スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣1話感想

バカとテストと召喚獣感想です。

今期期待のアニメです。
原作は知りません。制作会社はシャフトとすぐ分かりますね(笑)


追記

制作会社はSILVER LINKでした。申し訳ありません。
文月学園が舞台の学園アニメ。この学園のシステムは、「試験の成績が高い順に、より設備のいいクラスに入ることができる」というもの。
ランクはA~Fまであり、最下位のFクラスはもはや学校とは思えない最悪な設備である。机はちゃぶ台みたいな感じで脚も折れていて、座布団には綿がほとんど入っていない。隙間風はよく入ってくるetc…
そんな教室に、主人公の吉井明久が入りました。彼は、「観察処分者」という「バカの代名詞」称号を持っているみたいです。
しかし、そのFクラスが確定した試験で、一人の女の子をかばいました。彼女が姫路瑞希で、テスト中突然倒れた子でした。そして、試験が受けられなかったその子もFクラスになってしまいました。


そのFクラスには明久の友達も何人かいるようで。

島田美波。どうやら彼女は帰国子女みたいで、日本語が読めないから試験が全然できないとか。得意科目は数学(日本語があまりでてこないかららしい)、ポニテの子。胸は無いからグリグリされると痛いとのこと(汗)ちなみにパンツは水色らしい。

木下秀吉注:彼は男です。なんかすごい頭良さそうだけどなあ。

坂本雄二。どうやらこの人がFクラスの代表の模様。なかなかの行動力のありそうな感じの人。頭は悪そうに見える。

土屋康太。ニックネームは「ムッツリーニ」。なんだこのイタリアの独裁者みたいなニックネームは(汗)その名の通り、ムッツリスケベみたいである。でもパンツくらいて鼻血噴くってどんだけウブなんだよ(笑)

まあそんな愉快な仲間達に囲まれてあながち悪いクラスでもなさそうですね。…ん?

なんかテロ起こしそうな人たちがいるぞ(汗)

これは…、アメリカのKKK(クー・クラックス・クラン)を思い浮かべますなあ。なんか違う意味で頭良さそうだけど(汗)


しかし、代表の坂本雄二は、やはりこの劣悪な環境が嫌みたいで、ひとつ上のクラス、Eクラスに「召喚獣」の戦争、通称「試召戦争」を挑むことにしました。

この「試召戦争」とは、試験召喚戦争の略で、自分の試験の成績がそのまま強さになる「召喚獣」を戦わせて、下のクラスが勝った場合、上のクラスと設備を交換できるというものみたいです。クラス対抗で、立会いの先生が必要。代表が倒されたクラスの負けというルールです。

これはある意味素晴らしいシステムだと思うぞ。
これは明らかに学力向上に貢献できると思うなあ。

しかし、基本的には下のクラスの方が不利に決まっているわけですが、雄二は何か作戦があるみたい。
この学校には普通の試験のほかに、「回復試験」というのがあり、そこでの点数も召喚獣の強さに反映されるとのこと。そこになにかありそうですね。


そしていよいよ開戦!科目は数学

Fの先陣は秀吉、美波、ムッツリーニです。てか美波の成績89ってかなりいいじゃないですか!これ100点満点だったら、もっと上にも対抗できる点ですよね。ああ、でもムッツリーニが25だった(汗)

そしてなぜか秀吉に力を入れているスタッフ。

だから彼は男でしょ!(汗)点数は76とまあまあですが…。

点数は攻撃力にもライフポイントにもなるみたいで、0になった生徒はキツい補習を受けさせられるみたいです。

一方雄二の作戦はとにかく時間をかけることみたいですね。てか、戦争中でも回復試験受けられるんですね。

Eクラスの代表によって、Fの雑魚がどんどんやられていきます。これなんて無双?
そして本陣に突撃してきたEクラス。ここでついに、主人公の能力が明らかになります。観察処分者の力は…、物体に触ることができるというもの。そして、召喚獣が受ける痛みはその召喚者も受けるようです。…なんか強いか弱いかわかんないな(笑)でも、彼のアホさからしたら弱いのかもしれませんね(汗)

その主人公も役に立たず、追い詰められたFですが、そこに主人公が助けたあのルイズ姫路瑞希が登場。彼女はものすごく頭がよかったのです。

…ってつええええええええええええええ!!

まるで人がゴミのようにやられていくEの生徒(笑)なんと点数は412点!100点満点じゃなかったのかと思いきや、時間内になら何問でも答えられるみたいで、こんな点数もありみたいです。つまり、学力に加え、解くスピードも要求されているみたいですね。これが雄二の作戦でした。
Eクラス相手にこの点数はチートなので、あっさりFクラスが勝ちました。

さて、これで設備の交換が可能となったわけですが、なぜか変えようとしない雄二。そんななか、なぜかAクラスから秀吉の双子の姉登場。そしてFクラスに宣戦布告をしてきました。そこでなぜか不敵に笑う雄二。ここで次回に続く!


