スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは:25話感想

花咲くいろはの感想です。

何を考えて仕事をするのか。

ぼんぼり祭りが近づいてきたということで湯ノ鷺ではその準備に追われているようです。喜翆荘から派遣された緒花もそれの手伝い。ふくやからは結名が手伝いに来ているようです。

喜翆荘ではここと見て客をかなりとっているみたい。よって朝ごはんはバイキング形式にするなどと極力労力を削ごうとしています。女将は若干呆れた様子で入ってきましたけど、みんなはそれでもやれると言います。菜子だけが少し後ろめたさを感じていましたけどね。

…明らかに、女将に対して敵対心を持ってるよね。

このときのみんなは本当にピリピリしてました。みんなは女将が喜翆荘を止めると言っている原因は資金難だと思っているだろうから、それを解決さえすれば喜翆荘は続けられると思っている。たとえ女将がいなくなったとしてもという考えも、間違いなくあったと思いますね。

緒花が望み札を持ってきましたけど、それをみんなスルー。今それどころじゃないということ。…いやだからさ、先週も書いたけど、地域から取り残されるようなことしてたら本当にやっていけないと思うんだよね(汗)組合からホープも出せるような話もしていたけど、今回は忙しいから無理ということだったけど、そうやって自分の旅館のことしか頭が回ってないとその辺からも愛想をつかされて全然協力してくれなくなると思うからね。

民子は何としても自分の居場所を残しておきたいということで喜翆荘を残そうと考えています。夜も菜子が泊り込みをしてまで明日に備える状況。せっかく3人揃ってるのに会話もなく。緒花はだんだんと違いというものを悟っていきます。
次の日も徹に「緒花が変わった」と言われる始末。さらには突撃する緒花だったから気に入ってたのにという趣旨の言葉まで残していくと…。

久々にアニメのキャラに怒りがこみ上げてきたのだが…。

確かに緒花は変わりました。でもそれは自分の長所を殺したわけではなく、恋愛に対して前向きになれたということが大きいからね。いや変わったのは間違いなく喜翆荘ですよ(汗)まあ当事者ってのはそういうのに気づかないから仕方ないけどさ。まあ徹はとにかく緒花に自分の理想像を押し付けるようになってるんだよね。
ホント、みんな変な意地を張っている。自分たちが正しいって思ってる。要は正義みたいな?だからそれに反抗してる女将やそっちについてると思われる緒花は極端に言うとっていうことになってると思います。

戦ってる方向が明らかに間違ってるよ…。

喜翆荘を守りたいから?だったら喜翆荘で今までやってきた子もその一部じゃないの?今のままでは喜翆荘という存在は守られても、そこは以前と同じ喜翆荘ではない。中で揉めるとかそれこそ喜翆荘を壊してますよ。いち早く気づいているのは緒花。そして菜子でしたね。

バイキング形式は一応上手くはいっているようですが、おそらくこの祭りの時期しか来ない若い子とかは満足しているんでしょうけど、以前からこの旅館のおもてなしに惹かれて来ている常連さんは少し寂しい様子。菜子が言ってたように、部屋で落ち着いて食事したかったと。…若旦那が目指しているのは利益ならばこういう風にするのは問題ないのかもしれないけど、今まで喜翆荘を支えてきてくれたのは間違いなく常連の人たち。目先の利益に囚われて大事なものを見落とすのが一番やってはいけないことだと思っているんですけど、どうなるんでしょうかねえ。若旦那は画廊まで作って喜翆荘を変えるということまで言ってますからね。やっぱり利益追求なんでしょう。まあ仕事はそれが大事ではあるんだけどさ…(汗)

民子も喜翆荘にこだわる理由について改めて考えてみると、やっぱり喜翆荘のみんなの存在が大きくなっていますよね。このメンバーがバラバラになるのが嫌。でもその後蓮さんと巴さんが言い合いをしてしまう。そして若旦那の「喜翆荘を守りたいんだろ?」とい台詞に全く説得力がない…。明らかにピリピリムードですね。

