FC2ブログ

神様ドォルズ:7話感想

神様ドォルズの感想です。

隻という立場。

とりあえず、一番可哀想なのは阿幾なんだなって思った…。

完全に被害者だよなあ…。篤史がクズすぎて笑えなかったけど、とりあえず阿幾を狂わせてしまった理由が分かりました。
てか、千波野先生は匡平を庇ったりして亡くなったのではないかと思っていたんですけど、まさか阿幾を庇っていたとは思いもしませんでした(汗)実際は、匡平より阿幾の方がいろいろな意味繋がりがあったんですねえ。

千波野先生の印象としては、率直に思ったのは「弱い人」かなあ。確かに不慣れな土地で、しかも村の掟というものに従わなくてはならない。郷に入っては郷に従えということですけど、でも精神的には辛いだろうねえ。
先生は以前父子家庭の人と一夜を共にして、それが子どもに見られて事故まで起こさせてしまったトラウマがあります。別に父子なら不倫とかじゃないからいいんですけど、問題なのは子どもに見られる可能性を考えてなかったことですよね。自分の父親と自分の先生に関係があるなんて知ったら、自分なら多分耐えられません。せめて、卒業してからとか、先生との関係が希薄になってからの方がまだ許容できたと思うので、そこまで下手に動くべきではなかったですね…。

そして今回は阿幾に対して自分の弱さを出してしまった。その子の罪滅ぼしみたいな感じで阿幾にすがってしまいました。

…同情できるかというと、非常に難しいところですね(汗)

篤史などの最低な奴らに襲われそうになって、さらに親からは不審な目で見られて、正直精神的にはボロボロだったところでのこの行為ですからね…。一種の逃げであったのは間違いないでしょうけど、ただこれで少なくとも先生の心に光ができていたのは確かなわけで(あくまで先生基準ですが)。
それが、阿幾を庇って死んだところに繋がってるのかなって思います。自分のせいで傷つけてしまった子がいたわけなので、今度は自分が守らないと…、最後の安堵の台詞がそれを物語っていたのかもしれません。

…で、思ったのは、匡平はそこまで関係ないなと(笑)先生に対してただならぬ感情を持っていたような引きだったんですけど、結局は初恋というだけに留まりましたね。…匡平も勘違いした側になったわけですから、やっぱり一番不憫なのは阿幾でした。まあ目の前で好きな人が死んでいるのを見たのはトラウマになったということでしょうけど…そこまで深い因縁があったわけではありませんでしたね。

とりあえずこの話の始まりともいえる過去編でしたけど、また先生がすごいキャラでした(汗)これからはこの過去編を念頭に置いた上で阿幾を見ることになるので、かなり印象が変わってきそうですね。では。


※申し訳程度の更新になってしまったので、TB送信は行いません。ただ、送ってくださった方には返信致します。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神様ドォルズ 7話感想

何度も匂わされてきた過去の事件。先生とは何者か。阿幾があれほどまでに憎み、匡平が逃げ出すように捨てた村で、一体何が起こったのか。 今回は1話まるまる使ってその全容を明かす、回想エピソードでした。 ...

神様ドォルズ 第七話「追憶の肖像」

枸雅篤史から虐めてられていた犬を護った枸雅阿幾。篤史は阿幾がもう隻ではないのだと見下すように告げるも、阿幾は彼の言葉を意にも返さない。その現場を目撃した新しく村にやってきた瀬能千波野は止めに入るも、阿幾はそこから立ち去ろうとする。篤史は案山子・暗密刀(...

[アニメ]神様ドォルズ 第7話「追憶の肖像」

涙で画面が見えないよ。なんで、こうなったかな。なんで、こうなるかな。なんで、なんで、なんで……。

「 神様ドォルズ 」7話の感想

「 神様ドォルズ 」7話、観ました。 日比乃に、阿幾との過去の事件を語る匡平。それは、村に赴任してきた女教師・千波野と阿幾の、哀しくも血なまぐさい物語で・・・・・。
ブログパーツ
fx比較