スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate:24話感想&総括

Steins;Gateの感想です。

長い長い3週間の戦いの終わり。

会えてよかった…。

…まあもうコレに尽きますね。この意味は、もちろん岡部とクリスが会えたという意味でもありますけど、この作品に出会えたということもありますと何かカッコいいことを言っておく(ぇー)
オペレーションスクルドの成功により世界を騙すことになり、そしてクリスは救われた。その後に秋葉原で再開を果たすことができました。アレかな、クリスも自分を助けてくれた恩人を探していたということなのかな。…まああくまで恩人であるというのがこちらの世界線なんですけどね…。

最後に岡部はみんなにラボメンの証を配っていました。その最後がクリス。基本的には知らない人ですが、クリスも若干リーディングシュタイナーが発動してました。何か他人とは思えない人であるということは分かってくれたみたいですね。…まあ個人的には思い出して欲しかったですけどね(笑)同じ告白の仕方をしてたらもしかしたら思い出したんじゃないかなって思ったので。

血のりが使えないだろうなーという展開は予想してましたけど、その代わりとして最も危ない方法を選んだ岡部。しかしこれもクリスを助けたいという執念からの奇策だったんでしょう。
しかし演技ではあの岡部の悲鳴を表現するのは難しかっただろうから、こうやって自分の傷口に直接痛みを送る方法にせざるを得なかったというのは、ある意味収束した事なのかもしれませんね。そうしないと感情が入りませんから。
とりあえず、終始クズだったのは中鉢だったということで片付きましたね(笑)ウーパがメタルじゃなくなって報告書もカスになり、亡命も受け入れられず。こんな奴が成功なんてしませんよね。

驚いたのはミスターブランの店のバイト戦士が萌郁になってたことかな。この2人の仲がα世界線ではかなりの関係だったから、何か嬉しさ半分、違和感半分である(汗)
そして萌郁はまゆりを撃っていましたけど、ここでは握手。このシーンも積み重ねの上にあるものですね。

今回の世界線、結局のところはシュタインズゲートに到着できたということでいいんでしょうかね?β世界線ではなく、ダイバージェンス値として表せないような世界なのかな。クリスが生きている、世界大戦が起こらないということで少なくともβ上ではないと思うけど。…まあ綺麗に締まったのでこれ以上設定に関して詮索するのは野暮ではありますけどね(笑)
とりあえず、最後の台詞である「これがシュタインズゲートの選択だよ」ということでいいんでしょうね。

でも個人的にはその前の台詞、

岡部「未来のことは、誰にも分からない。だからこそ、この再会が意味するように、無限の可能性があるんだ。」

未来が決まっている、収束しているということである程度の未来は決定付けられた世界観ではありましたけど、結局は未来は自分たちがどうするかによって変わってくる、いくらでも可能性はあるということですね。逆に言うと、未来が分からないからこそ人はいろんなことを試せるわけですからね。今まで幾度も世界を渡り歩いてきたからこそ、この台詞には重みがありましたね。結局のところはタイムマシンなんてね、悪い方にしか作用しないものなんですよ…(ぇー)

全てがつながり、そして平和な道へ進むことができた岡部たちと世界。おそらく人生で一番長かったであろう3週間の物語も終わりです。エル・プサイ・コングルゥ。

というわけで、Steins;Gate、完結です。


<総評>

前評判が良く、原作が好きな方も多いということを聞いていたので、個人的にも今期では期待して視聴していました。序盤の序盤は本当に意味不明な状態が続いていましたが、設定を大事にする物語であればこの辺の伏線を張るという部分が大事になってくるのでそこは我慢して見れました。
そしてある程度の世界観が分かってくるとその先の展開がどんどん気になるようになってきて、まさに1クールかけてじっくりと貯めてくれたなって思っています。
そして折り返しから一気に物語が動き始め、岡部のまゆりを救うという命題の下、主にクリスから協力を得て何とか救うところまでいけたと。その過程で様々な伏線が回収され、そして新たな発見、敵、展開にも終始驚かされっぱなしでした。

その辺を支えたものとして、このアニメで特筆すべきことは演出であったなと。時には実験的に思われるものもありましたけど、どれもその場の緊迫感、心情を汲み取った良演出が多く、キャラの心情描写の深さも相まって相当感情移入ができる作品であったなって思います。とにかく劇中内ではありえないことが起こっているんですけど、この中で唯一岡部に対して同情できるのは視聴者だけなんですよね。クリスもその全貌を知ってるわけではない。いろいろと乗り越えてきたということを共有できる人は劇中内にはいませんからね、世界線が変わってしまうので。その辺も、岡部に感情移入できる理由の一つかなって思いました。