掃除をしていた菜子は緒花に真実を聞きます。女将がなぜ喜翆荘を畳もうとしているのか…。それを聞いた菜子は、喜翆荘は自分の夢にもなっているということを言います。当初はその作った人たちの夢として始まるんですけど、そこで共に働く人は必ず必要になってくる。そしてその人たちもそこで自分の夢というものを見つけるんですよね。菜子はもう喜翆荘でみんなで働くことが夢になっているわけです。民子も夢について言っていましたけどね。要はみんなの夢が詰まっているところだから壊したくない…女将としても、その辺の視野を持てていなかったのかもね。

基本的に、女将は客目線でしか見てなかっただろうからね。

少しオーバーかもしれないけど、女将はおそらく従業員については自分の元で一生懸命やってくれているというところまでの認識しかないと思うんだよね。そしてその中に申し訳ない気持ちも入っていて、こうやって自分の夢につき合わせているんだから、働いてるみんなが喜翆荘を好きになるということは想定してなかったと思います。そもそも仕事は厳しいもの、序盤ではそれをまざまざと見せ付けてくれましたよね。
気持ちは客を喜ばせることに向いているのだから、働き手を喜ばせるという発想にそもそもなるはずがないからね…(汗)

結名は冴えない緒花を見て少し不穏に思ったのか喜翆荘に突撃することに。しかしそこでは巴さんが怪我をするというさらに大変な状態に…。
そしてここでも言い争い。ついに爆発してしまった菜子。そして次郎丸の詩…同じ目的に向かっていってるんだけど、その向かってる先が女将に勝つことなのか、それとも本気で喜翆荘を守りたいのか。少なくとも、女将に勝つことが喜翆荘を守ったということにはならないよね。

そんななか女将が仲居として手伝ってくれると言ってきます。さらには突然やってきた皐月も手伝ってくれるのだとか…。
意地を張る若旦那。小さい頃から姉の背中を常に追ってきたというのにここで手を借りたら結局そのままであると思ったんでしょう。しかし経営者の使命はまずはやるべきことをやりきること。それを気づかせた崇子はGJでしたね。…相変わらず呼び名のせいでシリアスなのか分からなくなるけど(汗)

ぼんぼり祭り当日。一年で一番忙しいときにまさかの四十万の女三代が仲居で勢ぞろい。何か感慨深いね。

まさか皐月の仲居姿が見られるとはねえ(笑)

今までの様子からして彼女が仲居をするなんてことは考えもしなかったんですけど、似合ってるじゃん!状況が状況なだけにですが、これは貴重だねえ。…女将、内心嬉しがってないかな?(笑)
そしてこの状況は緒花もすごく喜んでいるような感じ。緒花も「夢」を考えたみたいですが…こうやって親子揃って旅館業をやることなんでしょうかね。

そしてぼんぼり祭りへ…ということで終了。喜翆荘から見える眺め、綺麗でしたね。


みんながみんな仕事をする、それが喜翆荘の形。

誰か一人でも欠けてはいけなく、そして巴のように十分に働けなくなっても誰かがカバーしていくというそういう関係、助け合いですね。それができずに争ってたらまとまるものもまとまらない。苦しいときこそ団結しないといけないということでした…。

うーん、今回はちょっとみなさんに対していい感情を持てなかったなあ。特に徹。あなた、緒花をよく見てるとか言ってたのに、やっぱり見抜けてなかったんだなって(汗)
ただ、もしかしたら徹の気持ちは民子に向いてるのかもしれないという可能性もあったんですよね。民子が緒花に泣いて去ったシーン、徹は聞いていましたけど、それを聞いてのあの変わった発言でしたよね。つまり徹はもう民子基準に考えるようになったのかなって…。だったら民子にとっては吉報ですが果たして…。

