スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOGDAYS:13話感想&総括

DOGDAYSの感想です。

みんなの笑顔が見れて良かったね。

いろいろ含みがある終わりでしたね(笑)

この世界の話はこれでは終わらないよみたいな。2期がある可能性は十分にありますね(笑)

シンクが帰るということで歓迎ムードなみんなと実はもうこっちにこれないと分かっていたリコッタたちとの温度差が激しかったですけど、どうやらみんな薄々気づき始めていた感じでしたね。エクレはもう感づいていたみたいだし。

…しかしエクレは最後まで素直になれないまま終わっちゃったね。まあこれがツンデレの典型ということですけど、でも悲しいポジションではあったよね…。エクレはミルヒ姫がシンクのことを好きだと分かっているから、それで自分は出てはいけないと思っているわけだから。彼女としてはこれでよかったのかは分からないけど、でも最後にシンクと話す機会が取れたのはまだ救いだったかな。シンクが帰った後の練習の時に目を腫らしていたあたり、かなり泣いたってことだからなあ…。まあだから最後にエクレの喜ぶ顔が見れたらさらに良かったかなって思ってるんだけどね。

ミルヒ姫はどうだったんだろう。シンクが帰ってこれないことに気づいていたのかなー。シンクはあくまで再開できるということを強調していたから、見た感じはミルヒが気づいていたって感じではなかったけど…。

だからこそ、最後の別れのシーンに少し違和感を感じてしまいました。確かに少し別れるだけでも寂しいという気持ちはあるのかもしれませんけど、手を掴んじゃうほどのものなんだろうか…。
ミルヒ姫とシンクの関係って、今までの描写からして恋人のような付き合いではないように思うんですよ。ミルヒの必死さがだからここでは空回りに見えちゃったんですよね…(汗)必死なんですけど、なぜそこまでなの?って思ってしまい、取り残されちゃった感があったってことです。

…まあもしかしたらミルヒもシンクが帰れないことを知っている可能性はあります。でもそれだったらもっと前からかなり泣き崩れているとも思うんだよなあ…(汗)この辺は結構謎でしたけど、まあ湿っぽいのよりも楽しいものをこのアニメでは見たいから深く詮索しなくていいでしょうかね(笑)

元の世界に帰って来たシンクは久々登場のレベッカと、そしてシンクの上の身体能力を持つナナミも登場。元の世界に戻っても楽しい生活を送っていますね。

そんなわけで、実は勇者を戻せるにも条件があって、召喚者以外に自分の持ち物を渡し帰る約束をし、そして召喚者には文面で帰ることを伝えたりすると…。まあ実は知ってたんじゃないかって思ってしまうくらいドンピシャで都合のいい話ではあるんですけど、そんな奇跡を起こしてしまうくらい、シンクとフロニャルドの関係は切れないものになっていたってことでしょうかね。さらにみんなの願い、お互いがまだ別れたくないという、そういう想いが努力によって届いたのかなと。特にリコッタはマジでお疲れ様ですよね。
とにかくこんな奇跡の連続で終われたというのは、このアニメらしい何でもアリな印象を一気に集約させたような、そんな感じだったかもしれませんね(笑)

というわけで、DOGDAYS、完結です!


<総評>

このアニメの世界観を一言で言うなら、緩いですね。とにかく緩い。戦争をしているという設定でありながら、誰も傷つかないように配慮しているということ。一応お互いの国の何かを賭けるということはしているんですけど、相手国の状況を考えながらの提示であり、負けても国が傾くとかそんなことはないわけで。どうなるかっていうと国民が負けて悲しむ、悔しがるだけという、要は国を挙げたスポーツみたいな、そんな戦争でしたね(笑)実況もいましたから。

でもそんな中で兵士たちはしっかりと鍛錬を積み、国のためにと頑張っているわけで。国を守るというそういうものではなく、国の誇りを背負うという、そこまでの話なんでしょうね。
戦争の内容もアスレチックな要素で、傍から見たら遊んでいるような、そんな風に見えました(笑)だからこの世界はこういう風なんだと、序盤にそういう意識を植え付けられたといえます。