その岡部なんですけど、彼の性格を表すと大きく分けて3つで、「仲間に優しい」「臆病」「義理堅い」だと思います。実際のところ、岡部って凄く弱い人間、というか等身大の普通の大学生なんですよね。中二病でありリーディングシュタイナーがあったり世界線を飛び越えたりと特殊な部分はありますけど、それ以上で以下でもない普通の人。だからこそ彼の行動にはある程度の限界を考えながら見ていたので、その中では非常に頑張っていたなって。Dメールを変えることだってまゆりのため、世界を騙すのだってクリスのため、岡部の仲間想いという部分での行動力には目を奪われましたね。臆病なのに良くやるよと(笑)その辺は優先順位があるんでしょうね。
義理については約束というものに対してすごいこだわりがあるように思います。これはまゆりとの約束というものが大きいんでしょうね。

ただこの壮大な世界観に対してこの主人公はどうよ?って考える人も出てくるかもしれません。岡部って基本的には世界のことなんてどうでもいいんですよね。αではまゆりを救うため、βではクリスを救うため。ディストピアや世界大戦はあくまで二の次でした。まあこれが岡部の普通さを表していることにもなっていて、いくらなんでも世界は荷が重過ぎるだろうと(汗)だから岡部からしたら守りたいものを救うというところからのついでが世界でしたよね。そうじゃないと、岡部のモチベーションに問題があったからかなって思います。普通、特に何もなく世界を救うぜ!っていう風にはならないですよね(笑)
それが理由なのか、ディストピアにしても世界大戦にしても、出てきたのは単語だけで、それがどういうものなのかという具体的な様子が一切描かれていなかったように思います。せいぜい鈴羽の台詞から想像するくらい。その悲惨具合が分からない以上、世界が大変なことになるという認識が視聴者的にも薄れていたように思いますが、それは岡部の命題がそっちじゃないと言うことを表していたんじゃないかなって思いました。

…ただしそうなると、せっかくの設定というものが微妙に弱くなってしまったとは思っています。思えば、前半は伏線の連続で、どうなるんだろうとかなりワクワクする展開が続いていました。しかし後半になってからは設定回収はするけど、メインとしてはキャラクターとの掛け合いなんですよね。設定で驚かせようというよりは、キャラクターの心情から物語を進めようと。だから前半と後半でかなり印象が自分の中では違います。その頃にはキャラクターが好きになってるのでその展開は何の問題もないんですけど、実際設定回収という部分の楽しみが薄れたかなーとは感じました。

そのキャラクターはどんどん立ってきて非常に良かったです。ダブルヒロインのまゆりとクリスは甲乙つけがたい存在。ただこのアニメの展開からしたら真のヒロインはクリスということになりましたね。
岡部は始めはまゆりを救うための戦いということで頑張っていましたけど、元々彼女に対して恋愛感情というものがあまり感じられなかったので、タイムリープを繰り返してそれで大切さに気づくのかなって思っていました。しかし実際のところは一緒に行動してきたクリスに。やはりまゆりは友達以上恋人未満という関係になってしまいましたね。岡部がクリスのことを好きになるという直接の描写はそこまで多くはなかった印象でしたけど、そのように感じてるなって部分は多くあったので、気はあるんだろうなーって感じることはできました。告白のシーンは痺れましたね!

鈴羽は何気に岡部以上の苦労人だと思っています(汗)α世界線の彼女はホント辛かったけど、でも普通にダルの子として幸せになって欲しいですね。
ダルはとにかく優秀だったなと(笑)彼がどこまでの重要キャラであったのかというのはなかなか線引きが難しかったですけど、とにかく設定面ではこの人は絶対外せなかったですね。
萌郁はまた…ね(汗)とにかく最後はメールとか使わず素で喋っていたことが良かったなって思いました。
ミスターブラウンはまさかの終盤で重要キャラに昇進しましたけど…ホント悲惨な過去を持ってる人しかいないよな…(汗)
で、一番の謎キャラは綯ちゃん。まゆりを突き落とし、そしてブラウンを待つというだけの子。確かにブラウンの父性をいうものを感じさせるために彼女は重要な位置にはいましたけど、個人で何もアクションを起こさなかったのは驚きでした。
…しかし小耳に挟んだ情報によると、原作では綯は大活躍するんだとか(汗)主にヤバイ方向で(笑)…まあ、綯ちゃんはこれでよかったのかもね…(ぇー)