まあというわけで案外アッサリとこの問題についてはまとまったということでいいのかな?あと1話ならもうこれについては触れてる暇はないだろうし…。
これは来週の総評でも書く予定なんですけど、花咲くいろはって、具体的な解決描写が薄いという特徴があります。いろいろと若干うやむやの状態でも結構強引に解決に導いていくってのが多いんですよね(汗)まあそれには緒花の行動をいうのが大きいんですけど、あくまではそれはきっかけの一つであるに過ぎなくて、どう思うかは本人に委ねられているんだよね。だから本当にこれでいいのかなっていう時は結構あったし(特に民子絡みでは)、そして緒花は自分自身の話になると実はあまり解決できていないとかなと。これはそもそも緒花の行動が直接解決に至らないからだと思っています。
まあだからこそ、そこについては視聴者の判断に委ねられるところがありますけどね(汗)このアニメ、意外とストレートなんですよ(笑)

さて次回はついに最終回か…、喜翆荘がどんな結末になるのか読めないなあ。今回がこういう風に終わったからなおさらね(笑)とりあえず緒花が告白していたようなので安心。孝一は来るんでしょうね。そのシーンは超期待ですわあ。
タイトルは「花咲くいつか」。…わお、まさかタイトルまで抽象的だとは(汗)このアニメはやっぱり具体性を求めてはいけないのか…。
てかこのアニメ始まって以来の謎である「いろはの意味」も気になるんだよね。様々な憶測、そしてこれだろうというある程度の結論もどこかで出ているかもしれませんけど、劇中でその台詞を聞きたいね。「いろは」って言葉はまだ誰の台詞からも放たれてませんから(汗)

というわけで、最終回、楽しみにしたいと思います。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

 ストレスの溜まるAパートでした。結名と豆爺だけが癒し。

>緒花が望み札を持ってきましたけど、それをみんなスルー。
 恐れていた展開そのままだったので余計に緒花が不憫で・・・。そもそもどうして緒花一人で手伝いにいったんでしたっけね。

>戦ってる方向が明らかに間違ってるよ…。
 女将への対抗心と旅館存続への気持ちがこんがらがって、最も重要な客への対応が疎かになってしまう状況。あげく負傷者、いさかいまで起こる負の連鎖。いっそ気持ち良い位にアクシデントのバーゲンセールでした。

>まあ徹はとにかく緒花に自分の理想像を押し付けるようになってるんだよね。
 徹さんの役割は前回で終了しましたのでどうぞお引取りを、という気持ちで一杯です。
 しかしみんちは相変わらず言葉のドッヂボールが好きですね。言うだけ言って立ち去られても(苦笑)本当に理想の押し付けが過ぎますな。

>みんながみんな仕事をする、それが喜翆荘の形。
 自分達の愛した喜翆荘がどういったものだったか、再確認。誰が言うまでも無く気付ければそれで良かったのですが、
>意地を張る若旦那
縁ngも複雑な心情だったんでしょうけど、情けなさが先に来てしまいました。崇子に良い所まで取られて。

 四万十の女集結の構図は全話観続けた分、妙に感慨深いものがありました。皐月は本当に万能だったんですねぇ。女将が継がせたかった気持ちも分かりました。一日だけでしたが、娘の仲居姿を観られて感無量だった事でしょう。

 孝ちゃんは最終話のお楽しみか・・・。

もりそばさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>ストレスの溜まるAパートでした。結名と豆爺だけが癒し。

自分は+菜子でした。とにかくみんな意地を張ってしまっていて…やっぱりこの旅館は女将のおかげで持っているんだなって痛感したときでしたね。

>そもそもどうして緒花一人で手伝いにいったんでしたっけね。

あの場面は見ていて辛かったですねー。もう仲間じゃないのか?って思うくらいのスルーっぷり。緒花は喜翆荘を代表して、そして喜翆荘の名を地域から汚さないように頑張ったというのに…視野が狭すぎますよ。

