スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるゆり:12話感想&総括

ゆるゆりの感想です。

最後の最後で大事件(笑)

凄い勢いのある最終回だった(笑)

あかりの不憫さはまあ常識としても、ものすごいテンポで話が行ったなあ(汗)てか爆発オチとかありふれすぎて逆に新鮮だったよ!…まあその被害者はあかりだけなのはこれも常識ですけど(ぇー)
いやしかしあかりは毎回体を張ってくれるねえ。ドラム缶風呂に入った時には何かが起こるとは思っていたけど、まさかそのまま果てまで転がっていってしまうとは(汗)湯気で見えなくなるとか始めはチンケなことを考えてたけど、まさに斜め上なフレームアウトの仕方をしてくれますわ…そこに痺れる!憧れるぅ!
せっかく生還したかと思ったら今度は千歳の餌食になるし、しかも2度(笑)…なんかデジャヴを感じましたけどね(汗)

その千歳が今回は大暴走してキス魔と化していましたけど、もうこれではゆるゆりではなくてガチゆりの状況になっていました(汗)てか基本的に千歳がらみの話は緩くないからな(笑)普通にマウストゥーマウスだったからね(汗)

まあだからこそ京子の彩乃に向けたほっぺチューの威力が高かったと思うけど(笑)

綾乃はあの場面があっただけでもうこの回は満足だろう(笑)

今回は最終回ということでオールキャストでしたね。でもそれでも出番にムラがあったりとかそういうことはなく、みんな良い具合に長所を出していたのが良かったですね。話の内容からしたらどんな最終回だって感じですけど、キャラの個性はしっかり出ていました。ちなつは腹黒のイメージが強すぎるからああやってかわい子ぶるとどうしてもあざとさが出てしまいますけど(汗)うん…それが個性なんだ!(ぇー)無理にキャラを作るより、恥じらいがあったほうがいいということか…まさか京子がちなつを負けさせたのには驚いたけど(笑)

…やべえ、頭の中で思い返して感想書いてるけどやっぱり一番印象に残ってるのはあかりだわ(笑)出番がもっと欲しい?それは贅沢な悩みだぞ!

というわけで、ゆるゆり、完結です!


<総評>

序盤ははっきり言ってそこまで期待はしていなかったアニメでした。普通の日常モノとして、どこまでキャラクターに入れ込むことができるかということが大事だということでしたね。
しかしそこからだんだんとキャラクターの立ち位置が分かってきて、そこから毎週が楽しみになってくるようになりました。特に一番自分が惹かれたのが主人公(?)あかりの存在感ですね。だんだんの彼女の空気化が進んできて、そしてカメラまでがあかりをイジメ出したあたりから、もうあかりが気になってしょうがなくなりました(笑)だからそんなに画面には映っていないんですけど、自然とどこにあかりがいるのか追ってしまうというのが自分の中ではありました。つまりは存在感のなさで逆に注目させているという手法ですね。これがこのアニメを面白くしてくれた要因だったなって思います。
アバンの「アッカリ~ン」のコーナーも着実にあかりをハブらせていってるし、そこに出ると出番がなくなるということにも使ったりと、アニメが始まって早速入っていけるというところも良かったなって思いました。しかし、このアバンで唯一の不満があるとしたら、この出番の話を2回目に使った時は、少し萎えちゃったりしたときもありました。1回目の時は出番がないというこの方法が初めてだったので、ホントに出ないのかな?ってそういう楽しみ方も出来て、そして結局本当に出なかったよって笑い話にできたんですよね。でも2回目はもう確実に出ないことが分かってしまっていたので、あかりを楽しみにしている自分にとっては嬉しくない演出でした。

京子はこのアニメの実質的な主人公でしたね(笑)常にハイテンションでトラブルメーカーですから、彼女が絡むということがこのアニメでは大事でした。勢いというものが全然変わってくると思いますからね。
そして何気にいろいろと万能でもありました。手先も器用だし、成績もやれば優秀。だからこんなに自由人なんだろうね、悩みとかそういうのは無縁そうですから(笑)
結衣はこのアニメのストッパーでありツッコミ役。主に京子の暴走を止める役割を持っていましたかね。でも京子と信頼もしており、2人の仲は良かったですね。そういういい話もいくつかあって、友情を大事にする面がありましたよね。元々寂しがりやみたいな側面がありましたから。…まあこのアニメのタイトル的に友情がもう少し先に行ってしまうように見えてしまいますけどね(汗)
ちなつは腹黒でよく喋る子ではありましたけど、何気に不憫な面も多かった子(汗)いろいろと京子と対照的なキャラだったように思います。特に芸術の面では壊滅的なセンスを持ち合わせていますからね(笑)