音楽は最近の2クールものでは珍しく、OPもEDも変わりませんでしたね。でもそれで自分はむしろオッケーでした。OPは映像と相まってすごくかっこよかったです。やっぱり2クール流れることによって愛着も増すしね。OPとか変わると作品のイメージも微妙に変わるし。…まあ作品の内容自体で前後半違うって書いてあるけど(汗)
BGMは演出がいいと言ったように使われ方がすごく良かったです。また特殊EDの仕方がすごく上手くて、秋葉原の萌えが無くなったときだとか、原作OPを入れたりだとか、終わり方も工夫していたなって思いました。

「Steins;Gate」
岡部倫太郎:宮野真守
牧瀬紅莉栖:今井麻美
椎名まゆり:花澤香菜
橋田至:関智一
阿万音鈴羽:田村ゆかり
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
漆原るか:小林ゆう
桐生萌郁:後藤沙緒里
ミスターブラウン:てらそままさき
天王寺綯:山本彩乃
ドクター中鉢:小形満

OP「Hacking to the Gate」
ED「刻司ル十二ノ盟約」


総合評価:S

祝!S評価!
実はものすごーくAと迷いました(汗)それこそ今までこうやって評価をつけてきて一番悩んだと思います。おそらくですね、原作をやればもっといろいろと分かると思うんですよね。特に設定の部分としては。
でもアニメとして考えて、とてもキャラクターの心情描写が上手くやっていたので、すごい楽しめたんですよね。どちらかというと設定アニメというよりキャラアニメとしてです。
ただ自分は何よりそういう積み重ねでのキャラクターの掛け合いというものが大好きだし、アニメ内としてしっかり完結してるんですよね。原作は複数ルートと聞きましたが、しっかり一本線になっていたなって。その辺でアニメとして、未プレイの一人としては自分の観点でしっかり楽しむことができたんですよね。もちろん考察をするのも楽しかったし、いろんな視点から見れたのが面白かったです。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。素晴らしい演出、そして演技だったと思います。オカリンは宮野さんの功績大きいよなあ。

ではこれでSteins;Gateの感想を終わらせていただきます。多くのコメント、拍手をいただけてとても嬉しかったです。凄く励みになったし、シュタゲ視聴を楽しみにできる要因でもありました。本当にありがとうございました!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

終わったぁーーー!!
というのが見終わって一番にくるのは自分的にはどうなんだという気もw
なにはともあれ、長いようで短い半年でありました。

第三次世界大戦だとかディストピアだとか、風呂敷を広げるだけ広げたにも関わらず、
最終的にほぼ秋葉原周辺の狭い範囲で終始展開し完結するという、非常にコンパクトな
纏まりを見せてくれた原作。
でもその分、会話劇や心理劇の色が濃くて、アニメにするには難しい作品だったと思います。
それに原作シナリオのボリュームは、テキストだだ流しでも数十時間分に及ぶわけですから。
ぶっちゃけ、2クールでも全然足りないと放映開始前は期待3割、不安7割だった訳でw
いやよくもまあ短い尺に上手く落とし込んで纏めてくれたと思います。
花田、佐藤両監督をはじめ、アニメ版スタッフには最大限の敬意と感謝を。
そしてやはり最大の功績はオカリン役の宮野真守さんでしょうね。
本当に細かい所までオカリンの心理を表現してくれました。
それがどれだけ視聴者を精神的に惹き込んでオカリンに同化させたか。
当たり役という範疇を超えて、もう何かが憑いているとしか思えない演技でしたw

で、それは良いんですけど、劇場版って何それ!?
というビッグサプライズがw
作品的には綺麗に完結してますので、総集編的なものか、既出のスピンオフの映像化か、
はたまた全く新しい書き下ろしなのか。
現時点では分からないですけど、動向からまだまだ目を離せませんね。

でも兎にも角にも完結ということで、長期に渡る視聴と感想考察お疲れ様でした!
エル・プサイ・コングルゥ

追記
放映終了の余韻が治まったら、↓を閲覧されても良いかも。
下ネタ含むギャグテイスト(稀に涙を誘う話も)が苦手でなければですが。
シュタゲ終わっちゃった賢者モードぶち壊せること請け合いですw
【Steins;Gate】荒唐無稽のルシッドドリーム/ネタバレ注意!!
http://www.nicovideo.jp/watch/nm9073618

とどさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

>なにはともあれ、長いようで短い半年でありました。

アニメは1週間に一回のペースですから、話数的には24話で12時間程度であっても、実際は半年掛かってますからね…アニメを見始めてから時間が早くなりましたよ…(笑)

>いやよくもまあ短い尺に上手く落とし込んで纏めてくれたと思います。

やはり相当な量がありますから、それを限られた中で終わらせるのは大変厳しい。ましてやアニメから入った自分たちはそこでしかシュタゲという作品を評価できませんからね。その辺原作の評判がいいゆえの不安な気持ちというものはすごく分かります(笑)
ただ自分としてはこのように最高評価のSをつけるに至るアニメとなり、非常に満足しています。原作既と未両方が満足したということで、本当に素晴らしいアニメに仕上がったのではないかと思いますね。

>そしてやはり最大の功績はオカリン役の宮野真守さんでしょうね。

そうですね。宮野さんの演技は本当に素晴らしかったです。記事にも書きましたが、オカリンが普通の大学生であるからこそ、彼の反応とかがすごくリアルで、そして惹き込まれたんですよね。それを表現する最高の役になったと思っています。

>で、それは良いんですけど、劇場版って何それ!?

ありましたね(笑)自分もビックリです。ぶっちゃけ話としては完結してるのでどうするのかなって思いますけど、ドラマCDの話なのか、それとも本編ではできなかった各キャラルートなのか(まゆりルート?)、はたまたオリジナルストーリーなのか。その辺は自分はよく知りませんけど、また動くオカリンたちが見れるのはいいことかなって思います。

>でも兎にも角にも完結ということで、長期に渡る視聴と感想考察お疲れ様でした!

とどさんには多くのコメントを残してくださって非常に感謝しています。おかげでアニメもより楽しめました。本当にありがとうございました!

追記の分、また見させてもらいますね(笑)

No title

完走お疲れ様です。いつも拝見させてもらってました。映画はシリアス目のお話になるそうで、楽しみですねw

未来のことがほとんど描かれてないのは原作が岡部=プレイヤーだからでしょうねー。原作だと岡部視点でしか物語が進行しませんし。

No title

本当にお疲れさまでした!
途中から全くコメントしてませんでしたが最後だけコメントしておきます(汗)

>会えてよかった…。

きっとここまで見てきた人は皆そう感じてることでしょうね
勿論そういう意味でも

この世界線でSteins;Gateが放送していたことに感謝します

名無しさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>完走お疲れ様です。いつも拝見させてもらってました。

ありがとうございます!おそらく何度もコメントしてくれた方ですよね?非常に励みになりましたし、補足等もありがとうございました。

>未来のことがほとんど描かれてないのは原作が岡部=プレイヤーだからでしょうねー。

やっぱりそうなんでしょうね。岡部視点でいけば未来のことよりも目の前のまゆり、そしてクリスのことに気持ちが行ってますからね。普通だからこそプレイヤーとしてシンクロもしやすく、そして愚直に守りたいもののためだけに行動出来るんだと思います。

シュタゲという半年間楽しんできたアニメが終わったことで少しポカンとした気分です(笑)半年間ありがとうございましたと言いたいですね。

リッシーさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>本当にお疲れさまでした!
途中から全くコメントしてませんでしたが最後だけコメントしておきます(汗)

ありがとうございます!何とか完走できました。でもそれはひとえに感想記事を拝見しに来てくださった方のおかげ、リッシーさんもありがとうございました。こうやって残してくれるだけでありがたいです。

>この世界線でSteins;Gateが放送していたことに感謝します

ホント、素晴らしい世界線でした。こんなにアニメを楽しむことができる世界線ですから…(笑)オカリン、この世界線は何としても死守してください(笑)

シュタゲは終わりましたが、これからもよろしくです(禁書3期やらないかなー(ry)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Steins;Gate 第24話「終わりと始まりのプロローグ」(最終回)

「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー001☆岡部倫太郎(2010/11/24)宮野真守、岡部倫太郎 他商品詳細を見る  劇場版「Steins;Gate」が公開予定と、どんな内容になるのでしょうか? 総集編に...