>しかしみんちは相変わらず言葉のドッヂボールが好きですね。

まさにそうです、キャッチボールをしてませんよね(汗)そういう子であることは分かっていますけど、状況が状況なだけに余計に民子の自分勝手な振る舞いが助長されていると思いました。…緒花のことは好きみたいなんですけど、やっぱり全て自分基準で話を進めてしまうから議論の余地がありませんよね(汗)

>縁ngも複雑な心情だったんでしょうけど、情けなさが先に来てしまいました。

若旦那のブレっぷりは今まで見てきているので、どうしても言葉に信憑性がありません(汗)彼なりの意地はあると思いますが、そこに芯がないと、どうしても情けなく見えてしまいますよね。

>一日だけでしたが、娘の仲居姿を観られて感無量だった事でしょう。

そうだったと思いますね。本当に万能な皐月。女将も負けてられないと思ったでしょうね。多少無理をしてでも、それを見せたかったんでしょう。

孝一の話はクライマックスに…その辺、すごく期待したいと思います!(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲くいろは 第25話 「ラスボスは四万十スイ」 感想

親子三代揃い踏みの絵は、良かったですね。 まさか皐月の仲居姿が拝めるとは。 スイも皐月も格好良かったですよ。 それに比べて縁は……、崇子ですら成長してるのに。 今回も菜子は、おいしいところ...

花咲くいろは 25話

女将さんマジ天使! というわけで、 「花咲くいろは」25話 アウェー少女の巻。 三代揃い踏み! ああ、もうこれだけで感無量です。 たとえ、ピンポイントでも。その場限りの夢だとしても。 かつて...

花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翆荘」

緒花が東京へ戻っているうちにラスボス女将を向こうに団結する従業員達。 でも、それでいいのか?「花咲くいろは」の第25話。 「ぼんぼり祭」の準備に借り出された緒花。望み札のことなんかもすっかり忘れ...

花咲くいろは 第二十五話 感想

頑張ってるかもしれないけど、ぼんぼってるわけじゃない 「花咲くいろは」第二十五話感想です。 ラジオCD「ぼんぼりラジオ 花いろ放送局」Vol.1 【初回生産限定仕様】(2011/09/30)No Operating System商品詳細を見る

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」

従業員と気まずい雰囲気のままぼんぼり祭りの準備を進めることになった緒花 望み札に願い事を書くと夢や野望が叶う――緒花は何を願うのか… 結名は留学して外国のホテル事情を調べようと思ってるんですね! と...

【花咲くいろは 第二十五話 私の好きな喜翆荘 感想】

タイトルはなこちを表していたのね! まあなこち回ではなく、みんなの喜翆荘に対する回だったんだけど、Bパートの流れは素敵だなって。 うん、こういうドラマを描きつつ、百合があれば一番バランス取れ...

色々まとめてチョイ拾い!(2011,9/19)

『花咲くいろは』 第25話 『青の祓魔師』 第23話 『セイクリッドセブン』 第12話 『NO,6』 第11話 『輪るピングドラム』 第10話 ――ツルっと拾い!!

花咲くいろは #25

【私の好きな喜翠荘】 花咲くいろは 3 [Blu-ray]出演:伊藤かな恵ポニーキャニオン(2011-09-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 私の喜翠荘を返して下さい! 

花咲くいろは 第25話 感想「私の好きな喜翆荘」

花咲くいろはですが、女将vsレジスタンスと喜翠荘は二つに割れてしまいます。松前緒花は微妙に女将よりなので、浮き上がってしまいますが、民子も怒り、徹も落胆し、みんなもそれなりに冷たいです。緒花はボンボリ祭りの願いをみんなに聞いて回りますが、「今それどころ...