面白かった!!

テンポがいいですね。設定も面白いですし、視聴継続、感想も書いていきます。瑞希は最初聞いたとき、やなせなつみさん(ef千尋)かと思ったんですけど、原田ひとみさんだったんですね。あ、彼女は確かefの原作の主題歌歌ってましたよね。主人公も紘さんだし、監督も大沼心さんですし、これからも期待したいと思います。
コメント

No title

これ、シャフトじゃないですよ

LeafADさん

あ、ホントだ(汗)SILVER LINK. でした。

演出的にシャフトと勘違いしたみたいです。

指摘ありがとうございます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バカとテストと召喚獣 第1話「バカとクラスと召喚戦争」

試験の成績で所属するクラスが決まる文月学園。 最低ランクのFクラスで学園生活を送ることになった顔ぶれは… 非常に設定が面白く、とても楽しく見ることが出来ました。 SD召喚獣かわええо(ж>▽<)y ☆ 管理人のツボに見事にハマりましたです♪ メインヒロイ...

バカとテストと召喚獣 第1問「バカとクラスと召喚戦争」

バカとテストと召喚獣の第1話を見ました。第1問 バカとクラスと召喚戦争成績によってクラスの設備がランク分けされる文月学園では、テストの点数で強くなる召喚獣で戦い、相手のクラスの設備を奪う試召戦争が行われる。バカの集まりFクラスの、バカの代名詞『観察処分者...

バカとテストと召喚獣 1話「バカとクラスと召喚戦争」

ある意味、今期で一番楽しみなアニメかも。 バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)(2007/01/29)井上 堅二商品詳細を見る

バカとテストと召喚獣 第1話 「バカとクラスと召喚戦争」

原作は話題作なので注目してたけど見てみるとギャグが面白いので期待できそう。 それから個人的に主人公が下野さんのアニメは相性が良い事...

バカとテストと召喚獣 第1話「バカとクラスと召喚戦争」

学園ものかと思ったら、ファンタジー!? 机上のゲームじゃなくて、召還獣をほんとに呼んでるの?? 学校の最新設備なんですね~( ・∀・) ...

(アニメ感想) バカとテストと召喚獣 第1話 「バカとクラスと召喚戦争」

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)クチコミを見る 進級テストの成績で厳しくクラス分けされる先進的な進学校「文月学園」。 秀才が集まる設備も整ったAクラスに対して最底辺のFクラスの設備はボロい卓袱台や腐った畳だけ。 そんなFクラスの生徒である吉井明久は、 訳...

バカとテストと召喚獣 第1話「バカとクラスと召喚戦争」

成績でクラスの設備がランク分けされちゃうシステムの文月学園。 吉井明久は最低のFクラスに落ちちゃいますが…。 むさい男ばかりと思った...

バカとテストと召喚獣 第1話「バカとクラスと召喚戦争」

2010年の第2弾は、人気ライトノベルのアニメ化! 同人業界でも注目度No.1です。 吉井明久:下野紘 姫路瑞希:原田ひとみ 島田美波:水橋か...

バカとテストと召喚獣 第1問『バカとクラスと召喚戦争』

『お前は疑う余地もない、本物のバカだ!』 …何と言う格差社会(笑) 下位に許されたものは我慢すること!?ってなカンジで始まりました バカとテストと召喚獣『バカとクラスと召喚戦争』! なかなかハイスピードで進みましたねぃ。 ちなみに原作は1巻だけ読了済み~。...

バカとテストと召喚獣 第1話 大沼心×高山カツヒコ 再始動!

■新番組 バカとテストと召喚獣                  原作は未読ですが、シャフトを出た大沼監督と高山カツヒコ氏を追っ...

バカとテストと召喚獣~第1話 感想「バカとクラスと召喚戦争」

バカとテストと召喚獣ですが、成績によりAクラスからFクラスまで分けられる学園で成績に応じた召還獣で戦うアニメです。Aクラスは高級マンション並みの設備ですが、Fクラスは畳に卓袱台で座布団に綿すら詰まっていません。この格差社会に憤りFクラスは試験召喚戦争を...

バカとテストと召喚獣 第1話 「バカとクラスと召喚戦争」

バカとテストと召喚獣 第1話 「バカとクラスと召喚戦争」 見ましたぁ~ こんな学校にはあたしは通いたくない!
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。