FC2ブログ

戦国乙女~桃色パラドックス~:13話感想&総括

戦国乙女~桃色パラドックス~の感想です。

いいパラレルワールドでした。

いろいろと含みのある終わり方でしたね。

これで完結でも十分いいんですけど、それでもまだ解明されてない部分もある。その辺は2期を匂わせているということもあるんでしょうけど、とりあえず秀吉たちが現代に帰ってきたことで区切りはつきましたね。

で、結局シロは何だったんだろうね。やっぱり本当の伊達政宗だったんだろうかなあ…。でもそれにしては伊達先生との絡みが少し物足りないけどね(汗)

その伊達先生ですけど、最後にもう一乱起こすのかなと思ったら、ノブナガの変化というものを引き立てるキャラになってしまいましたね(笑)…そういえば、ノブナガってかなり変わったってことだもんね。その辺もヒデヨシと絡んでいたからだということが強調されましたけど、戦いにおいては戦力になれなかったヒデヨシだけど、精神面で大きな影響を与えていたということで、主人公としての立ち回りはできたのかなって思いました。

これは現代の歴史を変えるのかなってのは若干思ったけど、でもこれってパラレルワールドだから影響は出ないよなって自己完結しました(笑)でもそういうのでヒデヨシがあの場所に以前いたんだなって実感できると、もっと感慨深くなったかもしれませんね。あの携帯の写真が残っていたシーンとか良かったからね。ヒデヨシが織田信長について学びなおしたときに、いろいろ思うところがあるでしょうから。

基本的に悪者がいないこの世界観、平和な様子とそこに見える黒い人間模様をシリアスに描いたのを掛け合わせた作品でした。

というわけで、戦国乙女~桃色パラドックス~、完結です!


<総評>

基本はキャラアニメだと思い、戦国武将が女性化されたそのキャラクターの掛け合いを楽しむものだと思います。でもその中で、キャラクターの黒い部分、要は野望や嫉妬など、その辺を上手くシリアスにつなげてきたなーって思いました。
一番それで面白いと思ったのは、ミツヒデのヒデヨシに対する嫉妬です。このノブナガに対する歪んだ愛が本能寺の変と実際にリンクさせて描いたっていうのは良い展開だなって思いました。というか、このアニメは史実を元にしている設定やらが多いので、その辺をしっかり意識しているんだなーって思って、歴史が好きな自分も楽しめた感じです。

もう一つのシリアスとしては、最後の盛り上がりとしてイエヤスが甲冑に支配されるところがありましたけど、あそこは初めの方から匂わせていた話ではありましたけど、個人的にはそこまででした。
これはおそらくそれまでの本能寺の流れが良すぎて、この部分にあまり目がいかなかったのかもしれません。イエヤスの野望はちょくちょく出ていましたけど、それよりもミツヒデがだんだん病んでいくような様のストーリーの流れの方が注目できて、そして丁寧に描かれていたように思うので、メインが自分の中で変わってしまったというのがあったかもしれません。イエヤスの腹黒設定とかは良いと思うんですけど、それだけの野望だとイマイチ感情移入とかできなかったしね。そこでヒデヨシは傷つけず助けて欲しいと願いましたけど、こうなったのはイエヤスの非でしかないわけですから、展開に賛同とかしにくい部分もあったかなって思います。

…まあ要は、本能寺の変までが自分の中ではピークだったのかもしれません。その辺でミツヒデはいい役回りをしてくれたなって思いますよ。ほんと面白かった。

ヒデヨシについてですけど、彼女は結局は戦わず内面重視のキャラになりましたね。確か序盤で稽古を積んでいたときに、そこそこの才能を発揮してましたよね。だから自分は戦闘できるまでに成長するのかなって思っていたんですけど、結局は守られてのキャラでしたね(汗)でもこのアニメを動かしていたのは良い部分でも悪い部分でもヒデヨシでした。ノブナガの変化、ミツヒデの謀反、様々なキャラクターと関わる上でのキーとなる人物として動いてくれたと思いました。
…まあイマイチ伊達先生が不遇だったかな?(汗)彼女の甲冑に対する執着もそんなにって感じな理由だったしなあ…。まあこのアニメのゴールは甲冑を手に入れて天下をとることではない、人間性の話にシフトしていったから、そこで未だに甲冑に執着しちゃった先生が滑稽に見えちゃったのかな。…つまり引き立て役か(笑)