そんな中での魔物登場のシリアスもあったんですけど、この辺は正直蛇足的に思えてしまった部分もあったかもしれません。物語上シリアスは大切な要素だと思うんですけど、この平和な世界観でガチの敵を出してしまうというのは果たして必要だったのかなと。
基本的に武将クラスのキャラクターはかなりチートな攻撃方法を持っていたわけなんですけど、でもそれでもあくまで食らった相手は変身してしまうだけ。今まで言われてきた世界観からしたらその兵士たちが傷つくことはないはずです。では、果たしてその技がガチの敵に有効なのかということ…。そうじゃないから、シンクが終盤に活躍できなかったのかなって思いました。いくら身体能力がいいからって、所詮は素人ではあるわけですからね。結局は以前に魔物を退治したことがあったダルキアンと、そのとき拾われたユキカゼが終わらせたわけなんですけど、そうしてしまうとシンクの主人公としての存在感がなくなってしまったわけなので、そこはどうかなーって思っちゃいました。

そんなわけで、キャラクターとしてもシンクはそこまで好きになれないキャラに終わってしまったように思います。思った以上に印象に残っていないと思うんですよね。やはり一番輝いたのはミルヒとレオの関係でしたよ。戦争をしている中でお互いを信頼しているという関係、そしてレオはミルヒを救いたいがために自らが鬼となって解決をしようとする、こちらの関係の方が自分はすごく印象に残ってるし、そして面白かったです。

このアニメはとにかくキャラが多かったですね。そして声優も豪華で、その辺はすごく安定して見れたと思います。目立ったキャラ回というのはなかったと思うんですけど、でも魅力はかなり出せていたんじゃないかなって思いました。声優を豪華にしたのも、大勢キャラがいるなかで声優で認識できるっていうのが大きかったかもかもしれません。

音楽は水樹さんと堀江さんが担当ということで安定していました。さすがですね。BGMも緩い世界観ではあるけど熱いものも多かったと思います。緩い中での一生懸命な様子というのは出せていたかなって思いました。

「DOGDAYS」
シンク・イズミ:宮野真守
ミルヒオーレ・F・ビスコッティ:堀江由衣
エクレール・マルティノッジ:竹達彩奈
リコッタ・エルマール:水樹奈々
ロラン・マルティノッジ:子安武人
ブリオッシュ・ダルキアン:日笠陽子
ユキカゼ・パネトーネ:阿澄佳奈
レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ:小清水亜美
ガウル・ガレット・デ・ロワ:柿原徹也
ゴドウィン・ドリュール:若本規夫
バナード・サブラージュ:小野大輔
ノワール・ヴィノカカオ:花澤香菜
ジョーヌ・クラフティ:永田依子
ベール・ファーブルトン:寿美菜子
ビオレ:丹下桜
フランボワーズ・シャルレー:櫻井孝宏
レベッカ・アンダーソン:高橋美佳子

OP「SCARLET KNIGHT」
ED「PRESENTER」


総合評価:C

終わり方としては悪くなかったと思います。このぶっ飛んだ感じがいいじゃないですか(笑)その辺はこのアニメの世界観を早めに植えつけたのは良かったと思います。
ただそれが悪い方に出たのがシリアスの部分だと思っているので、そこのバランスは難しいですね。

ストーリーの部分はいろいろとあったんですけど、でも自分はキャラクターが一部を除いて好きだったので、そういうキャラアニメとしてはかなり高い水準だったんじゃないかなって思いました。レベッカの存在理由をもう少しなんとかして欲しかったというのはあるけど(汗)

2期ありそうですねー。感想を書くかは分からないけど、見ると思います。期待しています。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。スタジオはどうなっていたんだろう(笑)

それではこれでDOGDAYSの感想を終わらせていただきます。最後までありがとうございました!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DOG DAYS EPISODE 13 「約束」

 すごくご都合主義的な展開に見えますけど、いい終わり方ですね。

DOG DAYS 第13話・最終回 感想「約束」

DOG DAYSですが、シンク・イズミは元の世界に戻ることになります。リコッタは記憶を残す方法が見つけられなかったと泣きますが、シンクはいろいろやってくれたことを感謝します。エクレールにも自分の物を渡しますが、形見分けみたいだと言われます。ミルヒ姫とも涙の別離...

