スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波女と青春男:11話・12話感想&総括

電波女と青春男の感想です。

青春はまだまだ続く。

何か最後に青春ポイント爆上げしてきたね(笑)

最終話はそれが出なかったから消化不良なんですけど、まあでも上がってるでしょうからね。女々さんのチュー前川親父と2人乗りでどんだけ変動したかは分からないけど(汗)

真を巡る関係としては、序盤では流子だけだと思っていたのが、気がついたらエリオと前川さんまで参戦していたわけですけど、それぞれに見せ場はきちんとあったかなって思います。

11話では前川さんの家に真が行った話でしたけど、真と似たシャツを着るなどしてアピールはしていた感じでした(笑)…まあ自分はその前に着ていた露出度の高い服が気になったんですけど(ぇー)

そして驚いたのは、前川さんも普通に流子に嫉妬しているってことですかね。嫉妬といえば今までは流子が特にエリオに対して抱いていたんですけど、前川さんも嫉妬をしてしまうくらいベタ惚れの領域に入ってきたってことなんでしょうかね。相変わらず真は鈍感ですけど…(汗)

そんな真は自分のトラウマを打ち明けてあたふたしていた流子を応援。確かにあれはいろいろと突っ込みたくなるような場面ではあったんですけど、このアニメの中ではかなり重要な場面だったんでしょうね。試合に途中出場してかなりミスばっかりでしたけど、その後のフリースローはきっちり決めたりしていたのは、技術自体はなかなかあるんでしょうね。ただ場馴れしてなかったって感じだったかな。

…まあ一番ビックリしたのは中島と花沢が付き合っていたってことだけど(笑)

サ○エさんの世界であればカツオが喜ぶところかもしれないけど(ぇー)

でもということは、流子が中島に振られた理由って、中島はそのとき花沢のことが好きだったってことだったんでしょうね。そうだったら中島も恋が実ってよかったということになりますけどね。

最後はまさかの真のホームランで締め。風が味方してくれたということだったんですけど、これって社の超能力が関係してるってことなんでしょうかね。以前も超能力が実際にあるかのような描写がありましたけど、今回も風を吹かせたのが社って可能性はあるのだろうか…これがトマトの借りを返したとかいう形でね。
まあでももし本当に超能力だったら一気にファンタジーの世界になっちゃいますからね(汗)この辺はまだぼかされた感じでした。

確かこれって震災の影響で13話が未放映になったということなので、本来はもう一話あるからそんなに終わった感じのしない最終回になってしまったのかもしれませんけど、まあ綺麗には締めたかなって思いました。はいっぱい残ってますけどね(汗)

というわけで、電波女と青春男、完結です!


<総評>

電波女ということで、さっそく布団にくるまったヒロイン登場。その名前の通りだなって感じました。発言も電波で、これはクセの強いアニメだなっていうのが最初の印象でしたね。流子は発言がアレだったし、前川さんは平然と変なコスプレしてるし、女々さんは驚異的な若々しさを持ってるし、女性キャラにいろいろとインパクトのある作品でした。

ただ、真のエリオが海に落下してからは一気にイメージが変わってきた感じです。電波なヒロインたちと青春を過ごす主人公の物語ということで、その内容もかなり破天荒になると思っていたんですけど、実際は考えさせられる深い話やらも多く、思った以上に暗くてディープだった印象に変わりました。…まあ確かにエリオの過去は、初期の見た目からして決して簡単なものではなかっただろうなって思いましたけどね。

まあそんな普通の日常的なものではないんですけど、でも時折見せるキャラクターの仕草やらには魅力はありましたね。シャフトは強調するところはとことん強調してくるところだと思っているんですけど、このアニメもそうだったと思います。特に気にしていたのは顔のアップでしたかね。動きも良く、力を入れてるなって思いました。まあその分引いてる絵とかはパワーダウンしているのかなって思いましたけど、まあその辺のメリハリもしておかないとキツイでしうからね(汗)