でもノブナガをはじめ、人望というものの大切さを考えさせられたよね。歴史上でも裏切りなんて日常茶飯事なことでしたけど、そんなのではなく、人とのつながりを大事にすれば平和はついてくるような、そんな世界観だったんでしょうね。ノブナガがこのような人物だったら本能寺の変もなかったかもね(笑)

音楽はOP、EDともに妙に印象に残りました(笑)OPは普通にかっこよかったですね。

「戦国乙女~桃色パラドックス~」
豊臣ヒデヨシ:日高里菜
織田ノブナガ:豊口めぐみ
明智ミツヒデ:喜多村英梨
伊達マサムネ:平田裕香
今川ヨシモト:持月玲依
徳川イエヤス:明坂聡美
武田シンゲン:國立幸
上杉ケンシン:伊瀬茉莉也
毛利モトナリ:松来未祐
長宗我部モトチカ:沖佳苗
大友ソウリン:野中藍
服部ハンゾウ:渡辺明乃
シロ:佐々木望

OP「陽炎-kagerou-」
ED「熱き矢の如く」


総合評価:B

実は4話くらいで一度切っちゃってたんですけどね(汗)でも評判が良かったので見たら、それからどんどん面白くなって引き込まれました。
最後の方は少し失速したかなって自分は思ったけど、でも期待以上の面白さで満足しました。パチンコ原作としてはRioに続いて2つ目でしたけど、方向性がまるで違ったなと思いましたね。こちらは結構人間ドラマを楽しめたりして、面白かったです。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。そして自分にこのアニメを勧めてくださったみなさんもありがとうございました!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

既に終わったアニメですが、一応これは見てました。
第二期を作りたくて仕方ないって感じのヒキでしたね。
元々はパチンコです。
たしか二人協力リーチというのがあって因縁のある二人が協力して敵を倒す描写があるのですが、「ノブナガ×ミツヒデ」「ヒデヨシ×マサムネ」「イエヤス×ヨシモト」「ケンシン×シンゲン」の組み合わせで、一番大当たりの可能性が高いのは8人協力リーチです。
この8人リーチではオウガイという敵を倒す描写ですので、オウガイの影も形もなかった本作は2期ありきかなと思ってみてました。
僕もOP好きでしたよ。

しろさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>第二期を作りたくて仕方ないって感じのヒキでしたね。

2期があっても大丈夫って感じで終わりましたね(笑)でも、一応の決着はついてるので、このまま終わっても特にモヤモヤが続くわけではないかなとも思っています。いろんな意味で綺麗に終わったという感じでしたね。

>二人協力リーチというのがあって因縁のある二人が協力して敵を倒す描写がある

そうなんですか、その組み合わせというものもやっぱり意識しているんでしょうかね。…しかし「ノブナガ×ヒデヨシ」はないんでしょうかね…あ、ミツヒデがヤンデレになってしまうか(汗)

>オウガイという敵を倒す

戦国武将でオウガイとつく人はメジャーにはいないので、完全にオリジナルな敵なんですかね。なるほど、その活躍も見てみたいとは思いましたが、今回は協力してイエヤスの暴走を止めてましたので、そちらに移行してしまったのかもしれませんね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話 「陽光乙女」 感想 (最終回)

新たな始まり。 →「戦国乙女~桃色パラドックス~」公式サイト 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話(終)感想です。

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第1話 ~第13話 陽光乙女

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第1話 ~ 第13話 陽光乙女 戦国時代に似た、だが女の子しかいない世界……。現代の女子中学生・ヒデヨシ (本名 / 日出佳乃)は、ある日突然、そんな摩訶不思議な場所へと...