「DOG DAYS」第13話(終)

絶対に戻るから・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106260000/ DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.23 アニプレックス (2011-07-27) 売り上げランキング...

DOG DAYS 13話(最終話) 「シンクは本当の勇者! その理由はミルヒとの信頼関係」(感想)

シンク想いが今の世界と フロニャルドを結びつけました。 最初の出会い、今回の別れ。 そしてまた出会える可能性を提示した物語。 都築真紀さんは出会いと別れを描く作家さんなのでしょう。 ハッピーエンド全開な DOGDAYSはひとまず完結!! 2期に期待しましょ...

DOG DAYS ドッグデイズ 第13話 「約束」 感想 (最終回)

約束という名の奇蹟 →「DOG DAYS」公式サイト DOG DAYS 第13話(終)感想です。

これ以上にないハッピーエンド(DOG DAYS 最終話レビュー)

DOG DAYS EPISODE13「約束」 ★★★★★

DOG DAYS 第1話 ~第13話 約束

DOG DAYS 第1話  ~ 第13話 約束 国同士の「戦」が頻繁に行われる世界「フロニャルド」。隣国ガレット獅子団領国からの侵略戦争を受けるビスコッティ共和国。ガレット獅子団領国の頭首レオン・ミシェリ...

DOG DAYS#13

EPISODE13 『約束』 あぁあぁぁあ…泣かないで、ななにぃ主席!大丈夫だからッ! 『1クール』(91日以上)空ければ、“再召喚可能”だそうでありますからッ! そしたらきっと、今度はもっともっと(具体的に...

フロニャルドってばマジ天国。 ― 『DOG DAYS』 EPISODE13「約束」

フロニャルドが天国な件。 DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、堀江由衣 他商品詳細を見る というわけで、『DOG DAYS』が最終回を迎えましたね。 『DOG DAYS』らしいというか、...

DOG DAYS 13話(最終回)

奇跡は起きます。起こしてみせます。 というわけで、 「DOG DAYS」13話(最終回) ツナグキズナの巻。 ヒャッハー!ご都合主義最高!! ヒャッハー!後づけ設定上等!! このバカみたいな大逆転...

DOG DAYS ドッグ・デイズ 第13話(最終回)『約束』の感想レビュー

シンクも地球に帰れて、消えるはずだった記憶も思い出せて良かったね!な大団円回でした。 でも、個人的にはツッコミどころが多すぎてなんだかなぁ…だったので、感想は辛口です。 おおかた予想通りというか、特にこれといったサプライズもなく、ヒロインに対する主人公?...

DOG DAYS EPISODE 13「約束」

DOG DAYS EPISODE 13「約束」です。 うちのブログで感想を書いて

DOG DAYS EPISODE13「約束」

悲しいお別れなんて嫌なのであります! 勇者シンクお見送りの式典。 神剣パラディオンをミルヒへ返すシンク。 リコッタは沢山の資料の中から悲しい別れをしないで済む方法を一 ...

DOG DAYS 第13話(最終回) 「約束」

そこに『絆』があるかぎり。

DOG DAYS・第13話

「約束」 「必ず、駆けつけます」 そんな宣言をして一夜。帰還の日が訪れて…… 「リコはこんなに頑張ってくれた。僕は、記憶を持ち帰れないかもしれないけど、ずっと忘れない」 なんか、シンクのその言...

DOG DAYS EPISODE 13『約束』

朝。 シンクはミルヒとお散歩をする。 話題は、次来ることができるであろう夏休みはいつあるのかということ。だいたい100日後だと考えるとなかなかに長い。それでも緊急の時は来てくれると言うシンクのなんと優しきことか。 でも式典はやらなきゃメッ!(`・ω・´)

ドッグデイズ 青の祓魔師

DOG DAYSドッグデイズ『約束』13話を視聴。 リコッタさんの「やったぁ」に,奇跡と感じてか,音楽の為か,潤みました。 「記憶さえ持ち帰れないなんて」「悲しいお別れなんて嫌」なので,シンクさん...

