スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空へ架かる橋:12話感想&総括

星空へ架かる橋の感想です。

なるほど、村公認か(笑)

付き合えましたねー。

円佳と伊吹が振られて、あとは初しかないという状況で、しっかり両想いであったということでカップルになることができました。

しかしこんなにド派手にやるとはね(笑)

まさかの村人の前での正々堂々の告白。
まあ強引であり、これは恥ずかしい話ですけど、まあこれくらいの村だったら、村人はほぼ全員理解しているレベルの規模だと思うからこんな大々的にできちゃうのかもね。その辺も設定を生かしてるっていえるのかな?(笑)

初は好きという気持ちが分からないという典型な感じのキャラでしたけど、でも最後は吹っ切れることができたようで。主人公の中ではもう前から初一筋ということは決まっていたみたいなんですけど、その言う機会というものはなかなか作れなかった中での大舞台。まあ何だかんだでまとまってよかったのかもしれませんね(笑)

でも最後のシーンのタイトル回収はかなり取ってつけた感がありますけどね(汗)あれ後ろで振られた円佳と伊吹が見ている状況でもあったし…、もうすこしどうにかならんかったかな(汗)見せ付けてるようにしか見えなくて…(笑)

まあ結果的に初が勝利したということになりましたけど、この辺については総評で書くことにします。

というわけで、星空へ架かる橋、完結です!


<総評>

序盤は典型的なエロゲっぽい導入だと思いましたけど、それだけテンプレでベタゆえに非常に入りやすかったというのがあったと思います。同じエロゲ原作としてやっていた「俺たちに翼はない」とは全く逆の感じでしたね(笑)

基本的には各キャラ回みたいなものがあり、そして友情を深めていくような展開でした。その中で、円佳と伊吹と初の3人に関しては、友情以上の感情が芽生えていくという、そのような構図になっていきました。
というわけで結果的には初が主人公と付き合うことになりましたけど、このような結果になったのはかなり珍しいなって思いました。そもそもエロゲのような攻略対象が大勢いる原作では、そのキャラごとにストーリーがあり、そしてそのキャラごとにファンがいたりしますよね。だからアニメでは誰かを贔屓したりすることなく、良く言うハーレムエンドで終わる可能性が高い。でもこのアニメはきっちり1人を決めてきました。

その中で驚いたのが、今回の主人公星野一馬がヘタレではないということ。全てのヒロインをはぐらかすために、この手の主人公ってたいていへタレで鈍感だったりするんですけど、一馬はおそらく早い段階から初一本に絞っていたと思います。その辺、すごく個人的には好感が持てたりするんですよね。
円佳や伊吹は、一馬から「ごめん」と言われてしまうんですけど、そうやってしっかりと決着をつけているというのはいいですよね。伊吹の言葉を察していたりもしていたし、この主人公は鈍感ではない真っ直ぐな印象を受けました。

振られた2人も、決して冷遇されていた訳ではないと思っています。一馬からは「ごめん」と言われただけだからはっきりしていないんじゃないかと思いますけど、でもおそらくあそこは彼女たちが面と向かって「あなたとは付き合えません」と言われるのを怖れたんじゃないかなって思うんですよね。そうやって言われちゃうと、そこで本当に関係が終わってしまうのではないかということでね。お互い言葉では詳しくは言わずとも察知できているので、そうやってキツイ言葉を言われないというのも、このような振られるという前提の中でも救済的な話であると思っています。ファン目線という話でもね。

そして初なんですけど、彼女1人を選ぶということ自体はすごく評価できるなーって思うんですけど、でもこれ納得できない部分もあると思うんですよ(汗)それは一馬と初の恋愛描写が圧倒的に少ないということです。一馬は初に惚れてはいたでしょうけど、それを話を見ていく中で段階的にフラグを立てていったわけでもなく、また初も一馬のことが好きであるということをだんだんと自覚していったわけでもない。こういう積み重ねの要素がなかったせいで、この2人の恋愛に薄っぺらさを感じてしまったというのが正直な感想です。初とか、モリモリ食ってばっかりだったということしかなかった感じでしたからね(汗)
一馬は他のヒロインたちと友情関係を築いていたこともあり、そこは配分が難しかったでしょうけど、薄くなってしまった印象ですね。

