スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate:6話感想

Steins;Gateの感想です。

電話レンジ(仮)の使い方が分かった回。

まあ貴重な情報が一つ入ったよね。

電話レンジ(仮)の起動のさせ方が分かったわけで。その辺を見破った岡部はさすがと言うべきでしょうかね。

さて、電話レンジ(仮)によって出来る遡行は1秒で1時間ということみたいです。よって120秒の岡部たちの実験では5日前に送られていると。そして一度に送れるメールの文量は半角36文字。日本語では18文字。さらに容量オーバーもあるみたいで、それは分割をされるようですね。

これがゼリーマン化と関係してるのかな?

要は人間の肉体では容量をオーバーしてしまうから、人間全てを送ることが出来ずに、あのように皮膚やらがゼリー化して不完全に遡行してしまうということでしょうか。骨とか目とか、一部の部分はそのままになっていたところもあるので、それが「Okabe was an」と「airhead!」に分けられたことと同じなんでしょうか。前回言ってた圧縮に伴うデータ削減が人間のパーツに行われているということなんでしょうかね。

しかし思ったのは、電話レンジ(仮)そうだし、SERNの実験もそうだけど、このタイムマシンは過去にさかのぼることしか出来ていないということだよね。つまりは未来には行けないということ。今まで時間軸についての話がよく出てきたんだけど、そこでは過去を変えるといくつもの未来が発生するということでしたね。全ては繋がっていると。でも、いきなり未来に飛んだら、その今までの過去とは繋がらないということになってしまいます。だから、そういう概念があるということは、未来にタイムワープをするという現象はこの世界観ではありえないのかもしれません。
…ということで、このアニメでは未来からやってきた人は出てくるけど、過去から来る人はいないと思っています。

で、未来人のことで、鈴羽は前回でも触れましたけど、未来人である可能性がさらに高くなったかもですね。彼女の「…過去には、なにもない」という言葉がそれを物語っている感じです。つまり未来には何かがあったと。

ここからは予想なんですけど、自分、クリスはSERNのメンバーになる予定だったんじゃないかって思っています。もちろん、別の時間軸での話です。そしてクリスの父はSERNでの重要人物。クリスはそれを引き継ぐ予定というところでしょう。
しかしそれを止めたのは岡部なんじゃないかと。未来の岡部ってことですけど、過去の自分に働きかけて、クリスをラボメンの一員とすることでこの未来を変えようとしたのではないかなって思いました。いずれにせよ、クリスという存在は未来に対して多大な影響を与える人物である可能性は非常に高いので、クリスがそのまま未来でやばいことをするルート、そしてそれを実行される前に殺されるルート、そして今やっている岡部たちラボメンの一員となりSERNに敵対する状況にしたルート3つの時間軸ができたんじゃないかと。そして今の岡部にはクリスに興味を引かせようとあの1話の死亡シーンを見せたのではないかなーって…ちょっと考えすぎかなあ(汗)

ただ、そうやってやっちゃうと岡部がまるで「神」みたいだよね(笑)

まあ確かにタイムマシンを我が物にしていれば過去の操作が容易にできることになるので、実質「支配」したようなものだとは思いますけどね。

あの岡部の夢の中、果てしなく謎なんですけど、少なくともいえるのは、岡部は時間を自分で移動しているというより、見守っているという方が正しいのかなって思えてきました。そういう風だとますます神じゃないか(笑)

つまりは、今回SERNの極秘情報に突っ込んでしまったせいで、これから岡部を含めてラボメンのみんなが危なくなるって思うんだよね。もしかしたら全滅エンドもあるのかもしれません。それを未来から救うために手ほどきをしている可能性があるんじゃないかなーって…。
…長くなりましたが予想タイム終了(汗)

まあ、少なくとも鈴羽と岡部とクリスの関係は未来では完結していると思います。そしてその構図は岡部&鈴羽VSクリス。岡部と鈴羽は同士なんでしょうね。もしくはそれ以上の関係?(笑)でも鈴羽のあの岡部に対する接し方を見るとやっぱり何かつながりがありそうだよね。やっぱり鈴羽がタイター臭いなあ…。