STEINS;GATE 24話(最終回)

厨二は世界を救う。 というわけで、 「STEINS;GATE」24話(最終回) 輝ける日々の巻。 まあ順当に答え合わせというか、 絞り立て自家製血糊にこそびっくりしたものの、 概ね予想の範囲に収まった...

「Steins;Gate」第24話(終)

劇場版、制作決定・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109140001/ STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray] posted with amazlet at 11.09.08 メディアフ?...

STEINS;GATE#24

第24話 『終わりと始まりのプロローグ』 なんだよ…オカリン、今度は“被害者”になるのかよorz さておき、なんか『血が光ってた』のは“ただの演出”だったみたい。 まぁ、“サイリウムセイバー”のトコまではあってたというコトで 『半分アタリ』ってコトじゃ駄目?...

STEINS;GATE 第1話 ~ 第24話  終わりと始まりのプロローグ 最終回

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第1話 ~ 第24話  終わりと始まりのプロローグ 最終回 舞台は「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後の秋葉原。秋葉原を拠点とする総勢3人の小さ...

【Steins;Gate(シュタインズゲート) 第二十四話 終わりと始まりのプロローグ 感想】

素晴らしい最終回だった。 今年のアニメだとまどかの次に好きかな(あの花超えて 思えば、始まった当初はわけわからなくて、感想でもつまづいたりしたけど、2クール目入ってから怒涛の展開に引き込まれて、ずっと鳥肌立ちまくりでした。 原作をクリアしてないか?...

(アニメ感想) Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第24話 「終わりと始まりのプロローグ」

STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray](2011/09/21)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放...

「Steins;Gate-シュタインズ・ゲート-」第24話(最終回)【終わりと始まりのプロローグ】

誰でも、心のどこかで。 シリーズ構成:花田十輝 キャラクターデザイン、総作画監督:坂井久太 プロップデザイン:コレサワシゲユキ、中村和久 美術設定:金平和茂(草薙) 美術監督:衛藤功二 色彩...

Steins&#59;Gate 24話

ここまですっきりした最終回が今までにあっただろうか… と思わされるほどの出来映え!ホントに何も思い残すことはない!w この作品がここまで良い作品になった理由は、やはり複線の張り方のうまさと その複線を残すことなくしっかりと回収できた点が大きかったでし...

シュタインズゲート第24話(最終回)『終わりと始まりのプロローグ』の感想レビュー

自分を騙し、世界を騙したオカリンにもう一度助手は微笑みかけてくれるのか?な、クライマックス回でした。 いくつもの世界線を乗り越え辿り付いたシュタインズ・ゲートで起こった奇跡が胸熱!で、涙腺崩壊した方も多いかと。 孤独な観測者としてようやく助手との未来を見...

STEINS;GATE 第24話 最終回 感想

 STEINS;GATE  第24話 最終回 『終わりと始まりのプロローグ』 感想  次のページへ

STEINS;GATE 第24話 終わりと始まりのプロローグ

紅莉栖救出の為に岡部の用意した物は、未来ガジェット6号機のサイリウム・セーバー。 これに仕込まれた血糊を使い、紅莉栖の死を欺く為に再び過去へ。 そしてまずやる事は、どう ...

Steins;Gate 第24話(最終話)

Steins;Gate 第24話(最終話) 『終わりと始まりのプロローグ』 ≪あらすじ≫ 未来の自分から届いたムービーメールに奮起し、倫太郎はもう一度紅莉栖を救うべく過去へタイムトラベルを行う。 紅莉栖を...

Steins;Gate シュタインズゲート第24話(最終話)「終わりと始まりのプロローグ」感想

Steins;Gate シュタインズゲート 第24話(最終話)「終わりと始まりのプロローグ」 感想 鳥肌注意。

STEINS;GATE 第24話 「終わりと始まりのプロローグ」 (最終回)

「我が名は鳳凰院凶真。狂気のマッドサイエンティストにして世界の支配構造を破壊する男。失敗など、ありえん───」 最終回アバンまで中二で格好良くきめるオカリンw このくだりもこれで最後だと思うと寂しくなるなー。アニメが始る前は序盤の主人公の痛さに耐えら?...

STEINS;GATE 第24話(最終話)「終わりと始まりのプロローグ」の感想

 オカリンが牧瀬紅莉栖を救い、第三次世界大戦を回避するために、過去に戻ってなすべきことは大きく二つ。一つはタイムマシン論文をこの世から葬り去ること。もう一つは過去の自分に牧瀬紅莉栖が死んだと錯覚させること。しかし本当に死なせてはならないところが難しい。...