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話(終) 『陽光乙女』

イエヤスの暴走は皆の協力でストップ。その所為でお館LOVEになってしまい、ミツヒデは心中穏やかじゃない。一方で甲冑はまだ残っているけどどうなるか、いよいよ最終回です。 伊達先生の往生際が悪すぎる。こっそり鎧を回収し、尚も野望を燃やす伊達先生。みんな自分の事?...

「戦国乙女 ~桃色パラドックス~」第13話(終)

無事に元の世界に戻ったけれど・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106280000/ 戦国乙女~桃色パラドックス~一 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.23 ポニーキャニオン (2011-07-06) ?...

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話「陽光乙女」

また新しいはじまり…。 安土城は灰となりましたが、みんな無事ならまた作ればいいですからね。 西国武将もそれぞれの国に帰るというので、見送らせようとするが…。 その時、ヒデヨシは 伊達先生が無事だっ...

【戦国乙女】最終話 んでシロの正体は何なんだよ?

戦国乙女~桃色パラドックス~ #13 陽光乙女 755 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 02:27:33.30 ID:e0bgOcQA0 B級らしい終わり方だった 753 名前:...

戦国乙女~桃色パラドックス~ #13

【陽光乙女】 戦国乙女~桃色パラドックス~一 [DVD]出演:日高里菜ポニーキャニオン(2011-07-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 2人は無事に元居た世界に戻れるんでしょうかね? 

戦国乙女 13話「2期に期待!ありがとうヒデヨシ!!」(感想)

携帯電話にはヒビが入ったのかもしれませんが、 ヒデヨシがノブナガ達と交わした絆は 誰にも壊される事のない深いものです。 戦国乙女、これにて完結。 別れもあったけど、大団円を迎えた作品でした...

戦国乙女~桃色パラドックス~第13話(終) 陽光乙女 感想

あれほど頑強だと思っていた城も、こうして見ればただの灰だ。だが、城はまた作ればいい。

(感想)戦国乙女 ~桃色パラドックス~ 第13話(最終回)「陽光乙女」

戦国乙女 ~桃色パラドックス~ 第13話(最終回)「陽光乙女」 まさか2期に持ち込めそうなラストを迎えるとは思っていませんでしたっ シロの正体、そして何をしていたのかが偏に気になりますねッ!!

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話(最終話) 「陽光y乙女」 感想

「天下取りとは、決して武力ではない。 人を信じ、等しく人に信じられる事。」 「真紅の甲冑などこの世にはいらん。 皆の手で明日を切り開いていけば良い。 マサムネよ。貴様ももう、心の荷を降ろしたら...

戦国乙女~桃色パラドックス~ 13話(最終回)

出会いが人を変える。 というわけで、 「戦国乙女~桃色パラドックス~」13話(最終回) 戦国グッバイの巻。 天下取りとは、武力を極めた結実ではない。 力ずくで奪えるほど、天下は甘くない。 そ...

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話(最終回) 「陽光乙女」

『未来』のために、『今』を一生懸命生きて行くことを選んだ乙女達。

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話(最終話)「陽光乙女」 感想 ネタバレ

↓消されてなければココで見れます!↓  SayMove  ひまわり 感想は、右下にある『MORE >>』から読んでください!

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話 「陽光乙女」

第13話 「陽光乙女」 イエヤスの件も片がつき、いざ自分の世界に帰るのかと思ったら、また一波乱。 未だに甲冑に未練を残すマサムネさんが甲冑を手にし、自分が世界を変えると言い出します。 甲...

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第12話「戦国乙女」・第13話「陽光乙女」

第12話「戦国乙女」 ここでサブタイにメインタイトルを持ってくるのは素直に上手いな~。 そして、vs覚醒イエヤスたんとのバトルが始まる訳ですが。自分は何故オウガイ一派を出さずにこういう展開にしたのか...

戦国乙女 第13話 「陽光乙女」

大門ダヨ 事件も解決し、皆帰っちゃうんだね 少し寂しいなぁ~

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第十三回 感想

陽光乙女 貴重な体験でした

フルラ 財布

しろくろの日常 戦国乙女~桃色パラドックス~:13話感想&総括
ブログパーツ
fx比較