そんなキャラデザですけど、結構特殊だったかなと。そもそも原作が特徴的な絵みたいですけど、再現率はよかったという話を聞きました。てことはキャラはよかったということでしょう(笑)
エリオはどんどん電波成分が抜けていきましたよね。そして布団を被っていた時はかなり堂々としていた印象ですけど、取っているときはかなり奥手になってしまっているように思います。まあこれは心の持ちようですかね。自信があるかないかということなんでしょう。
流子は何気に青春女ですよ(笑)ある意味真よりも青春している人だと思います。恋や部活に一生懸命で、そして分け隔てなく明るいけど、ライバルには嫉妬もする。一番学生らしいキャラって言えますよね。
前川さんはだんだんと評価が上がっていったように思います(笑)それこそ真を意識し始めてからですかね。やっぱり恋をしている人は可愛いです。だって恋をしている人は自分を可愛く見せようとしますからね。
途中出場の社は、彼女が登場したことによってこのアニメの電波成分がもどってきたかなって思いました(汗)でも案外ガチであるようなところもあり、まだ謎のキャラであるという域ですね。
そして女々さん。何気に一番あざとい描写が多かったのがこの人だと思いました(笑)さすが優遇されてますね!40歳なのn(ry

それで、自分は今までの感想で主人公の語りがうっとうしいと言ってきたんですけど、結局それが好転することは無かったかな(汗)そこまで嫌悪感を持ってるわけではないんですけど、時々、「この台詞回しは嫌だな」って思う場面があったんですよね。そこからいいイメージにいくのは難しかったです(汗)

音楽はOPの印象がすごい(笑)下手に聞こえて上手いOPって感じでしたね。別に音程は外れてなかったし。毎回の楽しみでした(笑)EDは逆に落ち着いていました。
BGMで一番残っているのは初代ポケモンの1番道路に似たものでしょうか(笑)「~が上がった」って台詞もそれが流れている時にありましたし、若干意図的なものもあったということなのかな?(汗)

「電波女と青春男」
丹羽真:入野自由
藤和エリオ:大亀あすか
御船流子:加藤英美里
前川さん:渕上舞
藤和女々:野中藍
中島:水島大宙
花沢さん:花澤香菜
田村さん:丸山裕子
山本さん:松本保典
大井遠江:斉藤佑圭
星宮社:井口裕香

OP「Os-宇宙人」
ED「ルル」


総合評価:D

…まあいろいろ消化不足ですね(汗)その辺は2期を期待したいところ…ですけど感想は書かないかな(ぇー)
そして思ったより暗かったというのは、電波女というタイトル的には離れていたかなって思いました。もう少しはっちゃけてもいい回があってもよかったかな?シリアス回ももちろん必要ですけど。もう少し頭を空っぽにして見れるアニメかと思っていたらそんなことはありませんでした(笑)

でも個性的なキャラクターが織り成す話は面白かったと思います。要は自分のなかでは主人公がってところだったからなあ(汗)ヒロインズはみんな好きだっただけに(笑)

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。…しかし井口さんの咳き込んだ場面とか、演技ではなくてガチに聞こえたけど(笑)大亀さんは包まった状態の篭った声はどうやって出していたのかなー。いろいろと気になりました。

それではこれで電波女と青春男の感想を終わらせていただきます。閲覧者の皆様ありがとうございました!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

天朝人民前来支持电波女!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電波女と青春男 第11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」 感想

諦めたらそこでお終い。 →「電波女と青春男」公式サイト 電波女と青春男 第11話感想です。

電波女と青春男 11.12話(最終回) 最高に可愛いぞみんな!!!

530 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/01(金) 03:42:11.80 ID:cPZDeDEm0 もうほんとみんなかわいい

電波女と青春男 第1話~第12話 0.00000000198センチメートル

電波女と青春男 第1話~第12話 0.00000000198センチメートル 俺(丹羽真)は両親の仕事の都合上、都会で一人暮らしの叔母(藤和女々)の家に預けられることになった。だが、一人暮らしと聞いていた、叔...