Steins;Gate #24

【終わりと始まりのプロローグ】 STEINS;GATE Vol.9【初回限定版】 [Blu-ray]出演:宮野真守メディアファクトリー(2012-02-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る いよいよ最終回ですね!(O ...

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第24話(最終回) 感想「終わりと始まりのプロローグ」

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、岡部倫太郎は鈴羽と一緒にタイムマシーンで再び過去に戻ります。鈴羽はダルを「父さん」、オカリンを「おじさん」と呼びますが、椎名まゆりには敬意は払いません。 中鉢博士のタイムマシーン講座も飽きるほど繰り返していま?...

Steins;Gate 第24話「終わりと始まりのプロローグ」 感想

STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray]posted with amazlet at 11.08.31メディアファクトリー (2011-09-21)売り上げランキング: 12Amazon.co.jp で詳細を見る いよい...

STEINS;GATE 24話感想

シュタインズゲートの選択をめぐる奇妙なエンドレス三週間も、今回でついに最終回です。 先に言っておきますね(*^_^*) この作品は、 完全に神アニメでしたどうもありがとうございます!!! いや~~本...

アニメ「Steins;Gate」 第24(最終)話 終わりと始まりのプロローグ

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray](2011/06/22)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る これが、シュタインズ・ゲートの選択だよ。 「Steins;Gate」第24話のあらすじと感想です。 無限の可能性。 ...

Steins;Gate 第24話「終わりと始まりのプロローグ」

『「未来を司る女神作戦(オペレーション・スクルド)」の概要を理解した岡部は、ラボへ戻って未来ガジェット「サイリウム・セーバー」を用意する。この内部には血糊が仕掛けられており、紅莉栖の血に見せよう...

Steins;Gate #24「終わりと始まりのプロローグ」 感想

遂に最終回。 何だか感無量。 「未来を司る女神作戦(オペレーション・スクルド)」の概要を理解した岡部は、ラボへ戻って未来ガジェット「サイリウム・セーバー」を用意する。この内部には血糊が仕掛けら...

[終]Steins;Gate #24 終わりと始まりのプロローグ

最終回だけだと実はそんなに内容は濃くはない。一話の主人公を騙し、その後はこれまでの三週間の記憶がないメンバーに淡々とバッジを配るだけの作業です。最終回はこれまでの過程があるからこそ感動もひとしおなのだ。これまでが無かったことになりクリスとも記憶がない映...

STEINS;GATE  第24話(終) 「終わりと始まりのプロローグ」

STEINS;GATE  第24話(終)  「終わりと始まりのプロローグ」     タイムマシンを使えるのは後1往復が限界『我が名は鳳凰院凶真。狂気のマッド サイエンティストにして世界の支配構造を破壊する男。失敗など…ありえん』  ...

Steins;Gate 第24話(最終回) 「終わりと始まりのプロローグ」 感想

第1話のサブタイが「始まりと終わりのプロローグ」で、最終回である今回が 「終わりと始まりのプロローグ」、感慨深いものがありますね。 今回も素晴らしい内容でした。 ずっと見続けてきて良かった...

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 最終回まで見終えたので安らかに眠る。

もう、Stehen ovation するしかない!! STEINS;GATE Vol.4【通常版】[購入者限定イベント応募券封入!] [DVD](2011/09/21)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る すばらしい最終回でした。 いままで見てきたAVG原作のアニメの中では、少なくとも完成度は?...

『Steins;Gate』#24「終わりと始まりのプロローグ」(最終回)

「また会えたな、クリスティーナ」 これがシュタインズ・ゲートの選択だよ。 劇場版制作決定ですって!?見に行きてぇ!! アニメが終わって寂しくなるかと思いきや、嬉しい情報でしたね。 一体どんな内...

Steins;Gate 第24話「終わりと始まりのプロローグ」(最終話)

αでもないβでもない第3の世界線「シュタインズゲート」への糸口を探す最後の挑戦。 紅莉栖の「死」を観測した過去の自分を騙すための最後のタイムトリップ。鈴羽の乗ってきたタイムマシンの燃料は最後の一往復分となった。...