DOG DAYS EPISODE 13『約束』 感想

二兎ともに得る(´・ω・`)

『DOG DAYS』 第13話 感想

シンクが帰って来れると分かった瞬間。 ちょいと感動して、泣きそうになってしまった…。 いくらなんでも涙脆すぎ…。

DOG DAYS 13話感想

サブタイトル「約束」 様々な出来事と、かけがえのない出会いに彩られた、怒涛のドッグなデイズもいよいよ最終回です! みんなと過ごした記憶さえ持ち帰れないなんて…、そんな悲しいお別れ、イヤでありま...

DOG DAYS 第13話(最終回) 「約束」 感想

何というご都合主義。 この作品には、悲しい結末というのは似合わないので、これでもいいかという 気はしますけどね。 OVAによる番外編とかはあるのかな。  DOG DAYS 公式サイト DOG DAYS 1 ...

DOG DAYS #13

【約束】 DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:宮野真守アニプレックス(2011-07-27)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 悲しいお別れなんて絶対嫌なのであります! 

DOG DAYS 第13話 「約束」 感想

また会う日まで―

DOG DAYS 第13話「約束」(最終回)

とりあえず、第1章「完」・・・みたいな感じ

DOG DAYS 第13話「約束」

Aパートで元の世界に送還される勇者。 Bパートでは元の世界で生活を送る勇者。 シンクが中一なのを今更知った俺w

DOG DAYS EPISODE 13 約束

DOG DAYS 最終話。 別れと約束―――。 以下感想

DOG DAYS 第13話「約束」(最終回) 

よく出来た最終回でした!(笑) これはリコへのごほうびかな。 あれだけがんばってたんだもんね。 努力が報われてよかったですね。 勇者再召喚の条件は出来過ぎの感もありますが(笑) これで休み毎に...

これぞファンタジー物の様式美! ご都合展開なにそれおいしいの? DOGDAYS 第13話(最終回)「約束」

TVアニメ DOGDAYS 第13話(最終回)「約束」 の感想。 脚本:都築真紀 絵コンテ:島津裕行 演出:中山淳史 作画監督:北村友幸・玉木慎吾 総作監:坂田理   DOG DAYS(公式サイト)

DOG DAYS 第13話「約束」

「もっとずっと、ずっとずっと、シンクと一緒に居たいです……!」 シンクがミルヒと約束をし、元の世界に帰還する話。 例えご都合主義の展開であろうとも、個人的にはAパートのシンクとミルヒが一時お別...

DOG DAYS 第13話「約束」

悲しいお別れなんて絶対嫌なのであります――。 リコは送還で記憶を無くさない方法を懸命に探す。 しかし無情にもシンクが送還される日が来てしまう…。 ▼ DOG DAYS 第13話「約束」  シンクはみんなに形見(?)となるアイテムを渡してまわる。 エクレはシン...

DOG DAYS 第13話(終)

第13話『約束』DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・いよいよ帰還ですね。

DOG DAYS 第13話「約束」

いつもどおりツンツンしてるなって思ってたけど、エクレも気づいてたの! って、それって皆にバレバレってことじゃん。 あぁ、ユッキー出番少なかった・・・ SCARLET KNIGHT水樹奈々 キングレコード 2011-04-13売り上げランキング : 30Amazonで詳しく見る b...

DOG DAYS 第13話(最終回) 約束 感想

悲しいお別れなんて嫌だから。 DOGDAYS 最終回の感想です!

DOG DAYS 第13話 「約束」

リコは必死になって記憶をなくなさい方法を探すが間に合いませんでした。 シンクはそんなリコを慰め、ボールペンとスピーカーをプレゼント。 リコに渡したようにゆっきーにはストラップ、 ダルキアンとロランには記念コインをそれぞれ渡します。

DOG DAYS 13

第13話 「約束」 さて、ワンワンアニメも最後ですよ。 夏休みって100日もあったっけ? 40日の間違いでは? 100日とか大学レベル(笑) 帰還にあたってわざわざ儀式までやっちゃって。 リコも一生懸命ですが、取り掛かりが遅かったですね、裏技は見つからなかったよう...

DOG DAYS 第13話 約束

帰還を前に、形見分けのような事をやっているシンク。 そんな行動とリコッタの様子に周囲にはバレバレのようですね。 シンク自身はエクレールに指摘されるまで気付いてなかったみ ...