花咲くいろは 第25話 私の好きな喜翆荘

花いろ 第25話。 従業員内に生まれた亀裂、 みんなの大好きな喜翆荘とは―――。 以下感想

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」感想

 今回はぼんぼり祭りを前に対立してしまった喜翆荘の従業員・スイメインに話が進んでいきます。勝ち負けを気にする従業員達ですが、本当にそれでいいのでしょうか…?話もクライマックスに向けて盛り上がってきました。 今回は今まで見たいと思っていたあの3...

花咲くいろは 第25話

関連リンクhttp://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/第二十五話 私の好きな喜翠荘スイの気持ちを知った緒花と喜翠荘を存続させるためにがんばろうとする面々は果たして…。緒花は結名と共にぼんぼり祭りの手伝いをしていたそこで望み札になにを書くか尋ねられるどうや...

花咲くいろは 25話「対立・衝突から和解へ、一丸となった喜翆荘のみんなは輝いていました」(感想)

親から子へ、孫から子へ引き継がれる夢の絆。 花咲くいろはは、継承と夢の物語なのでしょう。 改めて喜翆荘はP.A.WORKSだと再認識します。 困難も対立も乗り越えるには 原点に返る、つまりお客様と向き合う事でしょう。 親子3代が揃う描写は圧巻でした!  

花咲くいろは 第25話 「長者に二代なし」

タクシーの中で口紅をしていたのに、なぜ? 喜翆荘に到着するまでの間、皐月は本気で泊まるつもりだったんじゃないでしょうか。 到着してから驚かせようとしたのに誰も出迎えない。中に入ると言い争...

「花咲くいろは」第25話

夢に、気付く・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109190001/ 花咲くいろは 公式ビジュアルブック posted with amazlet at 11.09.16 単行本 角川グループパブリッシング (2011-09-10) 売り...

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」

親子三代そろい踏み!! これが見たかったんだ!w

花咲くいろは #25「私の好きな喜翠荘」感想

あれ?これってこんな話だったっけ。明らかにころころと毛色が変わっているようなぼんぼり祭りに向けて奔走する喜翠荘のメンバーだが緒花はどこか上の空 というか置いてけぼりの感じ周りのみんなは女将抜きで意固地になって頑張るのがあまりよく思わないのでしょうか明ら...

花咲くいろは  第25話 私の好きな喜翆荘

 EDが壮大な感じで思わずコレで終わり?と思ってしまいました。

花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翆荘」

第25話 「私の好きな喜翆荘」 勝つか負けるか・・・・・・? 喜翆荘を存続させるために立ち上がった縁たちですが、急に増えたお客様の対応に頭を悩ませる。 朝食をバイキングにしたり何とか対応...

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」感想

どこでも 組織とは同じものなのかもしれないと思ったお話でした。 何のために働くのか、誰のために働くのか? その答えは 人それぞれだとは思いますが、上司をやっつけるためとか じゃないですよね。いつか見返してやる!とその気持ちを原動力にして 頑張っている人も中…

花咲くいろは 第25話 感想

 花咲くいろは  第25話 『私の好きな喜翠荘』 感想  次のページへ

花咲くいろは 第二十五話 「私の好きな喜翆荘」

親子3代揃い踏みの巻 まぁ、まだ孝ちゃんが来てないから最終回とはいかないけど、スイ・皐月・緒花の揃い踏みで〆ても良かったんじゃないかな?って思いましたね。 あと残され ...

花咲くいろは 25話  『私の好きな喜翆荘』 

  こ ん な の は  何 か 嫌 だ               

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」の感想

 女将さんはぼんぼり祭りが終わったら喜翆荘を閉じるつもりだ。でも他のみんなは大好きな喜翆荘を残していきたい、これからもここで働き続けたい。なんかみんな女将さんに負けまいと頑張るあまり、いつもの緒花が大好きな喜翆荘とは違う気がする。緒花が女将さんの味方だ...