残りのキーは萌郁でしょうか。こいつが今は全く分からない存在なんだよなあ(汗)萌都って実はすごい明るい子ってのはないのかな?あのメール見ててもはじけてるし(笑)もしかしたら岡部やらSERNやらによって何か未来で仕打ちを受けて性格改変したキャラだったりするのかなあ。この辺はもう少し情報が来てから考えてみたいと思います。

…しかしクリスもなんだかんだで実験に積極的でしたね(笑)その辺は職業的な性か(汗)まゆしぃは相変わらず難しいことが苦手なようで。このラボメンの会話は自分の中ではこのアニメのオアシスだったりするなあ(笑)何か、安心して聞ける。

まあ今回は自分の予想が突っ走っちゃった記事でしたけど、展開自体はそこまで進まなかった感じでしたからね。次回はどう動くのか期待です。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

夢について

あの夢はクリスからブラックホールについて説明をきいたオカリンが見た夢です
ブラックホール内では時間と空間が入れ替わります
つまり身動きできず、永遠に近い時間を感じながら中心に落ちていきます
その中心には特異点と呼ばれる場所があり、そこを無事に通れるとタイムトラベルができるわけです
まあその結果がゼリーマンズレポートなわけですが‥
オカリンは自分がゼリーマンになる夢をみてたわけで、ちょうどホラー映画をみた後の子供みたいですねw
厨二病のクセに小市民なところがオカリンの魅力ですよ

No title

推測や予想の正否はともかく、ああでもないこうでもないと考えるのって凄く楽しい時間ですよね。
ちなみにアニメ版では、理論などの小難しい話は殆ど端折られてますので、オカリンの夢は特に唐突に
感じられたのかも知れません。

一応出てきた用語について補足しておきますと、
”特異点”とはブラックホールの中心で、ここでは「時間と空間の役割が入れ替わる」
つまり私たちが暮らしている通常の空間であれば、空間を移動できるかわりに時間を移動することが
できないのですが、
特異点においては空間を移動できないかわりに時間を移動することが可能、という風に考えてください。
この性質を利用してタイムトラベルを行う訳ですね。
ただし、特異点の周りは通常”事象の地平(イベントホライゾン)”と呼ばれる光すら逃さない超重力の
場に囲まれており、外側から観測することも特異点に到達することも不可能です。
但し、ブラックホール外部から上手く電子を注入することで特異点を裸に出来、事象の地平に阻まれずに
特異点への道を開くことが出来る、らしいです。
で、5話でも出てきた”リフター”という装置が、ブラックホールに電子を注入する役割を担うのですが…
現在のSERNにおいては注入する電子量の調節が上手くいってない(たくさん電子を注入すれば良いという
訳ではないのがミソ)ために、特異点を完全に裸にすることができず、狭い通路を通れない被験者は、
事象の地平の超重力によってゼリーマンにされちゃう…という訳です。
ごくごく小さな物であれば(例えば塩粒みたいな)狭い通路でも問題なく通れてゼリーマンにはならずに
済むのですが。

まあこういう与太話を念頭に置いとくと、あの不可解なシーンも何となく意味がわかるような
そうでもないような…(どっちやねん)

まあただの夢ですよ多分。
ホラー映画のあとに見る悪夢のようなもの。オカリン結構気が小さいですからw

通りすがりさん

こんにちわ。コメントありがとうございます。

>あの夢はクリスからブラックホールについて説明をきいたオカリンが見た夢です

つまりこれは岡部がクリスから怖い話を聞いたから、それが岡部の心に残って夢の中で出てきたというそういう解釈でいいってことなんですかね(汗)確かに岡部は中二発言を連発して自信家に見えますけど、その実はかなり小心者ですよね。下の店の店長にもタジタジでしたし(笑)

ブラックホールの話は、空間を動かなくなることで時間を動かすという、現実世界と逆のことをやっているという認識でいいってことなんですかね。

とどさん

こんにちわ。コメントありがとうございます。

>推測や予想の正否はともかく、ああでもないこうでもないと考えるのって凄く楽しい時間ですよね。

はい、これがこのアニメが楽しく見れている要因でもありますからね。
…しかし原作を知らない人の予想ほど、原作を知っている人は反応に困りますよね(汗)なんかすいません(汗)

>”特異点”

説明ありがとうございます。すごく分かりやすかったです。
電子を注入することで道を開くみたいですけど、その電子が放電現象として出ているのがあの電話レンジ(仮)ということでいいんでしょうかね。

