちに見つかり、次郎丸は?...

2011年4月第三週のアニメ(花咲くいろは)

・花咲くいろは 第3話「ホビロン」 旅館に素性がバレ、次郎丸さんが逃走を図ろうとする話。 緒花が読んだエロ小説をイメージ&CV有りで見せて頂いたり、海に落ちた次郎丸さん救助後の菜子の濡れT姿を拝ませて頂いたり、個人的には満足な展開でしたな。 この次も期待...

花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 感想

ストレートに、「働くとは?」を問う作品になりそう。 花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 のレビューです。

花咲くいろは 3話

はよう泡まみれになろうや。 というわけで、 「花咲くいろは」3話 緊縛少女の巻。 憧れのカンヅメ生活。いや、憧れんなよ。 でもまあ、その気持ちは分からんでもない。 形だけ真似してみて、作家...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

準備をしながら緒花に対して文句を言ってる民子が(苦笑) でもちゃんと緒花がいったとおり腹いせも受けて立つなところが潔いなぁw 菜子ちゃんは嫌いというよりも慣れないタイプで苦手だったんですね~ 意を...

花咲くいろは 第03話

[関連リンク]http://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/第三話 ホビロン次郎丸に迫られた緒花果たして緒花の運命やいかに!?_さて民子と菜子は緒花の作るまかないに覚悟しながら部屋に入るもな...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」 感想!

すげぇぇぇ! このアニメすげぇ!(二回目)

花咲くいろは 第03話「ホビロン」 感想

前回はとんでもないところで終わったけど・・・。 【27%OFF】[Blu-ray](初回仕様) 花咲くいろは 1価格:5,979円(税込、送料別) 早速感想。 今回も面白かった・・・これまた予想外の方向で。 予想外...

【花咲くいろは 第三話 ホビロン 感想】

素晴らしい!!! いやいや、一話→二話→三話とここまで昇華していく作品もなかなか出会えないですよ。 菜子ちゃんが照れて、勇気を出して、緒花と打ち解けて、自分の殻を破る成長を見守れたことに感謝で...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

私、輝きたかったんだ――。 予想もできない面白展開(笑) サービスシーンまであって、本当にいたれりつくせりですね♪ お約束もバッチリだし(?) 旅館で起きた事件の解決はやっぱり断崖絶壁ですw    ▼ 花咲くいろは 第3話「ホビロン」  復讐のまかな?...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」感想

1・2話を越えて、さらに面白かったです。 ・・・べ、別にエロが良かったわけじゃないんだからねっ! 絶対違うんだからねっ!

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

復讐のまかない--------------!!緒花の勢いに押されて話してしまったキライな食べ物。それを朝のまかないに出すと宣言していた緒花。少しだけ戦々恐々の民子と菜子。食堂の扉を開ける...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」感想

前回衝撃的なラストだった花いろ。あれから緒花はどうなったのでしょうか…?予想外な結末に唖然としました…。でも話の方も盛り上がってきて面白かったです。作品のイメージがちょっと変わりましたが、また可能性を感じた1話でしたー。花いろ、いよ...

花咲くいろは 03話『ホビロン』 感想

前回の続き(*^ω^*)

花咲くいろは 03話『ホビロン』

「うざい。ちっちゃいくせに声でかい。死ねって言うなって何なのアイツ。ふざけんな死ね」

「花咲くいろは」第3話

 第三話「ホビロン」喜翆荘に長逗留している売れない小説家、次郎丸太郎。彼の書きかけの原稿を掃除中にゴミと勘違いして捨ててしまった緒花は、翌日の仕事中に行方をくらます・・...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

ほびろん!! あはは、面白いw 今度使ってみよう。

花咲くいろは 3話

涙の雨が頬を叩く度に美しく。  

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

今回も面白かったですね。 エロシーンには、ビックリしましたが(笑) 喜翆荘に長逗留している売れない小説家、次郎丸太郎。 彼の書きかけの原稿を掃除中にゴミと勘違いして捨ててしまった緒花は、 ...

花咲くいろは  第3話 ホビロン

 ほんとに  びっくりするほど  論外

花咲くいろは 3話「岡田磨里さんはエロイのかも」(感想)

「ホビロン!」 [ホビロン] 「ほんとにびっくりするほど論外!」の略の意味である。 -岡田磨里用語の基礎知識(2011年度版より)-  

花咲くいろは 第3話 ホビロン

花いろ 第3話。 小説家の魔の手が緒花に迫る―――。 以下感想

花咲くいろは 第3話 ホビロン

ほんとにびっくりするほど論外!