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」

喜翠荘はスイを喜ばせただけで役目を終えるのか、創業時の夢に憧れる若者たちを新たな夢に導くのか、ぼんぼり祭りを迎えると共にお話の終演が近づいた「花咲くいろは」の第25話。

アニメ 花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」簡易感想

女将さんの味方とか、勝つとか前回からズレてるよ。縁夫婦がズレるなら理解できるけど、他のメンバーも一緒になってズレてるのは、見ていて気分が暗くなってくるなぁ(´・ω・`) 縁が階段に絵飾ろうとしてたけど...

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」 感想

「お前じゃないみたいだ、いつものお前だったら言われなくても周りをめちゃくちゃかき回して無理やり前向きなムードにするはずだ、そんなお前が・・・変わったのは喜翆荘じゃなくお前だよ」 たしかに今の緒花は少し動揺しているのかもしれない、でも喜翆荘の従業員の目...

花咲くいろは 25話「私の好きな喜翆荘」

親子三代で現場に立つ。その姿に思わずグッと来ました! 花咲くいろは 3 [Blu-ray](2011/09/21)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」

やはり最後は四十万の女の出番! 上に立つ人が変わるだけでこうも違うものなのか。 しかし若旦那は徹底してヘタレに描かれてるなあ。 ヘタレのせいで大混乱の喜翆荘。 てか、みんないっときの感情に流さ...

花咲くいろは 第25話 私の好きな喜翆荘 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第25話

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」

ぼんぼり祭りを前に 喜翆荘はキャパを越えた予約をとり大忙し。 縁たちはいろいろ変更して対応しますが。 それは今までの喜翆荘のよさを無くしてく変化に見えますが。 本当にそれで新しいお得意さまができ...

花咲くいろは 第25話

「私の好きな喜翠荘」 私の夢は… 望み札に願い事を書くと叶うらしい… 緒花は自分の夢がはっきりとしてないみたいですねw  まだ高校生ですもん漠然として当たり前 でも、やっと夢を見つけられた...

花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翠荘」

「大事なお友達なんだろ?」 御婆さん!!無能経営者エニシングによって滅茶苦茶に壊されていく喜翆荘の従業員のギスギスした関係は内紛にまで発展していた。そんな中でもこの優雅にも凛凛しいお姿を見せる御婆さんの貫録・・・これぞこのアニメNo,2ヒロインたる所以です...

花咲くいろは 第1話 ~第25話 私の好きな喜翆荘

花咲くいろは 第1話 ~ 第25話 私の好きな喜翆荘 松前緒花の平凡な日常は1日にしてドラマチックな展開を迎えたのです。通い慣れた、それでいてあまり愛着のない街を出て、話したことや会ったこともない...

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」

「望み札に何書く?」 「まだ考えてないけど」 「結名はねぇ、とりあえず留学したいんだよね~。外国のホテル事情とか知っときたいしー」 結名、修学旅行の後から変化を見せてたけど、もう旅館を継ぐこ...

花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翆荘」感想

親子三代で仲居やってるシーンが良かったね。 だけど、その他のメンツ全員が株下げたように思う。

花咲くいろは 第二十五話「私の好きな喜翠荘」

「みなさん、よい子。喜翠荘で働くみなさんはよい子」 同じだった気持ち、すれ違った行動の結果。

【花咲くいろは】25話 親子3代の仲居作業は良かった

花咲くいろは #25 私の好きな喜翠荘 917 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 22:26:33.62 ID:ak/XOsQYP やっぱ女将いないと駄目だわコイツら… 958 名...

花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翠荘」

  花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翠荘」     『Qu'est-ce que vous avez?(どうかした?)』結名に声を賭けられた緒花は 女将さんVS若旦那+従業員の戦争勃発?に、心悩ませていた…     その?...

花咲くいろは 第25話 わたしの好きな喜翆荘

この土壇場に来て喜翠荘の予約状況は好調で、スイの意向を無視して客を取る縁ですが、人手不足ゆえに無理が出始めていますね。 接客は1部屋に1人担当が付くのではなく、複数の部屋 ...