結局、難しい問題なんですよね(汗)初とくっつくということならもっと段階的に描くべきなんですけど、でも他のヒロインとの絡みも忘れてはいけない。主人公が1人しかいない中でここまで忙しく動かせるのはほぼ不可能と言っていいと思うんですけど、でもちょこっとでいいから毎回何かしら初とのアプローチがあったらよかったかもしれませんね。とにかく初が自由すぎて、彼女の本気っぷりとか、そういうのが伝わってこなかったよね。円佳や伊吹に関しては、一馬に恋してる乙女って感じが随所に出ていたから良かったんですけど…。初はくっつくからメインは最後だけでいーやみたいな構成だと、全体的にアンバランスになってしまうのかもしれません。

音楽はOPが好きでした。サビ前の盛り上がるところが好きです。でもあの場面で伊吹が死んだような目をしていたので、そういう意味で修羅場展開もあるのかなって思ったんですけど、明るく終わりましたね(笑)

「星空へ架かる橋」
星野一馬:浅沼晋太郎
中津川初:中村繪里子
日向伊吹:青葉りんご
神本円佳:清水愛
藤堂つむぎ:たかはし智秋
藤堂こより:大久保藍子
酒井陽菜:吉田真弓
星野歩:大橋歩夕
万千歌:河原木志穂
藤堂かさね:門脇舞以
南国原大吾:羽多野渉

OP「星風のホロスコープ」
ED「だっしゅどシンデレラ」


総合評価:C

このアニメで一番のお気に入りのキャラは誰ですか?と聞かれたら自分は間違いなく一馬にします(ぇー)
いやでも主人公がかっこいいなって思えるアニメでしたねー。というか自分は浅沼さんが演じる主人公は全体的に好きになる傾向にある気がします。

アニメとしての物語としてはしっかり決着をつけたというのはとてもよかったと思います。つまり結果は良かった。…あとは過程ということでしたね(汗)この辺は原作エロゲモノということで非常に難しい話だと思うんですけど、それを破るような話が今後でてくるかも、そう思わせるような内容ではあったと思います。以前とあるエロゲを元にして作られたオリジナルアニメのtrue tearsっていうのがありましたけど、あれのような心情描写も良く、そして最終的に決着するような話を期待したいかな?(笑)このアニメは特にいざこざなくすっきりして終わったけど、修羅場っていうのも、恋愛要素の中では必要な展開だと思うしね。その辺のメリハリはあってもよかったかも。…ただ、10話の円佳回は非常に良かったですね!

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

>一馬と初の恋愛描写が圧倒的に少ない
 全体通して他のヒロインにウェイトが占められていたと思います。その所為か、初に関しては若干積み重ねが薄い感覚を覚えました。
ただ、他ヒロインに対しての対応をしっかりやってくれた分、最終話で皆が協力して2人を応援しようと動いた事に説得力が生まれたかな、とも思います。他ヒロインを無碍に扱わない様にする事で、結果的に初EDへの拒絶が無くなり、スムーズに終わった印象を受け、こういうやり方もあるかと感心しました。
個人的にはつむぎ先輩の個人回が無かったのが残念ですが・・・。

 当初は予告の女将の下ネタが酷かったり、弟が妙に可愛かったりとイロモノ系の作品という印象でした。
中盤辺りは円佳や伊吹、陽菜が出張り、ギャルゲー的な雰囲気が楽しめると同時に、どう収束していくのかと不安にもなりました。正直OPの伊吹は本気で不安を煽る描写だったし、今の仲の良い雰囲気が乱れるのかなーとか、ヨスガ式の方が良かったのではと感じた時も有りましたが、見た後に清清しく感じられてなによりでした。
陽菜の棒読み的な喋り方がツボでした(笑)。

もりそばさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>ただ、他ヒロインに対しての対応をしっかりやってくれた分、最終話で皆が協力して2人を応援しようと動いた事に説得力が生まれたかな、とも思います。

確かにそれは思います。決して今までの他のヒロインに割いていた時間は無駄ではないですよね。そのほかのヒロインにも積み重ねがあるので、そちらも大事であると。
…だからこそ配分が難しいなって思ってしまいます。初自身がちょっと…って感じになってしまって。他のキャラはよかったと思うだけに…(汗)

>見た後に清清しく感じられてなによりでした。

この手のアニメで修羅場を期待するかというのは個人の気持ちで大きく違うでしょうけど、自分はそういう展開はあってもよかったかなって思いました。こうやってヒロインを1人に絞るならなおさらと。だからやっぱり初の扱いg(ry

でも、少なくともこの展開なら鬱な気持ちにはありませんでしたよね。ホントいい仲間に支えられたって感じです。

>陽菜の棒読み的な喋り方がツボでした(笑)。

棒っぽいキャラって妙に印象に残りますよね(笑)今回歩の声優で出ていた大橋さんは以前放送されていたストライクウィッチーズのエイラで棒っぽい役をしてブレークしましたし。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(感想)星空へ架かる橋 第12話(最終回)「夜空に架かる星の橋」

星空へ架かる橋 第12話(最終回)「夜空に架かる星の橋」 星空へ架かる橋はとってもキレイに輝いていて・・・ それを眺める二人の心にもまた、ちゃんと橋が架かりましたね!

星空へ架かる橋 12話 星空に架かる星の橋 感想

最終回ですねぇ・・・

星空へ架かる橋 第12話(終)

第12話『夜空に架かる星の橋』星空へ架かる橋 1 [Blu-ray]今回は・・・なにやら祭りのようです。

「星空へ架かる橋」 第12話

「星空へ架かる橋」  第12話 「歩」ファンの人にとっては残念ながら「歩エンド」とはなりませんでしたけど、極く極くまっとうな「初エンド」でしたね。 何のヒネリもありませんが、これはこれで良かったんじゃあないでしょうか。 極めて無難にまとま ...

星空へ架かる橋 第12話 夜空に架かる星の橋

一馬は祭の男神役。 女神役はつむぎで、男神役は呼び交わしの際に女神役に告白しても良いらしく、ヒコナンレースも女神役の美女への告白権をかけて行われたのが事の始まりとか。 ...

【星空へ架かる橋】最終話 伊吹が修造並に熱かったなw

星空へ架かる橋 #12 夜空に架かる星の橋 479 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 09:32:06.24 ID:2Md9s1GD0 残り数話でフラグ折っていって無理やりすぎw...

星空へ架かる橋 第12話(最終回) 「夜空に架かる星の橋」

恋人達は星の橋に導かれて…

星空へ架かる橋 第12話 「夜空に架かる星の橋」

第12話 「夜空に架かる星の橋」 男神役に選ばれた一馬。本人は驚いてますけど、視聴者側から見れば当然の結果。この時点でオチは見えましたね。 顔を見ただけで互いにデレデレの一馬と初。ちょっといき...

星空へ架かる橋 第12話(最終回)「夜空に架かる星の橋」

歩くんを狙うスズメバチ!‘0巛Qブーン 最終回も歩くんの可愛さにメロメロ~(❤3❤)♪ 歩くん√が見たい! エンドカードが可愛すぎる! 「おにいちゃん、子種ってなあに?」゜+.(o´・ω・`o)+. 歩くんの子種いただきました!Σd(≧ω≦*)

星空へ架かる橋 第12話(終) 『夜空にかかる星の橋』

先々週に円佳が振られ、先週伊吹が失恋。着々と初エンドへのお膳立てが整いつつあるように見えます。しかし肝心の二人の気持ちが殆ど描かれて来ませんでした。一方でお祭りの女神と介添えに選ばれたつむぎや陽菜にも可能性がある様に見える。今回で纏まるんでしょうか。&n...