「電波女と青春男」第11話

応援は、励みになる・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107010002/ 電波女と青春男 2(完全生産限定版) [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.28 キングレコード (2011-07-27) 売り上げラ?...

電波女と青春男 11,12話(終) 感想

イトコ・・キラキラしてる。 電波女と青春男、11、12話の感想でっす!

「電波女と青春男」第12話(終)

第13話は12月発売のDVD&ブルーレイに収録されるそうです 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107010003/ 電波女と青春男 2(完全生産限定版) [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.28 キン...

『電波女と青春男』 第11・12話 感想

テロップはどうしてあそこまで流子さん押しなのでしょう?w さて。『電波女と青春男』第11話・第12話感想でございますよ。

電波女と青春男 11話/12話(最終回)

あきらめるな。逃げるな。立ち向かえ。 というわけで、 「電波女と青春男」11話/12話(最終回) Believe yourselfの巻。 前川さんのターン! いつもの着ぐるみ、キャストオフ! 雌伏の時を経て私...

電波女と青春男 第11話&12話の感想

 第11話ではリュウシさんのバスケに試合に応援に行って、第12話では逆に野球の試合でリュウシさんに応援に来てもらって。他にもエリオと天体観測をしていたり、前川さんの家にお呼ばれして手料理をご馳走になったり。この主人公の真のモテモテっぷりときたら…リア充爆発...

【電波女と青春男】11話&最終話 エリオと前川さんにブヒるアニメだったな

電波女と青春男 #11 今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと #12 秒速0.00000000198センチメートル 401 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:20...

電波女と青春男#11&#12(最終話)「秒速0.0...

数センチ先の奇跡を信じてる。諦めるな!二話連続放映での最終回です。あらすじは公式から♪「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」前川さんと街で...

電波女と青春男 11章『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』

真は小学5年生の頃、地元の少年サッカー団に所属していた。 しかし、彼はサッカーに向いていなかったか、試合に出れず。 それなのにわざわざやってくることになる両親に申し訳なく、1年で退団した。 状況を受け入れてしまったのであれば、もうそれ以上は望めまい。だか...

電波女と青春男 11章『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』 感想

なんとかなるのではない。なんとかするのだ(`・ω・´)

電波女と青春男 12章『秒速0.00000000198センチメートル』

真は川からボールを見つけ出す。

電波女と青春男 12章『秒速0.00000000198センチメートル』 感想

ちいさく振りかぶって。

【電波女と青春男 第十二話(最終話) 秒速0.00000000198センチメートル 感想 】

いやー続きが気になる遊びの最終回で面白かったですw 最終回は起承転結でいう結じゃないといけないんですが、転で終わっちゃったよ(笑) 社ちゃんの今後がすごい気になるんですが・・・ これは原作買った方がいいのかな?

【電波女と青春男 第十一話 今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと 感想 】

バスケ回だったねw 先に最終回のレビューしたから、余計にそう感じるw 11話バスケ、12話野球で、まさかラスト二話でスポーツアニメになるとは(えー 花沢さんの悩みもこれが12話での前川父の件につながるのは面白いなとw うん、電波はこういういかにも青春って...

電波女と青春男 第11・12話 最終回 感想

 電波女と青春男  第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』   第12話 『秒速0.00000000198センチメートル』 最終回 感想  次のページへ

【アニメ】 電波と青春 11話&12話 最終回 才能がなくても結果をください

電波と青春 11話&12話(最終回) 「今年の夏はバスケと超能力と布団と   天体観測と祭りと野球と女々たんと」 「秒速0.00000000198センチメートル」 の感想を サブタイトルが異常に長いって!! とか、画面にツッコむそんな今日ですが そのツッコミはこれが?...