花咲くいろは 第25話 感想

ぼんぼり祭りの用意が着々と進んでるなー 望み札が願いとか野望を叶えてくれるんだね。 そういえば、緒花はどうするんだろうな なーんか内輪でモメてるわねー あんまいい雰囲気ではない...

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」

「頑張ってるかもしれないけど  ぼんぼってるわけじゃないと思う」 喜翠荘を守りたい、それは同じはずなのに――… ついに始まる ぼんぼり祭り! 喜翠荘から一人で手伝いをする事になった緒花は、結名と...

花咲くいろは 第25話 【私の好きな喜翠荘】 感想

望むものは? ぼんぼり祭りの願い事。オハナの願いは一体なんなのでしょうかね? はなさくいろは(2011/08/24)クラムボン商品詳細を見る

花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翆荘」 感想

コレはいい話だったなぁ。ウルウルくる場面が多かったです。 若旦那!若旦那!スイさん。互いの呼びあい方がよかった。

花咲くいろは #25 「私の好きな喜翆荘」

それは親子三代の意地張り合い…  どうも、管理人です。少し心にゆとりが生まれてきたので、そろそろ執筆を再開したいと思う今日この頃。とりあえず、二次創作で何か描くかな…。 蓮二・徹:「そんな変わったもんは出せねぇぞ」  今回の話は、ぼんぼり祭り直...

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」です。 ということで、今週は頑張って月

[アニメ]花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」

今回は勝った負けたではなく、好きか嫌いかなんですよね。喜翠荘がどれだけ好きか。

花咲くいろは 第25話 『私の好きな喜翆荘』

仲居~四十万三代~。遂にスイ・皐月・緒花の三人が仲居として揃い踏み。バラバラだった家族が一瞬かもしれないけど一体化した瞬間。見ていて微笑ましい光景です。 それにしてもフラりとやってきてスグに仲居が出来る皐月。性格はアレですがやはり有能というか要領が良い?...

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」感想

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」感想 少女の瞳に映るもの

花咲くいろは 第25話

湯乃鷺温泉にある神社や湖では、ぼんぼり祭の準備が着々と進められていた。 結名から渡された願い札を持って緒花が戻ると、縁をはじめ蓮二や徹、民子や菜子、 巴たちが、いつもより多くのお客さんをどうやってもてなすかとバタバタしていた。 それを見ていたスイは、半...

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」 感想 ネタバレ

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」 感想 ネタバレ 続きは、右下のから

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」 レビュー・感想

私、喜翠荘が好きです、大好きですっ!でも今の喜翠荘は違います。私の好きな喜翠荘を返して下さいっ! やっと自分が自分らしくいられる場所を見つけられたのに・・・ 喜翠荘存 ...

花いろ 第二十五話感想!

花咲くいろは 第二十五話「私の好きな喜翆荘」 喜翆荘は予約でいっぱい。 そのせいで朝食をバイキング形式にするなど、いつもと違うサービスにせざるを得ない。 しかしエニシングはサービスを低下させ...

花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翆荘」

大門ダヨ 未だ揉めている女将と従業員 ぼんぼり祭りの後も予約を取ってしまってる件は女将からおkを貰うが ぼんぼり祭りもしっかりやれ、との条件が

花咲くいろは 25

第25話 「私の好きな喜翆荘」 なんかもう最終回のようなサブタイですが・・・。 各キャラがどんどん成長していってるのに対し、結奈だけは変わってねえ(笑) そして崇子も変わらないな、化粧自重。 旅館の方はもう完全に能力オーバー。 人を入れたいとこだが...

「花咲くいろは」25話の感想

「花咲くいろは」25話、観ました。 ぼんぼり祭の準備が着々と進められる中、喜翆荘は急に増えたお客に対応するためてんてこ舞い。これまでのやり方を変えてまで、喜翆荘を守ろうと奮闘する従業員たち。しかし緒花は、そのやり方に違和感を感じ、一人浮いてしまう。そんな中、
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。