Steins;Gate 第24話(最終回) 「終わりと始まりのプロローグ」 感想

感動しました!!凄く綺麗な まとめ方をしてくれて大満足ですよ。 一体 どの様に世界を騙すのか、前回気になって仕方が無かったのですけど まさか オカリンが身体を張って紅莉栖を助けるとは思いもよらなかったです。 オカリン、漢だぜ!カッコよかったなー。 では、今…

STEINS;GATE 第24話「終わりと始まりのプロローグ」

これが シュタインズゲートの選択――。 狂気のマッドサイエンティストにして世界の支配構造を破壊する男。失敗などありえん! 息巻いていた岡部ですが、サイリュウムに入れた血ノリで偽装って作戦上手くいく...

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第24話(最終回)「終わりと始まりのプロローグ」感想

オレは、お前を助ける! 過去を変えずに未来を変えろ! 終っちゃった~。・゚・(*ノД`*)・゚・。 オカリンは再び過去へ跳び、助手を助けられるのか!? 助手のこと、まゆしぃ忘れてなかった・・・(´;ω;`) オカリンを見送ってくれるまゆしぃが天使! ど?...

STEINS;GATE 第24話 9/14 あらすじと感想

 オペレーション・スクルド完了、そして、やっぱり、劇場版!。  鈴羽ちゃんが乗ってきたタイムマシンは、あと1往復しかできないことがわかる。心配する鈴羽ちゃんに対し、オペレーション・スクルド開始を高らかに宣言するオカリン。  しかし、肝心の道具を忘れ...

Steins;Gate 第24話(終)

関連リンクhttp://steinsgate.tv/第24話 終わりと始まりのプロローグ最高にアツい展開で終わった前回果たして紅莉栖を助けることができるのか!?タイムマシンの残量はあと1往復分しかし倫太郎はそれでも自信ありげな表情を見せるそれは自分と未来の自分が出した結論...

これが、シュタインズ・ゲートの選択だよ。『Steins;Gate』24話(最終話)。

走り抜けた。生き延びた。そして、皆が、集まった。・・・・・・否、集まるであろう、という期待と共に、新たな未来が紡がれ始めた。いい結びだった。最後の最後で、改めて示され ...

Steins;Gate 第24話 「終わりと始まりのプロローグ」 感想

確定した過去を変えずに結果を変える。 そのために・・・ 先にガシャでメタルを出す。 来莉栖が拾っていたのか。しかしメタルでは無いため論文は焼けるという結果に変わる。 ここで想定外のアクシデント発生、用意していた血糊が固まっている!!

STEINS;GATE 第24話「終わりと始まりのプロローグ」感想

ついに最終回ですよー。

STEINS;GATE 第二十四話 感想

これよりオペレーションスクルドを実行に移す! 「STEINS;GATE」第二十四話感想です。 Steins;Gate(限定版)(2011/06/23)Sony PSP商品詳細を見る

(感想)Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第24話(最終話)「終わりと始まりのプロローグ」

Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第24話(最終話)「終わりと始まりのプロローグ」 無限とも言える選択肢の中から必死に辿り着いた、この再会が意味するように、 そこには無限の可能性がある。これが、"シュタインズ・ゲートの選択"だよ―

Steins;Gate #24 「終わりと始まりのプロローグ」

 これがシュタインズゲートの選択だよ。いい最終回でした。そして……

STEINS;GATE 最終話「終わりと始まりのプロローグ」

アニメ版STEINS;GATE完結! 半分無かったことになったアレとは違って、きっちり原作通りに物語を締めてくれました! ::::::::::::::S は こ            {::::::{ :::::::::::::::G て

STEINS;GATE 第24話 「終わりと始まりのプロローグ」

STEINS;GATE 第24話 「終わりと始まりのプロローグ」 感想です オカリンはそこまでして 紅莉栖を そして世界を救ったんですね

Stens;Gate 第24話(最終話) 「終わりと始まりのプロローグ」 感想

「Steins;Gate」  Steins;Gate 第24話(最終話) 「終わりと始まりのプロローグ」 の感想記事です。   ついに最終回です。   劇場版も発表されましたし、まだまだ 「シュタゲ」 は熱いですね。

第24話 『終わりと始まりのプロローグ』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 スタッフ&キャストの皆さん、お疲れ様でした!!この半年間、本当に楽しかったです。終わってしまったのが凄く寂……え?映画化? ど、どういうことだってばよ…。今度は紅莉栖目線の物語で...

【アニメ】Steins;Gate シュタインズ・ゲート 最終話 また会えたな、クリスティーナ!!