電波女と青春男 第12話「秒速0.00000000198センチメートル」

『祭りの主催権が賭けて、野球で勝負を付けようとする商店街チームVS都会チーム。その最終試合に、商店街チーム唯1人の投手である前川さんの父が、プレッシャーに負けて逃げ出してしまった。商店街チームの監...

電波女と青春男 第12話

悪くはない最終回でした・・・けれど

電波女と青春男 第11話

「ようは諦めがたいということを表明したかったのさ」

電波女と青春男 第11話/第12話

野球しようぜ!(違) 最後に困ったら野球をする。 最終回に野球をする作品はどうなんだろうw 連続放送になった2話はどっちも、もう少しだけ指先を伸ばそうと、努力する話?  ▼ 電波女と青春男 第1...

電波女と青春男 #11、#12 7/1 あらすじと感想

 前川さん、いいじゃないですか、凄く。そして、奇跡のボール。  前川さんに誘われ、自宅訪問する真くん。前川さんの手料理は美味だったようで。改めて見ると、前川さん、身長高いし、それなりに、胸もある。脚は奇麗。  食後は、二人でゲームしたりしたが、これ...

電波女と青春男 第11話 今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと

夏休み、日中はやる事がなく、暇を持て余す真。 ですが、何だかんだで前川さんの家へお呼ばれし、手料理をご馳走になってゲームで遊んだり、流子のバスケの試合を応援に行ったり ...

電波女と青春男 #11

【今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと】 電波女と青春男 1(完全生産限定版) [DVD]出演:大亀あすかキングレコード(2011-06-22)販売元:Amazon.co.jpクチコ ...

電波女と青春男 #12

【秒速0.00000000198センチメートル】 電波女と青春男 7(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:大亀あすかキングレコード(2011-12-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ヒューヒュー、青春だぜぇ! 

電波女と青春男 第11・12話(最終回)...

11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」自分の背丈より上を見ることをやめた真の日常。日中は誰もいない家。そこでお昼ご飯を食べに外へ出...

電波女と青春男 第11・12話(最終回) 感想「秒速0.00000000198センチメートル」

11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」 自分の背丈より上を見ることをやめた真の日常。 日中は誰もいない家。 そこでお昼ご飯を食べに外へ出た真。 だが、その途中で前川さんと遭遇!! しかも家に来ないかと言い出...

電波女と青春男 第12話 秒速0.00000000198センチメートル

いよいよ本番の試合。 流子も応援返しとしてやってきますが、トラブル発生。 ピッチャーの前川父がプレッシャーに負けて逃亡したとか。 逃げ癖があるようですけど、参加して負け ...

電波女と青春男 第11話

「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」 それで一度 私をカゴに乗せて運んでくれないかな? エリオがあまりにも気持ち良さそうに乗ってたから? 前川さんも一度...

電波女と青春男 第11話「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」 レビュー・感想

「・・・その頃から自分の背丈より高いものに手を伸ばす事に躊躇し始めたっけ。」 小学生のころ始めたサッカーを一年で諦めてしまった真。理由は両親に応援に来てもらうことが申 ...

電波女と青春男

丹羽真は両親の仕事の都合で家族の下を離れ一人暮らししている叔母の藤和女々の家に身を置くことになった。しかし一人暮らしのはずの女々の家には布団を被った謎の女の子、自称宇宙人のエリオが生息していて・・・

電波女と青春男 第12話(終)

「秒速0.00000000198センチメートル」 じゃ、ちょっくらホームラン打ってきますかぁ! みんなの期待を胸にバッターバックスに立つ真は何気にカッコよかったよ♪ そして、まさかのホームラン(ノ´▽`)ノ...

電波女と青春男 第11話、第12話 感想

青春の1ページ―

電波女と青春男 11話&最終回12話

諦めないことの大切さ。 電波女と青春男 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2011/06/22)大亀あすか、入野自由 他商品詳細を見る

電波女と青春男 第12話「秒速0.00000000198センチメートル」(最終話)

前話のリュウシさんのバスケの試合の応援で社の「超能力」を信じた真にも不思議な力が身についたのか、今回の野球の試合を通してさらに一皮むけたようだ。 パッケージには第13話が収録されるとのことだが、テレビ放送はこれで最終話。惜しむらくは試合の先にあるはずの祭...