微妙になってきた・・・(花咲くいろは 第3話レビュー)

花咲くいろは 第3話「ホビロン」 ★★★★☆

花咲くいろは 第3話「ホビロン!」

一生懸命  テレビドラマみたいであるという意見を度々目にしますが、  私はそういうのをほとんど観たことがないんですけども、それっぽい感じがしますね。  コメディ要素もいい感じで入れています。  

花咲くいろは #3「ホビロン」感想

変態作家の末路緒花を監禁し亀甲縛りの練習するなんて。まかないだけ作って失踪したと思われ捜索が始まる変態作家の妄想キターーー(;´Д`)今回の見所はコレ!んで、全ての悪事がバレて作家が車を盗んで逃げてしまう全員で追いかける必要ねぇw旅館の客放ったらかしw...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

いい話 えちい話 ギャグ展開 …見事なブレンドでしたわw 一歩間違えばえらいことに(すでになってたけど)、どんと来い緒花ちゃんにはぴんく小説家も降参。 とんでもないいっぱい食わせ物でしたが、こ...

花咲くいろは 第3話 ホビロン【伊藤かな恵さんの仕事】

第3話 ホビロン 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201104/article_22.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送信先に記載...

花咲くいろは 3話 《ホビロン》

バカとハサミは使いよう なんどでも言いますがOPの声が大好きです。 最初聞いたときはチャラさんかと思っちゃったけどね。

花咲くいろは 3話「ホビロン」感想

復習のまかない。 波の間の客の飯を食べてしまおうなんてリアルであるのでしょうか? 予告どおりホウレン草と里芋が大量にww 自分ホウレン草大好物なんですが、一般的に嫌いジャンルベスト10に入るので...

[アニメ]花咲くいろは 第3話「ホビロン」

あぁ、好きだ。この世界のみんなが好きだ。もうね、そのうち「好き」という言葉の変化形略も民子に作ってもらいたい。

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

「温泉中居、泡まみれの新人研修」 やべぇー!これホント面白い!! 前回の引きから続いてるとは思わなかったな。 それも、期待通り?に拉致られてるとか・・・ 花咲くいろは 1 [Blu-ray]P.A.WORKS ポニーキャニオン 2011-07-20売り上げランキング : 11...

花咲くいろは 3話「ホビロン」

緒花の銀河はきっと輝く!

花咲くいろは 第三話『ホビロン』

まさか「ホビロン」の意味がそんなんだったなんて・・・(笑) 緒花の言う通り、ここまで気合い入れて嫌われるといっそ気持ちイイかも。 相手をよく見て自分の気持ちと向き合わないと あそこまでノートに書き綴ることはできませんよ。 “好き”の反対語は“嫌い”じゃなく…

花咲くいろは 第3話 (レビュー/感想)

第3話 『ホビロン』

花咲くいろは #03 ホビロン

次郎丸に拉致監禁された緒花のピンチ!  縄・風呂・透けシャツと大サービス回でした。

花咲くいろは 第3話「ホビロン」 感想

亀甲縛りベイビー。 小説家の発言は総て狂言だった。 彼はまだ全然何も賞も取ってなかったし、原稿もただ単に緒花に対する妄想の産物でしかなく それを勝手に捨てられたのに怒っただけで、且つそれを利用して宿代を踏み倒そうとした。 っていうよりは只恥ず...

花咲くいろは 第3話 『ホビロン』

本当にビックリするほど論外!! サブタイ、悪口の省略形だったんだw民子の努力、すごいw まかない作りの途中でいなくなった緒花。 里芋とほうれん草が大量…(゚∀゚) その頃、緒花は波の間にいたけ...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

ジャンプ買ってくるの忘れた(^ω^;) こんばんわ、Misetuです 消えた緒花は・・・

花咲くいろは 第3話

「ホビロン」 とんでもないドラマが私に降りかかっていたのです… ホントだぁww  こんな出来事そうそう無いと思われる((゚m゚;) 続きはこちらへ…

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

  花咲くいろは 第3話 「ホビロン」     賄い準備の途中で、緒花がいなくなった!?その頃、波の間で小説家先生から 亀甲縛りの練習台にされていた緒花…次郎丸は小説を書くことも、縛ることも 上手く出来ずに落ち込ん...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

花咲くいろは 第3話「ホビロン」です。 第2話までは、予想通りなかなか面白かった

花咲くいろは 第3話『ホビロン』 感想 

エロ小説家がヤマカンに見えてしまった自分は末期かもしれない。 録画してたのを観て、ネットみてたらいつの間にか略称がえろはになってるのな。 昼ドラマ的なお約束が満載だったです。 もうちょっと後...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

「自分でも気付いてない私の事、分かってくれてました!」 私 輝きたいんです――! 嘘がばれて旅館から逃げ出した次郎丸を追う緒花達!    緒花の復讐のまかない と言う事で文句を言う民子に潔く復讐さ...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

OP「ハナノイロ」いろは最高! 今週は萌え豚にとってはブヒブヒ鳴ける神回でしたね(笑) それ以外の人でも、話の内容的にも満足できたんじゃないでしょうか?