Steins;Gate 24話 最終話「終わりと始まりのプロローグ」 の感想を ”シュタインズ・ゲートの選択” 妄想から始まったこの言葉は、次第に思い出を蓄積して 強力な力になり、未来への扉をあける鍵になった。 『 Steins;Gate シュタインズ・ゲート 』の公式ホ?...

Steins;Gate #24 終わりと始まりのプロローグ

シュタゲ 最終話。 倫太郎はシュタインズ・ゲートへとたどりつけるのか―――。 以下感想

STEINS;GATE 第24話(最終話) 「終わりと始まりのプロローグ」 感想

「これより、オペレーション・スクルドを実行に移す!!」 世界を救う為、そして紅莉栖を救う為に・・・ ついにシュタゲが最終回に突入です!! いくつもの輝ける日々。 仲間との約束。 無かっ...

劇場版は……(STEINS;GATEとか神様ドォルズとか)

【TIGER&BUNNY 第24話】ラス前。虎徹さん死す、の巻。自信満々で出してきたロボットですが、奪われた武器でアッサリ倒されちゃいましたね…。武器を内蔵型にしておけば良かったのに ...

これは名作確定(Steins;Gate 最終話レビュー)

Steins;Gate 第24話「始まりと終わりのプロローグ」 ★★★★★

シュタインズ・ゲート 第24話

 なるほど、、血のりは持っていったけど現場で見たら固まってて使えなかったオカリン。中鉢教授にナイフで刺されて、オカリンの血で代用するのか。イイ盛り上げ方だなぁ。予想の斜め上を行ってました。でもオカリンの間抜けさも凄いな。タイムマシンに乗る前に確認するだ...

【総評】 STEINS;GATE

放送開始:2011年04月

Steins;Gate 第24話(最終回) 『終わりと始まりのプロローグ』 感想

前向きなメッセージのある作品は、やはりいいですね。 Steins;Gate 第24話(最終回) 『終わりと始まりのプロローグ』 のレビューです。

【追記】Steins;Gate 第24話(最終話) 「終わりと始まりのプロローグ」【最終版】

「これが、『シュタインズゲート』の選択だよ」 原作同様、最後は綺麗に着地した「Steins;Gate」第24話(最終話)の感想。 少し遅くなってしまいましたが、感謝の想いを踏みしめつつ再びこの最終回...

Steins;Gate 24話 「終わりと始まりのプロローグ」 感想。

終わってしまった・・・。厨二精神が熱くなり、最高に心温まる物語をありがとうございました┏○ペコリ >>ということで、STEINS;GATE #24 終わりと始まりのプロローグ 感想です.+゚*。:゚

Steins;Gate 第24話「終わりと始まりのプロローグ」

映画化だ…と… 比翼恋理のダーリン? それとも、まゆしールート?? どんな内容なのか気になり過ぎるね… TVアニメ「STEINS;GATE」オープニングテーマ「Hacking to the Gate」【初回限定盤】いとうかなこ メディアファクトリー 2011-04-27売り上げラ...

Steins;Gate 最終回24話「終わりと始まりのプロローグ」

本当に素晴らしいの一言! さらに、映画化決定ですよ! STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray](2011/09/21)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る

Steins;Gate シュタインズ・ゲート #24「終わりと始まりのプロローグ -Achievement Point-」 最終話

これより最終ミッション、オペレーション・スクルドの概要を説明する 確定した過去を変えずに、結果を変えろ 血まみれで倒れている牧瀬紅莉栖と、それを見た岡部倫太郎 その確定した過去を変えずに、結果を変えるのだ 燃料はあと1往復が限界、過去に行って戻ってくる…?...

STEINS;GATE 24話 「終わりと始まりのプロローグ」(アニメ感想)

【あらすじ】 「未来を司る女神作戦(オペレーション・スクルド)」の概要を理解した岡部は、ラボへ戻って未来ガジェット「サイリウム・セーバー」を用意する。この内部には血糊が仕掛けられており、紅莉栖の...

「Steins;Gate」24話(fin)の感想

「Steins;Gate」24話(fin)、観ました。 クリスを救うため、オペレーションスクルドを発動した岡部。鈴羽と共にタイムマシンで再び7月28日へ飛び、中鉢博士が入手する論文の消去と、自分が見聞きた光景をすべて再現するための行動を起こす。しかし、血まみれのクリスを再現
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。