電波女と青春男 第11話・第12話 感想

今回は前回放送しなかったのでまとめての放送となりました。 恐ろしいことにそれに気がついたのが寝る前というオチでしたw 無事見られた今回の話は? 電波女と青春男 4(完全生産限定版) [Blu-ray](2011/09/21)大亀あすか、入野自由 他商品詳細を見る

電波女と青春男 第12話 「秒速0.00000000198センチメートル」 (終)

青春ポイントインフレ、(アニメだけど)リアル充実度アップ。「電波女と青春男」の最終話。 TBSの番組公式ページはこちら。 「いとこ、キラキラしてる・・・いいなぁ・・・」 残りの天体観測をしな...

電波女と青春男 第11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭と野球と女々たんと」

最終回まで一挙二話放送、でもレビューは分割です。「電波女と青春男」の第11話。 TBSの番組公式ページはこちら。 夏休みの日中を何の予定もなく寂しく過ごす真。かと、思いきや買い物に出たところで ...

電波女と青春男 第12話「秒速0.00000000198センチメートル」(最終回) レビュー・感想

「イトコ、キラッキラッ☆」  冒頭のこのシーン、最初なんだ?と思いましたが最後まで観て納得しました。奇跡を起こした真は輝いている。 11話でリュウシさんにフリースロー ...

電波女と青春男 第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』&12話『秒速0.00000000198センチメートル』

先週お休みで、今回は2話連続放送になります。ヘンテコな登場人物が多い反面、やってることは日常系に近い本作ですが、どんな締めになるんでしょうか。 第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』 前川さんはもっ積極的になっていいと...

電波女と青春男 12

第12話 「秒速0.00000000198センチメートル」 とりあえず、サブタイ長えぇ~(笑) そういえばOPで社の顔とか最初からバレてましたね、今更ですが。 11話飛ばして最終回行きます。 前回で「超能力」を使って流子を活躍させた真ですが、最後くらいはエリオに魔法を...

[アニメ]電波女と青春男 第12話「秒速0.00000000198センチメートル」(最終回)

わぁ、すごすぎる。すごすぎるよ、この作品。ヒーローになれぬまま、ヒロインたちの活躍を励ますだけの傍観者の真が、最終回で真のヒーローになる。

電波女と青春男 第11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」 感想

今回は今作の中でもかなり青春していたような気がするね。 第11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」 感想は続きから

電波女と青春男 第11話&第12話

大門ダヨ まさか二話連続とは・・・ 11話は前川さんと流子の話ですね 真、前川さんの家へご招待

電波女と青春男~第12章「秒速0.00000000198セン...

 高校2年生の丹羽真(にわまこと)はおばの家にあずけられた。 いとこのエリオ、クラスメートの流子、前川さん、青春の12話目、最終回。夏祭りの主催権をかけて、商店街チーム...

電波女と青春男 12話 「秒速0.00000000198センチメートル」(最終回)

「電波女と青春男」の第12話です。 夏祭りをかけた都会と商店街の草野球。前回、真が流子の試合を応援していましたが、今回は流子さんが真の応援をします。ところが、肝心の試合は前川父がプレッシャーで...

◎電波女と青春男第11章「今年の夏はバスケ...

マコトは、昔サッカーをやっていたがサッカーにむいてなかった。一年で止める。その頃から、自分の背丈より高い物に手を伸ばすのを躊躇しはじめた。マコトは、日中暇だった。エリオ...

◎電波女と青春男第12章「秒速0.00000000198セン...

エリオにキラキラしてる言われる。明日本番の試合だよと前川さんがいう。イトコもトウアも明日は出るという。トウアになんで野球するのかきくと、内緒といわれる。リュウシが野球の...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。