DOG DAYS EPISODE 13(最終話)「約束」

EPISODE 13(最終話)「約束」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201106/article_27.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが...

DOG DAYS 第13話 最終回 感想

 DOG DAYS  第13話 『約束』 最終回 感想  次のページへ

DOG DAYS EPISODE 13(終)

DOG DAYS EPISODE 13(終) 『約束』 ≪あらすじ≫ 地球に還れるが、フロニャルドで得た経験も記憶も喪い、二度とフロニャルドには戻ってこれない。その状況でもシンクは最後まで明るく振る舞う。自分も忘...

DOG DAYS 最終回

リコッタは、王立研究所でシンクの帰還方法で善処出来るところがないか 調べていた。 フロニャルドでの記憶さえ持って行くことが出来ない真実に、リコッタは 悲しみに暮れていた。 シンクは、残された時間を使って、自分の身につけていた物を形見の品の ようにみんな...

DOGDAYS 第13話 「約束」 感想

勇者が帰る条件が過酷でも、シンクは笑顔で帰る。 しかし、リコッタがそうはさせんとなにか企んでいるようです。 泣きながら調べ物するリコッタ。ただでさえ悲しいというときに、頑張るリコッタを応援します...

DOG DAYS 第13話(最終回) 『シンクは本当の勇者!』 感想

壮大なファンタジーのプロローグ、という印象。  DOG DAYS 第13話(最終回) 『シンクは本当の勇者!』 のレビューです。

アニメ「DOG DAYS」 第13(最終)話 約束

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、堀江由衣 他商品詳細を見る 夏休みにはまた、勇者になりに、あの場所に帰ります! 「DOG DAYS」第13話のあらすじと感想です。 再び。 (...

DOG DAYS 第13話「約束」(最終回) レビュー・感想

「大好きですっ、ミルヒはシンクの事、ずっと、ずっと、大好きですっ。」 送喚の儀式で空へ吸い込まれるシンクの手を握り叫ぶミルヒ姫。それに応えるシンク。「姫様っ、僕だって ...

DOG DAYS 第13話(最終話) 「約束」 感想

やっぱり最後はハッピーエンドが一番だよね。 第13話(最終話) 「約束」 感想は続きから

DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 13(最終回)「約束」

勇者シンク・イズミが戻るための4つの条件1つ、召還主自身が送還の儀を行うこと1つ、召還から送還までの帰還が16日以内である事1つ、送還される勇者はフロニャルドで得た物、手にした物を何一つ持ち去る事は出来ない1つ、一度元の世界に送還された勇者は、二度とフ...

『DOG DAYS』 最終回 観ました

ウンウン、実にあっさりとした、それでいて素敵でスマートな解決策が用意されていました。やはり、その辺は期待を裏切らない素晴らしいシナリオを用意してきていますね。さすが都築氏です。視聴者をドキドキハラハラさせつつ、期待を裏切らずにみんなが楽しい結末を用意し...

DOG DAYS 第13話 約束 レビュー 最終話

悲しいお別れなんて… 絶対イヤなのであります! (ノД`)私もイヤだー。でも、このDOG DAYSは人々をションボリ させないアニメだ! と信じて最終話を見始めました。 召喚した勇者を送還するには4つの条件があり、問題は 3つ目と4つ目の条件。 ③送還される勇者はフ?...

DOG DAYS 13話及び総論としての感想

この日々は続いていく。 出会いと別れと、再会の約束。 そうして少年の世界は広がった。 はい、ポエムで始まった今回の感想。 しかし率直に何か言葉にしようとして出てくるのこれなのだから仕方ない。...

DOG DAYS 第13話(最終話) 「約束」

ああ…とうとう終わってしまったか… 見送りの式典に出席するシンク。 パラディオンをミルヒへ返却する。 4色ボールペンはいらないよな…分解してもなぁ… リコッタはギリギリまでいい方法を探して...

◎DOGDAYSEPISODE13「約束」

シンクの見送りの式典をすることに。リコさんは、シンクの記憶がなくならずに済む方法を探すが見つからなかった。シンクは、ボールペンとスピーカをリコに渡す。そして、エクレには...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。