生徒会の2人も実際のところあかりやちなつよりも出番があったのではないかと思うくらいレギュラーで出てましたね(笑)綾乃は京子のことをフルネームで呼ぶところが何気に好きでした。あかりが影の不憫役だったとしたら、綾乃は表立った不憫役だったかもしれないです。
千歳はこのアニメをガチにしようと頑張ってくれていた人。今までは妄想で頑張っていましたが最後は自分から出陣するまでに(汗)途中から出てきた千鶴も似たような体質であるあたり、両親がどういう人なのか激しく気になる子でした(笑)

向日葵と櫻子はもう少し出番があってもいいかなって思ったくらいキャラは立っていたって思いましたけどね。残念ながら、このアニメは1年生は空気が薄い傾向にあったからな…(汗)

音楽はOP、ED共にいいノリで好きでした。BGMはあかりのアイキャッチで使われてたのが好き。あれがあかりオチで流れる時が多かったしね(笑)

「ゆるゆり」
赤座あかり:三上枝織
歳納京子:大坪由佳
船見結衣:津田美波
吉川ちなつ:大久保瑠美
杉浦綾乃:藤田咲
池田千歳:豊崎愛生
大室櫻子:加藤英美里
古谷向日葵:三森すずこ
松本りせ:後藤沙緒里
西垣奈々:白石涼子
まり:内田真礼
池田千鶴:倉口桃
ミラクるん:竹達彩奈

OP「ゆりゆららららゆるゆり大事件」
ED「マイペースでいきましょう」


総合評価:B

序盤の期待度が少なかっただけにかなり面白くっていい意味で期待を裏切られました。一部パワーダウンした話もありましたが全体的に勢いもよく、日常モノとして楽しませていただきました。
確かこのアニメはキャッチコピーがあって、それが「笑われればいいと思うよ」、しっかり笑われたアニメだと思いますよ(笑)

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。2期は是非見たいですね。期待しています。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

 もうあの時間帯はイカ娘とゆるゆりを交互にやれば良いと思う(笑)

>彼女の空気化が進んできて
 あかりの扱いが最後までブレなくて良かったかなと思いました。
中途半端だと逆に陰湿に感じてしまいますから、もう開き直って毎回どんな扱いを受けるのかと期待して観てました。
流石にドラム缶で崖から落ちて、食後まで誰も気付かないのはどうかと思いましたけど。
7話でカメラにぶつかって自分より先にカメラを心配するあかりには惚れた。

 個人的には、出るたび鼻血まみれの千歳もとてもアニメ的なキャラクターで良かった。この作品で一番懐が深いのはこの子。

 結局あかりのお姉さんが出てこなかった気がしますけど、それだけが気になりました。あの病的な部屋をチラッと見せておいて・・・。

もりそばさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>もうあの時間帯はイカ娘とゆるゆりを交互にやれば良いと思う(笑)

それは完全に同意です(笑)この2つは常にやっていてもらいたい作品、終わるというこtがにわかに信じられないタイプなので、いつまでも続いて欲しい作品ですよね。

>中途半端だと逆に陰湿に感じてしまいますから、もう開き直って毎回どんな扱いを受けるのかと期待して観てました。

そうですそうです。陰湿になっちゃうと逆に可愛そうになっちゃいますからね…。あれくらい清々しいほどにやってくれたからこそむしろ彼女のアイデンティティとして確立して、それを楽しみにできました。

>個人的には、出るたび鼻血まみれの千歳もとてもアニメ的なキャラクターで良かった。この作品で一番懐が深いのはこの子。

そうでしたねー。このアニメの中では若干ガチゆり方面に活躍してくれた方ですけど、基本的にはタイトルどおりのゆるゆりですから、彼女の妄想も結局はネタてきな百合として見れたので、普通に万人に対応できる感じであったと思っています。

>結局あかりのお姉さんが出てこなかった気がしますけど、それだけが気になりました。あの病的な部屋をチラッと見せておいて・・・。

あかりのキャラがあれですけど、姉はどういうキャラなのかっていうのはかなり気になるものですね(笑)その辺は2期を期待してもいいのかな…。あかりより影の薄い子だったらどうしよう…(汗)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゆるゆり」第12話(終)

千歳の中の魔物が、目覚める・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109200001/ ゆるゆりvol.2(すぺしゃるさうんどCD&ピンコレ第2弾:京子PIN、結衣PIN付き)【初回限定仕様】 [Blu-ray] posted wi...

ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」

\まりちゃーん/ 「はーい、ゆるゆり、始まります」 最終回で思いっきり変化球が来ちゃいました(笑) 1年生組でもなく、生徒会組でもなく、まりちゃんとは、予想外過ぎでした。 で、あかりが...

ゆるゆり  ~第12話 みんなでポカポカ合宿へ

ゆるゆり  ~ 第12話 みんなでポカポカ合宿へ 七森中の「娯楽部」に所属する女子中学生4人と、それを取り巻く生徒会の女の子たち。彼女たちの笑いあり、ときに百合ありのまったりとした日常生活を描く。 アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

ゆるゆり 第十二話 感想

トメェイトッ! 「ゆるゆり」第十二話感想です。 TVアニメ「ゆるゆり」オープニングテーマゆりゆららららゆるゆり大事件【DVD付初回限定版】(2011/07/20)七森中☆ごらく部商品詳細を見る

「ゆるゆり」 第12話感想と総括

「ゆるゆり」 第12話感想と総括 今回は最後にしてなぜか「合宿回」でしたが、「着ぐるみパジャマ大会」とか、「ごらく部VS生徒会4番勝負」とか、「ドラム缶風呂」、それに、はたまたチョコを食べた千歳の「魔物出現騒動」とか、最終回らしく持ち駒を全部吐きだ ...

ゆるゆり 12話(最終話)「全員集合の合宿回。さようなら\アッカリーン/」(感想)

ありがとう\アッカリーン/ さようなら\アッカリーン/ 私達はあなたの事を決して忘れない。 本当に楽しかった3か月でした。 ゆるゆり堂々の完結です。 京子、結衣、ちなつ、みんなみんなありがとう! 2期に期待しましょう!!  

ゆるゆり 第12話 (最終回) 「みんなでポカポカ合宿へ」

「あかりちゃんはいつまでも私達の心の中にいます・・・いるんです!」 「そうだ・・・私達はあかりのことを一生忘れない!」 あかりは星になったのだ・・・ 最後までとても面白かったです!

【総評】 ゆるゆり

放送開始:2011年07月

ゆるゆり#12最終回「みんなでポカポカ合宿へ」 MSA方式感想

この記事はMSA方式の感想記事です。基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。エル「MS ...

ゆるゆり 第12話 みんなでポカポカ合宿へ

ゆるゆり 最終話。 今回は全キャラ総出演の最終回―――。 以下感想

ゆるゆり 第12話 「みんなでポカポカ合宿へ」

ぬあんと、冒頭のコールをまりちゃんに取られたアッカリーン。これでは、主役とは言えません。最終回なのに。アッカリーン、不憫な娘。

ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」(最終話)

娯楽部と生徒会合同の大娯楽大会&合宿で最終話を締めた「ゆるゆり」。 最後まであかりの扱いは酷いものだったが、爆発オチのトリを務める意地は見せてくれた。最終話ではあるけれども、いつものメンバーで多少賑やかながらも普通に展開している。...

ゆるゆり 第12話 「みんなでポカポカ合宿へ」 (最終回)

\マ~リチャ~ン/ !? 「あの~それ、あかりの当番…最終回なのにぃ~~」 ということで最終回なのにタイトルコールの仕事さえとられてしまったアッカリーンw 途中からは唯一の仕事のこのコーナーも満足に司れなくなってどれだけ不憫なんだ(ノ∀`)

ゆるゆり 第12話 みんなでポカポカ合宿へ

アバンではついにあかりがタイトルコールの役目から陥落。 まともにこなせない事も多いとは言え、貴重な出番をまりに奪われる事に… 今回は千歳がチョコレートに使われていたお酒 ...

ゆるゆり 12話(最終回)

犠牲とは違う。何かが違う。罰ゲームじゃんなんて思わない。 というわけで、 「ゆるゆり」12話(最終回) 消失という日常の巻。 明るく楽しくにぎやかな雰囲気。 いつものメンバーでいつものドタバ...