ゼリーマンになるというのは、やはり容量オーバーで全部特異点を通れないからなってしまうってことでいいみたいですかね。

これからSERNと争うのは、その適切な電子量をどちらが先に発見するかということでしょうか。特異点を裸にすれば、完全に移動できるでしょうからね。…しかし岡部が裸だったのは、この特異点を裸にするということと関係しているのだろうか(笑)

>オカリン結構気が小さいですからw

そうですね(笑)店長にも怯えていましたしね。口は達者なのに(汗)

No title

>骨とか目とか、一部の部分はそのままになっていたところもある
そうではないです。描写的にそのように見えただけではないでしょうか。
分子がスポンジみたいになってしまいますが、それが構成する物質がゲル状なわけです。
目や骨も同じよう分子レベルでズタズタになりますが、物質の硬さは分子の密度に
関係しますので、それがゼリーの濃淡になっているのを表しているのだと思います。
金属などで試したらゼリーというより寒天みたいになりそうですけどね。

ちなみに原作の方では、内臓の形もわかるグロさがありました。

たけろーさん

こんにちわ。コメントありがとうございます。

指摘ありがとうございます。その辺はアニメから見ている自分には見分けがつかなかったので分かりませんでした(汗)

でも、やはり容量の話はあるんですよね。どこまで特異点の幅を広げられるのかということ。広がっていけるようになれば、一部、または全部がそのままである人間もできるようになっていくということですよね。今は狭すぎるから、全てのパーツが分子レベルでやられていると…。確かに目や骨とかだけピンポイントに何事も無く通過するってのもおかしな話ですしね(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【Steins;Gate(シュタインズゲート) 第六話 蝶翼のダイバージェンス -Butterfly Effect's Divergence- 感想 】

ラボメンが揃うと何か妙な安心感というか、くすぐったい笑いみたいなものが付いてきますねw この五人なら色々期待できそうみたいなw さて、シュタゲも6話ということで、全体の1/4を消化しましたが、若干スローテンポなので、あと18話でホントに完結できるのかとw ...

STEINS;GATE 第6話「蝶翼のダイバージェンス」

まさか、FB?  桐生萌郁もラジ館の人工衛星墜落事件に興味を持ってますね。 会話よりメールの萌郁(^^; FBという相手からメールを送られてますが何者?  ▼ STEINS;GATE 第6話「蝶翼のダイバージェンス」  過去にメールを送れるって現象に名前をつけ...

Steins;Gate 第6話「蝶翼のダイバージェンス」 感想

「バナナ」を「中」に・・・!? いや、思わずそっちネタに反応してしまいましたが、ダルですよダル。 彼の言動が面白すぎてなんだか頬が緩みっぱなしの30分間でした。といいますかオカリンもオカリンで 牛丼代くらいさっさと返せばいいのに(笑)。 確かに卵入れ...

シュタインズゲート第6話『蝶翼のダイバージェンス』

・・・の貴重なサービスシーン・・かも?^^;

(感想)Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第6話「蝶翼のダイバージェンス」

(感想)Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第6話 「蝶翼のダイバージェンス」 電話レンジ(仮)による過去へのメール送信・Dメールが物語の核になる予感。 そして、仕組みを解明しつつあるからこそ、ふと思い出すあのフレーズ・・・

STEINS;GATE 6話

バナナを入れる!バナナを中に! というわけで、 「STEINS;GATE」6話 脳内円卓会議の巻。 よーし、タイムマシン完成させんぞおめーら。 まずは、過去へのメールにかっこいい名前をつけるところか...

Steins;Gate 第6話「蝶翼のダイバージェンス」

『SERNへのハッキングに成功した岡部は、未来ガジェット研究所にラボメンを集め、円卓会議を開催する。そこで、自分たちが偶然発見した“過去へ送れるメール”を「Dメール」と命名する。特定の時間帯にメールを...

STEINS;GATE 第06話 感想

 STEINS;GATE  第06話 『蝶翼のダイバージェンス』 感想  次のページへ

Steins;Gate 第6話

Steins;Gate 第6話 『蝶翼のダイバージェンス』 ≪あらすじ≫ IBN5100を入手しSERNの行っている非人道的な実験の数々と、その先にあるであろう野望を本当に突きとめてしまったラボメンたち。倫太郎は、心...