花咲くいろは#03

第3話 『ホビロン』 おのれ次郎丸…我らが緒花ちゃんに、なんて“うらやまけしからん”コトをww しかしナンだね、“この婆ちゃん”にして“この孫”あり。 婆ちゃんの正しさと優しさを、当の緒花ちゃんが一番理解してたのは さすがの血筋というか…『似たモノ同士?...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

今週も「花咲くいろは」始まりました! 今期は個人的に微妙な作品が多いのですが このアニメは本当におもしろいですね! 3話からという形になってしまいましたが 今回から感想記事を書くことに...

花咲くいろは  第3話 「ホビロン」

花咲くいろは  第3話 「ホビロン」 よいではないかよいではないか

花咲くいろは 第3話 感想「ホビロン」

花咲くいろはですが、民子と菜子は新参者の松前緒花に振り回されます。賄いには腹いせのほうれん草と里芋が大量に用意されていますが、肝心の緒花がどこにもいません。その頃、緒花は自称・小説家の次郎丸に監禁されて縛られていますが、あまり緊迫感もなく、緒花もまった...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想です ホビロンってアヒルの孵化しかけた卵なんだって!? えっ?え~~っ! 食用なの? そんなの食べれないよ~

花咲くいろは 3話「ホビロン」

相変わらず、すごい出来ですよ! 花咲くいろは 1 [Blu-ray](2011/07/20)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る

「花咲くいろは」3話【ホビロン】

小説家さんです! 花咲くいろは 声優 松前 緒花:伊藤かな恵 鶴来 民子:小見川千明 押水 菜子:豊崎愛生 和倉 結名:戸松遥 輪島 巴:能登麻美子 種村 孝一:梶裕貴 松前 皐月:本田貴子 四...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」の感想

 えっと、たしか、緒花が次郎丸の部屋を掃除してしまったことが発端だったんですよね。んで、次郎丸は小説が失くなったのは緒花のせいだから宿代をタダにしろと。緒花がゴミ袋の中に次郎丸の小説を見つけて読むも、それはなんと自分達のことを書いた官能小説だった。って...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

「花咲くいろは」は労働の厳しさを教える真面目なアニメ(キリッ とはなんだったのか。 少し当てが外れてしまったようで若干残念な気持ちの「花咲くいろは」第3話の感想。 無駄に質の高いポル産ばかりが増えていくという風潮。

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

新たなネット用語も誕生したような気がする花咲くいろは 第3話「ホビロン」 今回はいろいろ予想外の展開でしたが、一番意外だったのが菜子の活躍 まさか、菜子が活躍する事があるなんて(*・0・*) ワオ

(感想)花咲くいろは 第3話「ホビロン」

(感想)花咲くいろは 第3話「ホビロン」 初回、前回にかけてのドラマのような雰囲気は今回はちょっとなかった かなという印象ですが、それでも緒花の方向性が見えてよかったかなっ☆

花咲くいろは 第3話

喜翆荘で長逗留をしている売れない小説家、次郎丸太郎。 彼の書きかけの原稿をゴミだと勘違いして捨ててしまった緒花は、 次の朝、まかないの支度途中に姿を消してしまう。 「東京に帰ってしまったのでは?」と心配する従業員たち。 しかしスイは、そんな彼らを横目に...

花咲くいろは 第03話 『ホビロン』

自称作家先生はエロ小説家だった。そしてその秘密を知った緒花に危機が迫る。 普段も声大きいけど、こういう時も大きいんだ。 アナタ、輝きたいんでしょ。そのエロ小説の中身とは、緒花、菜子、民子によるレズものだった。 なんか路線が変わったエロ小説家は態度大きいだ?...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

本当にこのアニメは面白い。エロ小説家をこう使ってくるとは。 第3話「ホビロン」感想は続きから

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 レビュー・感想

「わたし、輝きたいんですっ!」  案の定、売れっ子小説家なんかじゃなかった次郎丸さん、とりあえず官能小説を書いて宿泊費を稼ごうとしても失敗・・・そして監禁した緒花はお ...

花咲くいろは 第03話 「ホビロン」

大門ダタ 緒花が民子と菜子にムカついたから、まかないで二人の嫌いな物と作る、と

「花咲くいろは」3話の感想

「花咲くいろは」3話、観ました。原稿消失事件!そして、緒花にせまる魔の手!!さて、どうやってクリアする??
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。