星空へ架かる橋 第12話「夜空に架かる星の橋」(最終回)

すごい力技で初たんルートへ(^_^;) 前回までとは打って変わってお互い意識し出す一馬と初たん。 こういう展開になるなら、やっぱり前半で初たんイベントがもう一つほしかったですね。 1話のちゅーだけじゃ...

星空へ架かる橋 第12話「夜空に架かる星の橋」

遂に最終回か。 静かな立ち上がり… と思えば朝食の最中にスズメバチが乱入w 話はお祭りの男神について。 歩きゅんはハチが気になってそれどころじゃない。 つか残り二人気にしろよw とか思えば千歌が...

星空へ架かる橋 12話『夜空に架かる星の橋』 感想

歩じゃない(´・ω・`)

星空へ架かる橋 12話『夜空に架かる星の橋』

一馬が祭りの男神役。 それは一馬本人が驚きだった。 レースで勝った者がその年の男神役をやるとのことだが、一馬はそんな話聞いてなどいないのだから。

星空へ架かる橋 #12

【夜空に架かる星の橋】 星空へ架かる橋 2 初回限定特装版 [DVD]出演:浅沼晋太郎ポニーキャニオン(2011-08-03)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 恋いなんて私分かんない・・・ 

星空へ架かる橋 第12話(最終話) 「夜空に架かる星の橋」 感想

初ENDで個人的には凄く良かったと思っていますが・・・。 第12話(最終話) 「夜空に架かる星の橋」 感想は続きから

星空へ架かる橋 第12話「夜空に架かる星の橋」(最終話)

次々とヒロインたちが争いの場から降りる中、お祭りの舞台でまさかのつむぎエンドかと思ったら直前で棄権しましたね。初の態度に気付かないものはいない状況で、外堀が順調に埋められての初エンドとなった「星空へ架かる橋」の最終話。...

星空へ架かる橋 第12話 「夜空に架かる星の橋」 感想

御神役の字が男神なのか御神なのかよく分かりませんでした。 ハチが先程からうっとうしですねw あれってスズメバチですよね? もじもじおっかながっていたり、話している場合ではないでしょw 「お兄ちゃん、おだねってなに?」 歩きゅんってまだ第一次成長期に入っ...

星空へ架かる橋 第12話 「夜空に架かる星の橋」

大門ダヨ 祭りの拝み役に一馬が選ばれる 比古南レースで男性で一位だったからだそうで 姐さん盛りすぎww

星空へ架かる橋 12話感想

サブタイトル「夜空に架かる星の橋」 ぽわぽわ温かい田舎系癒しアニメも、今回で最終回ですー! まず、秋祭りを間近に控えた「よろづよ」のとある朝食風景から。 なぜかスズメバチがぶんぶん飛んでいて...

星空へ架かる橋 #12 7/1 あらすじと感想

 まさに王道でしたw。  登校時に出会う初ちゃんと一馬くんは、どこかぎこちない。二人とも意識し始めたようです。  ヒコナンレースに優勝した一馬くんは、祭での男神役に抜擢されます。ちなみに、女神役は、つむぎさんで、初ちゃんと陽菜さんが介添え役です。 ...

星空へ架かる橋 #12 最終回 『夜空に架かる星の橋』 感想

  言葉にしなければ決して伝わらないそれぞれの秘めたる想い。 地に架かる橋の上で二人の心と心にも架け橋が架かる瞬間。

「星空へ架かる橋 」12話(fin)の感想

「星空へ架かる橋 」12話(fin)、観ました。祭りの男神役に選ばれた一馬。一方、一馬の相手となる女神役にはつむぎが、そして初も女神に付き従う介添えとして祭りに参加することになっていた。祭りの準備で神本家を訪れた時、つむぎは一馬と初の変化に気付いて・・・・・・

◎星空へ架かる橋第12話「夜空に架かる星の...

センカは、カズマが、町のオガミ役になったという。ヒコナンレースで勝った男がやることになってる。センカさんは、新鮮なコダネをもってるカズマが相応しいいう。メガミやくは、ツ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。