STEINS;GATE -シュタインズ・ゲート- 第6話 「蝶翼のダイバージェンス」

第6話 「蝶翼のダイバージェンス」 シュタゲももう6話です。 そろそろ話が動くかな?と思ったらちょっと停滞気味。 オカリン、ダルはバイト戦士とお昼ごはん。牛丼を食べたことがない?ますます...

Steins;Gate シュタインズゲート 第6話 「蝶翼のダイバージェンス」 感想

歓喜の後ろから忍び寄る不安― 「Steins;Gate」公式サイトはこちら! →http://steinsgate.tv/index.html Steins;Gate 第6話感想です。 とうとう過去に送れるメール、通称「Dメール」のやり...

STEINS;GATE第六話 感想

3次元に希望を持っていた時期が僕にもありますた 「STEINS;GATE」第六話感想です。 TVアニメ「STEINS;GATE」オープニングテーマ「Hacking to the Gate」【初回限定盤】(2011/04/27)いとうかなこ商品詳細を見る

STEINS;GATE 第6話 蝶翼のダイバージェンス

円卓会議と称し、電話レンジ(仮)の事を話し合おうとする岡部ですが、円卓なんてどこにもないだろ… 電話レンジ(仮)を完璧な物として、SERNの野望を食い止める事が目的ですが、 ...

STEINS;GATE 第6話「蝶翼のダイバージェンス」

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray] ちびちびとしか話が進んでませんが、意外にもじれったさはありませんね。 今回は電話レンジと萌郁の謎解きへ第一歩なお話。

STEINS;GATE 6話感想

サブタイトル「蝶翼のダイバージェンス」 ダイバージェンス(divergense)とは、「分岐」のこと。 蝶の翼というのは、よく分からないのですが…直感的にはバタフライ効果を連想します。そういえばOP映像に青...

Steins;Gate 第6話 「蝶翼のダイバージェンス」 感想

今回もアっという間の30分、続きが気になりますよ。 SERNへのハッキングに成功した岡部は、未来ガジェット研究所にラボメンを集め、 円卓会議を開催する。 そこで、自分たちが偶然発見した“過去へ送...

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第6話 感想「蝶翼のダイバージェンス」

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、マッドサイエンティスト鳳凰院凶真こと岡部倫太郎は牛丼屋で携帯電話を使い、食堂のおばちゃんに睨まれます。オカリンは極秘ミッションを抱えており常に某組織に追われているので携帯での定時連絡は欠かせませんが、一般市民?...

STEINS;GATE 第6話「蝶翼のダイバージェンス」

人工衛星の墜落から5日------------。国籍も不明のその衛星。これもやはりタイムマシンと関係してる話?秋葉にいた桐生萌郁は携帯電話の履歴を見てなにやらメールをしているよう。そこ...

STEINS;GATE 第6話「蝶翼のダイバージェンス」

人工衛星の墜落から5日------------。 国籍も不明のその衛星。 これもやはりタイムマシンと関係してる話? 秋葉にいた桐生萌郁は携帯電話の履歴を見てなにやらメールをしているよう。 そこへ突然向けられたインタビューマイクとカメラ。 萌郁は逃げ出してしまう...

STEINS;GATE #06

第6話 『蝶翼のダイバージェンス』  だから…イヴェントホライゾンってなに?FBって誰のコトなのさ? “蝶翼”ってのは、『風が吹くと桶屋が儲かる』ってアレのことだよね、きっと。 あ~…眼鏡子さんも、や...

Steins;Gate 第6話 「蝶翼のダイバージェンス」

Okabe was an air head! 画的に派手な動きはないけどジワジワ面白くなってきている「Steins;Gate」第6話の感想。 もえいくさんがいよいよ物語に本格参戦か・・・! 円卓会議のオカリンの作画ww

第6話 『蝶翼のダイバージェンス 』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 中の人ネタか、コレ…!← 時間の余裕がないので超簡易で感想書きたかったのに、何してくれてんですかw『宮野さん+全裸空間』ときたら、刹那しかいないじゃないか。突っ込まざるをえない。...

「Steins;Gate」第6話

“FB”とは一体・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105110000/ シュタインズ・ゲート ねんどろいど 牧瀬紅莉栖 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) posted with amazlet at 11....