ゆるゆり 第12話 9/20 あらすじと感想

面白かった♪、2期を期待します。 今回は、最終回とあって、オールスターキャストです。ごらく部室で合宿をすることになり、生徒会のメンバーも参加します。 さりげなく、みら ...

ゆるゆり 第12話 【みんなでポカポカ合宿へ】 感想

\まーりちゃーん/ 何故、まりちゃん…… 最終回タイトルコールは全員であかりを消す予想していましたが、まさかのまりちゃん登場でしたね。 宇宙でミラクルんが死ぬシーンを涙目で見る京子。 死ぬ前の長い...

ゆるゆり 第12話 「みんなでポカポカ合宿へ 」

タイトルコールも まりちゃんに取られたw さすが最終回。 アカリ~ンの扱いヒドス(^^; ミラクるんも最終回上映会。 …って これ絶対2期あるよねw ミラクるん生きてるし(ぇ) ▼ ゆるゆり 第12話 「みんなでポカポカ合宿へ 」  合宿っていつもの?...

ゆるゆり 最終回レビュー ごらく部は永遠にごらくです!

ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」 ★★★★★

ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」

最終回だよ! 今日の大事件 ・ついにまりちゃんである。最終回なのにである。 ・地球って地味に書くのが難しいと思うんだ。 ・\アッカリ~ン/. は公式公認ネタであった。 ・最終回ということもあ...

ゆるゆり 第12話(最終回) 感想

※ゆるゆり 第12話(最終話)のネタバレを含むため、続きを見るで! ゆるゆり 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)posted with amazlet at 11.09.20なもり 一迅社 Amazon.co.jp で詳細を見る ゆるゆり 2 (IDコミ...

ゆるゆり 最終回12話「みんなでポカポカ合宿へ」

まっりちゃーん! ・・・あれ、あかr(ry ゆるゆりvol.1(OPテーマ生徒会ver+音声ドラマ入りCD&ピンコレ第1弾:あかりPIN、ちなつPIN付き)【初回限定仕様】 [Blu-ray](2011/09/21)三上枝織、大坪由佳 他商品詳細を見る

ゆるゆり 最終話・総評

『ゆるゆり』は今まで各話の感想記事は書いてませんでしたが、総評と最終話の感想は簡単に書こうと思います。

ゆるゆり 第12話(終) 「みんなでポカポカ合宿へ」 感想

\だ・い・じ・け・ん/ 姉さん事件です! (ノ∀`)アチャー最終回でついに事件起きちゃったかーww つーか、一体どうやったらこんな惨状になるんだろう…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル というわけで最終回ぐらいは感想いきますぜ。

ゆるゆり 12話感想(最終話)

最終回っぽくない最終回です。ところで2期はいつごろに?

ゆるゆり 12話(最終回) 千歳のがちゆり無双でレイプ目続出大事件!w

48 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/09/20(火) 02:35:14.15 ID:TY0eRjUg0 [1/2] スタッフおつかれ! おもしろかった!!

ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」(最終回)

さあて、最終回のタイトルコールは… まりちゃんに取られますたwww ここでまりちゃんというのがツボだよなあ(^_^;) 可愛いし、怒ろうに怒れないし、泣くしかないアッカリーンが不憫だ 最終回はこれまでに輪...

ゆるゆり 第12話 「みんなでポカポカ合宿へ」 感想

いつもミラクル―

ゆるゆり 12話「みんなでポカポカ合宿へ」感想

最終回だよ全員集合!!! 全キャラ出て来てくれたし、話も過去最高に面白かった 今期アニメではこれが一番だ!俺もアッカリ~ンの事は一生忘れない

ゆるゆり 第12話(最終回)

『ゆるゆり』の12話は最終回。娯楽部の合宿に生徒会も参加。最後まであかりは空気でした(^^;)

最後まで扱いヒドすぎ(爆)・・・ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」/『ゆりゆり』1~5まで買ってきた

最終回なのにタイトルコールをまりちゃんに取られ・・・ パジャマ着たらちなつにすっかり犬扱いされ・・・ お風呂ではドラム缶ごと転がって遠くに流されて・・・ 食事終わるまで忘れられた挙句に戻ってみたらチョコで変なスイッチ入って悪酔いした千歳に襲われて・・・ 翌...

ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」感想!

ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」 あかりちゃんよ、永遠に…… 最後まで全力投球でしたね。 あかりは最後まで不憫な子。 いや、最後だからこそ不憫なのかw いきなりタイトルコールをまり...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。