【アニメ】Steins;Gate-シュタインズ・ゲート- 6話 直訳すると「メールに戻る」

Steins;Gate シュタインズ・ゲート 6話「蝶翼のダイバージェンス」 の感想を 歴史的な大成功だな、タイムマシーンを完全に稼動させたのは!! まあ、最初ではないけど でも、メンバーたちは違う議論で盛り上がっていた!? 『 シュタインズ・ゲート 』の公式?...

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第1話 ~  第6話 蝶翼のダイバージェンス

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第1話 ~  第6話 蝶翼のダイバージェンス 舞台は「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後の秋葉原。秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サーク...

Steins;Gate #06 「蝶翼のダイバージェンス」

 ラボの外での日常な描写が面白いですね。

STEINS;GATE 第6話「蝶翼のダイバージェンス」の感想

 IBN5100を手に入れてファイルの解析を進めた結果、SERNがタイムマシンを使って非人道的な人体実験を行っていたことが明らかに。それでもなお…いやだからこそオカリンは電話レンジ(仮)を使った実験を急ぎ、SERNよりも早くタイムマシンを完成させようとする。そして再?...

STEINS;GATE 第6話「蝶翼のダイバージェンス」感想

徐々に謎が解明されてきましたね。 今回は萌郁がメインに描かれていました。 新しいラボメンとして 半ば口封じの為に仲間になった彼女は 今後 どの様な活躍を見せてくれるのか、楽しみですね。 どうやら、彼女はかなりのメール依存状態、直接 人と話したりするのが 非…

STEINS;GATE 06話『蝶翼のダイバージェンス』

人工衛星の墜落から五日が経過。 しかし、放置されたそれは未だに撤去の目処がたたないでいた。

STEINS;GATE 06話『蝶翼のダイバージェンス』 感想

鍵になるのは紅莉栖の方……?

STEINS;GATE  第6話 「蝶翼のダイバージェンス」

  STEINS;GATE  第6話 「蝶翼のダイバージェンス」             『ノスタルジアドライブッ!』 過去へ送れるメールの名称… だが、却下!     桐生 萌郁=ラジ館に人工...

STEINS;GATE (シュタインズゲート)6話 蝶翼のダイバージェンス 感想 #steinsgate

お前も戦死なら一人で牛丼屋にいけるようにならなきゃな(´ー`)  

Steins;Gate 第6話「蝶翼のダイバージェンス」感想

閃光の指圧師のターン!

Steins;Gate 第6話 『蝶翼のダイバージェンス』 感想

科学というよりは疑似科学のようですが、これはこれで面白い。 Steins;Gate 第6話 『蝶翼のダイバージェンス』 のレビューです。

『Steins;Gate』#6「蝶翼のダイバージェンス」

「秘密を知られたからには仕方がない… 桐生萌郁、貴様は今日からラボメンNo.005だ!」 メロンのゼリーを見るとこのアニメを思い出しそうだ; SERNを出し抜くため、先に完璧なタイムマシンを作り出そうと動き出したオカリンたち。 まずは「円卓会議」というなの?...

Steins;Gate #6 蝶翼のダイバージェンス

シュタゲ 第6話。 SERNを出し抜くために倫太郎たちは実験を開始―――。 以下感想

シュタインズゲート第6話『蝶翼のダイバージェンス』の感想レビュー

ラボメンNo.005、閃光の指圧師(シャイニング・フィンガー)桐生萌郁爆誕!回でした。 極度の携帯電話依存症である彼女に、うっかり自分たちの実験を知られてしまったオカリン達ですが、なし崩し的に仲間に引き入れて問題無し…? というか、今回もまゆしぃのアホ可...

Steins;Gate 第6話「蝶翼のダイバージェンス」

STEINS;GATE ドラマCD γ「暗黒次元のハイド」ダイバージェンス2.615074%(2010/06/02)ドラマ、宮野真守 他商品詳細を見る  オカリンが厨ニキャラすぎて、未来ガジェット研究所が楽しそうです。クリスというメ...

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 【やったねオカリン!仲間が増えたよ!】 第6話 「蝶翼のダイバージェンス」 (2ちゃん)感想

26 名前:LIVEの名無しさん[] 投稿日:2011/05/11(水) 02:29:00.33 ID:wOufMdsN こえええええええええええええええ 30 名前:LIVEの名無しさん[sage] 投稿日:2011/05/11(水) 02:29:05.84 ID:b...

Steins;Gate-シュタインズ・ゲート- 第6話「蝶翼のダイバージェンス」 謎が謎を呼ぶ

皆様、トゥットゥルー♪(挨拶) Steins;Gate-シュタインズ・ゲート- 第6話「蝶翼のダイバージェンス」 見ましたよ。 「蝶翼のダイバージェンス」 SERNへのハッキングに成功した岡部は、未来ガジェッ...

今週のSteins;Gate#6:やったねオカリン! ラボメンが一人増えたよ!

なんだ、これは。

Steins;Gate 6話「蝶翼のダイバージェンス」

ラボメンに新たな人物が! Steins;Gate(限定版) 特典 電話レンジ(仮)マスコット付ストラップ付き(2011/06/23)Sony PSP商品詳細を見る

STEINS;GATE 第6話 「蝶翼のダイバージェンス」

「宇宙の果てが逃げている。いや違う、引き伸ばされている。何が?宇宙が?俺が・・・?」 わりとゆったりな進行ではあったけど今回はいよいよ核心的な言葉も出始めた。

STEINS;GATE 第6話の感想

知的な彼女にドジっ子アピールは必要です。STEINS;GATE 第6話「蝶翼のダイバージェンス」の感想です。 前回のセルンが行ってきたことへの真相にせまる流れからは、すこし緊迫感がなくなった感じがした今回...

Steins;Gate #6

【蝶翼のダイバージェンス】 STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]出演:宮野真守メディアファクトリー(2011-06-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 三次元に希望なんかありません! ...

「Steins;Gate-シュタインズ・ゲート-」第6話【蝶翼のダイバージェンス】

ラボメン5人目誕生。 スタッフ 原作:5pb./Nitroplus 監督:佐藤卓哉、浜崎博嗣 シリーズ構成:花田十輝 キャラクターデザイン、総作画監督:坂井久太 プロップデザイン:コレサワシゲユキ、中村...

Steins;Gate第6話感想~。

進展ゆるーい(笑) ガンガン行こうぜ! 以下、ネタバレします。ご注意を。

Steins;Gate 第6話 「蝶翼のダイバージェンス」 感想

不安を抱えつつもタイムマシンの完成に向けた検証実験は順調に進捗です。

STEINS;GATE 第6話「蝶翼のダイバージェンス」

アバンは人工衛星の墜落したビルの映像から。第1話の時には気にならなかったのですが、よくよく考えるとかなりおかしいことが分かります。

いつも心に円卓を。『Steins;Gate』6話。

事件は(意外と)深刻、状況はどんどん進行しつつある、というのに、中盤までゲラゲラ笑わせてくれる、ラボメンのやりとり。気づいたら、ものすごく未来ガジェット研究所の面々に ...

「Steins;Gate シュタインズ・ゲート」 #06『蝶翼のダイバージェンス』

 #06「蝶翼のダイバージェンス」 SERNへのハッキングに成功した岡部は、未来ガジェット研究所にラボメンを集め、円卓会議を 開催する。そこで、自分たちが偶然発見した“過去へ送れるメール”を「Dメール...

STEINS;GATE 6話 「蝶翼のダイバージェンス」(アニメ感想)

【あらすじ】 SERNへのハッキングに成功した岡部は、未来ガジェット研究所にラボメンを集め、円卓会議を開催する。そこで、自分たちが偶然発見した“過去へ送れるメール”を「Dメール」と命名する。... 相変...

Steins;Gate 6話 「蝶翼のダイバージェンス」 感想。

メール連投で若干ウザイ感じの閃光の指圧師、干渉してきましたね。どこまで描くのか楽しみです。 >>ということで、STEINS;GATE #06 蝶翼のダイバージェンス 感想です.+゚*。:゚

「Steins;Gate」6話の感想

「Steins;Gate」6話、観ました。電話レンジ(仮)による、時間遡行メールの再現を試みる未来ガジェット研究所の面々。オカリンもクリスも何らかの法則性があると睨んでいるようだ。そして、それを確認するための「オペレーション・ウルド」が発動される。

◎Steins;Gate#06「蝶翼のダイバージェンス-Butterf...

オカベ、ダル、スズハで牛丼をはじめて食べる。そして、トゥットルーとマユシーがやってくる。そこにクリスもきて、また睨まれる。オカベが、円卓会議をするという。円卓はこころの...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。